無援護続き3連敗

単独首位! なんて浮かれた日から3連敗でジリジリ後退、借金1。今年のセは「広島ダントツ」から「どこも強くない」に変化しそうな雲行きだ。今はチーム状態がよくないが、なんとか集団に踏みとどまっていくこと。
「こんなはずじゃ」なんて言ってたってしゃあないからね。

前夜の藤浪に続き、秋山も「貧打」「無援護」の犠牲者に……。前日とそっくりな展開で試合終盤まで。しかし、秋山が7回で降りたあと、試合が壊れて前日のように粘ることすらできなかった。

それにしても……働いてるの福留だけやんけ!打ってはマルチヒット、守備でも好スタートからのダイビングでマルチファインプレー。

ほかは「誰か打てるやつおらんのか?」とちゃぶ台をひっくり返したくなるような惨状。糸井は走るのつらそうだし、ロサリオは焦りMAXだし。
いやいや、「打てる」「打てない」にしか神経が行かない時点でアカンのよね。

甲子園、今日は天気回復? 今季初登板の岩貞、しんどいけど耐えろよ!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
6月23日(土)夜
「虎バカ秘密基地@大阪ミナミ」
ただいまゴソゴソ計画中!
今回は初の「持ち寄り形式」に?
予定を空けて続報を待て!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. スーパーエリーバ
    Posted 2018年4月15日 at 10:27 | Permalink

    トラオ様、皆様、お久しぶりです。
    覚えてらっしゃらなかったらスミマセン(笑)

    ホンマ打てませんね~。
    こういう時に手っ取り早く流れを変えてくれるのがホームラン。
    その為に獲って来たロサリオが大型扇風機にもならず、まさかのゲッツー製造機に・・・
    もうゴロを打たされそうなオーラが半端ないですね(笑)
    フィルダーの様に大化けするのはいつの日か・・・笑
    そろそろ原口の出番でしょうかね。

    で、その欲しい欲しいホームランを去年20発打った中谷はどこ行ったんや~笑

    あとパンチ力という観点からみてもセカンドは上本が現状ベストかと思います。
    そして2番ではなく、是非1番で起用して欲しいな~と思いますね。

  2. 西田辺
    Posted 2018年4月15日 at 10:46 | Permalink

    監督は「今がどん底。今から上がるしかないので楽しみ。」
    と強がってはいるが、果たして兆しを感じているのか。
    ロサリオは昨日も言った間違った指導が心身全てを破壊して
    しまっている。
    チーム打率.218と言う信じられない崩壊ぶり。
    打率だけではなく、得点・本塁打数・盗塁数等々攻撃に
    関する数値は軒並みリーグ最低。
    糸井・福留・糸原と3人の3割打者がいながら、このチーム打率は
    如何に他が打ててないかでしょうね。
    これだけ打線がダメだと、当然投手の心理にも影響する。
    1点もやれないと言う重圧ほど、ピッチャーにとって嫌なものは
    ないと思う。
    投手と野手は抑えてやる・点を取ってやるの信頼関係で繋がって
    いるはずなんです。
    これが逆に打線好調も、投手が打ち込まれて勝てなくなった
    時にここまで首脳陣は庇ってあげられるのか。
    ここで間違えてはいけないのは、投手は抑えて当たり前、打者は
    打てなくても仕方ないと言う思考に陥らないこと。
    打てない時期があるのは仕方ないが、なりふり構わず
    点を取りに行く姿勢は見せないと。
    漫然と打たせて、打てませんね~そのうち打つでしょでは
    投手もやってられない。
    味方が点を取るまで頑張るのは投手の役目と言うのも頭では
    分かっててはいても、それもあくまで点を取る姿勢を示す前提の話。
    弱いチームと言うのは、だいたいこの辺から崩れて建て直せなくなり
    やがて下位に沈んでいく。
    その前にどんな手を打つのかは首脳陣の腕の見せ所。
    まだ4月ですが、結構大事な局面に入って来たかも知れません。

  3. 虎轍
    Posted 2018年4月15日 at 10:47 | Permalink

    情けない打撃陣ですねぇ…
    俊介はまだ無安打ですからね。
    そうなると中谷を上げたいになりますが、二軍でもそれほど結果を出してへんからねぇ…
    高山は3ボールから1球待って、その後ボール球を2つ振って三振って勢いを削ぐような感じで、そのまま守備に就いても、あの追い方で捕れへんでは話にならんね。
    フィールディングのええ球児も足が滑ってしまって併殺に出来ずに、悪送球でピンチ拡大も痛かった。
    打撃陣が奮起しろ!
    勝ちたいんや!

  4. こうさん 
    Posted 2018年4月15日 at 10:51 | Permalink

    上本なかったか。今、必要なのは目先を変えるサプライズじゃなく確実性だと思う。「打撃優先だから守備の未熟さは目をつぶる」んなら上本を使わない理由が解らない。

    ロサリオはゴロを打った時の「あぁ~…」という悲鳴にヤられているように見える。けど結果を出さなきゃならない立場なのも現実。

    開幕前は「福留や糸井を追いやる外野手、出てこい❗」と書いたが…出るは溜め息ばかりなり。

こうさん  に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">