星野仙一さん逝去

今の私の仕事は、言葉を道具にして思いを表現することだ。しかし、言葉なんかじゃ軽すぎて、とても表現できないと思うことが最近よくある。
それでは仕事をしていないのと同じなのはよくわかっている。誰にも伝えやすくするための道具が言葉。ようするに、自分の思いを誰にも伝えたくないと思っているのだ。自分の思いは、自分だけのもの。誰かと共有したいとも思っていない。だから言葉なんかにしたくない。それでは仕事にならない。

2002年、阪神監督だった当時、星野さんのホームページで、ファンを招いて「茶話会」をするという企画があった。虎番記者たちを集めて飲み物を用意して情報発信する「茶話会」が星野監督の名物になっていたが、それをファンともやろうというものだった。私は抽選に当たって、今はもうない赤坂プリンスに出かけていって、そこで星野さんと会話を交わしたことがある。
女性や年配の方が多い中、いかにも仕事中というスーツ姿は目立っていたため、「おい、仕事はどうした?」と声を掛けられた。「ちょっと長めの昼休みをいただいています。自主的に」と答えると、「おいおい、大丈夫か」と苦笑した星野さん。男たる者、仕事に夢中になれよと言われたような気がした。

私がブログを始めたのは2003年の12月、暮れも押し詰まったころだった。久しぶりの優勝、その余韻にひたっていたオフ、ぼーっとしていたとき、星野仙一監督の仕事ぶりに思いをはせた。自分の持っている情熱とエネルギーをすべて注ぎ込んでチームを強くした。多忙きわまりない毎日の中、勝った日も負けた日も毎日自身のホームページに自分の言葉を発した。あれで指揮官の気持ちはチームだけでなく、ファンも共有できた。

それを思ったとき、自分も何かをしなくてはいけないと思った。あの忙しい星野さんでも毎日時間を削り出して、自分の言葉を発して人々を動かした。星野さんに比べれば、どう考えても自分には自由になる時間がある。
それまでもホームページ作りには興味があり、いろいろと試してきたものの、自分にとって大本命である阪神タイガースについて語ることは避けてきた。生来の怠け者で、なにをやっても長続きしない自分が、中途半端に阪神ネタを始めて、すぐに飽きてしまうのが怖かった。

あの日、星野さんのことを考えて、何かを始めたいと思った。あの忙しい星野さんにできるのだから、自分にもできると思った。大好きなことをやるからには、本気になってやりたいと思った。
今思うと、今自分が言葉を仕事にしているのは、あの日があったからだ。

くすぶっていたチームが着火する瞬間を見た2002年。大きな風を巻き起こし燃え上がった2003年。その思い出を語る言葉はまだ出てこないが、恩人への感謝は尽きることがない。

楽天で念願の日本一をとった。野球殿堂入りし、その大きな披露宴をやった。ニッカンの連載取材でその一生を語った
まるでホッと落ちついて、旅だったようにも見える。

慎んで故人の冥福をお祈りいたします。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

19 コメント

  1. 虎番地
    Posted 2018年1月6日 at 10:22 | Permalink

    虎監督就任会見で「やるべき事をやらなかった時、私は鬼になります」この言葉を聞いた時、虎は変わる!そして強くなる!と思いました。

    勝ちたいんや!

    この言葉にファンとして何度勇気付けられた事か。。
    本当に夢と感動を与えていただきました。
    2003年の日本シリーズ最終戦の監督談話をアナウンサーが伝えてる時は涙が止まりませんでした。

    心からご冥福をお祈りします。
    天国で奥さんと仲良く球界を守って下さい。
    そして、必ずや阪神対楽天の日本シリーズを実現します。
    ありがとうございました。

  2. りさぼん
    Posted 2018年1月6日 at 10:33 | Permalink

    徹さん、シーズン始まる前に星野仙一監督追悼やろうよ。
    私、手伝うよ。

  3. 鳴尾村
    Posted 2018年1月6日 at 10:47 | Permalink

    びっくりで言葉が出てきませんね。
    中日時代からその存在感は圧倒的でしたが、阪神の監督になって頂いてからは憧れの理想とする男でした。

    天寿をまっとうされたと思うことで心の整理をしたいと思います。
    ご冥福をお祈り致します。

  4. 虎ジジィ
    Posted 2018年1月6日 at 11:05 | Permalink

    toraoさんが、ここを始めるきっかけが星野仙一さんだったとは驚きです。
    心中お察しします。

    阪神タイガースという「どうしようもない球団」を根底から改革した人物こそ、紛れもなく星野仙一さんでした。

    個人的には「生きている事が修行」と思っている人間なので、「お務めご苦労様でした、ゆっくり休んで下さい」という気持ちもありますが、出来ればもう一度、タイガースナインへの「激」のヒトコトが欲しかったです。

    心からご冥福をお祈りします。

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年1月6日 at 11:15 | Permalink

    近頃、未明に一度目が覚めるのが習慣化している。
    夢うつつで時計代わりにスマホをのぞき込んで目にした訃報に思わず呆然。
    思えばノムさんからドタバタ劇で星野さんにバトンタッチした時から、自称自虐的阪神ファンに感情剥き出しで野球を見る楽しさを教えてもらった気がする。
    そこからタイガースファンの失われた10年を取り戻す戦いが始まった。
    すべては星野仙一という闘将のおかげ。
    心よりご冥福をお祈りいたします。(合掌)

  6. TJ風船
    Posted 2018年1月6日 at 11:21 | Permalink

    昨日のコメ欄でも話題に上がっていたので正直、びっくりを通り越して何と言って良いか言葉がありません。
    デッカい希望をくれた02年、ウソみたいな快進撃の03年。目を閉じれば昨日の事のようによみがえります。

  7. なかっち
    Posted 2018年1月6日 at 11:31 | Permalink

    正直言葉がありません。ショックで仕方ありません。今何を書いて良いのかもわかりません。
    謹んでご冥福をお祈り致します。

  8. ガク
    Posted 2018年1月6日 at 11:51 | Permalink

    訃報から数時間が経って、トラオさんのブログ読んでようやく本当に亡くなられたんだな、という実感が湧いて来ました。
    今のタイガースを創り直してくれた大恩人、本当に感謝の念しかありません。天国で島本さんとタッグを組んでまた野球チームを創って下さい。
    謹んでご冥福をお祈りします。
    夢をありがとうございました。

    • ガク
      Posted 2018年1月6日 at 11:54 | Permalink

      島野さんの間違いでした

  9. 西田辺
    Posted 2018年1月6日 at 11:53 | Permalink

    携帯のニュース速報で目が覚めました。
    誰かの死亡記事。
    眠気まなこの老眼に星野仙一氏の文字が見えた。
    (いや、まさか・・・似た名前の誰かじゃないのか?)
    糖尿や高血圧を抱えていた事は知っていたけど、その合併症を疑った。
    スマホであちこちを探り、テレビのニュースが訃報を伝える内に現実を
    受け入れざるを得なくなった。
    特に楽天球団がリリースしたものは、全てを納得するに十分なものでした。
    「勝ちたいんや」と勝利への奮起を促し、
    「Never Never Never Surrender」と暗黒時代の負け犬根性を払しょくし、
    優勝した甲子園でのお立ち台で「あ~、しんどかった」と満面の笑みを浮かべ、
    「この縦縞で、この甲子園で、みんなの前で胴上げされたかった」と阪神ファンの
    涙腺をぶち壊した。
    正直、好意的な評判ばかりではなかったけど、タイガースと言うぬるま湯集団を
    ここまで劇的に変革してくれた人はいません。
    感謝の言葉しかありません。
    ありがとうございました。
    ゆっくりお休み下さい。
    今年は阪神対楽天の日本シリーズを星野さんに捧げてあげたい。
    奥様や島野さんと早く会えると良いですね。

  10. 月見草
    Posted 2018年1月6日 at 12:37 | Permalink

    阪神での優勝、楽天での日本一、この二つを越える優勝は今後でないでしょう。星野さんには感謝しかありません。赤星を抱きしめるシーン、最終回審判に 田中! と告げるシーンが印象的でした。仙台の優勝パレードでは嬉しそうにあの大きな手を振っていました。阪神対楽天の日本シリーズ、星野さんの好きな言葉は 夢 でした。

  11. こうさん 
    Posted 2018年1月6日 at 12:41 | Permalink

    困ったことがあれば「星野さんなら、なんとかしてくれる」と言い、2位で終われば「星野さんなら優勝していたかも」と言い、高齢の方が役職に就いたら「星野さんの方が良いって❗」と言い…。俺たちは星野さんの文字通りの「星野マジックの虜」だった。

    タイガースでの優勝、楽天での日本一、星野さんは優勝して関西や東北を盛り上げる代わりに命を削った。我が子を育てるために自分の肉体を食べさせるような気迫があった。

    もちろん今の時代には合わないかもしれない。時代も星野さんの味方した。

    「星野さんのことがあった今年こそ優勝」は、星野さんに失礼。金本監督の身体から出る覚悟に期待したい。

    ゆっくり島野さんと野球を楽しんでください。ご苦労様でした。ありがとうございました。

  12. Yalkeys
    Posted 2018年1月6日 at 12:51 | Permalink

    まさかまさか・・の悲報でした。
    当時のオーナーと直談判して、優勝を争えるチーム造りへとカジを切っていただいた大恩人でした。
    私が名古屋で勤務していた時、お得意様に配るドラゴンズのカレンダー50部にサインをいただきました。
    サイン済のカレンダーに合紙を挟む役をしていた時に、上司が「この男はタイガースファンですよ」と言うと、星野中日監督が「私もタイガースが好きです。よく勝たせてくれますので」と仰って、ニヤッとされたのを今でも鮮明に覚えています。
    ご冥福をお祈りいたします。

  13. 虎轍
    Posted 2018年1月6日 at 12:52 | Permalink

    コミッショナーは星野仙一氏が適任と書いたのに…
    言葉が見つかりません。
    御冥福をお祈りいたします。

  14. ジュビロタイガース
    Posted 2018年1月6日 at 13:29 | Permalink

    2003年9月15日、星野さんが赤星の肩を抱き、頭を撫でるシーンが忘れられない。
    星野さんありがとう、ご冥福をお祈りします。

  15. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2018年1月6日 at 14:01 | Permalink

    あまりに急な知らせに驚きました。
    健康に不安が無ければNPBの改革なんかをやって欲しいなあと
    思ってたくらいなので、まさかという感じです。
    私の気持ちとしてはただひたすら感謝あるのみですね。
    ご冥福をお祈りします。

  16. 老虎(フケトラ)
    Posted 2018年1月6日 at 16:03 | Permalink

    タイガースに来られた星野さんで一番印象に残っているのは「二軍選手の大量リストラ」です。あれで「二軍はいつまでも居るところではない」という空気を作りだしてくれました。去る選手も残る選手も退路を断って前向きになってくれたと信じています。

  17. Posted 2018年1月6日 at 16:25 | Permalink

    私の中でタイガース史上、最も大きな存在でした。誰よりも熱く、誰よりも強く勝ちを欲し、誰よりも大きくタイガースを変えた人でした。

    これからも星野イズムはタイガースのなかで引き継がれて行くだろうし、引き継いで行かねばならない。今年はタイガースとイーグルスで日本シリーズで、最上の餞としましょう。ありがとうございました!

  18. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2018年1月6日 at 17:11 | Permalink

    星野さんの訃報はなかなか受け入れられません。
    心の整理には時間がかかりそうです。

    阪神タイガースが長い暗黒時代からノムさんの監督に希望を持ったが、タイガースの選手には上手く受け入れられず、星野さんに繋いだ。
    やっと星野阪神が暗黒時代から優勝という陽を照らしてくれた。
    近所のタイガースファンが集まってのお祝いの会は盛大だった。
    あの嬉しさは今も忘れない。

    ありがとうございました。
    ご冥福をお祈りいたします

TJ風船 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">