カテゴリーアーカイブ: 定期投稿

第30回●『愛しの虎』

阪神ファンであることを公言しているタレントは大勢いるが、そのなかでも信用できるというか尊敬に値するのが松村邦洋だ。阪神のことをしゃべっているときの熱の入り方はハンパじゃないし、過去の試合や選手の記録などに関する記憶の細か [...]

Posted in 定期投稿 | タグ: | 1 Response

第29回●『本当は強い阪神タイガース』

「本当は強い」といっても、「阪神は“やればできる子”なんだよ!」とか「今年は能見20勝、榎田15勝、スタンとメッセで30勝、藤浪12勝……おお、100勝超えるじゃん!」とか、そういう非科学的妄想の話ではない。阪神タイガー [...]

Posted in 定期投稿 | 3 Responses

第28回●『阪神ファンの変態的快楽』

kairaku

85年とか03年とか、優勝した年に虎バカ本が出るのは当たり前といえば当たり前だ。私が編集した『タイガースファンという生き方』は99年の出版だが、そのときは野村監督就任というトピックがあった。本も商品なので、出す以上はやは [...]

Posted in 定期投稿 | コメントする

第27回●『トラポエム』

勢い余って虎バカ本を出してしまう人は少なくない。だからこそ当コラムもネタに困らないわけだし、そもそもこの「虎バカマガジンWEB」編集長・鳴尾浜トラオ氏も2008年に『虎暮らし』なる本を出している。が、それはあくまでも出版 [...]

Posted in 定期投稿 | 1 Response

第26回●『ライトスタンド』

一度でも甲子園で阪神タイガースの試合を見たことのある人なら、心と体に刻み込まれているはずだ。通路を抜けてスタンドに足を踏み入れた瞬間の開放感、黄色く染まったスタンドがヒッティングマーチとともに揺れ動く高揚感。ほかの球場と [...]

Posted in 定期投稿 | タグ: , | コメントする

第24回●『バースの日記。』

1988年は、タイガース史上最悪の年であった。前年の87年も最悪の年(優勝の2年後の最下位転落、しかも勝率3割3分1厘という負けっぷり)だったが、88年はただ負けただけでなく悲しい事件が3つも起こっている。 掛布の引退、 [...]

Posted in 定期投稿 | タグ: , | コメントする

第22回●『タイガースへの鎮魂歌(レクイエム)』

例年ならいろいろ妄想がふくらんで楽しいはずのオフが、今年はちっとも楽しくない。原因は、もちろん中村GMである。本人はよかれと思ってやってるのだろうが、動けば動くほど、しゃべればしゃべるほどファンをイラつかせ、落胆させる。 [...]

Posted in 定期投稿 | タグ: , , , | コメントする

第21回●『神様がくれた背番号』

メルマガからWEBに変わっての一発目は、やはり新刊をご紹介しよう。原作/松浦儀実、作画/渡辺保裕『神様がくれた背番号』(1巻発売中/日本文芸社)。2010年に出版された同名小説のマンガ化である。 大阪・天王寺で暮らす40 [...]

Posted in 定期投稿 | タグ: , , , , , , , , | 89 Responses