残念がいっぱいの試合

《「そんな消極的な野球で勝てるかいな! どアホ!!」という虎党の声があるかもしれないが、オレは、この作戦に拍手パチパチなのだ!!
 だってさ、何年も何年も、いや何十年も普通に打たせて日本一から遠ざかってるんだもん…。ならば、こーいうことをビシバシやるべきなのだ!!》
ダンカン氏、偉い。ここまで極めれば「スクイズ教」も立派な信仰だ。
もっとも私は「そんな消極的な野球してたら、何十年たっても、何百年たっても日本一になんてなるかいな! どアホ!!」と思っているけどね。当たり前に。

最後の糸原、梅野だけじゃない。上本の代え方(鳥谷の出し方)、大山の代え方など、「勝つイメージ」が金本監督とまったくシンクロしない試合だった。
ともかく、試合後のコメントとしては、「責任はすべて監督にある。選手は責められない」と、それだけを言ってほしかった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あいつはどうしちまったんだ
もうダメなんじゃないか
目がしゃべる
心が聞こえる
気にするな、焦るな

誰にも応えられない
なにも実を結ばない
信じていたことが崩れていく
すべては幻だったのだろうか

いや、それでも
深く息を吸い込み
大きく一歩を踏み出していく
それがやりたいことなのだから
藤浪は「私」だ


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

18 コメント

  1. Posted 2018年4月7日 at 10:48 | Permalink

    藤浪投手、後1アウトまでいきながら…ファンもボールになる度にため息になる気持ちグッと抑えて、応援してあげて欲しいですね。
    そして、バント処理のサイドスローも…見ててヒヤヒヤです。

    それでも信じて前へ

    まだ五割。菅野投手でも、二連敗。
    今日から進撃してもらいましょう!

  2. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年4月7日 at 10:52 | Permalink

    一年前の京セラの悪夢を払拭することはできませんでした。
    何だろうね、彼の右手にがんじがらめに絡みついているものは。
    誰でもいいから絡んだ糸を剥ぎ取ってやってほしい。

    それにしても9回の攻撃はなんなんでしょう?
    長年野球見てきたけど全球セーフティースクイズ作戦なんてみたことない。
    あんな草作戦は勘弁してほしい。

  3. 虎ジジィ
    Posted 2018年4月7日 at 10:56 | Permalink

    本当に残念な試合!

    まず、初回から藤浪を見ていて「これじゃ勝てんは」と思いましたが、その一人相撲の展開から全ての歯車が狂ってしまったゲーム。

    あまり金本采配の批判はしたくないのだが、敢えて言わせてもらえば、昨夜のは全て「違うだろ」!!

    まず、当たっている上本を鳥谷に代えた事で不馴れなセカンドで「鳥谷の深追い→糸井の邪魔になりポテンヒット→勝ち越し点を与える」。

    「6回無死2、3塁から無策で無得点」(これはまあ打順的に仕方ない?!)。

    そして極めつけは「9回のセーフティスクイズ4連発(当然の失敗)」そして失敗した梅野を責めるようなコメント。

    私も競技こそ違えど同じ球技をやっている立場として言わせていただくと、全ての球技とは「相手の裏をかいてなんぼのスポーツ」、相手が完全に「打つコース」「投げるコース」「蹴るコース」などミエミエにわかっていては、全く勝負になりません。

    個人的には、金本監督になってから最低の試合、最低の采配だったと思います。

    今日はネガティブな事ばかり書いてしまったので、規約に引っ掛かったら消して下さいm(__)m

  4. 虎轍
    Posted 2018年4月7日 at 11:00 | Permalink

    藤浪よ。野球は楽しいかい?
    マウンドに立って、球を投げてて楽しいかい?
    先頭打者に四球、盗塁され、送りバントをして貰って悪送球で無死一塁、三塁。暴投で無安打で1失点。
    藤浪よ。野球って楽しいかい?
    もう野球を辞めたいかい?
    野球って楽しい。って気持ちになって、何も考えず、ひたすら球を投げて、捕って、三振がとれた楽しいの気持ちを思い出してみいひんか?
    窮屈に野球をして楽しい気持ちが無くなってるから、ちゃんとした野球に取り組めてへんのとちゃうか?
    野球を楽しみなさい。
    金本監督は勝負強い糸原にバントをさせてまで梅野のスクイズで得点したかったのか?
    スクイズするする詐欺やと思って見てたが、ホンマにすんのんか~い!って感じでしたね。
    星野さんはそんな野球をしたか?
    前日の緊迫した投手戦からうってかわっての逆投手戦な試合でしたね。
    来週には高橋遥が一軍登板をするみたいですが、藤浪が抹消になりそうですね。
    今日は秋山が勝たせてくれるはず。
    地元に帰ってきてるんやから、タイガースファンに勝利の瞬間を見せてくれ!
    今日も京セラドームに応援に行くから、勝ち試合を見せてくれ!
    勝ちたいんや!

  5. Posted 2018年4月7日 at 11:08 | Permalink

    あぁ残念。私もこの一言に尽きます。攻撃的なラインナップの割には、消極的な作戦過ぎます。この前成功したからセフティースクイズに味締めちゃった?和田野球かって思いますわ。

    藤浪は苦難が続きますね。一つの気付きで改善されるような簡単なことではないのでしょうが、小さなきっかけを積み重ねて復活してほしいものであります。

    リリーバーが頑張ってただけに勝ちたかったゲーム。石崎はもう勝ゲーム限定にしてやりたいし、岩崎も素晴らしい球投げてました。2イニングス目はテキサス2本がついてなかったけど、少し高かった分だけヒットになった感じですね。球児も落ち着いて投げてた感じ、リード次第ですかね。

  6. ガク
    Posted 2018年4月7日 at 11:13 | Permalink

    昨日は現地でした。
    9回のあの終わり方は数年前のぼつスタの悲劇を思い出しました。あの時も現地にいたな、と笑うしかありませんでした。
    結果論でなくあそこはバスターか最初からハヤタ代打でしょう。坂本いたし。
    昨日の藤浪の投球見て思ったのは「矢吹丈や!テンプル打てなくなったジョーがマウンドにおる!」でした。ジョーはドサ回りを経てカーロスというライバルと出会えて立ち直りました。藤浪にとってのカーロスは大谷くんだったのになぁ
    もがいてもがいて立ち直れ!藤浪ジョー

  7. 苦楽園の寅
    Posted 2018年4月7日 at 11:16 | Permalink

    いつも楽しく拝見させていただいております。久しぶりにコメントさせていただきます。
    昨日は、途中からラジオ観戦でした。岡田さんの解説が好きで聴いておりました。
    9回裏の糸原、梅野の攻撃に大いに疑問を呈していましたが、自分も同感です。
    試合後、金本監督の藤浪に対するコメントを聞いて、藤浪についても語っていましたが、そもそもコントロールに不安があるようなピッチャーならローテ2戦目に入れない。ローテ2戦目に入れたからには、次も迷わず投げさせる。この結果でローテを外すなど考えない。というような話でした。同感です。
    金本監督には、もっと選手に信頼感を持って采配していただきたいと思います。

  8. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2018年4月7日 at 11:22 | Permalink

    昨日は終盤しか見れなかったので最後の梅野の打席についてのみ。
    あんなもの成功する訳がありません。

    相手の裏をかく、せめて相手が迷ってくれる状態ならばまだ良いでしょう。
    内野前進守備の状態で、梅野のスクイズが十分に警戒されている状況で
    しかも三塁ランナー植田は良いスタートをきれてない。
    植田からすればあんなリスクの高い状況で良いスタートが出来る訳がない。
    むしろそれを警戒させる事で普通のゴロが抜けてタイムリーになったりする
    状況を作ったのですから、まずきっちりヒッティングをすべきでした。
    フルスイングで空振りした後とかならセーフティースクイズも有りだったかも
    しれませんが、いずれにしても大博打には違いありません。

    藤浪は相変わらずフォークが使い物になってないのが気がかりです。
    投球前の動作に癖でもあるのか単に投げ方が悪いのか。
    とにかく単調にならざるを得ない以上、結果を出すのは厳しいでしょう。
    フォーム固めも兼ねて二軍でちゃんと自分の型を作るべきだと思います。
    矢野監督に預けてみる事が良いきっかけに繋がるかもしれません。

  9. こうさん 
    Posted 2018年4月7日 at 12:01 | Permalink

    開幕に続いてトラオさんの文章が待ち遠しかった試合。理由はただひとつ「藤浪に対する見解」であった。

    藤浪にキツい俺にとって「叩きやすい試合」だと思われてるだろうが天の邪鬼な俺は…。藤浪が少しだけ投げた左打者に対するインコースのストレートに希望を抱いてしまった。あれこそ「ここに決まれば打たれない」…いや「打たれたらしょうがない」決め球である。

    藤浪に足りない…いや、無いのは「打たれたらしょうがないボール」なんだと思う。ベンチが信じられる、サインを出す捕手が信じられる、藤浪自身が信じられるボール。

    昨日の藤浪は「5回で替えるからな」と言われていたような初回の飛ばし方。かと思えば変化球主体になり、またストレート勝負に戻り。勝てる投手は「自分で操れる」のだろうが藤浪は「追い込まれてカードを切っている」ように見える。

    トラオさんは「能見と才木の併用」を提案していたが、藤浪の席を才木にチャンスとして与えてもいいと思う。チームの為、才木の為、藤浪の為に模索していかないと。いや、模索していい時期なんだから。

    9回は…スクイズホイホイに自ら飛び込んで行った。

    藤浪に対するトラオさんの見解…。今季は藤浪が投げるたびに読み返したいと思う。

    • こうさん 
      Posted 2018年4月7日 at 19:04 | Permalink

      テスト

  10. yalkeys
    Posted 2018年4月7日 at 12:05 | Permalink

    見え見えのスクイズ、あれはダメでしよう。前回は意表をついたので成功しましたが、あまりにも見え見えでした。鳥谷の深追いも全くダメでしよう。そもそも彼は記録のための出場を彼自身果たして喜んでいるのだろうか。そのことで今の内に、首脳陣とじっくり話し合うことが必要ではないでしょうか。

  11. 西田辺
    Posted 2018年4月7日 at 12:23 | Permalink

    元はと言えば、6回の無死2・3塁の場面で4番5番6番があえなく凡退した
    事が金本監督の小心ぶりを呼び起こしてしまったんでしょう。
    人それぞれですから、9回の攻撃に関しては賛否両論あるでしょう。
    負けて腹が立つと言うより、ガッカリしました。
    守備の技量を度外視してまで遊撃で使っている糸原に、何故あそこでバントをさせる?
    しかも今のチームの中では打撃好調の選手。
    打撃を期待して使ってる己の信念に、何故あそこで殉じる事が出来ないのか。
    梅野のスクイズにしても、あんなバレバレのシチュエーションでやらせて成功する
    と信じてるのか?
    あくまでスクイズなんて奇襲の類。
    梅野の打撃が信用出来ないなら代打でも出せばいいのに、5回に原口を代打で
    出してしまっているから3人目の坂本も出しにくい。
    ハッキリ言わせて下さい。
    あんな場面でのセフティスクイズなんて、首脳陣の責任転嫁の「逃げの采配」ですよ。
    おまけに試合後の監督談話では「あそこはシッカリ決めないと」と梅野に苦言。
    球場の誰もが(セフティ)スクイズだと気付いてる中で、それを成功させるのが
    どれほど困難か。
    あれほど解説者時代に、軽蔑し嘲笑してきた前監督の野球と何も変わらないじゃ
    ないですか。
    厳しくするのは構わない。
    でも、作戦の不出来を選手の責任にしないで欲しい。
    負けたのはしょうがない。
    けど、信念と責任についてはブレないで欲しい。

    藤浪については・・・・ノーコメントです(笑)

  12. 星の輝き
    Posted 2018年4月7日 at 13:03 | Permalink

    バントすな!バントすな!すな!すな!すな!
    バントすんなと思たらすんのかい?バントすんなと思たらすんのかい?

    どこぞの芝居と同じなら落ちも捻りもなんもない。これではお客様は笑ってくれません。

    バントすると思たらせんのかい?せんと思たらすんのかい?

    せめて笑いを取れるくらいのシナリオは準備せんと、お客様からお金は頂けませんよ。

    最後に藤浪君、力むな!大丈夫自信を持て!ほら、向こうに光が見えてきたぞ!

  13. 三河の虎キチパパ
    Posted 2018年4月7日 at 13:20 | Permalink

    初回いきなり先頭に四球、盗塁、犠打、一塁暴投…こりゃ今日は厳しいな。何点入れられるのかなと思っていたらワイルドピッチの1点のみ。
    その裏糸井選手の逆転2ランで息を吹きかえし、救援投手陣の頑張りで結局1点差で最終回。
    先頭の大山選手の2塁打で次は糸原選手。バントさせ1死3塁になり代走植田選手。ん?はて?大山選手に代走を使うというカードを切るなら無死2塁の時では?そして糸原選手に賭けるという選択肢は無かったのか…。左打者の糸原選手なら引っ張って進塁打もあったでしょうし、抜ければ1点の可能性もあったでしょう。もちろん無得点だったかもしれませんが。
    1死3塁 走者植田選手でも、セーフティスクイズは無謀だったように思います。
    6試合消化で5割。今日は打線の援護で勝ちたいですね。

  14. 北のオバサン
    Posted 2018年4月7日 at 13:23 | Permalink

    ホント残念な試合です。
    西田辺さんも書いてましたが、解説者のとき、消極的采配を非難しまくっていた金本監督らしくないです。そんなに選手が信じられなかったのかな?
    思いっきり振ってこい!と糸原を送り出して欲しかった…
    藤浪…と対照的な小笠原のどっしりとした太ももと尻…に 驚きました。

  15. ぴゅあらっく
    Posted 2018年4月7日 at 13:37 | Permalink

    ただいま京セラドームに着きましたので、簡単に。
    昨日の後味が悪い敗戦に皆さんがお怒りになるのはごもっとも。最終回はベンチが梅野のバント成功率の高さに賭けた結果ですから仕方無い。とにかく同点に追い付きたかったんでしょう。
    負けても勝率5割だし残り137試合もあるんだから、カリカリしないで今日の試合を応援しましょう(笑)。

  16. サヨナラ3ラン
    Posted 2018年4月7日 at 13:38 | Permalink

    言いたいことは全て書き尽くされているみたいなので
    これ以上、言いたいこともないのだけど。
    昨日の試合で選手と監督との信頼関係が崩れてしまった
    気がする。上本にしても糸原にしても梅野、ハヤタに
    しても。
    とにかく金本には失望した。
    糸原、信用されていなかったんだなぁ。。。

  17. なかっち
    Posted 2018年4月7日 at 15:21 | Permalink

    相手はおろか球場にいたお客さんもわかったであろう9回のセーフティーバント。あの状況で決めろと言うのは・・・・・。

    金本監督は現役時代バントをあまりしたことがないんでしょう。どれだけプレッシャーがかかるのかわかってないと思います。


    初球バント失敗した時点で当たりゴーのヒッティングに変えるか、そこから代打伊藤隼を使うとか何か作成を変えるべきだったと思いますね。


    試合が終わってふと思った事は、もし矢野さんがベンチにいたらこんな作戦を取っただろうか?今までは気づかなかったけど、ひょっとしたらとんでもない無知な監督なんじゃないかと思ってしまいました。今日以降金本監督の采配を見ながら、矢野さんなら・・・と思いながら試合を見てしまいそうです。(今日は見れませんが)

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">