あとわずかの差で楽天に負け越し

阪神小野、楽天岸の両先発が五分の投げ合いを演じた。
リードを取られて7回ウラに代打を送られ、98球で降板した小野に対して、岸は8回111球まで投げきった。
ヒットは阪神が10本、楽天が5本。しかし、得点は阪神がゼロ、楽天が1。

その違いはほぼなかった。初白星を懸けて臨んだ小野の投球は、岸のものに比べてまったく引けを取っていなかった。立ち上がりから、ストライクが先行する投球ができ、直球、変化球ともに決まっていた。
ほんの少しの差があるとするなら、6回ウラ一死、この日唯一与えてしまった1番島内への四球だけだ。その直後に打たれた2本のヒット、ペゲーロの一二塁間、岡島のショート左へのタイムリーは、ともに思惑どおりにゴロを打たせたが、結果として、野手のいないところ、野手のグラブの先を抜けただけだった。

岸にはやられた。ヒットはそこそこ打ち、チャンスがなかったわけではないが、いざとなったとき、絶対に打たせないという、寸分狂わぬコントロールでスキのない投球をされた。
阪神打線もそれを捉えた瞬間もあった、しかし、その打球は二塁藤田の超ファインプレーに阻まれた。二度も。

9回ウラは守護神松井裕に簡単に二死を取られた。しかし、そこから代打の大和と糸井が連打で二死一三塁の好機を作った。
続く代打の俊介の初球、打球はレフトスタンド、ポール際へ。しかしこれがファウルとなり、最後はチェンジアップに空振り三振。
大きな見せ場は作ったが及ばず、完封リレーを喰らった。

交流戦最後のカードは、悔しい連敗で楽天に負け越した。これで前週末のソフトバンクに続き、2球団目の負け越し。
パの首位争いを演じる2強に、岩貞、青柳、小野というある意味「教育ローテ」とも言える3人で勝負しての結果。負けても収穫十分と言える内容だったことを思えば、貯金2でのフィニッシュは納得できるものだったと思う。悔しいけどね。

小野は素晴らしかった。DH制なら8回もまだ投げさせていたかもしれない。あの投球内容で初勝利ならずはあまりにも気の毒だった。打線は次回登板時に必ずこの借りを返してやってほしい。
しかし、小野にとって目標とする岸と互角の投手戦を演じたこの経験は決してムダにならない。若いときの苦労は買ってでも。これをバネに、もっともっと高いレベルの投手になってくれると信じている。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

18 コメント

  1. こうさん 
    Posted 2017年6月19日 at 07:50 | Permalink

    裏ローテじゃなく「教育ローテ」…いいですねぇ❗そのワードにはネガティブさが微塵も感じられない。「ただ上を目指すのみ」の素晴らしいワード。

    それを1軍で経験している小野は幸せ。「負けてもいい」から「勝たせたい❗」へ見事にステップアップしてくれた。金本監督に「なんとか勝ち星❗」という気持ちにさせて自らを引っ張らせたのだ。ただ岸が一枚上手だった。タイガース打線が気負った場面で決まる変化球は悔しいが脱帽。「ここで打たれてはダメ」という危機察知能力に長けていた。

    小野が、あそこまで形になれば能見を6回まで(または5回まで)という使い方ができるかも。いよいよ下さん路線で長生きしてもらう時。

    9回は結果論だが大和に盗塁をする勇気があれば…と思ったが左腕からは、さすがの大和も厳しいか。

    福留は使いながら復調を待つ形。広島戦、「いなきゃ勝てない」のか「いても痛みで打てない」のか。思いきって下で調整させて中谷に「4番の責任」を背負わせてみるのも面白いと思うのだが。糸井を名前で4番にするよりも…ね。糸原➡上本➡糸井➡中谷➡高山の打順を希望。

    さぁ、どうなる藤浪⁉

    • hi64
      Posted 2017年6月19日 at 10:48 | Permalink

      大和の盗塁の件、全く同感です。
      ランナー一塁だと、少なくともヒット二本必要ですが、
      防御率0.30とかの投手を相手にそれは楽観的過ぎますよね。
      ツーアウトだったし、極端に言えば代走に荒木を出してでもギャンブルにいって欲しかったなと思いました。

      • こうさん 
        Posted 2017年6月19日 at 11:06 | Permalink

        hi64様、ありがとうございます。俺の頭を過ったのは「鳥谷だったら走ってたんじゃないか?」です。あのWBCでの命懸けの盗塁。「走ってアウトになったらゲームセット」と「走ったからチャンスが拡大する」を天秤にかけて勝負できる選手になってほしいです、大和には。

  2. 西田辺
    Posted 2017年6月19日 at 08:17 | Permalink

    あれだけのピッチングをしたルーキーを助けてあげられない。
    初勝利をプレゼントしてやれない。
    情けないぞ!阪神打撃陣!
    確かに相手守備に阻まれたチャンスもあるけど、他にも決定的な
    得点機会はあった。
    チャンスが全て実を結ぶなんて、これっぽっちも思ってないけど
    いくら何でも潰しすぎですよ。
    当然、初回の件を含めてクリンアップの責任は重い。
    チャンスで相手セカンド藤田の守備が光った。
    おそらく偶然じゃないと思う。
    相手バッテリーがセカンド方向に打たせる配球と制球をしたのでしょう。
    それにタイガースの打者がまんまと引っ掛かった。
    さすがにリーグを代表する岸と嶋、こちらの打者が嫌がることを徹底
    してきてました。

    此で今年の交流戦は4カードで勝ち越し、パの上位2チームには
    負け越したけど、それぞれ1勝はあげた。
    10勝8敗の貯金2。
    チーム状態を考えると、悪くない結果だと思いますよ。
    先発投手陣の踏ん張りが大きかったし、中継ぎ陣も素晴らしい
    結果を残してくれた。
    これから夏場にかけて投手陣に同じような働きを期待するのは
    厳しい話。
    ベンチを含めた攻撃力がここからの最重要課題になりそうです。

    相手に対する顔と言うのも分かるけど、休みを入れながらの
    プレーが必要な福留の4番は正直しんどいです。
    スタメンから外せとは言わないが、そろそろ考えどころでは。
    本当はシーズン最初から考えて欲しかったのですが。
    併殺打は強打者の証しとは言え、この試合数で15併殺は多過ぎます。
    監督の4番論もあるでしょうが、故障を抱えた40才に余り
    多くを抱えさせるのは酷と言うもの。
    早目の決断をお願いしたい。

  3. ガク
    Posted 2017年6月19日 at 08:20 | Permalink

    昨日の敗戦の差は新人には酷かもしれませんが糸原と藤田プロの差でしたね。
    打数も上回って小野は決して岸に引けを取ってませんでした。
    悔しいかなプロの守備の差で負けました。でも得るものも多かった試合です。たった1点の差ですがら大きな差です。
    幸い広島も負けてくれたのでなをんとか3ゲーム差でペナント再開です。
    相手は広島、頑張れタイガース!

  4. DAN
    Posted 2017年6月19日 at 08:36 | Permalink

    おはようございます。

    ちょっとした紙一重が続いての惜敗であり、悔しいですね。特に、俊介のが入っていたら野球人生変わっていたと思うんですが。

    しかしまあ、交流戦貯金2は上出来。特に主軸の糸井を怪我で欠き、福留は絶不調。投手ではローテの軸の1人と目されていた藤浪を欠いていると、決してチーム状態は良くない中ですから、よく凌ぎました。投打ともに好調に見えるカープにたかだか3ゲーム差。これでいいと思います。

    今期に限らず、今後の阪神は若手の成長にかかっているので、数字上物足りなくとも経験を積ませて、各自が兆しを見せつつありますから、十分チャンスはあるかなと思います。

    金曜日まで試合がないのはモヤモヤしますが、楽しみに待ちたいですね。

  5. 虎ジジィ
    Posted 2017年6月19日 at 08:40 | Permalink

    いえいえ、小野は岸と互角以上の投球でした。
    失点場面も上手い遊撃手(糸原が悪い訳ではない、ちゃんと普通に守ってる)ならゲッツーを取れていました。

    たまたま1本が出ず負けましたが、先発小野を筆頭に収穫も多き敗戦。

    やっぱ強いイーグルスやカープは打つだけじゃなく「守備も固い」!

    発育期のタイガース、今は弱いけど「まだまだ伸びる」そう納得できたゲームでした。
    逆に金曜までワクワクして待ちます。

  6. Posted 2017年6月19日 at 08:41 | Permalink

    小野は間違いなくプロでのベストピッチでした。制球が乱れ四球連発してた姿はなく、堂々とパ首位のイーグルスに向かってました。その内容で勝ちが付かなかったのは、小野を上回った岸のピッチングがあっての事だし、ここに何かを感じ成長して欲しいと思います。

    岸自身の調子はさほど良くは感じず、実際ヒットも多く出ましたが、結果0点に抑えきった結果に学ぶことは多くあると思います。フォームがよく似ていると言われるだけに、ここを目標としてみても良いかと思います。

    岸も良かったが、やはり一番凄かったのは藤田の守備。往年の平野を思い出させるような綺麗なダイビングからのグラブトスゲッツーは、もう悔しさを通り越して只々感動でテレビに向かって拍手してました。ベイスターズが何故彼を手放したのか、信じられませんでしたが私の中では、現在NPB1番のセカンドベースマンと思っています。菊池も凄いが、藤田には美しさがあり正に魅了させる名手というイメージ。同じような打球を取りきれず、タイムリーにしてしまった糸原には藤田の守備を目指してほしいです。

    残念ながら有終の美を飾れませんでしたが、交流戦トータル二つ勝ち越しは、糸井不在・福留不調の中よくやったと思います。

  7. ぴゅあらっく
    Posted 2017年6月19日 at 08:54 | Permalink

    小野の好投に報いることが出来なかった野手陣には猛省を促したいです。別に阪神だけではないのでしょうが、若手投手が見殺しにされるのは余りにもやるせないし、腹立たしいです。
    最後の俊介の大ファウル、金本監督にはダメ元でビデオ判定を要求して欲しかったです。結果ファウルでも間を空けることで松井裕のリズムを崩せたかも知れません。見苦しいと思われても、昨日は勝ちに拘って欲しかったです。
    今日から4日間試合がありませんが、後半戦に向けて打撃も守備も走塁ももう一度ネジを締め直して欲しいです。
    広島との差を詰めるためにも、意識づけで出来ることは選手たちに徹底させるべきです。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2017年6月19日 at 09:04 | Permalink

    はっきり言って不甲斐ない腹が立つ。このモヤモヤは週末のカードで晴らされることを祈る。
    小野は凄い良かった。田中佐々木を取らなかった理由がよく分かった。
    初回の連打で一気に点を取りたかった。金子をやっつけたんだから、出来ると思う。糸井がいない、4連休があるとは言え、福留に休養日があっても良かったんじゃないか。上本には2日もあったじゃないか。大和も俊介もいる。右手指を怪我しているという報道もある。2割5分を切って断トツの併殺王では困る。
    あとは昇格の3人の出番を早くみたいですね。

  9. なかっち
    Posted 2017年6月19日 at 09:37 | Permalink

    昨日は現地観戦でした。実に悔しい敗戦でしたが、小野は素晴らしいものを見せてくれました。次回こそ初勝利を。

    打線は再三のチャンスも藤田に阻まれた印象でした。が、もう少し岸を足で揺さぶっても良かったかなとの印象を受けました。10安打放って無得点でしたからね。

    福留の状態はかなり重症のようで心配ですね。

    • とし虎
      Posted 2017年6月19日 at 12:15 | Permalink

      私も現地観戦でしたが、福留の併殺打の時もまともに走ってなかったのでかなり体力的に厳しいのかも知れませんね。

      • なかっち
        Posted 2017年6月19日 at 13:18 | Permalink

        とし虎様コメントありがとうございます。福留は体力的にかなり厳しい状況に追い込まれてますね。
        週休2日制と言わず、しばらく休んでほしいですね。秋には必ず必要な選手ですから。

  10. サヨナラ3ラン
    Posted 2017年6月19日 at 10:32 | Permalink

    金本が監督就任時に語っていた勝ちながら育てる。
    そんな風になっている。
    一年目は勝ちながらとは言えなかったものの昨年 辛抱強く様々な選手を一軍の
    勝負の場で使い続けてきたことが今に
    結び付いている。今年の阪神は本当に面白い。特に交流戦で それを強く感じた。

  11. 虎轍
    Posted 2017年6月19日 at 11:56 | Permalink

    交流戦の勝ち越しは2で終わりましたね。
    最初の見立てでは8やったんやが、振り返ってみると、出来てた可能性はあったと思えますね。
    昨日のような紙一重な試合も多かったと思いますね。
    ロッテ、日ハム、オリックスにも、あと1つずつは勝ててましたもんね。
    そこは成長途中って事で、これからに期待したいですね。
    紙一重、成長途中と言えば、昨日の唯一のタイムリーとなった打球は、糸原にダイブしてでも止めて貰いたかった。不馴れなショートであっても、打球を抜けさせへん守備をして貰いたかった。オリックスの時のサヨナラの打球もそうやったが、一歩目が遅いんですよね。まだまだ成長と経験や!
    小野はナイスピッチングやったが、やっぱり失点には四球が絡むね。唯一の四球が失点に繋がった事を感じて、これからも頑張って欲しいですね。
    負けた後の試合が無いのは憂鬱ですね。

  12. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年6月19日 at 13:58 | Permalink

    セカンド藤田にさえぎられた感が大きいです。
    2013年イーグルスが優勝した時もマー君は、藤田に助けられた部分も大きいと言ってました。
    福留はセカンドゴロで併殺打が多かったのは、足の調子も悪いのでしょうが、セカンド守備にやられたことも再三でした。
    4日間休んで元気になってくれたら良いのですが、調子が上がらなければ打順を代えた方が良いと思います。
    守備位置はどこも大切ですが、トラオさんもセカンドの大切さをよく仰っていました。
    カープの菊池も嫌ですねえ。

    小野は良く投げたと思います。
    10安打も打っていたのに岸を攻略できなかったことは本当に残念です。

    昨日の9回の裏2アウト1・3塁打席俊介。
    俊介は三振に倒れ、その時は物凄くガッカリしましたが、最後まで楽しんだような気がしました。
    金曜日まで待ち遠しい。

  13. etc虎
    Posted 2017年6月19日 at 13:59 | Permalink

    ドキドキの交流戦、皆さん応援お疲れ様でした。そして交流戦直前の戦いぶりからは予想も出来ない勝ち越しをやってのけた虎戦士、本当にありがとうございます。岩貞を短期間で復調させた二軍首脳陣の手腕には大変恐れ入りました。
    さて岸のピッチング。敵ながら天晴れ。リーグを代表するピッチャーなだけあってコマンド能力がズバ抜けていたように見えた。彼にとって、アウトロー目一杯に直球を投げ入れるなど自家薬籠中のもの。
    そんなエースと投げ合うと何故か相手までそれに引っ張られて好投する時がある。昨日がまさにその典型の試合だった。
    岸のテンポと間合いを分けてもらいながら投げた小野は、課題の制球力などどこ吹く風。
    高いポテンシャルを見せながらも脆かったルーキーの姿など、そこにはなかった。
    このリズムをどうか忘れないで欲しい。それが出来れば充分に一軍で通用すると証明されたのだから。
    大いに自信にしてもらいたい。次回も期待してます。

  14. yalkeys
    Posted 2017年6月19日 at 17:27 | Permalink

    全く五分の素晴らしい投手戦でした。藤田のあのグラブトスがなかったら・・・。
    でも、それは言ってはいけないこと。
    糸原、上本、北条、大和らが、しっかりと脳裏に叩き込んでいて欲しい。「僕たちだってやれるんだ」と言う心意気を持ち続けていて欲しい。カード別では4勝2敗、胸を張っていい成績ではないだろか。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">