虎と侍 虎の侍

阪神は大敗で連勝ストップ。
ここまで順調だった秋山が連打連打でビッグイニングを作られてしまった。
秋山はここで内省しないこと。たまには球が高くなる日もあると開き直っちまえばいい。そんなもん全部、梅野のせいにしちまえばいい。「優しすぎる投手」とはおさらばする今季なんだからね。
いっぺんメタメタにやられたのは良かった。5回投げさせてやったことも含めてね。

糸井初登場のクリーンナップは、糸井、原口、福留の順で組んだ。
もう一通り「可能性の見極め」は終わったので、あとはチームとしての機能アップ。
個人についてはコンディショニング。鳥谷はサード守備の反復練習をしっかり。

侍はお見事。先発千賀の好投が勝因だ。最後、牧田が乗れなかったが投手力と守備力でジワジワと攻勢を強めて、ひるんだところを4番筒香の一発から怒濤の寄せ。

藤浪がまるっきり「いないこと」になっている。不憫ではあるが、これが「現状の藤浪晋太郎だ」と言いたい。
そして屈辱を糧に、信頼される投手になればいい。受け入れて、内省する機会だ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2017年3月16日 at 09:46 | Permalink

    タイガースファンとしては「これが今の藤浪晋太郎」とは受け入れ難い部分があります。
    侍ジャパン「勝てば良し」の試合なのでアレでイイんでしょうけど、8-0で9回に藤浪を使わないなら「彼を招集した意味はあるのか?」という疑問が残ります。
    先日 相性の良かった大野捕手と組ませ、藤浪を使って欲しかった。

    そして牧田を使うなら使うで、捕手は炭谷にバッテリーごと替えるべき、点差があったから大怪我はしなかったけど、僅差の時は捕手との相性とか 小さな事もサボらずやって欲しい。
    まあ何はともあれ、全勝での準決勝進出はお見事でした。

    さてタイガース、独り立ちしたかに見えた秋山が またアッきゃマンに戻ってしまった感じ、昨日のようにマウンドとの相性悪くストレートが走らない不調な日でも最低限の失点に抑えてこそローテ投手。
    先発候補はゴロゴロ居るので、秋山にとっては次回の登板が大切になると思います。ガンバレ!

    まあ、チーム的にはオープン戦で勝ち過ぎても不安になるので、たまには負けてもイイんじゃないですか?、ココは「勝てば良し」より「内容重視」の試合ですから。
    糸井も一発回答で、一安心です。

    そろそろ「仮開幕スタメン」で戦って行くべき時期。
    サード鳥谷は中途半端なサードじゃなく本職になるべく努力しないと。

  2. Posted 2017年3月16日 at 10:03 | Permalink

    侍は無傷でアメリカ行き、とは恐れ入りました。小久保監督否定派でしたが、結果残した事で意識を改める必要がありそうです。いろいろ異を唱えたい采配はありますけれども・・・勝てば官軍。もう余計なプレッシャーを感じる事無く、好きなように自身の信じる野球をやって来て下さい。

    いつかは打たれる時が来ると思っていた秋山。それが今で良かったと思います。あと1・2回の登板で昨日の反省点を修正出来れば、ローテには必ず入るだろうし勝てる投手になれると思います。ストレートの球威・制球は確実に2ランクくらい上がってますから。売出し中の吉田は3打席抑えた点はグッドです。

    西田に一本出て良かった。甘めの球でしたが、突っ込まず軸回転で打った良いヒットでした。大阪桐蔭出身の野手で、期待されながらも泣かず飛ばずで迎えた育成契約の6年目。北條に追い抜かれ、同じ左打ち内野手の糸原に背番号を譲渡し、今季を迎えるにあたり期するものが並大抵で無い事は容易に想像がつきます。自身が期待されてるものだけを追い求めるのだけが、生きる道ではないと思います。かつての関本がそうであったように、己自身で思う道を進めば活路は見えてくるでしょう。背番号133の逆襲を期待しています。

  3. 西田辺
    Posted 2017年3月16日 at 10:09 | Permalink

    鳴尾浜の青柳、京セラの秋山とローテ入りを狙う2人が同じくドカンと炎上。
    まぁ、グジグジ考えててもしょうがない。
    何が悪かったかを分析するのは大事だけど、次ですよ次。
    打線は完封負けとは言え、全く打ててない訳ではなかった。
    あとはチームとしての機能の問題。
    逆に毎試合の様にエラーを重ねる守備陣の方が心配。
    明日からは名古屋~横浜~東京~千葉~福岡とオープン戦最後の全国行脚。
    開幕に向けての形作りに入るでしょう。


    2次リーグも3戦全勝で準決勝のアメリカラウンド進出。
    旋風を巻き起こしたイスラエルもここで敗退。
    国籍にこだわらないチーム編成だと、今後もこういったチームが出て来るかも。
    それもまた国際試合の楽しみの一つかもしれません。
    昨日の試合、最後牧田に拘った理由は何なんでしょう?
    あそこで使われないようでしたら、もう今回藤浪の出番はないでしょうね。
    アメリカ現地でカブス・ドジャースとの練習試合があるそうですが、もし
    そこで登板機会があったなら、ぐうの音も出ないような結果を残して、平然と
    「これくらい普通ですが、何か?」くらい言ってやれ。
    シーズンに向けて大事な調整期間を潰して行ってるんだから、何か爪痕くらい
    残してきて欲しい。
    本人も「力不足」と悔しさを滲ませているらしい。
    今年の藤浪は楽しみですぞ。

  4. なかっち
    Posted 2017年3月16日 at 10:17 | Permalink

    まずは秋山。今まで順調すぎて怖いくらいでしたので、昨日打たれて新たな課題も見つかり逆に良かったかもしれませんよね。ドンドン振ってくるチームに素直にストライクを取りに行くとこんな結果になる事がわかっただけでも収穫。ボール自体は悪くかったので、次回は修正出来ると思ってます。
    教育リーグでも青柳が打たれました。青柳は好不調の波が激しすぎるので、ローテ争いから一歩後退かな?メッセ、岩貞、能見、岩田、秋山がローテ当確で後1枠を横山、青柳、小野の3人での争いかなと思ってます。(敢えて藤浪はいれてません)



    侍ジャパンは最後牧田が打たれましたが、安定した試合運びで全勝。アメリカ行きを決めました。
    藤浪の登板はありませんでした。今の藤浪の現状を物語ってますね!小久保監督からの信頼は全くないのがよくわかりました。まああの中国戦の投球を見ても信頼されなくても仕方がないですよね。
    今の流れ的に藤浪を投げさせる為に小林を変えるのは有り得ないでしょうし。

    実践登板をこなしてシーズンに入る調整を今までしてた藤浪なので、登板機会がないのはシーズンに入ってから不安です。が、致し方ないこと。アメリカ行った後に練習試合もすると思うので、そこでアピールするしかないでしょうね!

    又、厳しい言い方かもしれませんが、帰ってからもしばらくは2軍で調整登板をしてからシーズンに入った方が1年を考えた時良い結果が出ると個人的には思います。

  5. 虎っしー
    Posted 2017年3月16日 at 11:07 | Permalink

    小久保監督はとにかく評判が悪かったですよね。プレミアでもまさかの逆転負け。個人的にはそんな人に世間をギャフンと言わせて欲しいんですよね。ぜひ史上初の全勝優勝して欲しいです。

    いない事になっている藤浪くん。けどそりゃあ自業自得ですよ。死球の後に四球なんてのは投手として1番やってはいけない愚行です。ボコボコにされた秋山より印象悪いです。どんな好投手でも長いシーズン炎上することはあり得ますから。秋山はこれを乗り越えたら晴れて一軍レベルと言えるのでしょう。

    糸井が初打席でさっとヒット打ったのをみて、ああ〜やっぱり違うな!と実感しました。タイガースを頼むぞ糸井!
    かたやの鳥谷、いくら慣れないとはいえ試合毎にエラーしてるのは流石に擁護出来ないです。しかし金本監督の構想の中にはしっかり鳥谷がスタメンで入ってると思うので、昨年に続き、今季もタイガースのキープレイヤーは鳥谷だと思います。

  6. 虎蜂
    Posted 2017年3月16日 at 11:27 | Permalink

    侍、6連勝での決勝進出はお見事。一つとして楽な試合はありませんでしたが、それだけチーム力も高まっていることでしょう。

    藤浪の登板がなかったのは残念ですが、前回の登板で見せてしまった不安要素を考えると致し方ないと思います。完璧にボールをコントロールすることはできなくても、ボールに振り回されているようでは代表では投げられません。

    秋山はここで打たれて良かったと思います。後悔ではなく、反省をして次の登板に臨んで欲しいですね。弱気の虫はノーサンキューで。

  7. こうさん 
    Posted 2017年3月16日 at 11:52 | Permalink

    昨日はトラオさんから、ありがたい助言をいただいたが、なぜか俺は「真面目に探せよ。」と感じてしまった(冗談ですが)。そして帰宅したら探し始めると…あったあった❗ありました❗「俺の勘違い」で片付けようとしていたが「トラオさんが文章の途中でスタメン予想を箇条書きするのは珍しいな。」という記憶は確かだった。

    去年の11月23日の文章にあった。2梅野3原口4鳥谷5キャンベル6北條7高山8糸井9福留 という書かれ方だった。もちろん「こうなるのでは?」「これなら『金本監督は戦える』と思うのでは?」と書かれていた。

    そして先日の最終形。キャンベルと上本しか入れ替わっていない。去年の時点での洞察力に感心すると同時に1つの疑問が生まれた。それは「去年の時点で浮かんでいたスタメンに、トラオさんの中で競争はあったのか?」ということだ。もちろん競争があったからこその最終形なのだろうがトラオさんは「落ち着いたな、やっぱり」と思われているのだろうか?

    まあ疑問が生まれても「すげぇ洞察力だな」という結論になるのだけど。

    本文に触れないコメントになってしまった。最後は皆さん、不快に思われるかもしれないが政治と絡めて一言、書きたいと思う。



    虎ンプ。

  8. 虎轍
    Posted 2017年3月16日 at 12:16 | Permalink

    侍では大量点が入った時に藤浪が出てくると思ったんですがねぇ…
    小久保よ。使わへんなら、返してくれ!(笑)
    秋山は打たれ出したら止まらへん、昔の秋山に戻ったかのような状態でしたね。これを機に、もう一度這い上がれ!
    関西を離れて、遠征に出ますが、開幕まで、みんな怪我のないように頑張れ!

  9. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2017年3月16日 at 12:38 | Permalink

    藤浪がひとり蚊帳の外なのがなんだかな。
    それが現時点の実力といわれれば反論できませんが。
    もう次の準決勝での出番が望み薄ですが、あの場あの時の空気を吸って、期するものを持ち帰ってくれたら行った価値はあったかも。
    準決勝、ベンチの最前列で応援する姿だけでも見せてほしい。

  10. 虎友
    Posted 2017年3月16日 at 13:27 | Permalink

    最終回は藤浪だと思いましたね。
    他球団ファンから見たら「牧田」が普通なのかな。
    確か原ジャパンのWBC中に岩田が怪我してシーズンを棒に振った事を思えば良しとしないといけないのかな?でも寂しい。

  11. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年3月16日 at 15:04 | Permalink

    秋山はこれで縮こまったりしない事ですね。
    とは言え、やはり5失点程度でなんとか繋げられるよう
    次には生かして欲しい。

    藤浪使われないですね。それが寂しいのはもちろんなのですが
    牧田や秋吉や左腕組の疲労が心配という面もあります。
    幾ら短期決戦とは言え、極端過ぎるように思います。
    最上の結果は出していますが、選手やコーチの能力が高いだけ
    なんじゃないの?と思ったり。まあ負け惜しみなんですけど。

  12. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年3月16日 at 15:05 | Permalink

    侍ジャパンは「チーム一丸」になって戦っている…
    タイガースファンの私としては、そうだろうか?と疑問に思ってしまいました。
    全勝で準決勝進出は嬉しいですが。
    藤浪の姿が見つからない。あの四死球、暴投の場面があまりにも強烈に印象付けられたとしたら仕方ないのかなあ。
    8点もの大量得点、9回表、ピッチャーは藤浪で良かったのでは、と思ってしまいましたが、寂しいです。
    アメリカ行って練習試合があるそうですが、是非、藤浪の実力を知って欲しいです。
    そして、「チーム一丸」の一角を担って幸せを味わってきてほしいです。
    勿論、怪我なく、今季は15勝以上の活躍をして小久保監督に本当の実力を見せつけて欲しいです。

    昨日は両方見ていましたが、侍の方の声が大きく、秋山の炎上はよくわかりませんでした。
    しかし、5回まで投げたことは練習として良かったです。
    こんなことも有る。何が悪かったのかを考えて修正のできる時期です。
    以前の秋山でないことを信じます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">