紅白雑感メモ

初紅白。ピッチャーもバッターもアピールしたい。ホント複雑……。
1試合だけでガタガタ騒ぐことはないのだが、しかし1試合もムダにできないというピリピリした競争になっているのも確か。

藤浪、踏み出しを小さくした新フォームでバラつき修正。去年のどうしようもない状態ではなくなったが、まだ自信満々ではない。期待感はある。

小野、落ち着きあり。去年よりよっぽど楽な気持ちで投げていそう。

西岡、元気。1番打者として選球眼、粘り、突破口になるといった意識が見えた。ホームランは全盛時を思わせる打ち方。

ロサリオ、マルチ。まあこれから。はじめはかなり気負っていたね。ただし、隙を逃さず次の塁を狙う積極走塁はめっちゃいい。これだけでこの選手の評価は抜群に高くなった。

大山、稲葉ジャパン監督の前で、国際大会さながらのていねいな打席で3安打。絶対に結果を出すという執念見える。さて、二にするか三にするか。サムライもあるから早めの決断を。

島田、バットの振り抜き、ポイント悪くない。第1戦でヒット&盗塁成功は大いに自信になるね。

原口、打席で攻撃的な姿勢が出ている。絞りに絞った精悍な顔つき、柔らかさのある低いグリップの新フォームでバットの出がいい。

熊谷、急造にしては左打席でも振れていた。総合力では北條、植田とすでに勝負になる。

髙山、外野守備で後逸。明らかに「これじゃあ使えん」というのを一発目でかました。さあこれを受けて、本人がどう考えるか。正念場やで。

俊介も外野守備でヨロヨロ。まあそれだけで簡単に評価は下がらないけど、相手がいる世界。厳しくなるよ。

糸原、中谷、坂本もいいヒットが出て順調さアピール。

金本監督の「本線」とおぼしき、西岡と大山が大アピールに成功。この先もいろいろな選手の、いろいろな可能性を試していくことにはなるが、しっかりとした「叩き台」ができた感がある。
課題もたくさん出たけれど、強いチームになりそうな下地はある。あるどころじゃないね。この下地を活かすか殺すかは、リーダー次第。リーダーは監督のみにあらず。

遅くなりすみませんでした。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2018年2月8日 at 10:20 | Permalink

    まずは、福井県の超大雪にお見舞い申し上げます。

    さて、見どころの多い紅白戦でしたが、先発に「ローテ入り切望」の二人、中継ぎに「先発復調が不可欠」な二人、抑えに「剛球期待若手リリーフ」の二人と金本監督の思惑が丸分かりの布陣。
    才木は少し気負いがありましたが、大器の片鱗を見せてくれました。
    他の投手も、それぞれ今の段階での まずまずの投球だったと思いますが、やや心配なのが藤浪。
    スピードは出ていてtoraoさんも仰るように新フォームでコントロールも安定していましたが、けっこうジャストミートされた打球が多かったのが気になりました。
    やはり藤浪と青柳は、あまり まとまり過ぎても魅力が半減するのかも知れません。

    打撃陣では、最初に打線に喝を入れたのが、若い両打ちに挟まれたカタチのベテラン西岡の一発!
    まだまだ「俺を忘れるな」の気持ちが打撃にも走塁にもビンビン伝わって来ました。

    そして皆さんも一番注目していたと思う新戦力ロサリオは柔らかい対応力の打撃とアグレッシブな走塁で期待通り!打率、打点も稼ぎそう。

    そのロサリオに刺激を受けた大山の「絶対にスタメンに入れたくなる打撃」も素晴らしかった(セカンド守備も無難)。

    脚のスペシャリスト島田も「桁外れに早い帰塁」直後の「桁外れに速い盗塁」で観る者を魅了してくれました。

    一番バチバチしていたのは「捕手争い」!
    ロサリオの加入で「捕手二人制」という狭き門になるかも知れない中、坂本、梅野、長坂、原口それぞれ必死のアピールでした。
    個人的には長坂のスイングスピードの速さに驚きました!
    これはひょっとしたら「長坂の下克上」あるかも。
    原口は復活中の打撃で、捕手スタメンがダメでも右の代打、あるいはロサリオのスペアとして活路はある事を示してくれました。

    余談ですが、スイッチ転向で苦しむ江越を見て、ベイに行ってしまったアノ人は、やはり相当器用だった事を痛感しました。

    • Posted 2018年2月8日 at 10:33 | Permalink

      そうでした……福井ほか北陸の豪雪、本当にすごいですね。どうか無理せず身の安全を。

  2. こうさん 
    Posted 2018年2月8日 at 10:45 | Permalink

    ファーストの片足を掴んだロサリオ。何かの儀式か?

    昨日の紅白戦を見てケツに火が着いたのは能見と岩田だと思う。二人のファンにはすいませんだが「2週間に1回の登板」の方が確実に勝てるかもしれない。それほど下が迫ってきてる。

    昨日は中谷推しのコメントを書いたが、それは今日に繋がる。中谷や高山、俊介に言ってほしい言葉がある。

    「マスコミや世の中は『外野のポジションは残り1枠』と言ってるけど、外野のポジションは『3つ』ありますよね?」と。もしかしたら金本監督が待っている言葉かもしれない。いや…福留こそが待っている言葉かもしれない。

    …なんてことを紅白戦を観た熱い気持ちで書きたかったが高山の大チョンボを観たら…。

  3. 西田辺
    Posted 2018年2月8日 at 10:51 | Permalink

    赤勝て白勝て!
    打てば打者を誉めて投手が心配になり、投手が抑えれば
    打者に不安がよぎる。
    まぁ、ファン心理は勝手なもので(笑)
    概ね、キャンプの打撃練習でもスイングの良かった
    選手が結果を残しましたね。
    糸原・大山・原口・島田あたり。
    この時期、大体投手が有利なんですが、それでもみんな
    振れてますね。
    ロサリオはマスコットバットでの打席。
    それでアレですから、余り心配はなさそう。
    ピッチャーでは小野が良かったですね。
    真っ直ぐと去年余り武器になってなかったカーブも制球
    されてて、今年はかなりやれそう。
    キャンプを訪れててた日本代表稲葉監督も、大山の
    打撃にご満悦の様子。
    良い経験になると思うので選ばれたら堂々と行ってきて欲しい。
    おっ!と思ったのが原口のキャッチング。
    割りとキャッチャーの悲しい性で、際どいところを受けると
    ミットを動かしたくなるんですが、バシッと受けてミットが
    動かない。
    アレは投げてる方から見ると、結構気持ちいいんです。
    左の腕と手首の強さが要るんですが、それがバッティングに
    繋がってるかも知れませんね。
    まだまだポジション争いは始まったばかり。
    上手くいかなかった選手もまだチャンスはあるはず。
    下向いてる暇はないよ!

  4. 虎轍
    Posted 2018年2月8日 at 10:58 | Permalink

    今年初の実戦。紅白戦は見所満載でしたね。
    島田の足は使えますね。金本監督が走れ!って言うて走れるのはええ事やと思いますね(笑)
    ロサリオの打撃は良かったですが、隙あらば走るよ。のスタンスもええですね。飛び出して、頭から帰塁したり、帰塁してセーフになっても一塁を守ってる坂本の足は捕まえたりとお茶目です(笑)
    二塁に進塁してからも第2リードを広くとったり、捕手がワンバウンドをポロっとすれば三塁にすぐ走る姿勢も良かったです。
    大山の打撃は逆らわずに綺麗に打ち返してて、見惚れてしまいましたね。
    藤浪はまだまだこれから仕上げてくれたらええな。って感じですね。
    高山の守備なら大山のように3安打せんとアカンょ。
    タイガースの選手同士で投げて、打って、走って、守ってを見れて良かった紅白戦でした。

  5. Posted 2018年2月8日 at 11:06 | Permalink

    福井はまだ立ち往生の車が多く残ってるんですね。身体が無事である事を、お祈り申し上げます。

    紅白戦はまだまだ寒い中で、ピッチャー陣には少し気の毒な状況だったと思います。そんな中でも物おじせず投げてた才木には、末恐ろしいものを感じます。ストレートが浮き加減の上シュート回転してたように見えましたが、2月初旬の段階で150近い球を投げれるのは凄い。変化球はコントロールつかず荒れてましたが、キレは悪くない。セットでも暴れないし、球速も落ちない。西岡に打たれたカーブは打った方が上手だっただけで、良い球だったと思います。今季、開幕からのローテ入りは難しいのかも知れませんが、早い時期に一軍で投げる姿を楽しみにしています。

    原口がイイ感じですね。キャッチャーの守備にも入ったし、今のとこ順調々々♪今季は捕手枠2つになるかも?で、厳しい競争ですが必ずや勝ち上がって、甲子園で「必死のパッチ」が何回も何回も聞ける事を心待ちにしております。

  6. ガク
    Posted 2018年2月8日 at 11:10 | Permalink

    久々の実戦は見てて楽しいですね!
    でも楽しくなかったのは高山の守備、せめて前で止めないと。外野で後逸は致命傷です。
    高山には今年こそリベンジを、と期待しているのですから。
    ロサリオいいですね!積極走塁も好感が持てます。

  7. 三河の虎キチパパ
    Posted 2018年2月8日 at 12:09 | Permalink

    初の紅白戦、やはり試合を観るのは楽しいですね。昨日の試合で良かったのは、岩貞投手と原口選手。岩貞投手は去年と比べると、球がキレてる印象でした。この時期にあれだけの球が投げれるなら、今期はやってくれそうです。
    原口選手はバットの出がスムーズになりましたね。キャッチングも良かった。身体が大きくどっしりした感じがあってミットが動かないのは投手も投げやすいのではないでしょうか?原口選手はやっぱりキャッチーをやってる時が一番楽しそうで似合ってました。
    昨日のように「ロサリオ・大山・原口」の並びは破壊力があり、相手には脅威ですね。ここに福留選手、糸井選手、中谷選手が加われば得点力は上がりそうです。あ、鳥谷選手も。
    守備位置をどうするかが悩みどころ…笑

  8. なかっち
    Posted 2018年2月8日 at 14:09 | Permalink

    植田と島田のスチールは見応えありました。ロサリオの走塁に対する意識の高さには目を見張るものがありました。一人の外国人選手がタイガースの走塁への意識を変えてくれるかもしれませんね。

    この時期の結果云々はあまり気にはなりませんが、野手陣の振りの鋭さにはビックリしました。が、バッティングには好不調の波があります。不調になった時どんなバッティングを見せてくれるのかも見ものです。

  9. アルスタ
    Posted 2018年2月8日 at 15:00 | Permalink

    やっぱり実戦はいいですよね。

    実況アナウンサー、自分のしゃべりたいことしゃべっていたけど解説と噛み合っておらず空回り気味。

  10. 星の輝き
    Posted 2018年2月8日 at 16:01 | Permalink

    昨日は途中から見ましたが、概ね打者>投手の構図でしたね。
    実戦に近い練習になればなるほど、夢から現実に引き戻されるようで、つい先日までは二軍に送る選手がおらんやんwといらん心配が杞憂であったこともこれから徐々に分かっていく悲しい時期でもあるんだなぁと改めて思いだした次第です。(毎年毎年ホント同じことの繰り返しなんですが、なんで忘れるんですかね?)
    まだ寒い中ですので無理をしない傾向の投手陣と競争激化でアピール必死の打撃陣との立場の違いが試合内容に反映されていたと感じました。
    私が一番気になったのはやはり藤浪で、大きな抜け球こそ見られなかったものの、ボール先行で3-0のカウントを二回作ってしまい、ピンチの時のバタバタ感は相変わらずだなぁという感じでした。
    やはり藤浪は精神的に開き直りが必要だと思います。
    彼自身求めるものが多すぎるんでしょうね(だからファンも余計に求めてしまうのかも?)。
    自分自身で納得出来ないことが生じると、それを引きずるどころかさらに負の力を増幅させてしまうように見えます。
    死球や四球は上等、点数やらなきゃえんやろ!外野はうるさいんじゃ、ボケェ!くらいのふてぶてしさが欲しいです。
    今年は去年よりずっといいと信じておりますが、打者を上から見下すような無双を期待するが故にちょっと心配な弱気ファンの戯れ言でした。

    • 星の輝き
      Posted 2018年2月8日 at 16:06 | Permalink

      たかやまぁ・・・・

  11. TJ風船
    Posted 2018年2月8日 at 19:19 | Permalink

    実戦はいいですね〜。
    藤浪はまだまだ調整段階でしょうが、今季は上から叩けている印象を受けました。メッセさんほどではないにしろ角度がついているように見えました。
    野手では大山、中谷、糸原あたりは振れていますね!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">