泥臭く加点して薄氷勝利

ヒットの数は中日15、阪神9。前半から中盤にかけてチャンスを活かせなかった中日(なんとか踏ん張った岩貞)に対して、機動力を使いつつ、内野ゴロや犠牲フライで泥臭く進塁させて泥臭く加点した阪神。最後だけ鳥谷の左越2点タイムリー二塁打でキレイに2点を取り、7-1として勝負あった……と思ったら、8回、9回に追い上げられ薄氷を踏む勝利。結局、最後の2点で命からがら逃げ切った。
逃げ切り方は確かに不細工だったが、それぞれがそれなりに役割を果たすことで、打てなくても点を取っていった試合展開は決して悪くない。守備も派手なプレーはなくとも、それなりにできることをしっかりやっているのがいい。

まあそんな感じでよかったと思うよ。最後はまともに見てられなかったけどね(笑)。
すみませんが、あとはよろしくお願いします。
m(_ _)m

■■■■■■■■■■■■■■■
6月4日(月)夜、東京都内にて
ベースボールクリックスさん主催
イベントが(ほぼ)決定!
内容はお楽しみに!近日発表予定
■■■■■■■■■■■■■■■

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
6月23日(土)夜
「虎バカ秘密基地@大阪ミナミ」
とりあえず〝基地〟確保に成功!
やっぱり「持ち寄り」はちょっと
ムリがあるかな。もう少し練る
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. こうさん 
    Posted 2018年5月7日 at 10:22 | Permalink

    鳥谷が打ってくれたのは嬉しい。…が、昨日だけで「上本の穴は埋まる」となってほしくはない。上本がいなくなったという現実を忘れるには、まだまだインパクトが足りない。けど金本監督は安心しちゃうんだよなぁ。西岡も使うなら二人とも「上本には渡さない❗」という気迫を出してほしい。「とりあえず」という現状を忘れてはならない。

    2年連続で負傷。残念だが長期離脱。ベッドへ戻る。GWのUターンは「上本ターン」の略なのだろうか?金本監督が「ほらな、やっぱり…」よりも「マジかよ…」と青ざめていた。それだけ上本はチームを牽引していた。

    昨日も複雑な試合だった。あ…梅野は「休ませてもらっている」のか「休まされてる」のか?単なるピッチャーとの相性?メッセ担当兼ワンバン係の守備固めになるなんてことはないよね?

  2. 虎ジジィ
    Posted 2018年5月7日 at 10:25 | Permalink

    いや~最後は胃がキリキリしました。
    終了後、いわほーさんが「(映像が観ていられず)テレビからラジオに逃げた」というツィートを見て思わずニヤケてしまいましたが、個人的にはラジオに逃げる方が逆に怖い程の臆病者です(笑)。

    攻撃陣は上本が抜けて鳥谷を入れた「やっぱりね」のラインナップでしたが、鳥谷も必死に守り必死に食らいつき、(上本の)穴埋めをしてくれました。

    岩貞も前日の小野同様、相手に助けられながら「のらりくらり」(良く言えば粘投)とゲームを作ったのは良かったと思います。

    途中、ロサリオの盗塁失敗に怒りの表情の金本監督の顔が映りましたが、あんな顔をされては選手が消極的になってしまう。
    腸は煮えくりかえっても、(積極走塁に対して)金本監督には涼しい顔をしていて欲しかった。

    それと、心配なのはやはりドリス!
    今季はとにかく「抜け球」が多く、カウントを整えに行くと打たれるパターンが続いているので、3点差でもハラハラさせられる投球はいただけない。
    どうやら連投に弱いようなので、とにかく9連戦中の雨と完投秋山にはホントに救われたと思います。

    何はともあれ GW9連戦
    を5勝3敗1中止という結果は上出来(内容はイマイチ)!
    とにかく、ミスを減らし積極野球で今週の上位球団と五分に戦って欲しいところです。

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2018年5月7日 at 12:30 | Permalink

      テレビもラジオも同じじゃんと言われそうですが、眼を開けてられないんですから(笑)。
      ラジオで「二死フルカウント、ピッチャー振りかぶって第6球投げたあー!」の瞬間から「空振り三振!」までのほんの1、2秒の間、ネガティブな想像力全開で卒倒寸前でしたわ。

  3. 虎轍
    Posted 2018年5月7日 at 10:46 | Permalink

    二日続けての甲子園での現地観戦でしたが、流石に昨日の試合、特に最終回の中日の攻撃は辛かったです。
    ドリスが特大ホームランを打たれた後の細かい連打のヒットはジワジワと追い込まれてで、生きた心地が無かったですね。
    7-1からの大逆転負けを覚悟せんとアカンのか?とか、いろいろ考えながら、「ドリス頑張れ」しか言えませんでした。
    試合は中日のミスに助けられてばかりの得点で、前後左右の方たちと苦笑いしか出来ずの重たい試合でしたが、糸井の脚で勝てたような試合でしたね。
    今年のタイガースは不思議な勝ちは多いですが、優勝するにはそんなラッキーな勝ちが多々あるもんなんで、勝ち運があると思い込んどきます。
    今日は雨で憂鬱な感じですが、昨日タイガースが勝ってくれたんで、なんとか仕事も頑張れるかな。
    日曜日に勝ってくれたタイガースにありがとう!

  4. Posted 2018年5月7日 at 10:50 | Permalink

    タイムリーなしでコツコツ点を積み上げ、締めに鳥谷の本日タイガース唯一のタイムリーで6点リード。ずいぶん相手に助けられた感はあるもののこんな勝ち方も出来るようになったか、と余裕の高見見物も結局は最後ヒヤヒヤ展開までもつれ込む。まだこれがタイガースのチーム力なのか、と感じました。

    高橋周平に不用意な一発喰らった石崎梅野バッテリーは反省と、的確な状況判断出来るようになって欲しい。シュート回転する石崎のストレートを2-2の追い込んだ場面でインコース要求はないでしょう。打った周平が素晴らしかったけど、結果真ん中高めのホームランボールになってる訳で、打たれるべくして打たれた配球に思えました。ドリスもおなじみ化しつつあるドリス劇場でしたが、昨日の展開でのまさかの登板ですから仕方なしと思います。けど、準備不足のケースはだいたい荒れますねドリスの場合は。待機時のメンタルコントロールをしっかりアドバイスしてあげた方がいいと思います。

    金本監督も相当怒ってましたが、締めるところは締めといた方がいいでしょう。ドラゴンズ相手だから勝てたようなゲームで、今週のGやC戦ではこうはいかないでしょう。しかし、一試合休みで中日の出来た9連戦を5勝3敗は良くやったと思います。3勝はほぼ上本の働きで勝てたようなものですが、暫くは上本抜きとなります。代わりに出る選手、二軍から上がってきた選手が穴埋めじゃなく「ポジション奪い取ってやる」的な気持ちだけは持って頑張って欲しいものであります。

    あと、高山の犠牲フライ。めちゃ悔しそうでしたね。結果は残念でしたが当たり・スイングは完璧だったと思います。いつもあのスイングが出来るように頑張って欲しいものであります。

    • 虎轍
      Posted 2018年5月7日 at 12:50 | Permalink

      とらかっぱ様こんにちは。
      あの高山の打球はライトスタンドから見てて、キタァ~って思いましたが、センターからホームベースにきつい風が吹いてたので、完全に打球が止まったかのように失速して延びは無かったです。
      しかも甲子園の一番深いところでしたからね。
      満塁ホームランのはずの4打点を損した感じでした。

      • Posted 2018年5月7日 at 14:25 | Permalink

        虎轍さま、返信ありがとうございます。
        TVで観てて打った瞬間は完璧に映りました。本人はそれ以上に手応えがあったと思います。風が違ったとはいえその後のアルモンテの一発を見て高山はどう思ったのでしょうか。「まだまだ力が足りん」って思ってない事を祈ります(笑)

  5. 西田辺
    Posted 2018年5月7日 at 11:28 | Permalink

    上本はMRI検査を行って、左ひざ前十字靭帯損傷の疑いだとか。
    今日以降精密検査の上で、ハッキリとした診断が出るとの事。
    起こってしまった事は取り返せないし、いる選手で戦って行かないと。
    7-1から一転、最後は逆転まであるよ、と言う場面まで追い込まれてしまいました。
    6回の阪神の攻撃終了直前に、梅野が次の回からマスクを被る準備をしていた。
    この3連戦、全て梅野を抑え捕手として起用してきました。
    アレってどうなんでしょうね?
    昨日の終盤の失点を、梅野の責任としておっ被せるつもりは毛頭ないんですが、
    その日の相手打線の状態を、一番把握しているスタメン捕手を外してまでやる
    起用方法なんでしょうか?
    この3連戦、先発バッテリーは1点・2点・1点と相応の仕事を遂げております。
    まぁ、梅野と比べて現状信用がなんでしょうけど、あまり感心しない運用ですね。
    ドリスが今年ずっと良くないですね。
    それでも10Sを挙げてるので、文句を言われる筋合いもないのでしょうが。
    見ていると、真っ直ぐの球威と制球が良くありません。
    配球も、2シームやスプリット系の球が多いです。
    真っ直ぐの球速は出ているので、故障とかではなさそうなんですが、手投げっぽい
    投げ方になってます。
    当然ボールに力が入らないし、制球もままならない。
    私の勝手な妄想ですが、ここまで割と順調に抑えて来れたので、楽をしようとする
    気持ちが出てきてはいないだろうか。
    あまり変な投げ方を続けると、故障が怖いです。
    上本選手の例を出すまでもなく、どんな良い選手も故障すれば戦力になりませんから。

    今週は、読売・広島とのビジター戦。
    特に読売にはここまで、やられっぱなしと言っても過言じゃない成績。
    折角機動力も使え出してきたので、引っ掻き回して前回の甲子園3タテのリベンジを!

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2018年5月7日 at 12:40 | Permalink

      前十字靭帯損傷だと程度によるけど免荷(体重をかけられない)は4週間かかるんだとか。
      それからリハビリということだと2か月くらいでは復帰できないかも。

      • 西田辺
        Posted 2018年5月7日 at 14:19 | Permalink

        いわほーさん、毎度です。
        専門の整形外科でもないので軽々に診断はできませんが、出来るだけ
        軽症であることを祈るしかありません。
        出来たら日本シリーズ辺りで復帰して大活躍してくれたら、目の水道管が
        破裂しそうです。

  6. Akira28
    Posted 2018年5月7日 at 12:40 | Permalink

    皆さま、お疲れ様でした。
    西田辺さんが梅野について触れておられますので、私の邪推を書かせてください。
    今シーズン、もしかして、かなり山田バッテリーコーチが、このへんの采配をしているのではないでしょうか。
    シーズン始めから、梅野固定で通し、梅野の疲労蓄積と投手との相性や配球パターンを試すべく、原口や坂本を使って、高橋や小野、岩貞の粘りを引き出したような気がします。
    相手チームのスコアラーが、毎試合配球をチェックする訳ですから、こうした作戦は有りだと思います。
    高橋も、小野も前回の配球とは明らかに違ってましたものね。
    でも、クロージングにはショートバウンドに強い梅野なんでしょう。それはそれで、安心です。
    そういえば、継投の場面でも、ブルペンとの連携に、山田コーチが映る映像もよく見ますから、案外、裏の作戦コーチ的な役割を彼が担っているかもしれませんね。
    今週の6連戦、スタメンキャッチャーの動向と、配球にも注目です。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2018年5月7日 at 12:46 | Permalink

    1番セカンド鳥谷でしたが、左投手では7番サード大山になるのでしょうか。糸原の守備位置はなるべく固定してあげたいので、セカンド大山も見てみたい。
    前日と変わって、大量リードもハラハラの展開になってしまいましたが、初戦含め梅野だけの問題では無いと思いますがね。

  8. 三河の虎キチパパ
    Posted 2018年5月7日 at 16:11 | Permalink

    GWの9連線(実際は8試合)貯金2つは良かったと思います。試合の内容は別として。
    植田選手をスタメンで起用してからチーム全体に躍動感が出て、相手投手が明らかに投げにくそうですね。今までは簡単に打者との勝負だけで来られてた感がありますから、これからはどんどん塁上でかき回して欲しいです。

    終盤の投手の使い方ですが、セーブが付く場面で何が何でもドリス投手でなくてもいいと思います。昨日のような展開では心の準備も肩の準備も万全ではなかったような気がします。後ろの救援投手は、連投や登板過多にならないように配慮して回していけたらいいのでは。勝負所はずっと先ですからね〜。

  9. なかっち
    Posted 2018年5月8日 at 06:10 | Permalink

    鳥谷のタイムリーが結果的には決勝点になりましたね。本当に心臓に悪い試合でした。

    上本の変わりが鳥谷・・・。正直意外性もなく寂しい感じですが、鳥谷からしたら信頼を取り戻すチャンス。上本が帰って来てもセカンドを明け渡さない活躍をしてもらいたい。(他の若手が鳥谷を脅かすのは大歓迎です)
    いくら良い選手でも怪我をしたら戦力になりません。主力が怪我をした時、新しい選手が活躍すればチーム力が更に上がると思ってますので。



    試合の最後キャッチャーを梅野に変える采配は山田コーチの案なのかどうかはよくわかりませんが、個人的には好きな采配ではありません。
    梅野にもし休養を与えたいとの気持ちなら、1試合丸々休ませるべき。別の考え方かも知れませんが。

    しかし、昨日の陰のヒーローは間違いなく梅野です。あの再三に渡るワンバウンドをよく止めました。あれが一つでも後ろに逸れていたら間違いなく違う結果を招いていましたから。そういう意味では梅野に変えていたのは正解だったのかもしれませんが。


    原口や坂本には梅野の変わりに出るなら1試合丸々任せて貰えるような信頼を得てほしいです。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">