第23回●『この一年バースが言いたかったこと』

今年の新外国人は元レイズのコンラッドだ。今、「コンラッド」で検索してみたら上位はホテルの「コンラッド東京」に占められていて、阪神のコンラッドはなかなか出てこない。まあ、まだ実際にプレーしてないので当然といえば当然ながら、何となく影が薄い感じはする。正直、あまり期待はしてないが、シーツやマートンの例もあるので、いい意味でファンを裏切ってくれればなあと思う。

それにしても、阪神にやってくる外国人は大変だ。投手はともかく打者の場合、どうしても“あの男”と比べられてしまう。

そう、史上最強の助っ人、ランディ・バースである。

阪神ファンには今さら説明の必要もない現人神。当時を知らない若いファンには、2010年のブラゼルとマートンを足して、さらに3割増ししたぐらいの選手と言えば、おわかりいただけるだろうか。

そのバースが阪神を日本一に導いた198511月に刊行されたのが、『この一年 バースが言いたかったこと』(徳間書店)である。

img142
著者の平尾圭吾氏は、映画と競馬に造詣の深い評論家・翻訳家で、バースとは個人的な親交があった。それゆえ本書には、スポーツ紙などでは決してお目にかかれないバースの本音がいっぱいだ。

「取材協力――ランディ・バース」とクレジットされているように、バース公認の本書は、バースのメッセージから始まる。

〈ケニイこと、ヒラオ・ケイゴはとンでもねえヤツ(preposterous guy)だ。/ナイターのある日は12時以降に電話しろ、と言えば、12時0秒きっかりに電話してきて、まだ白河夜船のオレをたたき起こす〉

いやいや、「白河夜船」なんて言葉、日本人でもほとんど使わんぞ。バースが英語でどう言ったのか知らんけど、この翻訳センスにまずビックリだ。

が、バースと仲がいいのは本当らしく、バースの素顔が次から次へと披露される。

〈バースは歌はうまくない。しかし聴くのは大好きである〉というバースの一番のお気に入りは、エルヴィス・プレスリーの「I did it my way」。



バースいわく〈歌詞がいいんだ。オレの気持ちをピッタリ代弁している歌なんだ〉とのことで、本書の副題「オレはオレのやり方でやった」もこの曲名に由来している。

映画はホラー系が大好きで、ビデオ棚には『サスペリア』『サイコ』『死霊のはらわた』などが並んでいるとか。あと、『カッコーの巣の上で』も好きらしい。

バースが甲子園の食堂でうどんを好んで食べたことは有名だが、実は日本食はうどんのみで〈サシミやスシの類い、野菜の煮物、ナベ物、焼き魚、煮魚、幕ノ内弁当なんてものは一切口にしない〉という。生野菜も嫌いで、好きなのはバーベキュー。しかも、〈夜、ビデオのテレビを見る時などはドリトスのコーン・チップを際限なく食べるけれども、やはりバースはえらい少食〉なんだとか。

外国人選手が日本で成功する秘訣は〈なんでも日本式にやることだ〉と言うバースだが、プライベートではアメリカ式を貫いていた。キッチンの調味料はもちろん〈洗濯機もドライヤーも、すてべGE社、すなわちゼネラル・エレクトリック社製のものである〉というから徹底している。まあ、当時は日本製でドラム式なんてほとんどなかっただろうし、そのへんはリンダ夫人の趣味かもしれないが。

タイガースの選手については〈みんなナイスガイばかりだよ。タイガースにはバッドガイはひとりもいない〉と語っている。特に平田については〈じつに楽しい男だ。選手としても最高だよ。守備はピカ一だしな〉と絶賛。その平田には〈おまえの女房がまた日本に帰ってきたら、おまえの広島と名古屋の女のこと全部しゃべってやるゾ〉などとからかわれたりもしたらしい。もちろんバースは〈そんなもン知らんわい。(略)オレに女がいるわけないだろ〉と否定しているのだが、真相は神=バース本人のみぞ知る、だ。

阪神教バース原理主義者の私にとっては、まさに福音書のようなものである。さまざまな発言のなかには日本のマスコミやファンの過熱ぶりへの苦言もあるが、それは言われても仕方ないというか、神の御言葉として謙虚に聞くしかない。

著者の“バースと仲いい自慢”みたいな記述が鼻につく部分はなきにしもあらずだが、著者でなければ書けなかった本であることもまた事実。〈日本でいくらいい成績をあげても、日本を去ってしまえば、日本のファンはじきにオレのことなんか忘れてしまう〉とのバースの発言に〈それはちょっとちがうぜ。日本のファン、特に熱狂的なことで有名な阪神のファンは永久にキミのことは忘れないよ。死ぬまで覚えているよ〉と著者は言う。それに対して〈ほんとうにそう思うか〉とバースは半信半疑だが、この点に関しては著者のほうが圧倒的に正しかった。おかげで、それ以降阪神にやってくる外国人選手がとばっちりを受けることにはなったけれど。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 未分類 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.

2 コメント

  1. Posted 2013年7月10日 at 6:46 PM | Permalink

    はじめまして。ルクサの鬼頭(きとう)と申します。

    現在弊社にて、元阪神タイガースのバース氏と
    バッティング対決ができる参加権を10名様に
    プレゼントする企画の応募をやっております。
    詳細: https://luxa.jp/lx/deal/22963/

    なお、当日のイベントは大阪市内での開催予定なのですが
    募集は全国で募っており、また応募者のコメントも
    ポジティブなものが多いため
    よろしければぜひご応募いただけませんでしょうか。

    ぜひ、ご検討いただけますと幸いです!
    どうぞ宜しくお願い致します。

  2. Posted 2016年11月26日 at 5:02 PM | Permalink

    この前、初めてこの本があることを知って、アマゾンで中古で購入しました。今日、届いたので、このオフには必ず熟読し、英語で自分の感想を書きます!(僕のウェブサイトで)
    http://www.thehanshintigers.com
    よろしくお願いします。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">