三塁変更、二塁決定

金本監督がサード大山、セカンド鳥谷でいくことを決断。
思ったより早かったので、よかったと思う。
金本監督の成長であるのと同時に、大山が掴み取ったものでもある。ジャパンに選ばれて当然の、日本を代表するスラッガーにしなくてはならないと指揮官に思わせたのだから。一冬という時間を有効に使った証明だ。
秋からの短い時間だったが二塁挑戦は大山にとってムダにならない。プラスになることは多いはずだ。
鳥谷がトシを取って軽やかな考え方をするようになっているのはいいこと。今後を考えればセカンドで、西岡はじめショート候補の選手とのコンビネーションを磨いておくのが大事。それだけでなく、ファーストや外野、古巣のショートを含めて全ポジションに対応できるように取り組んだらいい。その能力はあるのだし、それによって今後の選手生活はもちろん、指導者としての幅も視野も広げられる。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2018年2月11日 at 09:54 | Permalink

    いずれは「三塁大山」は実現しとくべき起用法。
    打撃に期待するなら、できるだけ負担の少ないポジションの
    方が好ましい。
    それを後回しにせず、今着手した。
    何日か前のコメントで、使いたい選手なら色んな柵を
    どかしてでも使うべきだと書きましたが、まさにそれを
    やろうとしている。
    ただ、こうした以上は簡単には外さないで欲しい。
    チョット調子が落ちた、と外したりしているようでは
    何者も産み出せない。
    そこまで見込んだなら、とことんまで使うべき。
    チームの誰をも納得させる起用でないと、争いから外れた
    選手にも失礼に当たる。
    勿論、使われる側も誰もを納得させる成績を残す責任が生まれた。
    だからと言って、他の選手は気力を無くす必要は何もない。
    何処にチャンスが転がっているか分からないし、何時までも
    控えに甘んじる気持ちではいけない。
    首脳陣も競争心を煽る努力は絶やさないよにしないと。


    今日はDeNAとの練習試合。
    大和はショート先発で出場予定。
    佐野・細川と言った次世代の中軸候補がスタメンに名を連ねる。
    タイガースも島田・植田の若手俊足コンビが1・2番。
    先発投手は岩貞。
    ビシッと抑えてローテ入りの足掛かりに。
    練習試合でも、「勝ちたいんや!」

  2. こうさん 
    Posted 2018年2月11日 at 10:08 | Permalink

    トラオさんが数日前に述べた「○年後の予想年俸ランキング」。鳥谷二塁を決断したことにより、いよいよメスを入れた。三塁鳥谷の後ろに大山を置くよりも二塁鳥谷の後ろに替わりがいる方が風通しがいい。

    「大山と心中」を決めた金本監督。今度は大山が期待に応える番。中谷、焦れ❗

  3. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年2月11日 at 11:27 | Permalink

    我慢してでも使い続けて育てる選手の見極めも監督の才覚。
    その意味でも大山の三塁起用は良い選択。
    ひと月ふた月結果が出なくても我慢してでも起用する価値がある。
    右翼手糸井、一塁ロサリオ、三塁大山でクリーンナップ固定、それ以外は福留、鳥谷含めてシャッフルして競争で良いかと。

  4. レオン
    Posted 2018年2月11日 at 11:58 | Permalink

    この決断、私的には
    1クール遅かったと思いますが、
    少し前の、鳥谷選手と青木選手との対談で
    「やれと言われたポジションでやるだけ」
    と言ってたのを思い出しました。
    そして、何日か前のデイリースポーツ
    での岡田さんとのトークでも同じような
    事を言ってたので、前々から打診はあったと思いますが、急にポジション変更を
    さっと受け入れる姿勢には敬意を表しますね。
    サードとショートでは、また全く違うと思いますが、鳥谷選手なら
    ゴールデングラブも狙える素質はあると思います。
    言い方は悪いかもしれませんが、大山選手は、鳥谷選手からポジションを奪った訳ですから、がっちりサードのポジションを
    この先サード大山を定着するべく
    ますますの活躍を期待したいですね。

  5. なかっち
    Posted 2018年2月11日 at 12:24 | Permalink

    大山をサードで起用する決断は良かったと思います。大山はこの期待に応えないといけないし、金本監督も大山と心中する覚悟を持ってほしいです。

  6. 虎轍
    Posted 2018年2月11日 at 12:50 | Permalink

    大山には侍もある関係でサードを守らせ、打撃に専念させたいんでしょうね。
    大山より適性のある鳥谷をセカンドに回したんですね。
    シーズンオフに菊地からゴールデングラブを獲得出来るように頑張れ!
    昨日のキャンプはムッシュ吉田さんが解説に来てましたが、華麗なる守備を誇ってた吉田さんの守備評論は糸原は肩も弱く、捕球の仕方もショート向きでは無いとの事でしたね。ほなセカンドか?
    熊谷の守備はええとも言うてましたね。
    あとロサリオの愛嬌の良さがええですね。フリーバッティングで柵越えして終わったら帽子を取り観客の拍手に応えてましたね。
    その打撃投手を務めた中井打撃投手も柵越えされて、どこまで飛ばすねんって感じで笑顔やったのも雰囲気がええと思います。
    さぁスタメン発表もされて今からDeNAとの練習試合。
    岩貞、小野、才木は無失点で結果を出してや!

  7. kazu3750
    Posted 2018年2月11日 at 18:02 | Permalink

    大山のサード固定は素晴らしい決断ですね。
    彼の打席での佇まいは、多くのバッターを見た中でも、大きな期待を抱かせてくれます。あの勝負強い打撃は何物にも代えられないと思います。

    コンバートを受け入れた鳥谷にも期待です。全ての試合は無理でも、何試合かはショートのスタメンで出て、衣笠氏の連続出場の記録を抜く試合ではこだわりの有るショートを守っていて欲しいものです。

    170メートル弾を放ったロサリオ。打つときに右足が動く癖が気になりますね。ホームランよりは率が残るバッターかも知れないですね。

西田辺 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">