序盤大量失点に反撃も弱く

負けない日曜日の法則もついに途切れ、3カード連続負け越し。久々に首位陥落し交流戦へ。
1点リードの3回表、先発小野は連続四球を出すが、原口の好プレーで二死二三塁までもってくる。ここでロペスを詰まらせたが、打球はセンター糸井、ショート大和、セカンド上本の中間地点へ。結果的にグラブに入れた大和と糸井が交錯してボールが地面に落ち、逆転打となってしまった。一度は糸井に任せたように見えた大和だったが、糸井の様子を確認した上で自分が捕ることを決意。二人とも「激突してでも自分が捕るモード」に入った。
客観的に見れば、どちらも捕れたボールで、約束事と信頼関係があればなんということのない打球だった。糸井、大和ならどちらも脚力があり、「激突危険ゾーン」が増えるのは当然のこと。事前の準備に問題があったと指摘されれば、当事者も担当コーチも反論できないはずだ。
しかし、いざとなったとき、予定どおりにならないことはいくらでもある。そんなときは失点を防ぐためにやれることをするしかない。お見合いではなかっただけマシという金本監督の考え方もうなづける。でも、もし大ケガをしてしまったあとでもそう言えるかどうか。
糸井はかけていたサングラスで目の周囲を切って流血。治療の間、しばらく中断となったが試合に復帰。大事にならなかったのは本当に良かった。もしも決めごとなど、やるべきことに不足があったのであれば、これを機に徹底的にやっておいてほしい。

小野にとっては不運なプレーとなった。中断もリズムを崩す原因になったかもしれない。でも、踏ん張ってほしかった。このあと、四球、二塁打、ホームラでこの回大量6失点、あと1つのアウトが取れず、この回までで降板となった。
これも経験。もう一回出直しだ。

ここまで実に残念な試合展開となってしまったが、しかしこの試合の残念さは、ここまでよりもここからのほうが大きかった。
回はまだ浅い。早々にまず1点、もう1点と追い上げれば対戦優位の重圧もあり、試合になったはずだがチームとして切れてしまった感があった。

不安を抱えたまま交流戦突入となってしまったが、順位だの貯金だの優勝だのといった雑念を捨てて、強いパのチームに挑んでいけば、いい転機にできるはず。
しっかり戦っていこう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. Posted 2017年5月29日 at 07:53 | Permalink

    6-2、一見完敗ですが「紙一重」!
    3回、大和と糸井が交錯してしまったあのプレーは、
    ①トラコデーでの記録的大観衆ゆえ、お互いの声が聞こえなかった。
    ②上空強い浜風で、フライが若干 大和側に流れた。
    ③糸井と大和、お互い守備範囲が広い為、二人共追いついてしまった。
    ④ツーアウトでランナー自動スタートの為2者が生還してしまった。

    などなど、いろんな要素があのワンプレーの中にありました。
    ビデオで見る限りでは「糸井に任すべきだった」かなぁとも思いましたが、大和の「お見合いするぐらいなら」の気持ちも分からなくもないから やるせない!
    実際ボールは一度は大和のグラブに収まっており、衝突の衝撃でポロリ。ボールがこぼれなければ、少なくともアノ回はゼロで終わっていた訳で、まあとにかく不運でした。

    動揺したルーキー小野も、直後にガタガタっと崩れてしまいましたが、あとほんの少し踏ん張れば、12球団ナンバーワンの中継ぎ陣に繋げられていただけに勿体ない!
    だけど、成長過程のルーキーは責められませんね。

    toraoさんも仰るように、もっと残念だったのは その後!
    打線も中盤に少しずつ返せば、まだ勝機はあったけど、なかなかチャンスを活かせず……!
    「若きクリーンアップ」の若さだけが出てしまいました。

    とはいえ、交流戦前「貯金8」は個人的には上出来と思っています。

    チームの先発事情が苦しく ローテ再編の時期に、日程のユルい交流戦突入にも若干の「ツキ」を感じています。
    交流戦は好調 メッセ・秋山・能見を中心に回しながら、あとは壮絶な「椅子取りゲーム」の中から青柳・小野・福永、誰かの飛び出しを期待。
    そして、この期間を利用して 藤浪・岩貞・横山が復活してくれればローテは整う。
    希望を持って見守りたいです。

    今季もペナントを左右する、重要な交流戦(期間)になりそうですね。

    • 星の輝き
      Posted 2017年5月29日 at 09:06 | Permalink

      虎ジジィ様おはようございます。
      交流戦の日程についてですが、決してユルイ日程ではないかと思います。六連戦が三週続けてある予定です。
      救いと言えるのは千葉で対ロッテ三試合後に甲子園で日公戦三試合後にオリ戦、福岡で対SB三試合後に甲子園で対西武戦対楽天戦と連続して六試合と若干移動が楽なことでしょうか。
      恐らく以前の二連戦とお間違えではありませんか?
      青柳含めて微妙な先発陣で勝ち星は望めませんので、好調三人の先発で落とす様なことがあると大きな負け越しの可能性が出てくる交流戦かと思います。
      打線も完全に勢いを失ってますし、交流戦は五分で凌げれば上出来と言えると思います。

      • 虎ジジィ
        Posted 2017年5月29日 at 09:44 | Permalink

        星の輝き様、ご指摘ありがとうございます。
        交流戦、以前のイメージで書きこんでしまいましたが、調べたら確かに厳しい日程でした。失礼しました。

        しかし、若い先発投手や2軍で頑張っている先発投手達にはチャンスと思ってやって欲しいです。
        タイガースはリリーフ陣が強いので、四死球でランナーを溜めず大量失点さえしなければ、若い投手でも十分凌げるはず。

  2. 虎轍
    Posted 2017年5月29日 at 08:01 | Permalink

    不運な打球でしたが、その後をどうしても抑えて欲しかったですね。
    四球が始まっての6失点では、いただけませんねぇ…
    接触プレーでしたが、たいした怪我で無くて良かったです。
    首位陥落ですが、まだ貯金はあるんで、今年は交流戦を勝ち越せたらええですね。

  3. Posted 2017年5月29日 at 08:06 | Permalink

    糸井と大和の衝突は、ホントに肝を冷やしました。西岡の大きな怪我で一度痛い目をみているチームなので、このあたりの決め事はキッチリなされてると思いたいのですが、昨年の俊介に続き今年もとなると、あまり徹底されていないように思えます。

    つい先日鳥谷の死球で嫌な思いをした私たちは、もう二度とこのような事故で離脱する姿を見たくありません。この辺り(特に内外野間)の優先権は再度確認し、事故防止に努めて欲しいものであります。

    敗戦より何より一番残念に思えた昨日の出来事でした。

  4. 虎蜂
    Posted 2017年5月29日 at 09:46 | Permalink

    選手間の衝突やお見合い落球を結構やっているチームなので、何の対策もされていなかったということはないと思います。そういう意味では不運な打球でしたし、大事に至らずに済んだのは幸運でした。ただ、これを機にもう一度決めごとの徹底をしてもらいたいですね。

    小野は前回登板よりも良い球が投げられていましたし、落球までは悪くなかったので次回の登板は他の投手との兼ね合いになるでしょう。交流戦は6連戦が続きますし、鳴尾浜で頑張ってきた先発投手にはチャンスにしてもらいたいですね。

    2位にはなってしまいましたが、ここまでの戦いぶりは予想以上だと思います。ただ、歯車がかみ合わなくなってきているだけにここで踏ん張るのか、ずるずる落ちていってしまうのか。大事な交流戦になりそうです。

  5. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年5月29日 at 11:08 | Permalink

    大きな怪我でなくて良かった。
    四球四球で出したランナーだったので、小野はこの後、踏ん張って欲しかった。
    ショート大和、やはり上手いですねぇ。
    しかし、糸井は日頃から前に突っ込んで捕球する選手ではないので、大和は自分が捕らないといけないという思いが強かったのではないでしょうか。

    今永を打ち崩せなかったのも悔しい試合でした。

    交流戦では、パリーグはセリーグからどれだけ多くの勝ち試合を作れるかだけを考えている筈。
    その思いあがった隙をついて攻撃的に行って欲しい。

  6. 西田辺
    Posted 2017年5月29日 at 11:45 | Permalink

    自軍の思わぬミスを回収できない。
    これも経験。
    結局、点を取られたのはあの回だけなんですよね。
    後を継いだ投手も頑張っただけに、仰るように1点ずつでも
    返していく攻撃ができていたら、と悔やまれます。
    負けるのはしょうがないけど、反発力まで失うのは宜しくない。
    これが「負け癖」に繋がる事を古い阪神ファンはよく知っている。
    今週から交流戦で相手が変わるけど、相手がどこであれ
    何処からでも行くぞ!と言うファイティングポーズだけは
    崩して欲しくない。
    確かに先週からチーム全体が不調に陥り、思ったような戦いが
    出来ずにいるけど、各自がこれを乗り越えて行かないと。
    首位からも陥落し、投手陣・野手陣とも不調者故障者を
    抱える状態。
    今が底と思ってやり直す良い機会じゃないですか。
    こんな状態でも貯金は8もあるんですから。
    各自もう一度褌の紐を締め直して、明日からの交流戦に
    臨んで欲しいですね。

  7. こうさん 
    Posted 2017年5月29日 at 11:46 | Permalink

    やはりトントンは厳しかったか。広島は優勝したことが自信になってるなぁ。まだまだ差があるね。

    この交流戦で「後半戦の新戦力」が出てきてほしいな。まさかメッセに「中4日、中5日」なんてさせないよね?藤浪や岩貞がいない現状をチャンスと捉える新戦力。ほしいなぁ。

    伊藤(今日は大丈夫。)が有力?頭がバドミントンでいっぱいだ。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2017年5月29日 at 13:08 | Permalink

    怪我が大事に至らず良かったです。糸井も盗塁を決め、脚の具合も良くなってきたのかと思った矢先でしたから。大和もナイスタイムリーでした。
    昨日も逆転を信じていましたけど、力及ばずでした。若いクリーンナップもまだまだこれからですね。
    ブルペンは伊藤和雄が加わり、ホントに頼りになります。

  9. hi64
    Posted 2017年5月29日 at 13:14 | Permalink

    なぜメッセを週末のカードの頭に投げさせないのか疑問に思ってましたが,
    先週今週と週末はヤクルト,横浜との試合だったので,いずれも積極的に打ってくるチーム。
    コントロールに不安のある投手を投げさせるならここしかないという意味での藤浪,岩貞(青柳),小野だったのかもしれませんね。
    これらの投手を待球してくるチームに当てるのは辛いですもんね。
    交流戦からはもしかしたらメッセを金曜日に変えてくるかもしれません。

    中谷について,4番は今のところ適性がないと思います。
    試合のいい場面になると力みかえってボール球を振りまくる,
    という悪癖が改善されない限りは7番くらいで気楽に打たせる方が結果は良いと思います。
    下位打線にいたら一発もあるし嫌なバッターですよ。

  10. なかっち
    Posted 2017年5月29日 at 13:28 | Permalink

    激突にはヒヤッとしましたが、大事に至らず良かったです。小野には再度チャンスをあげてほしいです。


    貯金8で交流戦突入します。去年7勝11敗と負け越した交流戦。今年は5割を目標で戦ってほしい。セ・リーグの他チームの動向は二の次にして、タイガースの戦い方を確立してほしいです。鍵を握るのは明日からのロッテ戦やと思います。なかなか調子の上がらないロッテをいかに眠らせておけるか!勢いがつくと手がつけられなくので、しっかり戦いたいですね

  11. レオン
    Posted 2017年5月29日 at 13:50 | Permalink

    交流戦前の甲子園6連戦は
    結果だけ見れば2勝4敗ですが
    4勝2敗の逆の結果になってた
    可能性があっただけに残念でしたね。

    昨日の小野ですが、投げてた球には
    そこまで悪くなかったと思います。

    ファールも取れてたし、空振りも取れてました。低めの制球が課題でしょうか…

    不運な打球にあわや大怪我に
    成りかねない守備でしたが、名手大和と
    ここまでの守備でも余り前にチャージしない糸井。

    しかし今回糸井は一気にチャージしてましたね。鳥谷負傷で、ただでさえ
    打線の厚みが無くなってるのに
    二人とも大怪我に成らず本当に安心しました。

    甲子園プロ初登板の
    小野に厳しい言い方かも知れませんが
    3回の連続四球はいただけませんね。
    緊張やプレッシャーもあったと思いますが
    野手を信じてもっと攻めの投球をして欲しかったですね。
    ランナーを出してからの、岡崎のアウトコース多めの逃げの配球も残念でした。

    しかし、伊藤の時といい
    糸井大和の時といい、ロペスの打球には
    魔法でも掛かってるのでしょうか…
    あわやホームランの初回のファールは魔法を掛けすぎたのかな?

    明日からの交流戦、DHをどうするのか
    どういう打順を組むのか楽しみですね。

    私はDHは高山でも面白いかもと思います。
    外野の守備力は、言わずもがな
    大事なのでレフト中谷、センター糸井
    ライト福留でどうでしょうか?

    糸井をDHで使う時は是非ともセンター
    大和で!

    毎年パ・リーグ優位に進む交流戦。
    私は4連敗中の巨人が上がって来そうな気がします。初戦の楽天戦、プロ野球記録の
    7試合連続二桁奪三振のかかった
    則本が登板します。
    おまけに首位楽天に3連勝すれば
    交流戦優勝経験のある巨人が勢いを取り戻しそうです。

    そして阪神ですが、今現在下位にいる
    チームから当たって行きます。
    ロッテも角中が帰って来て徐々に
    状態が良くなり要警戒でしょう。

    交流戦のローテーションをどうしていくのかも興味ありますが、まず自分たちの
    野球をしていけば、面白い戦いが期待出来ると思います。

    12球団No.1のリリーフ陣が頼りになりますので、得点出来れば勝率も上がるでしょう!

    疲れも間違いなくあると思いますが、交流戦から、また開幕する位の気持ちで
    チーム一丸頑張って欲しいですね。

    頑張れ阪神タイガース!

  12. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年5月29日 at 13:58 | Permalink

    とにかくツキの無い一戦でした。しかし小野には最小失点で
    切り抜けて欲しかったですね。エラーやアクシデントによる失点は
    常に付き物。エース級の選手はそれでもそこを凌ぐものですから
    小野も良い経験を得たと思って次は乗り越えて貰いたい。
    まあ色々とお試しが出来た一戦。後に生かせれば良しとしたい
    ところです。

    昨日の敗戦で首位は明け渡してしまいましたが、このタイミングで
    順位を気にせずに済む交流戦に入ったのは丁度良かったと思います。
    どこに勝ってもどこに負けてもほぼ変わらない交流戦。
    どこを捨ててどこを取るのか、戦略がとても重要になります。

  13. TJ風船
    Posted 2017年5月29日 at 17:13 | Permalink

    昨日の衝突には肝を冷やしました(汗)。大事に至らなくて本当に良かったです。
    小野は球の威力は良かったように思います。低めの制球が課題でしょうかね。かと言って制球ばかりに縮こまって欲しくないですね。大きく育って欲しいです。またチャンスはある、頑張れ!

    首位陥落だ、なんだと新聞紙上に載っておりますが、今年は今のところ上出来ですよね。カープも讀賣もイマイチの出来に乗じて、首位争い、上位争いをしてみる。投打で新戦力化を図ってみるで昨年とは違った一段階上のチャレンジをしているなぁと感じます。願わくは、もう少し足がらめをお願いしたいところですが。昨日の中谷あたりにはもっと悔しがって欲しいですね。若い衆には壁をぶっ壊す逞しい姿を期待します。頑張れ!
    強くなっていく過程を目の当たりにする毎日。負けて悔しいけど楽しくもあります。
    チーム状態は良くないけども、これからが金本阪神の腕の見せどころ。

    頑張れタイガース!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">