不思議な勝ちで先勝

1回ウラ、広島先発薮田が髙山、西岡に連続四球。糸井の逆風で減速した大きなライトフライで髙山はタッチアップできず。続くロサリオのセンターフェンス直前の大飛球でも同じ。結局無得点に終わる。
直後の2回表、先発小野は先頭を出し、二死二塁までもっていくも、8番會澤にタイムリー二塁打を打たれる。簡単に追い込みながらも、直球では単純に押さえ込めず、変化球が甘くなったところを狙い澄まされた。さらに続く9番薮田にまで右前タイムリーヒットを打たれて0-2。非常に悪い流れだった。
3回ウラも走塁ミス。一死から西岡、糸井が連続四球でチャンスを作るも、二走の西岡が盗塁を狙う構えを見せると、一走糸井がそれについていこうと飛び出して捕手からの送球で牽制死。
4回ウラは先頭福留ヒットで出るも、大山が併殺打。まったくもってちぐはぐだったが、振り返れば、この二死走者なしから糸原が四球、そして梅野がセンター左をゴロで破るタイムリー二塁打で奪った1点が大きかった。
5回表、四球とランエンドヒットで一死一三塁のピンチを招き、丸に対してもカウントを3-1と悪くしたが、ここで持ち前のいい直球で押し込み二ゴロ、ノーミスならゲッツーコースだったが、西岡の送球が捕手寄りにそれる。糸原は捕球後に手を突くほどバランスを崩しながら一塁に投げたがセーフ。1-3。

もうどうしようもない「負け試合」だった。ところが止まらない薮田の四球連発に助けられた。6回ウラ一死から、大山、糸原が連続四球。投手一岡に代わり、梅野はチャンスで力んで空振り二つと追い込まれたが、ここからしっかり粘って四球をもぎ取り一死満塁。
ここで途中、髙山に代わって守備から入っていた俊介。確かに薮田はボール連発で押し出しも考えられるところ、だからこそ甘い球は積極的に叩きたいのだが、今季まだノーヒットという気弱さがもろに出た。甘い球も見逃してフルカウントとして、最後はボテボテショートゴロ、ところがこれを田中が後逸して2点タイムリーエラー、同点となった。アウト一つとるのもギリギリだが、2点をやっちゃいけないプレー。助かった。
ここで代打は伊藤隼太。初球から思いっきりスイングできるのがいいところ。空振り、ボールの1-1から甘くなったフォークをピッチャー返し。一岡のグラブを弾いて内野安打、これが決勝打になった。

7回桑原、8回髙橋聡、9回ドリスで逃げ切った。後半は「阪神の形」に持ち込めた。6回を投げた藤川が勝利投手。

とにかく、普通のプレーを普通にやっていれば、少なくとも序盤で劣勢に追い込まれるような試合ではなかった。それが、走塁ミスの連発、追い込んでからのコントロールミス、痛恨の守備ミスなど、「野球が下手」なせいでビハインドの展開に。結果的にはリリーバーが踏ん張り、相手投手の四球連発と大エラーに助けられて勝ちが転がり込んできた。
こうしていろいろ考え直す機会を得ているのはラッキーなことだと思わないとね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2018年4月11日 at 08:09 | Permalink

    「当たり前の事をやる」全くできていません。
    toraoさんも仰るように「勝ちに不思議あり」
    まさにそんなゲーム。

    そんな中、リリーフ投手陣が当たり前の仕事をしてくれたのがウチの勝因でしょうか?!
    特に、衰え知らずの聡文投手は素晴らしかった。

    toraoさんと重複しますが、当たり前じゃない事は「初回、高山の打球判断を間違えてサードへタッチアップ出来なかった事」「中途半端なダブルスチール失敗(サインミス?)」「西岡のもたつきからダブルプレー失敗」「相手8、9番への配球」など、制球に苦しむ薮田を助け 途中までは「どーぞどーぞ勝利をお譲りします的」展開でした。

    カープは珍しく名手田中の2点タイムリーエラー(これは難しいバウンドを積極的に突っ込んでのエラー)が大きく響き同点、隼太の打球も紙一重で内野安打で勝ち越し、なんか本当に不思議な勝ちでした。

    何はともあれ、髭をたくわえ逞しくなったヒーロー隼太は良く決めてくれました。
    入団当時は「桧山二世」と話題になった選手ですが、本当に桧山のように遅咲きながら、将来はタイガースの顔になるかも知れませんね。
    ちょっとカミカミでしたがクールに流す素敵なヒーインでした。

  2. 星の輝き
    Posted 2018年4月11日 at 08:30 | Permalink

    朝早くからの更新ありがとうございます。
    ほんと仰る通り不思議な勝ちでした。
    高山は野球脳が無いんでしょうかね?
    守備は全くセンス無し、難しい球にバット止まらず手を出し、どう考えてもタッチアップすべきところをしない。
    今の状態では一番は厳しいかと思います。
    高山のみならず、糸井の走塁ミス、西岡の送球ミス等々あり、せっかくあっぷあっぷしてる薮田をみすみす助ける事ばかりしていて、あぁ今年も優勝はむりだと心底思いながらいつテレビを消そうかと考えながら中継を見ていました。
    小野は球が高く、相手が広島だと言うことで意識しすぎていたのでしょうかね?
    一番悪かったのは薮田にタイムリーを打たれたことです。
    大いに反省して欲しいです。

    どうも阪神はお人好しで、勝手に相手のプレッシャーを増幅させて自分を苦しめ、相手には組みやすしと思わせるように淡々とプレーすることが多いように思います。
    トラオさん仰る通り、まともに打てなくても粘るとか、根気よく球を散らすとか、たとえ結果がでなくても今自分に出来る事をそれぞれがやり通すようなチームにして欲しいと思います。
    今年の阪神は淡泊じゃないな、とてもいやらしくてなんとなく嫌だなと相手に思わせるような緻密な野球を目指して欲しいですね。

  3. 西田辺
    Posted 2018年4月11日 at 08:32 | Permalink

    去年のセ・リーグ1位2位の試合とは思えない不細工な試合でした。
    ミスの数々はtoraoさんの記事にある通りですが、大事なのは
    ミスの後で他の誰かが、それをフォロー出来るか否か。
    プロとは言え、全くミスなしに過ごすことは不可能。
    そこはチームとして、プレーや采配で助け合わないと。
    それが出来るチームは本当に強いチームなんです。
    昨日のタイガースのミスは、意識一つでどうにでも出来る
    ものがほとんど。
    次は集中力持って、臨んで欲しい。
    伊藤隼太は良く打った!
    チーム構成上代打の役割になっていて、テンションの維持も
    難しいだろうけど、ベンチでも一番声を出してチームを鼓舞
    している。
    先発小野は、広島戦と言うのもあったのか球が上ずって
    カウントが整えられず球数が増えたのが悔やまれる。
    その後を受けた、球児-桑原-高橋聡文-ドリスが広島に得点を
    許さなかった。
    誰かが力を出せなければ、誰かが後を継ぐ。
    苦しい試合であればあるほど、チームとしての力が大事に
    なってきます。
    今日はルーキー高橋遥人が先発。
    それこそ、周りみんなで盛り立てて良いピッチングを
    させてあげて欲しい。
    相手投手もローテの谷間の中村。
    取り敢えず、点をたくさん取ってくれ。
    今日も勝ちたいんや!

  4. 虎轍
    Posted 2018年4月11日 at 08:41 | Permalink

    昨日は現地観戦でしたが、初回の高山の走塁の意識の無さには目も当てられませんでしたね。
    糸井の打球も風が無ければホームランやったでしょうが、ライト堂林が捕球態勢に入ってるなら、三塁に行っとかんとねぇ…
    結果論では無いですが、当たり前の事をせんとアカンからね。
    勝って六甲颪を歌いましたが、試合内容では勝った気がせえへんような試合でしたね。
    まぁ内容が無い試合でも勝てて良かったです。
    今日は高橋遥を援護して初登板初勝利に導いてやってやぁ~
    今日も広島に勝ちたいんや!

  5. yalkeys
    Posted 2018年4月11日 at 08:57 | Permalink

    転がり込んできた勝利でしたが、過日のドラ戦でマテオの乱調で落としたゲームもあり、チャラですネ。大阪で行事がありますので、今新幹線です。久しぶりの甲子園を楽しみにしています。が、浜松辺りで雨が降っています。高橋遥人の初陣、大いに楽しみです。試合実現を確信しています。

  6. Posted 2018年4月11日 at 09:13 | Permalink

    不思議な勝ちであり、そして残念な勝ちだったと思います。昨年まで二連覇を果たしている王者カープとの初戦だったわけですが、昨日も書いた通りタイガースは選手層も厚くなり戦力の上積みでは、カープを上回ってると思っています。昨年の戦力も4番不在やメッセ離脱後の先発の柱が居なかった等は劣った部分はありつつもリリーバーの充実や、上本や俊介・隼太といった中堅層の働き度合いでは勝ってた部分もあり、さほど差はないところから上積みがあるので選手の力量では負い目はないとみています。

    しかしながら昨日のゲームを観ながら何かしらチームとしてまだまだ追いつけていない現状を感じたのですが、当たり前のことが出来ない事であるとかミスの内容であるとか、脇が甘いというか大きな隙を感じるのです。金本監督になって選手には猛練習を課し、個人々々の力量やスキルはアップしています。ですが戦術的なものや相手の嫌がることをするといった面ではまだまだです。

    あとは選手への接し方ですが、緒方監督は敗戦の致命的プレーとなった田中のエラーを「攻めた結果」として攻めませんでした。金本監督は初回の高山に始まり西岡、糸井の凡エラーに対し苦言を呈しています。どちらが良いということを言ってるわけでなく、今後の展開にどちらが有効に働くのか?そこまで考えてのコメントならばどちらも正解だとは思いますが、金本監督のものはどうもその時の感情論というか一昔前の根性論的なものを感じます。エラーしたプレイ自体は責めても、人格を責める事はよくありません。コメントはマスコミを通したものなので、私達には曲がった形で伝わってるのかも知れません。ですが、選手にも同じ内容で伝わってしまいます。

    ともあれ何とか初戦は取りました。今日はプロ初登板の遥人が先発です。昨日出来なかった事が言っただけで今日出来るようにはならないと思います。ですが昨日ミスした同じ轍を踏まないといった気持ちは忘れずに、それでもって前向きにルーキーへの大援護をしてほしいと思う次第であります。

  7. ぴゅあらっく
    Posted 2018年4月11日 at 09:17 | Permalink

    勝ったとは言え、みっともないプレーのオンパレードでしたね(^^;。
    試合後のインタビューで金本監督がおかんむりだったのも無理ありません。
    ミスした選手は反省して同じミスを繰り返さないで欲しいです。
    隼太の勝ち越しタイムリーはリアルタイムでは見れず、試合後のハイライトで確認しました。ベンチに下がった後も声を出し続けていたせいか、御立ち台ではかすれ声でしたね(笑)。結果を出せて良かったです(*^^*)。
    ちなみにあのコソ泥ヒゲはカミソリ負けするので、伸ばしてるらしいですよ(笑)。
    今日は雨予報らしいですが、何とか試合をやって欲しいです。

  8. こうさん 
    Posted 2018年4月11日 at 09:19 | Permalink

    昨日のコメントに「出来ないことをやろうとする」と「当たり前に出来ることの大切さ」を書いた。…当たってほしくないことは当たる。昨日は甲子園、広島からの大逆転を思い出した。あのシーズンもそうだったが「二度とない」試合。昨日の試合も「二度とない」試合だと思う。…いや、広島は「二度としない」だろう。そんなラッキー試合を勝てたのはデカイ…のか?中日戦では又吉がベンチで監督に怒られていた。もう「又吉劇場」はないかもしれない。あの出来の又吉に敗けを付けられなかった「タイガースの弱さ、粘れなさ」が際立った。薮田も「次しっかりしないと生き残れない」となるはず。タイガースは…生き残れちゃうんだよね。それがダメ。

    小野は経験だけ。勝つ投手になれるよ。

  9. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2018年4月11日 at 11:11 | Permalink

    勝って良かったとしか言えない試合でした。
    いつチャンネルを変えられるかとヒヤヒヤものでした。
    試合の内容はあれでしたが、田淵さんと江夏さんのトークが面白かったので、感情的には少し救われながら見ることができました。
    話は違いますが、田淵さんが痩せて小さくなっているのには驚きました。心配です。

    高橋遥投手、初先発、ミスなどしないで、足引っ張らないで、援護をお願いします!

  10. Akira28
    Posted 2018年4月11日 at 11:57 | Permalink

    お〜い、高山〜、ビックリしたわ、、、
    もしかして、二死でも、ハーフウェイするの〜、、、
    まさか二死でタッチアップしたりして。
    もうちょっと、野球勉強して。
    たのんます。

  11. 老虎(フケトラ)
    Posted 2018年4月11日 at 12:22 | Permalink

    「当たり前」のことを「当たり前」にできないのはキャンプから「当たり前」の練習をしていないからでしょう。選手だけでなく、首脳陣の責任でもあります。身体に身についていないから、とっさの実戦で出来ないのでしょう。頭でわかっていても感嘆には身体がついてこない。

    とは言っても今さら時間を2月に戻すわけにもいかず、高山には頭で身体を無理やり動かす努力を精一杯やってもらいたいですね。それに気を取られてパニックになりバッティングにも影響がでるかもしれませんが、それをフォローするのが首脳陣の役割でもあると思います。

  12. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年4月11日 at 12:31 | Permalink

    ミスする選手もそれを叱る監督にも反省は必要だけど、こうも各選手に凡ミスが続くとコーチはなにしとんねんとなる。
    中村豊外野守備走塁コーチ、しっかり頼んますよ。

  13. なかっち
    Posted 2018年4月11日 at 12:44 | Permalink

    本当に昨年のチャンピオンチームと2位のチームの試合なんだろうか?と疑ってしまいそうな凡試合でしたね。

    そのミスほとんどに絡む西岡。それでも使うの?と疑ってしまいます。


    薮田の四球病に助けられ、田中のミスを誘発出来ました。あの投球を見ながら
    『藤浪以外にもこんな投手がいるんやな』

    と思いながら見てました。昨年最高勝率の投手がどうしちゃったんでしょうね。(藤浪の場合はコントロール以外にもフィールディング、スローイングなどの課題もありますが)


    あんな凡試合でも勝ちを拾えました。ここ数試合あんな凡試合しかしてないのに貯金1なんですよね(笑)考え方によればある意味強いかも(笑)
    普通に試合出来るようになれば抜けるんじゃない?とか思ったりしてます。他のチームはあんな凡試合をしたら負けてますよね!しかしタイガースはあんな凡試合ばかりなのに貯金1なんですよね(笑)
    逆に普通に試合出来るようになった時どうなるのか早く見てみたいです(笑)

  14. 三河の虎キチパパ
    Posted 2018年4月11日 at 16:05 | Permalink

    ミスしたら勝てないという典型的な試合でした。こちらは5回までに2つも3つもミスをして、相手に主導権を渡してしまいました…。
    しかし、分からないもので相手もミスをし流れで逆転までしてしまうのですから野球って本当に面白いです。
    昨日は逆転してからの逃げ切り体制に守備固めも使い万全でした。セカンド糸原選手、ショート植田選手、センター俊介選手は今シーズン一番安心して観てられました。
    ただ連続試合出場継続中の鳥谷選手を、最終回セカンドに起用はどうなんですかね。スタメンで出ないなら代打で出場した方がいいような気がします。

    今日は天気が心配ですが、プロ初登板の高橋遥人投手の投球が楽しみです。

  15. ジュビロタイガース
    Posted 2018年4月11日 at 16:46 | Permalink

    水曜日のDTでやっていた、絶対に負けなきゃいけない戦いかと思いました。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">