投手(貧打)戦を勝ちきる

攻撃は新外国人ウィーランド以下にわずか4安打に抑えられたが長打を集中させて奪った1点を守った。
ま、しっかりデータを取って、本番では戦略的に攻めたらいいよ。

岩貞が6回、髙橋が1.1回、桑原が0.2回、ドリスが1回で、DeNAに対して完封リレー完成。
先発岩貞はとっちらかり気味だったが、いい真っ直ぐとチェンジアップで緩急が使えていて調子は上向き。いい感じで開幕シリーズに向かえそうだ。

聡文、ドリスはもちろんだが、桑原が良かった。手元に来てから突然曲がる高速スライダーが素晴らしい。これは残ってくるかもしれないね。

今日もこれでおしまい。
あとお願いいたします。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. こうさん 
    Posted 2017年3月19日 at 09:35 | Permalink

    通用した…のか?まだまだ答えは先にある。確かに桑原、良かったなぁ。あれは武器になる。最後は、ぶつからないで良かったわ。

    先日の藤浪絡みの俺が書いた訳の分からないコメント。各文の頭文字を上から読むと藤浪へのエールになっておりました。平仮名にしないと解りづらいわな。

    後ろの勝ちパターンが出来ると同時に「負けパターン」も出来そうな感じになってきた。負けパターン組から這い上がればいいし、今の負けパターン組レベル高いわ。…だから先発が不安。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2017年3月19日 at 09:41 | Permalink

    ペナントレースでやって欲しいヒリヒリした投手戦(貧打戦?)でした。

    ベイスターズのウィーラウド投手には本番でも手こずりそうですが、「ベイキラー岩貞」がその上を行っていましたね。
    まあ、ベイスターズはジャパンの4番が抜けているワケですから本番で1-0で勝つのは 非常に難しいとは思いますが…

    打撃陣では北條のタイムリー以外は あまり良い面がありませんでしたが、投手陣はリリーフ勢で高橋・桑原が安定、守護神にドリスが内定で充実しています。

    投手王国状態は続きますが、登板機会が少なく アメリカでも打たれた藤浪の状態だけが心配です。
    アレではWBC本戦での出番は難しいか?!
    何かを掴んで帰って来て欲しいです。

  3. 虎風
    Posted 2017年3月19日 at 10:11 | Permalink

    桑原は確か昨年のオープン戦でもかなり投げてた記憶があるのですが、シーズンに入って、とんと上からお呼びがかからなくなりました。
    しかしあのスライダーはエグいですね。ストレートも速いし。やはり制球力が課題ですかね。白仁田の分も頑張って欲しいです。

  4. 西田辺
    Posted 2017年3月19日 at 10:19 | Permalink

    朝5時に起きて、侍ジャパンのカブスとの練習試合、と言うか
    藤浪を見る。
    相変わらず制球に苦しみ、まずいフィルディングを見せる藤浪。
    4回91球3失点、数えてないけど四球も三振もそれなりの数の
    彼らしい投球としか言いようがない内容。
    味方のまずい守備があったとは言え、その根本は自分が出した
    走者だから自業自得。
    何かを大きく変えないと同じ事を繰り返すだけでしょうね。

    シーズンに入れば、かなりの試合が1点差2点差の勝負になります。
    接戦でのメンタルを経験したのは収穫。
    毎試合打てるはずもなく、我慢強く守りきる試合もこなしていかないと。
    岩貞は6回無失点と開幕に向けて順調っぽいですね。
    でもちょっと気になったのが、ランナーを背負った時に
    変化球の比率が明らかに上がる事ですね。
    ローテに向けて、結果最優先ではない立場なんだから、もう少し
    力押しを試しても良かったかな、と。
    去年の今頃と比べると真っ直ぐの球威がもう一つに見えるので
    開幕までに戻せると良いですね。

    今日から甲子園では選抜高校野球が開幕。
    野球好きには忙しい日々が続きそうですね。

  5. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年3月19日 at 11:37 | Permalink

    相手ウィーランドはコントロール良く70球過ぎてからやっと打たせてもらえましたが、日本野球に慣れてくると嫌な投手ですね。
    岩貞はピンチになると力みが出てきて、抜け玉が多くなりますがこれからの調整でやってくれると思います。

    藤浪は、これで実戦登板はなくなったように思いますが、帰ってきたときは、思いっきり悔しさを跳ね返して躍動して欲しいです。

  6. 虎轍
    Posted 2017年3月19日 at 12:19 | Permalink

    岩貞も開幕に向けて、調子が上がってきたような感じでしたね。
    聡文は、今年はキャリアハイになりそうで期待出来ますね。
    打撃陣の調子は行ったり来たりの状態なのか、去年と同様に投手を見殺しにはしてほしくないですね。

  7. なかっち
    Posted 2017年3月19日 at 13:55 | Permalink

    今朝の練習試合少し見ました。先日も書かせてもらいましたが、藤浪はやはり開幕シリーズは1軍で投げさせず、2軍で調整登板させた方が良いと思いました。明らかに調整不足です。あれではWBCは愚かシーズンでも投げさせられない。今朝90球以上の球数を投げたそうなので、侍ジャパンが決勝に勝ち残ったとしてももう本番では投げられません。日本に帰ってきたらミニキャンプを張り、投げ込ませるべきだと思います。今のままだと、相手の選手にまで怪我をさせてしまう恐れがあります。幸いにタイガースは今調子の良い先発陣がたくさんいます。経験を積ませたい若手もたくさんいます。金本監督には良い判断をしてほしいです。

  8. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年3月19日 at 13:57 | Permalink

    藤浪は残念でしたね。コンディションの維持が難しかったか
    メンタル的に厳しかったか。WBCは切り替えて阪神での登板に
    照準を合わせて密かに準備を進めて貰いたい。
    …と思ってると急に出される事もあるので警戒はしとくべきですがw

    虎の方はいつも苦手な初物外人相手の良い経験が出来たようで。
    試合見れてませんが、こういうのをいかに崩す工夫が出来るかが
    優勝への鍵になってくると思います。
    どうすれば良かったかは首脳陣に考えておいて欲しいですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">