第47話 今更、あらためて申すまでもなく「阪神タイガースは宗教であります」



とおっしゃったのは、国際日本文化研究センターの教授井上章一さんです。氏は、阪神という得体の知れないものを信じた幸せを自己診断し分析します。「・・・タイガースを恋人という人もいるが恋人なら10年以上も裏切り続けられれば、いくらなんでもさめてしまう。これは、マインドコントロールなのだ。ものごごろついた時のタイガースが、たまたま強かったのがいけなかった・・・勘違いの概念が、幼年期の私に刷り込まれた。おかげで私は、ヘンな宗教やネズミ講にひっかかったことがない。人間が得体の知れないものを信じたくなるエネルギーが、私の場合はすべてタイガースに向かっているからだろう。ありがとう、タイガース」と浜村淳さんみたいな事を言っております。
浜村淳さんといえば、今から30数年ほど前、京都大学の学園祭で「浜村淳 VS 上岡龍太郎」というイベントがあり、「映画」「文学」「青春」などの項目をお互いにディベートするという内容だったそうです。その表題の中に「阪神」というのがあり、浜村は上岡に対して「あなたは、どこに行っても阪神ファンを広言し、あたかも阪神ファンの代表、阪神球団の経営者みたいな発言をしているが、本当の阪神ファンというのは、まず、己が阪神ファンというのを口外しない。球場でもテレビの前でも勝っても負けても静かに見守ってあげているのが本物の阪神ファンで、私は、知識も歴史もあなたより遥かに奥深い阪神への思いを持っています」という発言に教室は万雷の拍手が鳴りひびいたという話を尼崎に住んでいるハシモト君から聞いた事を思い出しました。
中村鋭一から道上洋三と続く「おはようパーソナリティー」。浜村淳の「ありがとう浜村淳です」。などの彼らのラジオの話しを関西の住人から何度となく聞かされたり、テープを送ってくれたりするのですが、今でも浜村さんは、阪神が勝った翌日は「♪浪速の空は日本晴れ~」と歌っているのでしょうか?
この時期、TVは年末特別番組を組み、同じようなバラエティーでお茶を濁すのですが、こちらの関東の番組は特別ゲストでアベとか、サカモトとか、ウツミとかいう名前の野球選手が出てくるは、出てくるはで本当に気分悪い毎日です。なんと読売巨人軍は「日本一」になった回数が22回もあるとテレビのテロップにでました。気の遠くなるような数ですね。自慢じゃないけれど阪神はたった1回です。ある読売ファンに「22対1という絶対的数字を全く無視し、臆する事もなく、いやそれ以上のテンションで、野球だけでなくあらゆる事で我々王者巨人に挑んでくる阪神ファンという輩を到底理解出来ない」と言われた事がありました。格差社会のこの世の中で対等以上に読売ファンと戦えるのは、まさに聖地という神聖グランドを持ち、崇め、そんな土壌で育まれた、とてつもない測り知れない宗教観が原点にあるのかもしれません。

 

1212251

ここ2週ほど、阪神打線が打ちまくった試合の話が続きます。まー、シーズンオフくらい景気のいい試合の話で盛り上がりましょう。戦前、戦後を通じて阪神タイガースの最多得点は22点が記録されています。なんと2年前の事ですからみなさん覚えていると思います。この試合、先発安藤は序盤から崩れ、3-8と広島に大差をつけられます。勝因は藤原、渡辺の中継が頑張りました。六回に城島のツーラン、七回には金本の逆転満塁ホームランで2点リードとなります。八回には上本のプロ初安打も飛び出して大勝します。

今年の最多得点は神宮球場で9月に岩本が2勝目を飾った12-0の試合でした。言い換えれば13点以上取った試合がなかったわけです。戦後まもなく、そして日本一前後、2003年、2004年あたりは、かなりの13点以上で勝った試合が数多くあります。1958年から1968年の間で13点以上取った試合は1試合しかありませんでした。この時期、阪神は小山、大崎、村山、渡辺省、バッキー、石川緑、権藤、若生らがいかに貧打戦をバックにマウンドで孤軍奮闘していたかが明らかに見えてきます。

阪神の13点以上得点した試合を戦後の記録で振り返ってみました。得点が22点(1試合)19点(2試合)18点(9試合)17点(8試合)16点(10試合)15点(13試合)14点(30試合)13点(28試合)となります。確かに14点あげて勝った試合が多い事がわかります。第45話、第46話は、阪神が14-3,14-3,14-0というスコアを刻んだ話でしたが、14点の試合は何か思い出の試合が多いようです。みなさんは、この試合を覚えているでしょうか?最近の試合と思っていたらもう16年も前の試合でした。

1212252

この試合のゲームセットは11時56分。JR関内駅から最終電車に乗ったのはいいのですが品川駅どまり。そこから会社のある九段まで歩き、会社に泊まったという試合でした。全くどうでもいいいような最下位決定戦をなんでまた、とり憑かれたように横浜まで見に行ってしまったのかという後悔のみが残る試合でした。新庄と藤田監督の確執が1年前から取りざたされて再燃していた時で、この試合も出番はなし、でもこの年に出番の少なかった新庄がゴールデングラブを受賞しているというのも、わけの分からん選考でした。阪神は古溝が七回までよく投げたのです。横浜の先発は古溝より一枚格上の斉藤隆、阪神は八回表に逆転します、しかし、その頃の阪神の抑えは台湾出身の郭李建夫と葛西稔。本当に優しいお顔の郭李は不安定この上なし、お約束どおり、その裏谷繁に打たれて再び逆転されてしまいます。横浜は九回は佐々木が控えています。100%勝てたと思った大矢監督はランナー谷繁から秋元へ代えてしまいます。この交代でこの後予想もしない事になるのです。九回表に佐々木大魔神が出てくる事は明白で、よって阪神の負けは99%確定です。今も思うのです。何故あの時、私は帰らなかったのか?ここで潔く白旗あげて帰宅の途についておりゃーなんて事はなかったのにと今も思うのであります。思いと裏腹にうれしい事に試合に勝つのですが、勝って、これほどぐったりとした事は今までありませんでした。さあ帰ろうと思った時に先頭の高波がボテボテのラッキーな内野安打で出塁します。佐々木はいつもの谷繁から慣れない秋元が捕手という事もあり、コントロールが定まらず四球を連発。ついに暴投までしてしまい阪神に同点とされてしまいます。その後、阪神は中継ぎだった葛西が予想もしない九回、十回、十一回と完璧なパーフェクトリリーフをするのです。佐々木も十回、十一回と普段どおりに修正してきます。ここに葛西と佐々木の東北高校同級生対決の舞台が出来ます。高校の時は佐々木に次ぐ常に二番手で、そんな意地も葛西にはあったのでしょう。葛西はよう頑張りました。「男葛西」の一世一代のピッチングでした。

十二回で終わりという規定もあり、阪神の攻撃に入ったのが11時すぎ、11時30分には、どう転ぼうとゲームは終わりになると高をくくっていたのですが・・・。阪神は十二回、先頭の関川の四球から無死満塁とし、4番マースがレフト前へ。その後も猛攻はとどまるところを知らず。大洋の盛田、西、大家におそいかかり、打者17人で安打9本、4四球の11得点。あきれるやら大洋に同情するやらでしたが、試合時間は5時間36分、最後まで見届けたのは意地と執念だけでなかったような記憶があります。十二回裏を見る事もなく帰ればよかったのですが、最後の試合終了まで見届けたいのは習性なんでしょうね。この翌日も勝ち、横浜戦何とひさしぶりの3タテをするのですが、この年の勢いはここまででした。約1ヶ月後には、藤田監督は解任され、柴田猛が監督代行となります。14年前に、この横浜の地で藤田平の打球をめぐって、審判に暴行し一時は永久追放となったのが柴田、島野の両コーチでした。因縁ですね。

「14点」といえば、聖地甲子園で二日連続で14点あげた試合を忘れるわけにいきません。それも相手は巨人。この記念すべき2試合から早くも10年たってしまいました。後にも先にも読売球団にこれだけの屈辱をあじわわせたのは戦前、戦後を通じて歴史上ありません。そして、この2試合が、ある小説の題材として使われます。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.

19 コメント

  1. Posted 2015年9月7日 at 6:02 PM | Permalink

    excellent points altogether, you simply won a brand new reader. What may you suggest in regards to your submit that you just made a few days ago? Any certain?

  2. Posted 2015年9月14日 at 4:47 PM | Permalink

    You have observed very interesting details! ps nice website.

  3. Posted 2015年11月10日 at 7:55 PM | Permalink

    Great – I should definitely pronounce, impressed with your website. I had no trouble navigating through all the tabs and related info ended up being truly simple to do to access. I recently found what I hoped for before you know it at all. Reasonably unusual. Is likely to appreciate it for those who add forums or anything, website theme . a tones way for your client to communicate. Excellent task.

  4. Posted 2015年11月30日 at 9:43 PM | Permalink

    My spouse and i got very ecstatic Ervin could finish off his research via the precious recommendations he received from your own weblog. It’s not at all simplistic just to possibly be making a gift of instructions which usually a number of people have been making money from. We really keep in mind we now have the writer to thank for this. The most important explanations you made, the easy web site navigation, the friendships you can assist to foster – it is many fantastic, and it is leading our son in addition to our family feel that the content is enjoyable, and that’s seriously vital. Thanks for all!

  5. Posted 2015年12月7日 at 11:03 PM | Permalink

    I dugg some of you post as I cerebrated they were extremely helpful invaluable

  6. Posted 2015年12月10日 at 12:12 AM | Permalink

    It’s really a great and helpful piece of information. I am satisfied that you just shared this useful information with us. Please stay us up to date like this. Thank you for sharing.

  7. Posted 2015年12月22日 at 9:15 PM | Permalink

    I have not checked in here for some time because I thought it was getting boring, but the last few posts are great quality so I guess I’ll add you back to my everyday bloglist. You deserve it my friend :)

  8. Posted 2015年12月22日 at 9:37 PM | Permalink

    Hello my friend! I wish to say that this post is awesome, great written and come with almost all vital infos. I’d like to see more posts like this.

  9. Posted 2015年12月22日 at 9:42 PM | Permalink

    I wanted to draft you this very little word just to say thanks over again over the unique guidelines you have shared on this page. It was certainly strangely open-handed with you to offer publicly what a few people would’ve supplied as an ebook in making some money on their own, specifically given that you could possibly have tried it in case you desired. These creative ideas additionally worked to become a easy way to comprehend other individuals have the same zeal like mine to realize a whole lot more related to this condition. I believe there are lots of more fun times in the future for those who read through your blog post.

  10. Posted 2015年12月28日 at 6:51 PM | Permalink

    I really like your writing style, excellent info , thankyou for putting up : D.

  11. Posted 2016年1月30日 at 12:03 AM | Permalink

    What i do not realize is actually how you are now not really a lot more smartly-preferred than you may be right now. You are so intelligent. You realize thus significantly in the case of this matter, produced me personally believe it from so many numerous angles. Its like men and women are not fascinated except it’s one thing to do with Girl gaga! Your own stuffs nice. Always take care of it up!

  12. Posted 2016年2月16日 at 3:53 AM | Permalink

    I really like your writing style, wonderful information, thanks for posting : D.

  13. Posted 2016年4月11日 at 1:27 PM | Permalink

    Fantastic site. A lot of useful info here. I’m sending it to several friends ans additionally sharing in delicious. And certainly, thank you on your effort!

  14. Posted 2016年4月11日 at 1:29 PM | Permalink

    Very interesting points you have noted , thanks for putting up. “A big man is one who makes us feel bigger when we are with him.” by John C. Maxwell.

  15. Posted 2016年7月22日 at 9:53 PM | Permalink

    F*ckin’ amazing issues here. I am very happy to peer your post. Thank you so much and i am looking forward to touch you. Will you please drop me a e-mail?

  16. Posted 2016年8月16日 at 1:44 AM | Permalink

    F*ckin’ awesome issues here. I’m very satisfied to see your post. Thanks a lot and i am looking ahead to touch you. Will you please drop me a e-mail?

  17. Posted 2016年8月19日 at 9:21 PM | Permalink

    Dead pent articles, thanks for information. “Necessity is the mother of taking chances.” by Mark Twain.

  18. Posted 2016年8月25日 at 4:33 PM | Permalink

    I truly wanted to develop a brief message to thank you for the great hints you are sharing at this site. My rather long internet lookup has finally been rewarded with extremely good ideas to write about with my classmates and friends. I ‘d express that most of us website visitors actually are very fortunate to be in a fantastic website with so many perfect professionals with great techniques. I feel quite happy to have used your web page and look forward to tons of more awesome minutes reading here. Thanks a lot once again for a lot of things.

  19. Posted 2017年2月11日 at 2:34 PM | Permalink

    say thanks to so much for your site it aids a lot.|

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">