交流戦の流れのままにリーグ戦再開

試合は、準備しながら途中までチラ見。

「一矢は報いた」「逆転しない程度の反撃で爪痕は残した」みたいな試合が続く。

有望な若手がたくさんいるのは間違いないが、彼らは伸びているのだろうか。目に見えて伸びが感じられないのは何が原因なのか。球団はトラックマンを何に使ったらいいか、わかったのか。いっそ一二軍を全員入れ替えたほうがいいのではないか(首脳陣のみ)。

考えられる手立てがナパーロのみでは辛いよなあ。ということで、今夜は建設的な議論をとことんやりましょうか。球団上層部になりかわって(笑)。

今日の大阪はくもりで気温低め。甲子園は「ときどき雨」の予報。道頓堀のスタバより。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2018年6月23日 at 10:59 | Permalink

    もう大阪お着きですか?
    負けるのはしゃあない。
    力が劣るから負けるんですよ。
    ただ同じ相手(大瀬良)に何度も負けたりするのは、
    プロとして恥ずべき事と自覚すべし。
    でもここの所、負けても見所のようなものが
    見えたりするのも確か。
    「追い付かない程度の反撃」とは言うけど、
    それでも全く無抵抗が続けば負け癖に繋がるし
    見所が無いとは言えない。
    何となくですが、その抵抗力や反発力は徐々に
    身に付きつつあると思える。
    発展途上のチームに色々求めても、全部上手くは
    行かない。
    これからこれから。

  2. 虎轍
    Posted 2018年6月23日 at 11:08 | Permalink

    torao様が関西上陸したんですね(笑)
    これはタイガースはピリッとした試合をせんとアカンでぇ~
    昨日は現地観戦やったんですが、大瀬良はそんなに調子が良くないんちゃうか?って感じで見てたんですが、タイガースの打線の方が調子が良くない感じでしたね。
    大山を二軍に落として矢野再生工場に託すのはええけど、北條みたいに二軍から上がってきたら、片岡スクラップ工場に入れられた。
    みたいになってへんか?
    二軍でロサリオも調子を上げてきてるし、投手では岩田も調子がええみたいですね。
    矢野二軍監督が、いつ矢野監督になるんでしょうかね?
    今日は野村をボッコボコに打ってくれ!
    ルール、マナーをわからんカープファンを黙らしたれ!
    勝とうぜ!タイガース!

  3. yalkeys
    Posted 2018年6月23日 at 12:04 | Permalink

    カープの5点が1番から5番までの各1打点と言う辺りが、いかにもカープらしいと思います。大瀬良を引っ込めたことで、試合はもつれましたが、所詮勝ちゲームではありませんでした。今日は岩貞、最近安定していますので、大いに期待しています。打線がなあ、、、

  4. こうさん 
    Posted 2018年6月23日 at 12:26 | Permalink

    その首脳会議メチャクチャ見たいですわ。つうか録画して球団に送りつけてやってください。楽しい1日になりますよう願っております。

    もう実行されてるかもしれませんが「トラオ基金」みたいな物を作っていただけると嬉しいです。今回みたいな自然災害があったら、トラオさんが飲み会を通して寄付してくれれば自分も飲み会に参加した気持ちになれますので。

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年6月23日 at 12:29 | Permalink

    toraoさん、ようおこし(大阪の地下鉄のトイレではないですが)。
    ちょっと気温が低めですがお風邪などめしませぬように。
    まあ、今年は”雨”がタイガースの守り神とでも思って。

    私のベストゲームは「次の試合だ!」。
    いつもそう思ってタイガースを見守っています。
    ・・・
    (〃’∇’〃)ゝテヘッ なんちって。
    今晩お会いしましょう!

  6. 虎蜂
    Posted 2018年6月23日 at 12:33 | Permalink

    漠然とした物言いで申し訳ないですが、カープ打線は捉えた時は自分のポイントでしっかり飛ばせており、タイガースは詰まったようなグシャッとした当たりが多い印象です。一体何が違うのでしょう。

    そんな中で陽川が見応えのある打席を続けています。正直、去年までのいとも簡単に打ち取られていた彼からは想像もつかない姿です。

    陽川のことを考えると、みんな力はあるのにそれを出しきれていないように思えます。せっかくのトラックマンも活用できなければ宝の持ち腐れ。監督、コーチだけではなく球団をあげて対策をしていかないと、どんどん他のチームから置いてけぼりにされますよ。

    今夜参加される虎バカの皆様、是非是非楽しんで来てください。

  7. kazu3750
    Posted 2018年6月23日 at 15:59 | Permalink

    采配は迷走が続きますね。

    中谷は簡単に外されるべき選手ではありません。則本から同点打を放ったり、均衡を破る本塁打を打ったり、局面を変えられるバッターです。扱いが軽すぎますね。植田もチームで唯一脚を使える選手。打率が2割を切っても使うべき選手。彼が出て来た時のチームの勢いを、もう一度思い起こすべきです。辛抱して使って欲しいです。

    北條ですが、彼はバッティングスタイルを変えない限りはチームでの生き残りは厳しいと思います。守備で、脚での貢献が厳しい以上、攻撃面で食らいつくしかない。グリップエンドに指を掛ける握りは主軸を打っていた高校時代と同じ。三振を減らし、粘る打席を増やさない限りは厳しいと思います。

    投手の球を見極める力は持っているが、専門のバッター分野での取捨選択では首をかしげてしまいます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">