第1クール終了

とびとびに見る。
野球教室短縮版の練習で第1クール終了。
安芸の牧が肋骨周辺痛みで別メニューと伝えられたが、全体としては選手たちの準備よく順調だ。
印象的だったのは、ロサリオの余裕のあるスイングと、それからは想像できないような飛距離。
大山の「田淵みたいな」大きいアーチ。
守備練習では大きな声が出て、活気がある。強風の中、マシンを使ったポップフライ練習も大事、大事。
楽しそうに練習していていいね。
今はまだそんな感じ。
ショートは最後まで熱くなるな。
今日もこれだけ。あとよろしく。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. Posted 2018年2月5日 at 08:11 | Permalink

    宜野座では無事第一クール終了みたいで良かった。安芸の牧も軽傷だといいけど、まだ入ったばかりだし焦らずしっかり治してから、通常メニューに戻ったらいいと思います。過去に新入団選手が春キャンプで故障し、尾を引くケースを多く見てきただけに心配です。

    宜野座の第一クールMVPが中谷でした。金本監督も左足の使い方を褒めてましたが、ホント良くなってますね。トップからダウンスイングの段階で左股関節が流れずガチッと止まって、バットがフォロースルーまでキレイに振れています。中谷の好きなカブレラに少し似てきた感がありますね。オフの間のコソ練がバレバレ(笑)で、しっかり鍛え上げてきたんでしょうね。実戦が待ち遠しいです。

  2. 西田辺
    Posted 2018年2月5日 at 09:10 | Permalink

    牧くん大丈夫かなぁ・・・
    大事ない事を祈る。
    試運転の(と言う割にはヘトヘトになってた選手もいましたが)第1クール終了。
    ピーカンの暑い日が少なく、安芸も全体的に温度が上がらず選手もおそるおそるの
    始動だったかも知れません。
    ルーキーたちもここまでは何とか付いてきているし、上々の立ち上がりでしょう。
    今日はルーキー達にとって、練習よりキツイ一日になるかも。
    恒例の地元振興に駆り出されて、明日の一面を飾る仕事が待ってます。
    今年は何をやらされるのでしょうね(笑)
    ゆっくり休みたいところでしょうけど、これもプロ野球選手としてのお勤め。
    シッカリ笑顔で勤めてきて欲しいものです。
    明日からは実戦が混じってくる第2クール。
    シートやフリーでガンガン打ててた選手も、徐々に化けの皮が剥がされていきます。
    またそこから修正すれば良いんです。
    常にその繰り返し。
    第1クールで監督から名前の出なかった選手も、これからが正念場。
    結果を出せば必ずアピールに繋がるはず。
    シッカリ体の張りを取って、明日からに備えて欲しいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2018年2月5日 at 09:27 | Permalink

    牧が故障したみたいですが、高卒ルーキーなので、そこまで体力が無かったんかな?
    まぁ高卒ルーキーなんで焦らず、じっくりと体力強化に励んでくれたらええですね。
    大山の飛距離がロサリオ以上かも?って話ですが、ええ事ですね(笑)
    今年は確実に二桁本塁打はしてくれそうですね。
    昨日は野球教室があって、子供たちに指導してましたが、マテオが下投げでバッティングピッチャーをしたり、北條がノックをしたりで笑顔やったのが良かったです。
    キャンプリポートを見てる方は休日前のリレーを楽しみにしてたんですがね(笑)
    明日からの第2クールでは紅白戦があるみたいですが、ええ天気になって欲しいですね。

  4. hi64
    Posted 2018年2月5日 at 12:08 | Permalink

    大山はフリーバッティングを見ているのが楽しい打者になりましたね。
    クルンっとうまく回転し,下半身の力がスムーズにバットに伝わるようになって,軽く振っているようで球が飛ぶようになりました。
    イメージとしては,西武の中村か,ロッテの井口監督かという感じです。

    首脳陣も誰も言わないので言っちゃいますが,
    今年の大山は,打撃で,上本,鳥谷を上回れるかがポイントということになるでしょう。
    上本と競争しているのは二塁をやっていることでも分かるのですが,
    攻撃力が,上本>大山>鳥谷 ということになれば,躊躇せず三塁で使ってほしい。
    盗塁を含めた上本の攻撃力は,糸井,福留の次でしょうから,上本の壁は相当高いし,大山の伸び率に対する期待値だけで上本を外してしまうのは惜しい。
    とすると普通に行けば鳥谷との競争になるはずなんですが,この話が一切出てこない。
    大山が二塁を練習するのはもちろん構わないんですが,本命は鳥谷VS大山。
    チームの総合力アップという点では,これが素直な見方のような気がします。

    • なかっち
      Posted 2018年2月5日 at 12:27 | Permalink

      hi64様こんにちは。私も全く同感です。本来大山は鳥谷と勝負すべきなんです。新聞紙上での開幕予想オーダーなどを拝見しててもセカンド大山、サード鳥谷となってるのがほとんどですが、上本の守備力は置いといたとしても、あの粘りと機動力と打力は現在タイガースの攻撃には欠かせないパーツやと思ってます。

      • hi64
        Posted 2018年2月5日 at 14:14 | Permalink

        ご返信ありがとうございます。
        ほんと,上本の攻撃力は過小評価されてる印象ですよね。
        粘れて,出塁率も高く,パンチ力もある上本にバントさせる意味がどこにあるのかといつも思ってます。
        去年,北條VS鳥谷が出来たのですから,今年,大山VS鳥谷でもよさそうに思いますが,そうじゃないのは,何かもどかしいし,モヤモヤしたものを感じます。

        • Akira28
          Posted 2018年2月5日 at 17:50 | Permalink

          hi64様、
          上本がセリーグ最強の2番バッターではないかと、2月3日のコメント欄に書かせて頂きました私にとって、hi64さんやなかっちさんも同じように見て頂いていることを知り、とても嬉しいです。
          そして、大山の弾道は田淵のホームランを思い出させてくれ、4番サード大山とコールされる日を待ち望んでいます。
          そして鳥谷!素晴らしい仕上がりで、鋭い打球を連発してました。鳥取でのトレーニングに一段と磨きがかかり、絶好調です。サードでも、セカンドでも昨日のシートノックで群を抜いてました。
          絶対またショート出来ますし、正直、大山のセカンドは厳しいと思いました。
          あ〜、どうなるのやら、、、
          高山のスイングも凄い!でも、センターの守備は厳しそう!
          あ〜、やきもき、ワクワクの2月です。

  5. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2018年2月5日 at 12:32 | Permalink

    第一クールが終わり、今日はキャンプがお休みの日。
    キャンプがある日はテレビでキャンプ中継を点けたままなので落ち着かない。
    観ていると何もできないけど、観たいしね(笑)
    大山の打撃は凄いですね。
    力強く振り切るものね。
    去年の新人賞を追いかける票があったのもなんだか頷けます。
    ノックを受けるフットワークも良いですね。

    勿論、中谷のMVPも納得ですし、藤浪も良かったし、監督は嬉しいですね。ファンも嬉しい。
    牧の故障は心配ですが、他の選手も怪我の無いように祈りたい気持ちです。

  6. なかっち
    Posted 2018年2月5日 at 12:35 | Permalink

    早いものでもう第一クールが終了。安芸の牧が離脱して心配ですが、それ以外は無事乗り切ってくれました。明日からは実戦も入ってきていよいよ篩にかけられます。全員に頑張ってほしいですね。

    そんな中藤浪がブルペンにてシャドーピッチングをしてました。過去にそんな事をしていた記憶がありません。(私が知る限り)ブルペンで投げ込む事をあまりしないタイプやと思ってたので、ダルビッシュとの自主トレで色々言われたんでしょうね。良い心掛けやと個人的に思います。


    後、高山の状態が良さそうに思いました。俊介、中谷とのセンター争いが益々熾烈を極めそうですね。

  7. 虎ジジィ
    Posted 2018年2月5日 at 13:18 | Permalink

    第一クール終了、おやっとさぁです。

    とにかく「故障者を出さない事」それが一番重要な事ですが、牧は軽症であれば逆に早い時期で良かったかも知れません。
    馬場投手辺りも、一球投げるごとにカメラがパシャパシャパシャってな感じなので、気にせず無理な調整をしないように、コーチがケアして欲しいところ!

    湯舟氏、桧山氏が藤川球児の投球フォームを「美しい」と絶賛していましたが、その手本のようなフォームだからこそ、絶滅近い「松坂世代」に於いて、まだまだ衰えず投げられている事を再認識しました。

    野球教室は教える側も楽しそうでした。
    最近は男子に混ざって野球をやる女の子も居るようなので、将来「NPB初の女子選手誕生」なんてあると盛り上がるのになぁ~!などと妄想してしまいました。

    さて、今週は紅白戦などもあるので楽しみ「情け無用の真剣勝負でごわす」!!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">