前奏曲

WBCやコンクラーヴェに気を取られていたら、あと2週間ほどでシーズン開幕じゃないですか!
今年の開幕投手はメッセ?
外国人ではキーオ以来の開幕投手だそうですね。楽しみです。

開幕戦で相手打線をぴしゃりと抑えて、日本一への前奏曲を奏でてほしい!
そこで今日ご紹介する曲はリストの前奏曲(レ・プレリュード Les préludes)
こんな曲です。



雄大で華麗で、開幕投手にぴったりの曲ですよね♪

この「前奏曲」はリストが発明した「交響詩(独:Sinfonische Dichtung、英:symphonic poem)」というジャンルの曲です。
Liszt_photo
リストの写真。 50歳でこのルックス

単一楽章で、詩的あるいは絵画的な内容をオーケストラで表現した曲を「交響詩」と呼び、リスト以降の作曲家に大きな影響を与えました。
リヒャルト・シュトラウス、サン=サーンス、フランク、ドビュッシー、ラフマニノフ、シベリウス・・・交響詩を作曲した作曲家は数多いです。

さて、開幕投手メッセにこの曲を選んだのには他にも理由があります。
メッセと言えばラーメン!(笑)
Twitterでも「ラーメン美味しかった」などとよく呟いていたように思います。

ラーメンといえばリストの前奏曲ですよ!

なぜ? と思われた方、伊丹十三監督の「タンポポ」をご存知ですか?

夫に先立たれ、女手一つでラーメン屋「タンポポ」を営む主人公の女性タンポポ。
でも、そこのラーメンはお世辞にも美味しいとはいえないもの。
「タンポポ」を日本一のラーメン屋にするべく、トラック運転手ゴローとタンポポの挑戦が始まる・・・というお話です。

この映画では全編に渡ってリストの前奏曲が効果的に使われていて、私はこの曲を聴くとラーメンが食べたくなります。(笑)
ああ~、美味しいラーメン食べたいなあ~~~!



メッセも大好物のラーメンを食べて、今年こそチームを日本一に導いてほしいですね。

この曲のお薦め盤は何と言ってもフリッチャイ!
フリッチャイ(Ferenc Fricsay)指揮ベルリン放送響の演奏で、1959年に録音されたものですが、今でもこれにかなう演奏は無いと私は思います。
ASIN: B00005LL8Z


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">