今日は倉敷で主催試合

オールスターが終わると”パンダ”ロジャースと西岡がやってきそうだ。プラスに作用することを期待したい。
その分、今のメンバーから二軍に回らなきゃいけない選手が出る。まあそれも前向きに考えるのがいい。心身のリフレッシュと、一軍とは違うコーチングスタッフに違う角度から助言をもらうのもいい。よければ上げてくれるし、上げれば使ってもらえる

倉敷と甲子園で中日戦、2試合が終わればオールスターだ。今年は交流戦終了からオールスターまでの間、毎週火曜が地方試合なんだね。で水曜はふだんの球場という変則日程。各チーム梅雨時に地方戦を入れたがるのは、中止なら中止でもいいっていうスタンスなのだろうか。今日の倉敷の予報は悪くない。
中日の投手はいつもの両外国人みたいだが、たのむよ。積極性と「アウトになるにしても」の戦略を。連敗中のメッセ、落ち着いて自分の投球を。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. Posted 2017年7月11日 at 08:15 | Permalink

    前半戦もあと2戦、とはえゲーム数は半数を超えており、カープ追撃のチャンスはどんどん減ってくる。ドラゴンズをしっかり二つ叩いて気分よくASGを迎えたいものであります。

    ファームから西岡の充実ぶりが伝わってきていますが、現状最高のモチベーションをキープできてるのでしょうね。まさに心技体揃ってのスタンバイOK状態。必ずや後半戦巻き返しの為の起爆剤となってくれるでしょう。今度一軍に上がったら、引退するまで怪我なく野球人生を全う出来るよう祈っておきます。

    メッセはここ数試合、勝ち運から見放された感がありますが、自身の投球で勝ちを掴みれなかったのも事実。今宵、岡山の気温は夜間でも30度超えの予想となっていますが、ボッタボタ汗を滴らせながらバッタバッタとドラゴンズ打線をキリキリ舞させてやりましょう。地方球場の鬼ゲレーロには要注意で!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2017年7月11日 at 08:44 | Permalink

    「糸原デー」の次の試合になりますが、糸原にとっては高校時代 倉敷マスカットスタジアムでの準々決勝で、9打席連続安打(何気に元々凄い選手)を放ち、江の川(現・石見智翠館)時代の谷繁元信(中日元監督)の大会記録を塗り替えた、縁起のいい舞台への凱旋になるとの事。
    今日も糸原には注目したいと思います。

    先発投手は、この2連戦に関しては、とにかく5回まで全力で飛ばして試合を組み立ててくれれば良し!
    後は「最強リリーフ陣」が 休暇前のひと踏ん張りで抑えてくれるでしょう。
    メッセはイライラせず、初回からトップギアでお願いしたい!どんどん大汗かいて下さい。

    ロジャース&西岡のスタンバイで、サバイバルレースになる野手達のアピール合戦も楽しみです。
    もし、「隼太デー」や「陽川デー」になったら金本監督は嬉しい悩みになるでしょう。

    余談ですが、個人的には倉敷って一度も行った事がないんですよね。
    そしてマスカットスタジアムは全国で唯一 スカッシュコートやフィットネスジムも備えるらしく、周りもスポーツのアミューズメント公園のような場所のようですね。
    行ってみたいなぁー!

  3. こうさん 
    Posted 2017年7月11日 at 10:14 | Permalink

    外国人を何番にするんだろう。福留を6番?糸井➡外国人➡中谷➡福留かなぁ。意外と中谷が4番になったりして。

    ある日の中吊り広告に、こんな見出しがあった。

    「タイガースに、またもスクープか⁉編集部に駆け込んできた二人が号泣しながら『私たちも、あの人に抱かれました‼』と訴えた‼」………中身を読んでみると「抱かれてる時は『私は、この人の為に頑張ろう‼』と思ったんです。けど、私の目の前で私じゃない人を抱く、あの人…。……ふふ。嫉妬ですよね、情けないけど。でも、私を抱いた同じ場所で違う人を抱くのは、どうしても許せなかったんです。一緒に来た隣の方も私と同じ想いだったみたいで…。今日は勇気を出して、ここに来ました。『もう一度、抱かれるように努力して魅力的になろうとは思わなかったのか』ですって?…そんなこと何度も思いましたよ❗努力が足りなかったと言われたら、その通りだと思います。こんな訴えをしないで努力すれば良かったのでしょうけど私たちの気持ちも分かってほしかったんです。もう私たちを抱いた『あの場所』で他の人が抱かれるのは切なくて…。記事にしてもらえれば私たちも、もう一度、頑張れると思います。どうかよろしくお願いいたします。」


    訴えられた人…金本監督


    訴えた人…原口さん。岡崎さん。




    もちろんフィクションです。

  4. 西田辺
    Posted 2017年7月11日 at 10:36 | Permalink

    昨日確か私甲子園でと書いたと思うのですが、倉敷マスカットですね。
    失礼しました。
    中日の先発予定はジョーダン&バルデスのタイガース嫌がらせコンビ。
    何時までも打ち崩せないから、何時までも当てられる。
    もうぼちぼち、どんなタイプの打者が苦手でどんな配球傾向かのデータも
    揃ってるでしょ?
    何時までも好球必打やら追い込まれるまでに云々やらだけでなく、具体的な
    打開策や攻略法が出来てないとおかしいのですが・・・。

    新外国人が入ると恐らくファーストで中軸を任されると思うのですが、そこで
    弾かれそうなのが原口でしょうね。
    今シーズン思ったような成績を残せてないですよね。
    肩や腰の状態は知らないけど、打撃に特化させるためにファーストへの位置替え
    をやり、とにかく打たなきゃ生き残れないの気持ちが強すぎて逆に自分を見失って
    いるようにも見えます。
    北條もそうですが、去年の良い時の構えとかなり変わってしまっています。
    誰かの指導か、自主的なものか分かりませんが、一度去年のフォームに戻して
    みるのも一つの手ではないかと思うのですが。
    ここで沈んでいくには余りにも惜しい戦力です。
    もう一度、自分を見つめ直して勝負強いバッティングを取り戻して欲しいですね。

  5. サヨナラ3ラン
    Posted 2017年7月11日 at 11:06 | Permalink

    西岡って入団前から福留同様に期待して
    いなかった選手。それは実績組の入団は若手の競争がなくなり ひいてはチーム力の向上に繋がらないと考えていたから。実際に1年目以降も あまり活躍した
    印象もなく阪神との相性も良くなかった
    選手と言う個人的評価。
    もちろん度重なる怪我等も加味してだが。
    だけど俺的には西岡入団以来、初めて彼の
    活躍を期待している。
    と言うか活躍をイメージしている。
    それはチーム停滞の救世主とか そんな願い
    とかではなく。(どのポジションで使うの?
    って疑問もある。可能であれば外野手として競争させたいけど)
    俺が西岡の活躍をイメージ出来るのは
    ある意味、一度死んだ身であり失うものもないと考えるから。
    ずっとFAで入団して以来、上手くいかない
    焦りや活躍出来ない不甲斐なさに責任を
    感じ続けてきたのではないだろうか?
    怪我で引退も覚悟しただろう。
    若手選手の台頭により存在さえも
    忘れられていることも認識していただろう。
    ある意味 吹っ切れる要素だらけだと思う。
    西岡が悪くなる要素は何もない。
    それが西岡の活躍をイメージできる理由だ。

  6. hi64
    Posted 2017年7月11日 at 11:48 | Permalink

    昨日岩貞を抹消しなかったので,おそらくAS明け広島3連戦の先発は,
    メッセ,秋山,岩貞となりそうです(順番は岩→メ→秋かもしれませんが。)。
    そして金曜日からのヤクルト戦は,順番は分かりませんが,
    能見,小野,(青柳)となりそうです。
    青柳はここのところ長いイニングを投げられていません。
    前回も良い立ち上がりをしながら,ランナーが出て一気に崩れてしまいました。
    あのセットポジションが悪いとは言いませんが,なかなか安定しませんね。
    (ちなみに,7月7日のファームでも投げてて,6回に崩れて4失点し,5回0/3を5失点でした。)
    そんなこんなで青柳は入れ替えてくるだろうと思っていて,
    そうすると候補は,岩田,島本,藤浪あたりでしょうか。
    藤浪はミニキャンプ明けでファームでの登板をまずは入れてくると思うので,
    候補から外すと,岩田,島本のどちらかということになります。
    二人とも1週間前に先発しているので,
    おそらく今日明日のファーム広島戦に先発するのではないでしょうか。
    それで,結果を残した方が来週のヤクルト戦の先発が回ってくると。
    どちらも期待していますし,頑張ってほしい選手ですが,
    特に岩田はもう1回上でチャンスを与えてほしいという選手です。
    本人としてももう後がないことは分かっているはずですし,
    若返りを図るチームでそうチャンスが回ってくることが無いのは気付いているはずです。
    そこまで追い込まれて,なお強い気持ちで自身への評価を変えられるか。
    期待しています。

  7. 虎轍
    Posted 2017年7月11日 at 14:16 | Permalink

    二軍戦を観に行った時に思ったのが、西岡はちょっとスリムになってて、スピード感がありました。それこそ若かりし頃のロッテ時代の西岡のようでした。
    遊撃の守備もそつなくこなしてましたし、中堅の守備も大丈夫そうです。
    盗塁や走塁に関しても、阪神に来てから一番速いような気もしました。
    一軍に上がってくるなら、怪我無く、おもいっきり頑張って欲しいですね。
    背番号5の西岡を存分にアピールしてくれ!
    中日と倉敷、甲子園の2連戦ですが、大島、ゲレーロに打たれんように、ジョーダン、バルデスは打ち込めるように、タイガースの選手には頑張って貰って、オールスターブレイクに入ろう。
    あんまりイライラせずに落ち着いて頑張れメッセンジャー!勝とうぜタイガース!

  8. renkaisuzu
    Posted 2017年7月11日 at 15:11 | Permalink

    久しぶりに失礼します
    どうしてもアキレス腱断裂で思い出すのは前田智徳。
    三拍子そろった名選手でしたが、アキレス腱断裂後は患部をいたわりながら、本来の実力の半分も出せないような選手になってしまいました。
    医学の進歩もあって当時とは比べられないとは思いますが、西岡には無理をしないながらも最高のパフォーマンスをしてもらいたいと思います

  9. なかっち
    Posted 2017年7月11日 at 21:46 | Permalink

    いよいよ西岡が帰って来るんですね!西岡がいるといないではチームの指揮が全然違うと思います。
    ロジャース共々現状のチームにどんな風を吹き込むのか?今から楽しみですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">