大熱戦!とそうでない試合

いやあすごい試合でしたオランダ戦。よくまあ一度も追い越されなかったこと。こういう一番をものにするとチームは結束し、強くなるね。
まあしかしいろんなことがあったけど、越されたら負ける試合で菊池の守備は大きかったね。
アメリカやメキシコも盛り上がってますね!(韓国の「盛り下がり」ぶりは残念でしたが)
「変則ナショナルチーム」のルールのおかげといえばそうですが、イスラエルとかイタリアとかもめっちゃ強くて面白い!

それに比べて甲子園にきた巨人はなんなのさ。たまたま調子が悪かったのかどうかは知らないけど、期待の若手なら期待の若手でもうちょっと元気のいいところ見せてくれないとショボすぎるわ。まだそういう時期ってことなんだろうけど……。

阪神は鳥谷をサードに入れて、きっちりエラー。中谷もサードで出して、やっぱりエラー。選手も首脳陣も痛い目にあったほうがいいね。3月前半に。
打った&抑えたは「追い風参考記録」やね(笑)。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2017年3月13日 at 09:35 | Permalink

    「ザ・熱戦」侍ジャパンの試合は凄かった。
    いろいろ あり過ぎてまとめるのは難しいけど、とにかくセンターライン(特にショート・セカンド)守備の大切さが私の脳には焼きつきました。
    シモンズと菊池、間違いなく世界屈指の守備力です。お互いの味方投手が、どれだけ彼らに救われた事か!
    どんなカタチであれ、勝てて良かったです。

    さてオープン戦、タイガースは12安打、讀賣は1安打、まあ気分は良いですが、やらなくて済んだはずの1点だし、コチラの5得点も もう少し効率よく多く取れたような気がします。

    それにしても、負傷明けの上本の打撃は神ががっていますね。
    あれだけ打ってくれるなら、若干守備力に目を瞑ってでもスタメン起用はアリだと思います。
    高山にも同じ事が言えますが、コチラはまだまだ若いので 守備も上手くなる努力をして欲しいところ!

    「セカンド・サードはいつでも守れる」的な発言をした鳥谷ですが、やはり簡単ではないですね。もし金本監督が鳥谷をスタメンのどこかで使う気があるのならポジションを明確に決めてあげて欲しいです。

    投手陣は、失礼ながらあまり期待してなかった伊藤や桑原までまずまずの投球で「投手王国」状態。
    でもシーズン始まれば使える投手は多いに越したことはないので 枠争いは嬉しい悩み。

    ただ、内野のポジションが決まらないのは深刻な悩み。

  2. Posted 2017年3月13日 at 09:58 | Permalink

    侍はよく粘り切りました。最大の勝因は、やはり菊池と牧田でしょうね。

    シーズン中ほぞをかむ思いも多い菊池の守備ですが、まさにワールドクラスですね。惜しむらくは9回のも獲ってほしかった。牧田の右インストはメチャ効いてました。古田氏曰く「外スラ警戒のオランダに有効」との事ですが、慣れない下手投げの軌道に完全に刺されてました。素晴らしかった。青柳は観てたかな?

    上本が俊介のファウル事故から謎の覚醒で、落ち着きかけた内野手問題が再燃ですね。和田監督時代には出来なかった右打ちが格段に上手くなって、持ち味のヘッドの利いた引張りも出来るとなれば、もうこれは無双ですね。このまま突っ走って、二塁手の座を獲ってしまいましょう。

    • 星の輝き
      Posted 2017年3月13日 at 15:18 | Permalink

      とらかっぱ様
      9回の菊池の守備の件ですが、最初は私もとらかっぱ様同様に感じましたが、リプレイを見て、2塁審判の位置取りと打球への回避行動が幾分守備に影響を与えたんではないかな?と推測されました。
      もしかしたら視界から一旦打球が消えてしまっていたかもしれません。
      それを考えると球際でなんとか反応してグラブに当てただけでも神業レベルの守備だったかもしれませんよw

      • Posted 2017年3月13日 at 16:32 | Permalink

        返信ありがとうございます。
        確かに。あの場面二塁塁審は前進ポジで、そこをかすめる様な打球でした。もし見えてない中であのプレーなら神業ですね。NIPPON-NINJAここに在り!
        敵チームの選手ですが、菊池は認めざるを得ません(笑)

  3. こうさん 
    Posted 2017年3月13日 at 10:11 | Permalink

    読売の選手の、なんと覇気のないことか。「しょせん俺たちBチーム 」という雰囲気が伝わってきた。あんなに補強したら選手の気持ちも分からんでもないが、あんな動きをしているならAチームの主力が怪我をしたら他の球団にとってチャンス。 星野さんだったら大カミナリだわ。

    もう名前の前に「E」を付けたらどうだろうか、エラーが多い選手に。そしたら観てる方も慣れるし…なんて思うほどエラーが出過ぎ。上本は打撃が好調なうちにセカンドからの送球を練習しないと。「原口の腰を考慮してのファースト」なんでしょ?あんなキツい態勢で捕球をさせてはダメだ。投げ方はカッコいいかもしれんが、ファーストミットに真っ直ぐ投じられる球こそがカッコいいのだ。大山の顔はカッコいいとは思えないが(失礼)、カッコいいのだ。ギリギリなら逸れてもしょうがないが上本は逸れ過ぎる。

    夜のWBCは痺れたが何十年か振りにゴールデンでプロレス(総選挙)が流れるチャンスが流れた。まあ編成も「延長ありき」でプロレスをハメたのは分かるが。確か最後のゴールデンは橋本VS小川じゃなかったか?「今の」新日は、まだまだ世間には届いていない。

  4. 西田辺
    Posted 2017年3月13日 at 12:02 | Permalink

    オランダとの激戦、スゴかったですね。
    言われるように、一度もリードされなかった事が日本に
    気持ちの粘りをもたらせたのかも。
    こう言った接戦での強さは、高校野球でのトーナメントを
    戦ってきた経験が大きいと思います。
    「負けたら終わり」の切迫感を常に感じながら戦った経験が
    あるかないかでは、ここ一番の強さが違ってくる。
    こうなったらアメリカまで行って欲しい。
    メジャーがナンボのもんじゃい!を実践してきて欲しい。

    読売さんはアレでしょ?
    坂本や主力帰るまで真面目にやるつもりはないんでしょ?
    今の内に相手ベンチや若手にイヤな印象だけ植え付けときましょうや。
    ルーキー長坂も甲子園マスクデビュー。
    能見が上手くリードしてましたね。
    いい自信になればOK
    相変わらず細かいミスが絶えませんね。
    この辺をシッカリ潰して行かないと、優勝どころかAクラスも覚束ない。
    ミスを未然に防ぐ方策は「準備」なんですけどね。
    選手だけじゃなくベンチも準備が足らないからミスに繋がることを
    自覚して欲しいてすね。

  5. 虎轍
    Posted 2017年3月13日 at 12:29 | Permalink

    やっぱり甲子園観戦でGに勝つのは楽しいですね。
    弱いか、Bチームか、なんやわからんが、あのユニフォームに勝つのはええ気持ちになりました。
    鳥谷は捕るまでは巧かったのに悪送球ではあきまへんなぁ…
    完璧に抑えてた能見にセットポジションの練習をさせるために、やらかしたならええんやが、そんな筈は無いやろからね。
    上本が怪我の功名で前日から6打席連続安打って(笑)
    俊介に感謝やね。
    その俊介もきっちり打撃でアピールしてますね。便利屋扱いは卒業せんとね。
    福留先生も初実戦やから、まだまだ今から上げていってもらいたいですね。
    しばらく甲子園を明け渡しますが、センバツも始まりますし、球春到来ですね。
    WBCはイスラエルが謎に強いんで、要注意ですね。

    • 星の輝き
      Posted 2017年3月13日 at 15:35 | Permalink

      虎轍様
      ユニフォーム繋がりで一つw
      オランダのユニフォームは何気にジャイアンツ(サンフランシスコ)を真似ているようなカラーリング(オーストラリアはどう見てもアスレチックスですよねw)、個人的にはどこぞの国の同じ名前のチームにダブらせながら観戦して、勝利した時には大いに溜飲を下げさせてもらいましたw
      もちろん侍にはその構成メンバーもいますし、うちからは藤浪一人しか出てませんし、偉そうなことは何一つ言えないのは分かっています、はい、でもそれが何か問題でも?

      • 虎轍
        Posted 2017年3月13日 at 19:01 | Permalink

        星の輝き様。返信ありがとうございます。ユニフォームは各チーム似たようなのが多いですね。侍に関しても縦縞なんで、タイガースを思わせますからね。
        ただ胸に東京とか読売って書いてあると胸糞悪いですね(笑)

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2017年3月13日 at 12:43 | Permalink

    オランダ戦、藤浪の出番が無くてホッとした私はタイガースファン失格だ。
    あんだけピリピリ緊張感のなかで登板したら四死球と悪送球の悪夢がよぎって仕方なかった。
    すまん藤浪。
    でも、もう覚悟したから、明日の試合の出番を待っているよ。

  7. なかっち
    Posted 2017年3月13日 at 12:55 | Permalink

    昨日のオランダ戦は見てて痺れました。久々に死闘って言葉が当てはまる試合やったと思います。兎に角勝ってよかった。

    それにしても菊池の守備には恐れ入りました。さすがジャパニーズ忍者(笑)
    シーズン中あんな守備を見せられたらたまったもんやないけど、改めてセカンドの守備の重要性を思い知らされました。あれを見るとセカンドはやっぱり大和が良いのかなぁ。なんて思ってしまいました。華がある選手ってそれだけでファンを魅了出来ますよね。

    華がある選手と言えば、昨日から糸井がシートノックに参加して、レーザービームでスタンドを沸かせたみたいですね。打つだけが野球ちゃいますし、守備で我々ファンを楽しませてくれる選手にたくさん出てきてほしいです。


    オープン戦は今の讀賣になら勝って当然と思ってましたので、特に感想はありませんが、教育リーグで横山が打たれたのは残念です。

  8. 虎蜂
    Posted 2017年3月13日 at 13:19 | Permalink

    日付が変わりそうになるまでの観戦、皆様お疲れ様でした。実際にプレーしていた選手達はもっと疲れを感じているでしょうね。ともあれ、勝てて良かったです。これからはどこと当たっても一次リーグとは格段に守りのプレッシャーが重くなってきそうです。昨日のように辛抱強く守り、粘り強く点を取って勝ち進んで欲しいですね。

    ポジションが固定できていない以上、今年もミスは出てしまうでしょう。選手も大変だと思います。やってしまったものは仕方ないので、何故ミスをしてしまったのかきちんと分析して以降の試合に生かして欲しいですね。そうでないと、足を引っ張られる投手が不憫でなりません。

    中谷は急造すぎるような⋯でも、使えないともったいないですよね。

  9. 黄金バッテリー
    Posted 2017年3月13日 at 13:38 | Permalink

    Toraoさん、いつも超忙しいにもかかわらず、毎日欠かさず更新していただき有難うございます。

    藤浪は大事な試合で使われず、きっと悔しい思いをしていると思います。
    その悔しさをばねにして、次回の大会では初戦を任せられるような信頼のある投手になって見返して欲しいですね。
    そのためには、今年は15勝、防御率2点台を
    目指して欲しい!

    昨日の試合を見ていて、次回の大会にはタイガースから何人選ばれるかなと想像してました。高山、北條、原口、板山、中谷、その他も皆んながんばれ!


    それにしても、タイガースの数年後のクリーンアップの1人として期待している横田選手。
    いったい、今どんなふうにいるのだろう。
    まず第一に、無事でいて欲しい!
    次に、将来復帰できる状態でいて欲しい!

    頑張れ、横田!

    カムバックスーン、横田❗️

  10. 虎友
    Posted 2017年3月13日 at 14:26 | Permalink

    みなさんこんにちは。
    私は以前から上本推しなので素直に嬉しいです。
    きっかけは数年前の甲子園での中日戦で今はメジャーのチェン投手から満塁ホームランを生で見たからです。
    今は好調でもシーズンが始まればどうなるか、それはそれで心配ですが・・
    糸井の人的補償で取られるのではないかとドキドキしていました。相変わらず送球が昨日もライト側に逸れてましたね。

    侍Gの小林。ラッキーボーイ的なのはWBCだけにしておいてね。シーズンでは間違っても覚醒しないでね。突然打ち出した山倉さんのようにはならないでね。

  11. 下関の虎
    Posted 2017年3月13日 at 16:15 | Permalink

    バックネット裏の体デカイの、仕事しよらんの?すみません関係ない話で。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">