第26回●『ライトスタンド』

一度でも甲子園で阪神タイガースの試合を見たことのある人なら、心と体に刻み込まれているはずだ。通路を抜けてスタンドに足を踏み入れた瞬間の開放感、黄色く染まったスタンドがヒッティングマーチとともに揺れ動く高揚感。ほかの球場とは明らかに違う磁場というか魔力というか、そんな何かが甲子園にはある。負けていても最後の最後まで盛り上がるが、勝っていればもちろんなおさらだ。一度味わうと病みつきになって、また行きたくなる。東京在住の私も年に1~2度は甲子園詣でをせずにはいられない。

そんな甲子園のなかでも熱いファンが集まるライトスタンドの熱狂ぶりを写した写真集が『ライトスタンド』(幻冬舎)である。著者(というか撮影者)は、『英語で阪神タイガースを応援できまっか?』などの著書でも知られるトラキチ外国人カメラマン、シャノン・ヒギンス氏。〈阪神ファンになって19年。ファンとしてライトスタンドの魅力に取り憑かれて15年。仕事で甲子園を撮りだして10年〉の著者が、〈同じ阪神を愛する一人のカメラマンとして、ファンの鼓動、そしてライトスタンドの轟をなるべく多くの人に伝えたい〉という思いを込めて撮った写真が140点収録されている。

photo amazonリンク

刊行は2003年8月。撮影時期は明記されていないが、おそらく2002年~03年のものが中心だろう。全身黄色と黒で決めたオバチャン、疲れて眠る子供を膝に乗せたままメガホンを振るお父さん、通路脇の塀の上に立ちトランペットを吹く応援団員、フェイスペイントをした虎ギャル、懐かしい“ムーアひげ”をつけた男の子……。どの顔も歓喜と興奮に満ちている。〈持ってるだけで勝ち運がUP!〉という帯のアオリ文句はどうかと思うが、画面からは確かにトラキチたちの熱気が伝わってくる。

個人的に好きなのは、下の写真だ。

 

01
シャノン・ヒギンズ『ライトスタンド』(幻冬舎)より
(見開き掲載なのでノド部分が影になっています)

 チャンスを逃したと思しき場面で、みんなが「あー」と言っているのがわかる。うまくいったときよりダメだったときのほうに共感してしまうのは古株ファンの悪いクセだとは思うのだが、そういう体質になってしまっているのだから仕方ない。

にしても、ただ甲子園のファン、つまり一般人を写しただけの写真集なんて、よく企画が通ったものだ。自分が写っていれば買ってくれるだろうという計算もあったかもしれないが、これも2003年ならではの現象だろう。とはいえ、これで1300円はちょっと高いかなあ……と思いつつページをめくっていたら、最終ページに記された一文に虚を突かれた。
ネタバレになるが触れないわけにはいかない。それは著者がライトスタンドで出会った一人の若者について綴った文章だった。当初、ライトスタンドの応援団にカメラを向けることにややビビっていた著者に「俺の写真撮ってよ」と声をかけたのが、「梅虎会」の団員・荒木和哉氏。彼のおかげで他の応援団員たちとも打ち解けることができ、〈いつのまにか、ライトスタンド中の応援団の面々をフイルムに収めていた〉という。
しかし、2003年7月5日、ライトスタンドで「今度はちゃんと写真送ってくださいよ」「来週持ってくるよ」という会話を交わして別れた翌朝、荒木氏は交通事故で帰らぬ人に……。そう、彼は一度も阪神の優勝を見ることなく、この世を去ったのだ。
そして、そのページには応援団のハッピを着て、拳を突き上げる人の好さそうな若者の写真が……。いやいやいや、反則でしょう、コレ! 人生一寸先は闇とはいうけど、まさか最後にこんなどんでん返しがあろうとは……。もう優勝は3回も見たけど、とにかく行けるうちになるべくたくさん甲子園に行っておこう、と思う私であった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">