中谷サヨナラ打で4連勝

できることなら小野を勝利投手にしてあげたかった試合だ。1回表、先頭坂本に二塁打を打たれて1失点。2回表もスタメンマスク抜擢の大城にスライダーを完璧にとらえられてソロ本塁打。いきなり先制点と追加点を奪われたのは褒められないが、これまでならこてんぱんにKOされてもおかしくない後続のピンチを断ち、3回以後は自分優位のピッチングができた。
いい内容といい結果。これを連動させるのが昨年から引き続き小野の課題だ。いい球なのに狙い打たれたり、工夫をしようと試みれば微妙な制球乱れで苦しくなる。全体としてそれほど悪くないのに、勝てる試合にならない。
立ち上がりに失点しながらその後立ち直り、試合を勝ちペースに持って行った経験は大きい。とくに落差の大きいカーブで緩急を意識させたのがよかった。この球がいつでも低めに決まるようになれば打者にとってはかなりやりにくい。これからの登板日も楽しみだ。

序盤の失点を前半で返し、すぐに追い越すところまで持っていくのを見ると、打線に勢いが出てきた感がある。もっともここまで読売田口の投球内容もあまりよくないので「追風参考」ではある。

対左投手ということで5番中谷、6番大山、7番江越と並べて、その下位打線が活躍した。大山は大山らしい引っ張る打球こそ出なかったが、2回の第1打席は、追い込まれてから内角速球を右に押っ付ける「意識高い」右前打で出塁し、反撃開始の芽を作った。
続く3回の第2打席は、糸原糸井連打で無死一二塁とするも、ロサリオ、中谷が走者を進められず、嫌な流れの二死一二塁。ファーストストライクの高めスライダーを積極的に打ちにいって、詰まりながらも中前へ落とすタイムリーヒット。これもまた甘い球を無理せずにおっつける意識が見えた。
5回は点にならなかったが右中間を破る三塁打。カウント2-2から相手が仕留めに来た外角スライダーに対し、いい角度でバットが出た。
大山のいいところは、いつも何かを考えているところ。調子がよかろうが悪かろうが、自分なりの状況判断をして打席に臨んでいる。結果がともなわず低打率にあえいではいるが、これもまた成長のために必要な時間だ。

江越は2回三塁頭上を越えて左線を破るタイムリー二塁打。これがフェンスでラッキーなクッションとなってゲレーロの失策を誘い三塁まで進み、続く梅野のタイムリーで同点のホームを踏んだ。大山のヒットもそうだが、この江越のタイムリーは大きかった。また「ずるずると失点してワンサイドになる」という嫌な予感を払拭し、今日は違うと球場全体に思わせたからだ。
守備範囲、肩もあり、7番に置いておくと面白い打者だが、まさかここでロサリオとの「将来性比べ」になるとはねえ……。

最後は一軍復帰の中谷が決めた。自身初のサヨナラタイムリーで試合を決めた。
延長突入寸前の9回二死一二塁、カウント2-1。バッティングカウントで空振りを取りにいったフォークは、低めストライクゾーンに残る。振り切った中谷の打球は三遊間のど真ん中を速くもなく遅くもないスピードで転がり、サード岡本が飛びついたグラブの先を抜ける。レフト亀井は前進守備だったが、高代コーチは迷わず腕を回す。
二走糸原は三塁ベースをコンパクトに回り加速、しかしスピードに乗った糸原を一瞬にしてワンバウンド送球が追い抜く。体をひねってタッチする捕手小林とトップスピードのままスライディングする糸原。しかしタッチを焦った小林のミットにボールは収まっていなかった。双方目いっぱいのクロスプレーの結果、阪神今季初のサヨナラ勝ちが決した。
一塁上の中谷はクラシカルに万歳で喜びを表現した。

バットとボールの当たり方の幸運。芯を外されたものの厚めに当たってくれた。広くもない三遊間を抜けてくれた。ただ幸運を呼び込めるだけ、中谷のバットは走っていた。第1打席から第3打席まで、しっかり振った打球がことごとくポップフライになっていた。いずれももう少しボールの上に当たっていればスタンドに放り込めるだろうと感じさせた。

当たり方の幸運をもたらしたのは、2イニングス目の澤村に球数を放らせた打者たちでもある。8回に10球を投げさせた原口。9回ファウルで粘って8球目で四球を選んだ糸原。三振でも5球投げさせた梅野や植田。彼らの小さな努力が澤村の45球目を甘くさせた。

なかなか簡単にはいかないけれど、みんな自分の力で未来を引き寄せようとしている。
結果は天のみぞ知る。応援している。

今日も遅くなってごめんなさい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
虎バカ秘密基地
~私の大切なあの試合~
6/23(土)19:00スタート

ただいま参加者と
「あなたの大切な試合」を募集中
詳しくはこちら↓
https://bit.ly/2KS37pD
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2018年5月27日 at 12:49 | Permalink

    仰るように「小野に勝ち星を付けたかった」が正直な感想ですが、読売相手にサヨナラ勝ちはカイカン!

    打った中谷は勿論ですが、高代コーチ(糸原の素早いスタートを確認)も良く回したし、決して脚の速くない糸原も素晴らしいランでした。

    打撃陣、心配だった大山が結果を残し、こちらは一安心!

    ただ「四番に代打」は愚策?!
    だったら最初からロサリオは下位打線で使うか、休養させて(ファースト練習していた)原口or中谷をスタメンファーストで使った方が良かったと思います。
    金本監督は「ロサリオはメンタル面が…」と言うけれど、ロサリオのメンタルを追い込んでいるのは金本監督自身のような気がします。

    あとは、非常に言い難いのですが鳥谷の処遇(批判覚悟で書き込みます)。
    鳥谷が努力家で、功労者である事は十分承知していますが、今の彼は選球眼だけ!
    そして出塁しても代走に代わる、かと言って守備固め程の守備でもない(鳥谷一人に野手を2人使う)。
    衣笠さんの記録はシーズン規定打席に達しての記録であり、もし彼が今の状態を続け 仮に衣笠さんの連続出場記録を抜き去っても、本当に価値のある記録なのか疑問が残ります。

    ロサリオと鳥谷、二人はVの為には欠かせない存在であるからこそ、金本監督の勇気ある決断(短期二軍調整等)を望みます。

  2. 西田辺
    Posted 2018年5月27日 at 12:54 | Permalink

    今季初のサヨナラ勝ちで4連勝。
    貯金1も久しぶりの響きの様な気がする。
    でも課題もタップリでしたね。
    小野にしても、その後の投手にしても打者への初球やファーストストライクに
    もう少しケアが欲しかったですね。
    金曜日もそうでしたが、割と早いカウントからドンドン打ちに来ているのを、
    前日からマスクを被っている梅野も感覚として分かっていたはず。
    失点に絡んだヒットは、殆ど2ストライクまでに浴びたもの。
    今日の才木も、その辺を考慮してリードしてあげたいですね。
    不思議なもので、相手投手が田口の時はこういう展開が多いですね。
    田口はそこそこ打ち込んで、負け投手の状態のまま降りるんだけど、いつの間にか
    追い付かれたり逆転されたりで結局田口に負けを付けられない。
    小野は序盤ポンポンと失点したけど、3回以降良く立ち直ってくれました。
    変化球の制球にまだ苦労してる感じです。
    桑原は長野への甘いスライダーをレフトに同点弾を喰らって、悔やんでも悔やみ
    きれない投球だったでしょうね。
    本来なら4-2で勝っておくべき試合。
    サヨナラ勝ちって派手で勢いが付きそうな気がしますが、勝てる試合を手順を踏んで
    シッカリ勝った方がチームとして力が付きます。

    遂にと言うか、とうとうロサリオに代打が出されました。
    シッカリとした首脳陣からのフォローがある事を祈ります。
    今の状態の原因は何処にあるのか。
    スタンスを含めるフォームなのか、それとも自分と日本のストライクゾーンに大きな
    違いがあるのか、もっと違う所なのか。
    時間がかかるようなら、一軍登録を外してやる事も考えないと。
    この中軸打者をどう扱うかはベンチの責任ですが、思った以上に時間と我慢が必要な
    選手なのかも知れませんね。

  3. ジュビロタイガース
    Posted 2018年5月27日 at 13:03 | Permalink

    小野に勝ち星とドリスにセーブを付けたかったですが、巨人に勝つのは気持ちがいい!しかもサヨナラでようやくカード勝ち越し。
    亀井が捕球したときには、止まれ、どうする?と思いましたがナイスランでした。小林がちゃんとタッチしに行ってもリプレイ検証でしょうね。焦ったおかげで時短に繋がりました。
    やはり45球も投げさせたことに勝因もあるでしょうね。みんなよく粘りました。
    こうなったら3タテして貯金を持ってパとやりたいですね。
    マテオの状態が気になりますが、モレノがいて良かった。

  4. ばるにい さんのアバター ばるにい
    Posted 2018年5月27日 at 13:15 | Permalink

    自分は監督の行為が許せんのです。守備から代えるとかスタメンから外すならまだしも、四番に代打など言語道断でしょう。かつて四番打者であった自分がそれをされたらどう思うか。エースや四番打者とは心中する、それが指揮官の責任ではないのか。
    鳥谷にせよロサリオにせよ、故意としか思えぬ方法でプライドを傷つけ、彼らの信頼と忠誠をドブに捨てる。あの男はそれで平気なんだろうか。
    どうにも整理がつきません(ー_ー;)

    • 虎轍
      Posted 2018年5月27日 at 13:47 | Permalink

      ばるにい様こんにちは。
      仰有る通りですね。
      故意でプライドを傷付けてるように見えますね。
      鳥谷に関しては、俺は連続試合継続の為に出場させてるよ。自分から出ませんって言うてこいよ。と言わんばかりの起用ですね。
      自分の意固地なとこなのか、鳥谷を三塁手として起用しない。ロサリオの調子が上がらないなら、鳥谷を一塁の守備練習をさせる。って、どうかしてるぜ。
      大山と併用で三塁に戻せば、遊撃植田、二塁糸原を固定出来ると思うんですけどね。
      春先は調子が上がらないスロースターターな鳥谷に代打や守備だけでは、いつまでも調子が上がらないままやとも思います。
      ばるにい様のコメントに長文失礼しました。

      • ばるにい さんのアバター ばるにい
        Posted 2018年5月27日 at 15:49 | Permalink

        全くおっしゃる通りに思います。
        アニキとまで呼ばれた男が何故こんな陰湿で優柔不断な真似をするのか、本人が敬愛する星野氏ならどうしただろうか、それを思うと残念でなりません。
        またこれが故意でなければ思慮が足らなさすぎ、そもそも上に立つべき器なのか疑問に思わざるを得ません。
        まだ若い、経験の浅い指揮官の一時の迷いであって欲しいんですが(ー_ー;)

  5. 虎轍
    Posted 2018年5月27日 at 13:20 | Permalink

    torao様忙しい中での更新ありがとうございます。
    お身体御自愛くださいね。
    試合の方は立ち上がりにポンポンと失点しましたが、そこからストレート、変化球を腕をしっかり振って、立ち直った小野に伸び代を感じました。
    梅野もタイムリーが出て、スッキリした気持ちでリードが出来たからかな?(笑)
    次回も頑張って、長いイニングを投げて、勝ち星を掴みとれ!
    ふてぶてしい澤村を敗戦投手に出来たのも良かったし、チョロチョロしてた陽を牽制一発アウトに出来たのも良かった。
    昨日の最優秀賞は打った中谷もですが、走った糸原もですが、コリジョンありきで糸原を本塁に突っ込ませた高代コーチですね。
    中谷のちょうどいいヒットにけっして快足とは言えない糸原のスタート、打球判断、ベーランに高代コーチのカンピューター作動でサヨナラの決勝点をもぎ取ったのは最高でしたね。
    例え小林が捕ってタッチしてても糸原のスライディングが早かったし、勝ってたでしょうね。
    若虎とベテランコーチのナイス判断で勝ち取った試合でしたね。
    勝ったからこそ言いたいロサリオや鳥谷問題もありますが、今季初のサヨナラ勝ちやったんで今日は無しにしましょう(笑)
    この勢いに乗って才木もナイスピッチングで勝利を掴みとれ!
    明日、タイガースファンが気分よく、機嫌よく過ごせるように頼むで!
    捕手は梅野でお願いします。

  6. こうさん 
    Posted 2018年5月27日 at 13:28 | Permalink

    もうロサリオと鳥谷は「交流戦はいないもの」と割り切る時。二人には、しっかりと矢野再生工場でのメンテが必要。打てない選手に打てない選手を代打…。なんじゃそりゃ❗である。トラオさんが書いた「納得」。ロサリオも鳥谷もファンも納得してない交代劇だった。「ロサリオは糸井がフォローしてくれるだろう。」という楽観的な交代劇。7億5000万が下に行くのが今のタイガースと認めなきゃ。キャンプでロサリオに気持ちよく打たせたコーチ陣の責任は重い。ロサリオだって工夫と努力が足りない。けど「キャンプ通りのことをしてるだけだ。」とロサリオは言いたいのかも。

    あと、また苦言をば。中谷のサヨナラ。バットを投げるまでがスイングの一連の動作なのだろうが、昨日は一塁側に置いてほしかった。糸原が踏んだら最悪だった。腕を回した高代さんも浮かばれない。ランナー無しなら分かるがヒヤヒヤした。バットがライン上に有ったように見えた。

    あと、また苦言をば。歓び爆発の金本監督。「よく回しましたね❗」とジェスチャーする顔が「田中邦衛さん」にしか見えなかった。久しぶりに蛍が帰郷した時の顔。…苦言じゃねぇか。失礼しました。

    • 虎轍
      Posted 2018年5月27日 at 13:57 | Permalink

      こうさん様こんにちは。
      苦言に関してなんですが、あの場面でバットを一塁側に置くと言うのは苦言と言えないと思います。
      例えバットが三塁側のライン上にあったのなら、次打者が除けてんとアカンし、その次打者が除けて、本塁にスライディングするコースを指示したりする事やと思います。

      • こうさん 
        Posted 2018年5月27日 at 19:56 | Permalink

        今日の大山のタイムリーの後バットは一塁側にありました。次打者が動かしたのかキャッチャーが動かしたのか主審が動かしたのかテレビには映ってないので分かりませんが打った本人が出来るならするべきです。それと中谷のサヨナラは糸原がホームに着くまで10数秒。次打者が、中谷が投げたバットを動かすのは無理に思えます。重なる危険性もあります。「必ずしろ」とは言いません。状況によりけりです。高代さんが止めたとしても中谷はファーストでセーフです。状況によりけり…です。バットを避けてレフトからの返球が糸原に当たったら、ややこしくなります。状況によりけり…です。

        • Posted 2018年5月28日 at 00:52 | Permalink

          走路のバットやキャッチャーマスクをどかして、スライディングの指示をするのはネクストバッターの仕事。これは野球選手みんな基本として習っていて、やらなきゃいけないことです。やらない人がいたら、それはボーンヘッド。
          ただ、おっしゃるように「できるんなら」打者は遠くに投げたほうがいいに決まってます。でも夢中で打った後のバットの行き先って、振ったときの状況によりけりなんですよ(笑)。

          • こうさん 
            Posted 2018年5月28日 at 04:21 | Permalink

            ありがとうございます。中谷の投げ、新井の兄ちゃんの置き土産ですかね?w。「糸原がバットを踏んで怪我したら…」と思って熱くなってしまいましたのが正直なところです。今、失うのはデカ過ぎるので。お手数お掛けしました。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年5月27日 at 13:35 | Permalink

    ついにロサリオに代打ですか。
    正直、相手五球団にはすっかり「ロサリオ完全攻略マニュアル」が出来上がってしまった感があります。
    相手投手からしたら攻め方さえ間違えなければ安パイ必至。
    今後、ロサリオがそのマニュアルをどう打ち破っていくのか。
    多分本人の努力だけでは克服は難しい。
    監督コーチのアシストが重要なだけによろしく頼みますよ。

  8. サヨナラ3ラン
    Posted 2018年5月27日 at 13:49 | Permalink

    中谷は沢村の落ちるボールをよくレフトまで運んだと思うけど
    正直 その前の打席を観る限りでは沢村のストレートは打てない
    だろうと思っていた。
    それでもサヨナラ打を放ったのだから今日からノッていって
    ほしいね
    昨日の勝利は糸原の執念で勝ち取った四球があってこそ。
    俺はあの打席を最も評価したい。この選手、粘り強さ、勝負
    強さだけでなく気持ちの強さを感じる。
    個人的には上本同様に好きな選手。今年はレギュラーを不動の
    ものにしてほしいね。
    ゲームの方は万全を期して出した桑原が打たれたのは仕方ない。
    今年のスライダーは去年ほどのキレもないしかし9回のサヨナラ機で
    山崎を そのまま打席に送った采配には大いに疑問を感じた。
    延長になれば勝つ可能性は低いと観ていたので あの場面は
    ので想定内。
    ハヤタか福留を起用するのが当然かと思った。中谷はファーストも
    守れる訳だし。
    鳥谷の起用法については これから先も変わる雰囲気を金本から
    感じないので、この先もチームが乗っていくことはないだろう。
    ロサリオは個人的なカンでは打つと思っているので慣れの部分を
    含め一旦は6,7番に下げることが俺も良いと思う。

  9. やまくん さんのアバター やまくん
    Posted 2018年5月27日 at 14:01 | Permalink

    ロサリオのケアはしてるのか?の問いに対して監督は、

    「そりゃあ、していますよ。毎日、話もしているしね。それにね。代打を出されてそっぽを向くような外国人選手になら代打は出しません。そういう選手はもういらない。ということです。ロサリオはそんなヤツじゃないから」と答えてる記事を某紙で読みました。

    う~ん、って思う時もありますが、もう少し信じて応援しまっす!(*`・ω・)ゞ

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">