マートン引退

マートンが現役引退するという。
2015年シーズンを最後に阪神を退団しメジャー復帰を狙っていたが、かなわずカブスのフロント入りを決意したのだそうだ。

阪神での6シーズンで1020安打。通算打率.310の打撃技術はホンモノ。ホームランは77本、打点もそれほど多くはなかったが、好調期にはボコボコ放り込んだり、連日試合を決める一打を打つときもあった。このころとかね。



1年目の2010年は引退した赤星との入れ替わり。センターも守ったがさすがに向いていなかった。守備の面では特筆すべきことはなかったが、レフトを守らせれば他球団比で上々のプレーヤーだった。
敬虔なクリスチャンなのは間違いないが、激しやすく、「暴走」しがち。超アグレッシブで四球が少なく、打率の割りには出塁率が低い。そんなところも人間くさくて面白かった。

ブラゼルとの「牛丼コンビ」もよかったが、日本シリーズに出た2014年のマートン、ゴメス、メッセンジャー、呉昇桓の「タイトリスト・カルテット」は、球団外国人選手史上2番目の強力布陣だった(もちろん最強は、1985年のバース+ゲイル……ていうかバース)。

日本を好きになってくれて、阪神を好きになってくれた選手でもあった。今でも日本を忘れずにツイッターで日本のファンに向けてメッセージを発しているのはうれしい。
またいつか球団やファンと接点ができるといいね。
思い出深い選手。おつかれさまでした。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2018年1月14日 at 10:08 | Permalink

    マートンお疲れ様。
    間違いなく残した成績は、阪神外国人選手の中でも
    トップクラスのそれ。
    残念なのは、気性の激しさとそれによって誤解が絶えなかった
    面でしょうね。
    特にマスコミとは何度か険悪な関係にもなった。
    例えば「能見さん○○」と言ったとか言ってないとかの件も
    明らかに、マートン自身が話したのとは違う内容が広められたりもした。
    どこの世界にもいる「仕事はできるが面倒くさい奴」だったのかも。
    敬虔なクリスチャンでもあり、ファンへの対応も良好だったと聞く。
    人一倍チームの勝利に拘るが故の気難しさだったのでしょう。
    お立ち台では日本語を織り交ぜ、頭の良さも発揮してました。
    そう言えば、ジョージアテックの卒業はどうなったんだろ?
    家族でのUSJ目撃情報も数回ありましたね。
    牛丼と日本を愛してくれたメンドクサイ外国人選手。
    またカブスとタイガースで良い交流が出来たらイイね。

  2. Posted 2018年1月14日 at 10:17 | Permalink

    復帰叶わず残念でしたが、お疲れ様でした。記事によるとNPB復帰も視野にいれてたみたいですが、もう少し現役の姿を見てみたかったです。

    ヒットメーカーとしては、完璧ですが気が短いこともあって、本当に人間臭い愛すべき助っ人でした。何と言っても日本ライクのスタイルを隠さず、ツイッターでも色々近況を発信してくれたし、ファンサービスは日本人には真似のできないものでした。

    また近い将来日本に帰ってきて、何かしらタイガースに携わった仕事をして欲しいものであります。

  3. ぴゅあらっく
    Posted 2018年1月14日 at 10:17 | Permalink

    マートンは私にとっても思い出深い選手です。来日1年目、ヒットを量産しつづけイチローがもつシーズン最多安打記録を塗り替えました。新記録は神宮でのヤクルト戦でしたね。ファンからの声援に笑顔で応えてくれました。
    2013年のロッテ戦でのサヨナラホームランも現地で見てましたね(笑)。実は帰り支度しながらだったので、マートンのバットから快音が出た時に「えっ?」と顔を上げたらサヨナラホームランでした(^^;。
    2014年CSファイナルでの活躍も忘れられません。第4戦での初回のホームランで日本シリーズ進出を決定づけてくれました。
    吉野家の牛丼とUSJが大好きだったマートン。アメリカに戻ってからもTwitterで阪神ファンとコミュニケーションを取ってくれました。
    長い間お疲れ様でした(*^^*)。カブスのフロントに入るとのことですが、機会があれば日本に来て欲しいですね。

  4. 虎轍
    Posted 2018年1月14日 at 12:00 | Permalink

    あなたとコンビにファミリーマートンでしたね(笑)
    ヒットの打ち方は俺に聞け!と言わんばかりのバットコントロールの良さが印象的な選手でした。
    気性の粗さもありましたが好きな選手でした。
    日本が好きな選手やったんで、また日本に観光で来た時にでもタイガースに顔を出して貰いたいですね。
    お疲れ様でした。

  5. なかっち
    Posted 2018年1月14日 at 12:43 | Permalink

    マットマートン大好きな選手でした。私のタイガース応援グッズはマートン一色でした。

    絶好調モードに入れば
    『どこまで打つねん!』
    ってくらい打ちまくりました

    気性の荒さ故、誤解を招く事も多々あり、それが原因でタイガースを去ったのも間違いではないと思います。金本タイガースでも勇姿を見たかっただけに退団は残念でしたね。


    現役引退は少し早い気もしますが、またタイガースと縁があれば良いですね。お疲れ様でした。

  6. yalkeys
    Posted 2018年1月14日 at 19:51 | Permalink

    マートンは大好きな選手でした。ホームでもビジターでも、試合開始直前までひとり黙々とストレッチをしていたのが印象的です。他の選手もやればいいのに・・と思ったことでした。ベンチでも相手投手の球筋などをノートに記録するなど研究熱心でした。カブスのフロント入りとのこと、ご活躍を信じます。将来、タイガースとご縁が復活するといいですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">