緊急登板才木 乱戦を断つ

マテオと聡文を登録し、秋山と岩崎を抹消。先と中、主戦の二人を放牧に出す判断はいいと思う。桑原も交代で休ませたらいいと思うし、藤川、能見についてはとにかく大事にすること。
上げた二人を大量リードの勝ち試合で試運転できたのはラッキーだった。

ずっと援護に恵まれず、勝ち投手になれない不運をかこっていた岩貞。1回表マウンドよりさきに打席に入る、打者9人攻撃、6点の援護という思ってもみなかった幸運に恵まれたはずが、二人目の打者青木に頭部死球を当ててしまいわずか7球で職場から引きずり降ろされた。なんたる皮肉。
ずっといい投球をしてきただけに、中3日くらいでリベンジ登板させてやりたい。
それより先に、青木の頭部、頚椎に異常がないことを願う。

試合は制球が定まらないハフの立ち上がりを攻めて、6点、3点。その後も5回4点、9回2点と効果的に加点して流れを渡さなかった。相手がまずい守備を頻発し、それをすべて得点につなげられたのも大きかった。
先発野手全員安打とまんべんなく打ったが、1番糸原が3安打3得点、2番熊谷が2安打2打点1盗塁3得点、3番福留が3安打4打点2得点と上位が機能するとグイグイと勢いが加速する。
とくにスタメン起用されて植田より先にプロ初打点(初タイムリーヒット)を記録した熊谷にとっては大きな試合。守りがいいはずのライバル植田が、意外な守備範囲の狭さ(一歩目の遅さ)、併殺機でのミス頻発と脆さが目立っていただけに、この日の「一発ツモ」でがぜん優位に立った。

さらに「もう一押し」という残ったチャンスをものにした7番北條のタイムリー2本(三塁打とシングル)4打点の活躍が試合展開を楽にした。前日はあらぬ疑いをかけられたモヤモヤをスッキリ吹き飛ばして、気が晴れたことだろう。梅野もいい感じの打席を繰り返し、2安打1打点2得点と上につないだのが大きかった。

相手投手、守備との兼ね合いもあるが、全員不調の時期を抜け、全員好調の様相を呈する。大活躍する選手が日替わりになるのもいいね。
その背景には二軍に控える選手を含めた出番争いの競争。つまらない働きをしていれば、容赦なく地位を落とされるのがわかっているだけにみんな必死。それが萎縮にならず、攻撃的な姿勢になっているところが結果につながっている。
その流れを生み出しているのが「鳴尾浜ーズ」たちだから、「下からの突き上げ」と表現してもいいだろう。

しかしこの試合のヒーロー、救世主は緊急登板ながら6回を3安打無失点で試合を作った才木で間違いない。
早い時期にスクランブル発進した投手が、まるで先発投手だったかのようにスイスイと好投するケースは往々にしてある。かえって重圧がかからず、適度な「無責任投法」が決まるのだろう。この日の才木も、気負わずに腕を振って、できることをやろうという心意気が伝わってきた。奇しくもそれは先日インタビューで能見が応えていた気持ち。ベテランの心境が若手にも影響を与えているのだと思う。
制球面では終始まとまりがなかったが、かえってそれがよかった部分もある。かなり振れているヤクルト打線を翻弄したのだから、次の先発登板でも大いに自信にしてほしい。

優勝争いでは広島に走られて、セのダンゴ5兄弟の一員に甘んじている。いつまでたってもレギュラーが決まらないカオスが続く。
ただ、ちょっと視点をずらせば、グツグツと沸き立つエネルギーでは他球団に負けていない。先が楽しみになってきた。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年7月1日 at 10:05 | Permalink

    2点打線のチームが4試合で43得点ですか。
    散々投手陣を泣かせてきたんだから恩返しを続けてほしい。
    とはいえ青木の頭部死球は心配だし申し訳ない。
    ヤクルトの頭部死球がこれで4人目とか。
    それくらい投手がシビアに攻めないと抑えられないってことか。
    はたまたヤクルト打者の向かっていくハートの表れなのか。
    あらためて凄い打線です。

  2. 虎轍
    Posted 2018年7月1日 at 10:17 | Permalink

    まずは青木選手すんません。
    岩貞も当てようとして、当てたんでは無いんで許してやってくださいね。
    ヤクルトのレフトが上手かったら、どうなってたかわからん試合でした。
    梅野の打球を前進してのスライディングキャッチだけは上手かったけど、北條の打球は…(笑)
    緊急登板の才木はよう投げましたね。準備不足ではあったやろうが、逆に気負わずに投げれたかな?梅野とのバッテリーが良かったのかな?ナイスピッチングやったよ!
    マテオと聡文の調整登板も出来て良かったですが、失点を少なく抑えられてたら、もっと良かったですね。
    今日の小野は気負わずに四球からの失点を防げば勝てるんやで!
    打線が好調になってきたんやから、気負わずに投げや!
    熊谷初打点おめでとう!左打席でも引っ張ってのライト前ヒットも良かったよ!
    今日も勝ちたいんや!

  3. サヨナラ3ラン
    Posted 2018年7月1日 at 10:35 | Permalink

    この首都圏シリーズは珍しくよく
    打ってるけど相手の投手にエース級が
    いないから まだまだマユツバ。
    いずれにしても投手がバテる時期だし投手を
    上手く使うことは当然として打線が
    どれだけ援護できるかによってチームの
    浮沈が決まることは間違いない。
    陽川は粗さもあるけど それが特長と言うか
    魅力。とにかく自分のフォームで強い
    スイングだけ意識してくれてたら良い。
    ようやく出てきてくれたって思い。
    才木のスクランブル登板、よく投げたけど
    カーブを有効に使う梅野の配球も良かった。

  4. 西田辺
    Posted 2018年7月1日 at 10:53 | Permalink

    5時スタートと言う、ちょっと慣れない試合開始時間。
    ちょこまかと家の用事をしている間に6得点。
    前日の事があるにせよ、これは岩貞勝ち星のチャンスやで、と
    思ってたんですが直後に青木へ頭部死球。
    今シーズン、青木の死球はリーグでダントツの13。
    ウチの上本もそうだけど、インコースに被ってるような
    フォームの選手は自然と死球が増える。
    とは言っても、頭部への死球は擁護出来ません。
    大事ないことを祈るだけです。
    後を継いだ才木は孝行息子。
    中継ぎ待機からチャンスを掴んだかな。
    岩貞のランナーが残った状態からの登板だったし、6点の
    リードもあったし、色々と腹を括れる状況だったのでしょう。
    また2回の追加点も、才木の投球を楽にしてくれた。
    監督も次は先発での起用を明言してるし、更なるチャンスが
    広がるかも。
    疲労が心配だった秋山と岩崎を抹消。
    ローテーション投手は休みなく投げてくれるのはありがたいけど
    不調や極度の疲労が見えた時はやっぱり小休止を与えた方が
    長い目で見ると、良い結果が出ると思います。
    現代野球に於いて皆勤は、必ずしもチームに良い影響を
    与えるとは限らない。
    幸いにして、タイガースには力のある投手が多数いるので
    他チームより入れ替えや配置替えはスムーズに出来るはず。
    1つのゲームだけじゃなく、シーズン通しての強みとして
    投手陣を運営しないと損ですよ。
    不調や疲労が見える投手を、無理して使って得な面は余りないはず。
    故障したら、元も子もないですからね。
    今日の先発は、小野。
    前回の広島戦は悪くなかったけど、今一信頼がないのも事実。
    今日はシッカリ投げて、信頼を取り戻して欲しい。
    相手先発は、履正社出身の寺島。
    プロの厳しさを教えるか、はたまた教わるか(笑)
    出来れば、教える側になって欲しい。
    今日も打線の援護頼んまっせ!

  5. 虎ジジィ
    Posted 2018年7月1日 at 11:02 | Permalink

    HR無しの15安打15得点は素晴らしい。

    打撃は水物なので、まだ信用は出来ませんが、陽川の活躍に刺激を受けた北條!

    そして、植田vs熊谷のスピードスター同士での活性化と、先日まで「光」が見えなかった打線がトンネルから抜けつつありますね。
    ホント 先が楽しみになってきた!

    ただ、昨日に関しては とにかく才木!
    このところ安定していた岩貞が7球で危険球退場になる事など、誰も予測しておらず、準備などしている訳もなく、いきなり無死1、2塁でのスクランブル登板は、相当 過酷なマウンドだったと思います。
    しかし、十代の若者らしく多少荒れながらも勢いのあるストレートを軸に、よくゲームを落ち着かせてくれました。
    おかげで、楽な場面でマテオや高橋の慣らし運転まで出来ました。

    岩貞は好投しても無援護が続いていたので、初回に6点も貰い調子が狂ったのか?!
    ストレートを頭部に当ててしまったので退場はやむ無し。
    青木が軽傷である事を祈るばかりです。

    さて、今日は小野ですが何気に現状で信用できる先発投手がメッセンジャーだけという緊急事態になっているので、好調ヤクルト打線を抑えて信用できる先発の仲間入りをして欲しいものです。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2018年7月1日 at 13:31 | Permalink

    初回から時間をかけすぎたのでしょうか。岩貞は残念でした。青木の無事を祈ります。
    才木が締めてくれたお陰で、前日のような展開にならずに済みました。
    熊谷の信頼が上がりつつありますね。

  7. なかっち
    Posted 2018年7月1日 at 15:16 | Permalink

    いきなり6点先制後のまさかの岩貞頭部死球による退場。青木がかなり心配ですが、無事を祈るばかりです。

    岩貞は相当ショックやったでしょうが、こういうのは早めに払拭させてあげるべき。4日のドラゴンズ戦にでもリベンジする機会を与えてあげてほしいです。


    試合は鳴尾浜で頑張っていた北條、熊谷等若手の活躍もあり、打線が爆発。ここ数試合打線が活発になってきました。相手投手との兼ね合いもありますが、これから約2ヵ月は打線が頑張らないといけない季節です。

    福留や糸井や鳥谷等ベテランを休ませつつ打線が機能する打順を組んでほしいです。

    ナバーロがどこまで打てるのかわかりませんが、外野も守れるようなので、うまく使ってほしい。福留週休3日制、糸井週休2日制。2人が同時に休める日があれば良いですね。あくまでも理想ですが。

  8. yalkeys
    Posted 2018年7月1日 at 16:32 | Permalink

    8人で3塁側で応援。青木へのデッドボールには驚きましたが、青木も元気そうで何よりです。想定外のアクシデントでしたが、才木の好投に救われました。ナバーロも現時点ではまずまずで安堵しております。今夜の小野にも期待しています。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">