「大和」案件は、恋愛マターである ほか

タイガースの選手たちは、契約更改とオフイベントの12月が淡々と進んでいるもよう。
「年忘れ」という言葉があるが、それは経験した苦労や苦痛を忘れられないことの裏返し。引きずらないで、肯定的にとらえていこうというのが「年忘れ」の本意だろう。
トレーニングにうちこむのもいいが、いろんな人と会って、話を聞いて、人間の幅を拡げるのに適した季節でもある。

こちらを書いて、かなり気持ちの整理がつきました(笑)。ぜひ読んでみてください。

→ 「大和」案件は、恋愛マターである(虎バカ旬だより)


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. やまくん さんのアバター やまくん
    Posted 2017年12月6日 at 09:05 | Permalink

    いつもお疲れさまです。
    タイガースに大和と比較して語られるような選手が出てくるのを楽しみにしたいです。
    個人的にはプロ野球で、しかもセ・リーグでこれからもあの守備を見れるかもしれないというのも楽しみです。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2017年12月6日 at 10:15 | Permalink

    「さらば大和よ」とか「理屈じゃないのよ涙は」とか、どこかで聴いた歌の題名みたいですが、とても説得力のある文章です。

    大和の件は恋愛感情に似ていると私も感じていました。
    今はまだ「別れても好きな人♪」ですが、春には「勝手にしやがれ♪」になっていると信じたい!(選曲が昭和ww)

  3. 西田辺
    Posted 2017年12月6日 at 10:36 | Permalink

    大和のFAに際して、阪神・DeNA・オリックスが交渉を持った。
    それぞれが出した条件がどの様なものだったのかは窺い知る事は出来ません。
    一体、大和の心を動かしたのは何だったのか?
    起用に関する処遇か。
    新聞報道には表れない裏の条件か。
    もしかしたら、シーズン中から何らかのアクションがあったのか。
    奥さんが神奈川県出身と言うのも大きかったのか。
    これも大和の心の中にしか正解はない。
    恐らく、それを語られることは無いと思う。
    阪神や金本監督に対して思う所もあったかも知れない。
    球団納会やファン感に出なかった事は、そういう事かも知れない。
    いくら私の足りない頭を捻った所で、想像のや勘繰りの域を超えることは無い。
    ただ確かな事は、大和は育った球団以外から是非にと請われて行くという事。
    若手が育たないと言われたタイガースから、こう言う価値を持った選手を輩出
    出来た事は誇りに思わなくてはいけない。
    FAと言う制度がある以上、いずれこう言う立場に立たなければいけない時が来る。
    今まで来てもらう側が殆どだったタイガース。
    これがFA制度なんです。

    来季、中軸を任せる予定の新外国人との契約が大詰めに来ているとか。
    本人はドミニカのウィンターリーグに参戦中。
    何日か前の対戦相手の名簿の中に、一昨年までタイガースでプレーしてた
    ゴメスの名が。
    実際出場したかどうかは定かではないのですが、一時体調不安説も流れたゴメスが
    元気に野球をやっている情報に触れ、なんだかホッとしました。
    そのロザリオ(あ!名前出しちゃった)、かなり期待できそうですよ。
    真っ直ぐは勿論の事、変化球にも対応できる打者のようです。
    キャッチャーが出来ると言う話ですが、マイナーでの守備率を見たらやめた方が
    よさそうです(笑)
    一塁守ってしっかり打ってくれればそれでOK。
    40歳越えの福留が4番打ってるようでは未来がないですからね。
    取り逃がさないようにシッカリ交渉頼んまっせ。

  4. こうさん 
    Posted 2017年12月6日 at 12:44 | Permalink

    数日前に「大和に対してトラオさんの更に深い見解が出るのではないか?」と書いていたが…。深い❗深海❗深海魚❗いや~、どういった別れ方をしようか、しなければならないか迷っていたが指針を示してもらった。

    ただ…あの星のマスコットを抱える大和には違和感しかない。

    はっきり書く。来季ベイとの対戦で大和一人に拘っていたら勝てない。嫌でもマスコミは煽る。「そっちに」持っていく。そうさせない為には…。な❗糸原。

    • ガク
      Posted 2017年12月6日 at 13:41 | Permalink

      こうさん様

      ベイのマスコットは今や星のマスコット、ホッシーではなくDBスターマンという謎のハムスターみたいなマスコットに変わりました(^_^;)

      • こうさん 
        Posted 2017年12月6日 at 16:16 | Permalink

        ガク様ありがとうございます。本当だ。顔面の白い部分が星になってるから星のマスコットにしちゃいました。どうりで鳥谷のトークイベントの「びびってんじゃん」を「でらべっぴん」と読むはずだ。

  5. 虎轍
    Posted 2017年12月6日 at 12:48 | Permalink

    ここでも書かれる事が多かった守備力軽視な金本監督に謀反を起こしたのが大和なんやと思いますね。
    愛するタイガースに愛の問題提議をしたんやと思いますね。
    実際守備も疎かで打つだけの北條が打てなくなれば、ショートの実績に乏しく、捕ってからステップが多い糸原を起用されて、最後は残りモンの大和の起用って感じでしたからね。
    若手が悪いんではなく、そういった選手起用をしたタイガース首脳陣に大和の警鐘があったんでしょうね。
    鳥谷のバックアップ要員が長過ぎて、セカンドをやればソツなくこなせ、外野を守ればダイナミックなファインプレーでタイガースファンを魅了し、投手を助けましたからね。
    守備のスペシャリストのタイガース愛やと思っときたいですね。
    DeNAでスタメン出場が続いて規定打席に到達して、ゴールデングラブ賞を受賞して、いずれはタイガースのコーチに戻ってきたらええんやで。
    でもDeNA在籍中は応援せえへんからな!

  6. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2017年12月6日 at 14:54 | Permalink

    大和に対する気持ちは確かに「理屈じゃないのよ」です。
    もう、去っていった大和。
    青いタテジマユニで笑っている大和を見て、改めて似合わないけど仕方のないことと自分の心を静めています。

    最近、虎友になった彼女は、大和のことは仕方のないことと話題にもなりません。
    それどころか、横浜の青いユニは大和に良く似合うねと言っています。
    私の気持ちは複雑ですw

    さあ、タイガースは来季頑張って横浜には負けたくないね!

  7. サヨナラ3ラン
    Posted 2017年12月6日 at 20:44 | Permalink

    来年は上本がFAの権利を獲得する。
    そういう点も来期 確実に上本の活躍は期待と言うか
    計算しても良いと観ている。
    従って来期のセカンド レギュラーは上本が既定路線
    と考えていいだろう。
    来年 上本にまで出て行かれないようにと願う。
    あまり他人の給料のことは言いたくないけど俊介が
    先の契約更改で5000、上本が4300(いずれも推定)との
    報道が。その金額が高い、安いは分からないけど両者の
    今までのチーム貢献度を俺なりの印象で言えば意外だ。

虎轍 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">