2時間22分の投手戦を制す

先制ホームランの原口は、バルデスの外甘直球という失投を逃さなかった。と同時に、左投手で髙山に代えてライバル中谷がレフトで先発するチャンスを、1球で仕留めた。
決勝タイムリー二塁打の髙山は、8回表の守備から中谷に代わってレフト守備に入っていた。矢野コーチの進言だったという。1打席しかないかも知れない8回ウラ二死二塁、初球の低め直球を迷わず振り切って、前進守備のセンターの頭を越えるタイムリー二塁打。これが決勝点になった。
打ったヒットは、この2本と大和のボテボテ内野安打の3本のみ。四球は二つもらい、そのうち1つを得点にした。大和と梅野が送りバントを一発で決めた。ともにセーフティー気味に狙い、一塁のタイミングも際どかった。

野手たちの集中力がすごい。この日は2点しか取れなかったが、それはバルデスの投球内容が良かったから。
試合の中でチャンスは2度か3度とよく言われる。しかし阪神の野手たちにとっては、与えられた打席そのものがチャンスであり、それを活かすかどうかがまさに死活問題だ。もちろん得点のチャンスよ回ってこいと願っている。そこで結果を出せば、ライバルに差を付けられるからだ。
とにかく「負けられない」という気持ちがビンビン出ている。ライバルに勝ってレギュラーにならなきゃいけないのだから、相手チームになんて負けている場合じゃないのだ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

7回表に3安打を集中され、1失点して降板したが、能見の投球が勝ち試合を作った。この日のバルデスは抜群の内容だったが、それに投げ負けなかったのだからすごい。白星どうこうは自分でコントロールできないことだから、十分満足したらいい。実質これは能見の白星だ。
この日も桑原がしっかり火消し。ちょっと香田コーチのエラーで、バタバタするところもあったが、リリーフも熱い現場を収めて、厳しい試合を勝ちきった。
投手陣からは、自分の役目をしっかり果たそうという、落ち着いた気持ちを感じる。「静」を保って、継続を心がけている。

2時間22分の投手戦を制し、投打噛み合う4連勝。でも、今がピークだとは別に思わない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

17 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2017年5月18日 at 09:30 | Permalink

    3安打で勝ちました(笑)
    先制は原口のホームラン!
    外の誘い球を我慢して打者有利のカウントから、恐らくインコースを狙った球が
    少し甘めに入ってきたところをガツン!
    打った瞬間それと分かる第3号。
    いつもなら満面の笑みでベンチに帰る原口ですが、昨日は慎重な面持ち。
    お立ち台でも言ってましたが、試合展開もどう転ぶか分からない時でしたし、
    今の自分の立場を考えると、そう燥いでもいられないと言ったところか。
    能見もナイスピッチングだったんですけどねぇ・・。
    勝ちを付けてあげたかった。
    失点の7回は俊足京田の内野安打から。
    平田と言う打者は、変化球を拾うのが非常に上手いバッターだけに勿体ない失点。
    その前のバッテリーエラーが能見の頭のどこかに残っていたのかも。
    桑原は久々の登板。死球一つはあったものの後続を見事に仕留めてくれた。
    8回の頭に投手交代でゴタゴタしたけど、あれはベンチがしっかりルールを
    把握しておかないとダメ。
    マテオの交代時に9回同点を考えて中谷の所にピッチャー、9番に高山を入れた。
    これが後々試合の分岐点になるんですから野球は面白い。
    疲れの見えてきたバルデスから原口が四球を奪い取り、犠打成功率100%の梅野が
    送り、9番に入っていた高山に回る。
    監督も一瞬代打を考えたそうですが、コーチの進言でそのまま打席へ。
    初球のインローを叩いた打球は、前進守備の大島を嘲笑うかのように頭上を越えて行く。
    持ち前の集中力と勝負強さが光る一打でした。
    私が感心したのはその後。
    まだ万全じゃない上本が粘って四球を勝ち取り、大和もセカンドへの内野安打で
    続いた所。
    後ろに繋ぐ意識と、攻撃を終わらせない貪欲さ。
    それを若手・中堅が見せてくれた事が嬉しかった。
    最後はヒヤヒヤもんでしたが、相手も拙攻もあり必死のパッチで接戦をもぎ取った。
    ドリスって、もしかして中日苦手?
    5月の成績は10勝2敗だそうです。
    まだ順位だのゲーム差だのを語る時期ではありません。
    目の前の試合、目の前のプレー一つ一つを確実にプレーするだけ。
    Get Sure One!ですよ。
    昨日は糸井・福留・鳥谷のベテラン勢に出塁無し。
    でも若手・中堅が代わりを務めてくれる。
    あとは誰をどこに配するかと言うベンチのお仕事。
    今日のジョーダンも難敵だけど、Get Sure Oneで臨みましょう。

  2. Posted 2017年5月18日 at 09:32 | Permalink

    「2時間22分」両先発投手テンポが良く、素晴らしい投手戦でした。

    不思議と こういうロースコアのゲームでは、安打数が少ない方が勝つんですよね。
    好投手バルデスに勝つには理想的な攻撃(少ないチャンスで勝ち越す)でした。

    前日のヒーローは、今季ブレーク組、そして昨夜は昨季ブレークし今季は やや苦しんでいる原口&高山、二人共中谷にポジションを奪われつつある状況!
    そんな競争原理を擽り 面白いように采配も冴えました。
    決勝点の場面、矢野コーチが何故「左vs左」で高山をチョイスしたのかは分かりませんが、チーム状況が良い時は こんなヒラメキもハマるモノ!

    なにより素晴らしかったのは、金本監督がインタビューで「今日は能見!」と、なかなか勝ちの付かない能見を労った事。
    能見の交代時は苦渋の判断だったと思いますが、「理想的火曜日」のおかげで、休養十分のリリーフ陣をジャンジャンつぎ込めました。
    もう、ああなればウチのパターン(最後ちょっとヒャッとしたけど)ですからね。

    早くも優○という言葉が、脳内をグルグルしていますが、今は言葉に出してはいけないw!
    「その事に関しましては、時期が参りましたら お話させていただきます」でガマンガマンww

    • ガク
      Posted 2017年5月18日 at 11:03 | Permalink

      虎ジジィさま

      時事ネタ上手すぎます!(^^)!
      我々阪神ファンも海の王子を見習って我慢しなければなりませんねw

      • 虎ジジィ
        Posted 2017年5月18日 at 12:11 | Permalink

        ガク様、ありがとうございます。
        8月ぐらいには正式発表したいですねf^_^;

  3. なかっち
    Posted 2017年5月18日 at 09:48 | Permalink

    8回のゴタゴタ。首脳陣には大いに反省してもらいたい。あんなしょうもない事で勢いをなくしてしまう可能性がありますから。一生懸命頑張ってる選手の足だけはひっぱらないでほしいです。

  4. Posted 2017年5月18日 at 09:54 | Permalink

    よくぞ3安打で勝てました。Dスウィープに向け予定通りの連勝(笑)

    能見に勝ちが付かなかったのは残念ですが、自身が踏ん張りきれなかった事も有り納得はしているでしょう。6回までの投球は、金本監督も賞賛したように素晴らしいピッチングでした。低めにワイドなストライクゾーンを上手く使い四死球なしの内容は、調子の出ないドラゴンズ以外でも通用する内容だったと思います。次は援護してあげたいですね。

    右肩の突っ込みが抑えられ復調の兆しが出始めた原口は、バッティングカウントから甘い球を見逃さない原口らしいホームラン!しばらくぶりの一発に本人も嬉しかったでしょうが、それ以上にファンは喜んでますよ。これからも、もっともっと喜ばせてください!

    高山の意地の一撃も良かったし、桑原の火消し&謎の回跨ぎも良かった。香田コーチも救われたし、チームみんなが救われました。これ以上ない良い雰囲気の中、出来る野球は楽しいだろうな。

    今日もメッセ頼んます!

  5. 虎轍
    Posted 2017年5月18日 at 10:11 | Permalink

    ごめんください。どなたですか?今年大活躍の桑原です。お入りください。ありがとう(笑)
    あの場面、死球は出しましたが、良く凌ぎましたね。
    能見も良く頑張ってましたね。
    勝ちは付きませんでしたが、ナイスピッチングやったと思いますね。その能見よりバルデスの方が上回ってましたが、中日は捕手を代えた事が裏目に出てましたね。
    捕手が代わってバルデスの調子も狂ったように見えました。サインが遅くて投げ難そうになってたのが、見てとれました。
    打線は1安打で勝てるとは思ってませんでしたが、3安打で勝てたのは良かったです。
    今日は難敵のジョーダンですが、メッセンジャーに気分良く投げて貰う為に先制点をプレゼントしてあげましょう。
    頑張れメッセンジャー!勝とうぜタイガース!

  6. こうさん 
    Posted 2017年5月18日 at 10:16 | Permalink

    敵ながらバルデスのデキは恐ろしい。原口のホームランの後さえ全く動揺していなかった。その投手に勝てたのはデカイ。中日の打撃が好調な時なら危なかった試合。

    大和のファーストへのヘッスラは熱くなるが怪我だけは気を付けてほしい。イチローが言っていた「ヘッスラをファーストにするのは云々」を思い出してしまう。

    「さすがに負けるか⁉」という接戦さえモノにした。本当に強い?

    高山の「スタメンで使え❗」という気迫のバッティング。まさに「明日のスタメンを掴みとる為の今日の闘い」である。

    消化試合の数が36。勝ちが24。消化試合数から勝ちを引くと「12」。敗けは「12」。貯金は「12」。タイガースから中日へのゲーム差は「12」。何だろう。「12」という数字がカギになるか⁉もしかして優勝の日(虎ジジィ様、優勝の文字を出しまくりでスンマセンw)が「9月12日」なのか?

    こうなってくるとタイガースの優勝を阻むのは広島でも読売でもない。………北から飛んでくるかもしれない「最悪なホームラン」だけだ。政府の「今年のプロ野球、その他のスポーツは全部、途中ですが中止します。」というオチだけはヤメてくれ。

  7. ばるにい さんのアバター ばるにい
    Posted 2017年5月18日 at 10:41 | Permalink

    3塁側で観戦でした。
    「7番スタメンで原口?」とか「ここで守備から高山?」とか、少々不思議に思える采配が見事に当たったり、主軸から外すことで選手の「バネ」をいっぱいまで圧縮して強い反発力を引き出しているようだったり、8回の得点直後から攻撃は放ったらかして久慈コーチを捕まえて盛んに指示を出していたり・・もしかすると金本という男はは「名監督」かもしれない、と感じましたね。まだ早いけど(^_^;)

    • 星の輝き
      Posted 2017年5月18日 at 13:06 | Permalink

      ばるにぃさん軒先お借りします。
      私も8回表に守備から高山を入れたことには大いに疑問を抱きました。(ここで守備に不安のある高山を入れるか?)
      投手交代の際に野手も同時に交代させてピッチャーの打順を入れ替えさせることをダブルスイッチと言うらしいですが、これは変えた投手を次の回も登板させる意図があって行うもので、最悪勝ち越し点が奪えない場合はマテオ続投ということだったんでしょうが・・・。
      この点に関しては普通に次の回で投手の打順に代打高山でも良かったような気がします。
      まずは目先の失点を防ぐことが勝利への第一条件と思うからです。
      ともあれ、セオリーに依らず勝負勘に賭けて勝利をもぎ取った首脳陣には感動を覚えましたが(プラス10点)、その前のゴタゴタの真相を知った後には「おいおい・・・しっかりしてくれ」(マイナス5点)と差し引きプラス5点の辛口評価としたいですね。

      • ばるにい さんのアバター ばるにい
        Posted 2017年5月18日 at 17:18 | Permalink

        打順からいって9回が勝負と思ったのかな、とも思ったんですが、やっぱり勝負勘なんでしょうねー。
        個人的には論理よりそっちが好きですo(^▽^)o

  8. ガク
    Posted 2017年5月18日 at 11:11 | Permalink

    いろんな勝ちパターンで貯金の作れるのは強いチームの証拠。
    今は勢いがあり何をやっても当たる気がします!
    ドリスの球が少し高いのが少し心配。
    猫の目スタメン、今日は誰をどこで使うのか楽しみになってきました(^^♪

  9. 虎蜂
    Posted 2017年5月18日 at 11:42 | Permalink

    昨日は久々現地でした。

    バルデスも凄かったですが、負けず劣らず能見のピッチングも素晴らしかったです。球数も少なく「昨日の秋山に続いて能見も完投、完封か!?」と思っていましたが、そこまで甘くはなかったですね。しかし、良い投球だったことに変わりはありません。能見の降板は残念でしたが、鉄壁のリリーフ陣を拝むことができて、個人的にはラッキーでした。

    原口の先制ホームラン、高山の勝ち越しタイムリー、どちらも外野の頭を越えていく瞬間がスローに見えました。やはりテレビで見ているのとは違いますね。高山は前の回に守備から入って試合を決めてしまうなんて上手くいきすぎて少し怖くなりました(笑)

    昨日バルデスにやられた分、今日はジョーダンを打って連勝を伸ばして欲しいですね。

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2017年5月18日 at 11:42 | Permalink

    ヒット3本で勝てるとは投手陣のお陰ですね。交代のドタバタは、バルデスの代打が誰であろうと、回の頭から替えようと思った。ブルペンには伝えたけど、ベンチ内には伝わって無かったってことかな。しかし、温情なのか、そのまま打たせたのは裏目でしたね。無援護のバルデスは敵ながら可哀想です。
    原口、高山の反発心も競争の賜物。切磋琢磨して成長を期待します。
    反面、相手の7回と9回の拙攻にも助けられました。大島は当然帰ってくると思ったし、松井もセーフティスクイズと言うより自分も生きようというバント。
    こうなったら、スイープしてしまいましょう。

  11. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2017年5月18日 at 12:39 | Permalink

    爆発力で9点差ひっくり返した試合よりも、紙一重の1点差試合をモノにした昨日の試合の方が「強い」と感じたな。
    優勝するのは瞬発力でなく持続力と忍耐力やからね。
    ますます週末が楽しみだ。

  12. 南の虎
    Posted 2017年5月18日 at 14:08 | Permalink

    金本監督から「チーム一丸」という言葉が聞かれましたが、中谷の台頭によって出場機会が減ってきた高山・原口が活躍するあたり、「競争」・「危機感」というのが良い方向に作用していると思います。
    一塁・二塁・遊撃・左翼で誰が起用されるのか興味深く見ています。ベンチメンバーやファームで一軍昇格をめざして奮闘する選手にも頑張ってほしい❗

  13. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年5月18日 at 14:15 | Permalink

    バルデスに見事すってんてんに捻られながら結果は勝利。
    いや強いですねえ。継投もゴタゴタを除けばお見事。
    秋山の完投が良い循環を呼び込んでくれました。

    実質負け試合を勝ったようなものなので、流れは更に良くなってます。
    一方巨人はフルボッコにされ、広島は勝ち試合をひっくり返されてます。
    先々の為にも貯金を増やしておきたい所ですが、無理だけは
    しないで貰いたい。
    特に鳥谷は守備の負担が減った事でかえって大丈夫だと安心
    しがちですが、年齢が年齢なので適度な休みは入れておきたい。
    糸原等の出場機会を増やす事にも繋がりますし。

    今日もマイペースかつ積極的な試合運びを期待します。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">