このニュースに、ひとこと言わせて!

阪神・能見、WBC仕様で調整「質が違う」【サンスポ】

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補、阪神の能見篤史投手が14日、沖縄県宜野座村で自主トレーニングを公開した。ネットスローで関本らに向かって投げるなど、例年より早い仕上がりで「七割はしっかり投げられる。(WBCを)イメージしてやっている」と代表入りに意欲的に話した。  既にWBC公式球を握っている。この日もキャッチボールでチェンジアップを交えて入念に感触を確かめ「滑るし、一球一球で質が違う。早く(指が縫い目に掛かる)ポイントを見つけないと」と課題を挙げた。3年連続とな‥‥引用元で続きを読む

引用元:【サンスポ】阪神・能見、WBC仕様で調整「質が違う」

今のところ、開幕投手候補筆頭は、当然能見投手。

ただ今年はWBCがあるので、大変。WBCに出場して、シーズンに上手く入れない投手も多いので、両方を意識しての調整やねぇ。難題だけど、能見投手ならきっと出来る!

虎バカ投票所
この記事についてどう思う?(クリックで投票!)

このニュースに、ひとこと言う!

阪神・能見、WBC仕様で調整「質が違う」 へのコメント1件

  1. 競技球の質が国や地域、大会によってバラバラなのって野球が一番酷いんじゃないの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">