爆発!猛虎打線が才木を援護

復旧作業にあたっている方々、それを待って耐え忍んでいる方々、どうぞ身の安全第一で。

広島の2点は丸のソロが2本。1本目は才木の外角低めカーブ、2球続けたとはいえコーナーいっぱいのめっちゃ素晴らしい球。2本めは望月の外角低め直球、これもそこしか投げるところがなかったようには見えたが、原点コーナーギリギリの素晴らしい球。あんなんができたら、そら30本なんて楽勝よね。敵ながら「○△」。

しかしそんな丸に2本打たれてもノルマである3点に抑えた投手陣ようやった。
なんといっても先発才木。自慢の速球は低めでも高めでも決め球になり、少しだけ曲がるカットや大きなカーブ、逃げ落ちるフォークも有効だった。
球数かさんで6回までしか投げられなかった。ただ簡単にアウトにならない広島の各打者を球数を要しても根負けせずに、しっかりねじ伏せた結果であり、決して無駄な球が多すぎるという内容ではなかった。むしろ、よく6回まで好内容を続けた。
打者にとって怖い球をもっと使っていけば、相手も勝負を早くせざるを得ず球数は減っていく。
たくさん四球も出して、たくさん打たれたけれど、しっかり血肉にしてきた。インタビューの受け答えを聞いていても、場数を踏んで度胸がついて、しっかり考えて成長してきたのがうかがえる。あと全部勝って、個人借金完済、貯金まで目指してほしい。

投手も頑張り、猛打爆発もあったけど、北條と大山の堅い守備も目立った。俊介のセンター固定も効いてるし、梅野のディフェンス力も相手を封じる要素になった。振り返ってみればスイープはしそこねたが、十分「阪神強いな。出てきたらイヤだし、たぶん出てくるぞ」と思わせる3試合はできた。

広島の投手をたくさんボコボコにしたのは大きいね。そのピッチャーは自信を失い、こっちのバッターは自信をつける。そのプラスとマイナスの差はめちゃくちゃ大きい。これからの戦い方に影響していくのだから。

1番糸原が3安打2二塁打2得点。2番北條が3安打で先制タイムリーの1打点1得点、3番福留がダメ押し2ラン含む4安打3打点2得点。4番糸井(足つり心配)は貴重な追加点となるタイムリー、5番陽川がタイムリーとソロ本塁打含む4安打2打点2得点。6番大山がフェンス直撃の二塁打2本で1打点2得点。7番俊介が5回をビッグイニングにする2点タイムリー、8番梅野も1安打で先発野手全員安打。途中代打の原口は外角の難しそうな球を簡単そうにレフトに放り込む代打3ランホームラン。
まあ打ちも打ったり20安打13得点。
若い選手たちがお互いを刺激しあっている感じがいいね。
こんな試合をどんどん続けてくれたりすると楽しい。実りの秋を楽しみにしたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. 西宮トラキ
    Posted 2018年9月7日 at 09:57 | Permalink

    昨日のスタメン見たとき、陽川→ナバーロ、俊介→江越ではと思ったけどよくやってくれました。しかし、原口なに?あんなに打てるもんか?まさしく神ってる 笑
    ○△→丸さん、かっけーですね。
    トラオ△!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2018年9月7日 at 10:00 | Permalink

    前日に続き、カープのお株を奪うような先制→中押し→ダメ押し(→原口のダメダメ押し)の素晴らしい攻撃でした。

    特にカープファンのオッチャンが乱入したくなるような5回の6連打、タイムリーだけでの5得点は素晴らしいの一言!
    昭和的カープオッチャンも乱入はアカンでしょ!
    そしたら(いつも散々ヤラれてる)我々阪神ファンはどうなるん?
    どうせ優勝するんだから、ちょっとぐらいエエやん!
    近代野球で乱入など もってのほか「はい出禁」、少しは忍耐強い阪神ファンを見習いなさいww!

    才木は投げるごとに安定して来ていますねぇ!
    toraoさんもご指摘通り、丸に打たれたボールも失投ではなく低めいっぱい、あれは(バットが欠けながらも)打った丸が凄い!
    才木まだ19歳、向こう10年ぐらいは「タイガース右の日本人エース」としてやってくれそうな希望を感じます。

    それと、勝負が決した後とはいえ、代打でスリーランをかっ飛ばした原口が凄い!
    今の彼なら4番を打たせても十分役割を果たせそう。
    糸井、福留を休ませながら使いたい今、時には原口をクリーンアップで使いたいところですが、いかんせんポジションがネック!
    終盤、ご褒美で楽しそうに捕手をやっていましたが、正捕手梅野も最近は肩だけじゃなく打撃も好調で外せないし、昔の関川や矢野のように原口は「捕手+外野手タイプ」でも無いので難しいトコロです。
    ただ一つ言える事は、彼をこのまま「代打専」で腐らせてはいけない!!
    監督の腕の見せ処でしょう。

    • hi64
      Posted 2018年9月7日 at 14:49 | Permalink

      原口の件で言えば,福留の休養日には原口にファーストを守らせて,大山か陽川をレフトに入れてみるのもいいだろうと思います。
      個人的には,陽川はレフトは下手ではないので,サード大山,レフト陽川を推したいところです。
      福留の休養日は左腕投手の日が多いので,右の強打者を並べられる一石二鳥の作戦だと思います。

      • 虎ジジィ
        Posted 2018年9月7日 at 17:01 | Permalink

        返信ありがとうございます。
        大山の守備には華があり、飛びついてからの素早いスローイング、そしてそのスローが糸を引くように正確無比で守備力だけならトップクラスのサードであり外せない!
        よって陽川レフトで原口ファーストが一番しっくり行くとは思うのですが、昨夜あんなに楽しそうに捕手をやっていた原口を観る限りではファースト原口で本人のモチベーションが保てるのか心配です。
        まあプロである以上、それでモチベーションが落ちるようではダメですけどね。
        心情的には週イチぐらいは捕手でスタメンもさせてあげたいですが…

  3. 熊虎
    Posted 2018年9月7日 at 10:38 | Permalink

    才木は前回登板からボールの質がいきなり2段階ぐらいアップしたように見えます。

    具体的には体格に見合うスピードと伸びのあるストレート、ちょっとお目にかかれないレベルにトップスピンをかけたカーブ、安定してボール3個分ほどスライドしてストライク・ボール&打者のスイングを自在に操るスライダー。昨日はフォークだけがダメでしたが。

    これはもうエースの投球だと思いました。今年の先発で昨日の才木以上のクオリティ(結果はともかくあくまで質で)の投球内容を見せた投手はいないと思います。

  4. 虎轍
    Posted 2018年9月7日 at 11:48 | Permalink

    才木はええピッチングをしとったね。
    四球から崩れる事もなく、腕が振れてましたね。もしかしてズムスタのマウンドと合うんか?
    そうなるとズムスタ専用で投げて貰わんとね(笑)
    ルールもマナーも無いのが赤組さんから出てきて試合を止めてましたね。
    見たく無いなら帰れ!文句を言いたいのを堪えてるタイガースファンに喧嘩を売っとるんか?もうモラルに欠けるから二度と野球観戦に来るな!恥を知れ!晒し者!
    タイガースファンをトラバカを舐めんな!
    タイガース万歳!
    10安打6得点をなんとかサヨナラ負けした初戦にまわして貰って3タテって事に出来ひんかなぁ…
    明日からの甲子園に持って帰れへんかなぁ…
    そんな思いも打ち消して、これからも打線爆発してや!

  5. 西田辺
    Posted 2018年9月7日 at 11:55 | Permalink

    昨日もいっぱい打ちました、点も取れました。
    ズムスタでの勝ち越しって2年ぶりだとか。
    乱入のおっちゃん、「阪神ごときに」とお怒りでしょうが、そういうのは是非
    お家でどうぞ(笑)
    虎ジジィさんも仰ってますが、原口のバッティングとポジションの兼ね合いが
    何とももどかしい。
    でも彼にすれば、大好きなキャッチャーが出来ると言うのが物凄いモティベーション
    になっているのも確か。
    セリーグもDH制採用しませんか?
    才木は5回、足がつったそうですがベンチに帰ってすぐ戻ってきて三者三振。
    一体ベンチ裏で何をしたんだ!?
    本当にタイガースのトレーナーさんは優秀です。
    途中交代の糸井は大丈夫ですかね?
    監督は、試合後の談話で大事無いと言ってましたが、出たがりの糸井にはシッカリ
    とブレーキを掛けてあげないと。
    今日は移動日で、明日から甲子園ですぐ上の3位読売との2連戦。
    空模様がかなり怪しいですが、今のチーム状態のまま挑みたいですね。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2018年9月7日 at 12:39 | Permalink

    才木いいね。このまま来年も成長してくれれば良いが。
    糸原北條福留だけで10安打、笑っちゃいますね。原口も凄すぎ。
    江越がもっと打てるようになれば、俊介と競争になるんだけど。
    あとは、大瀬良やジョンソンから勝てるようになると、広島と対等に戦えるようになるでしよう。
    明日からの甲子園もこの勢いを期待。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2018年9月7日 at 12:44 | Permalink

    爽快爽快あっ爽快。
    こんな試合を甲子園でも見せてくれ。
    それにしても感服したのが丸選手のレフトへの2発。
    あのコースをあんなに力感なく振って放り込むんだから素晴らしいとしか言いようがない。
    ○に□なし!

  8. なかっち
    Posted 2018年9月7日 at 12:48 | Permalink

    先日のヤクルト戦といい、今回のカープ戦といい、才木はよう投げてますね。後は左打者の胸元にまっすぐを投げれるようになれば、丸のホームランも防げるようになるかも。

    来季が楽しみであります。

    打線は2戦連続で爆発しましたが、まだまだ相手が嫌がるまでは行ってないと思います。マツダで残り5試合。その内1試合は新井さんの引退試合が予想されるので、実質4試合全てで本気のカープを圧倒出来れば嫌がる存在になれるかも知れませんね。

  9. Akira28
    Posted 2018年9月7日 at 14:13 | Permalink

    いゃ〜、2日連続でナイスゲーム。
    初戦だって、良い試合でした。
    toraoさんも触れておられますが、やっぱり、投手を中心にして、センターラインを重視すると試合が締まります。
    梅野、糸原、北條、俊介のセンターライン固定化、とくにセンター俊介に固定してからはピッチャーが安心して攻めの投球が出来て来ていますよね!
    そこに、鳥谷と大山のサード。どちらの守備も鉄壁。そこに来て、打撃フォーム改造の大山のバットが好調。
    ファースト陽川は、私の一押し。濱中譲りの肘に負担のかかるスイングで、軽い故障があったものの、最近は上手く肘も抜けて来てのホームランはお見事でした。守備も安心です。
    脚に不安を抱えながらの糸井のライトポジションに、若干守備の不安があるとはいうものの、最近のスタメンなら、ピッチャーが感じる安心感はかなり大きいでしょう。
    後は、勝負ところでの原口の代打のタイミング。このところ原口は、内野を越えるのが精一杯の当たりが多く、前進守備の相手外野陣に阻まれて、原口の一打でセカンドランナーが帰れないケースが多い点は、首脳陣がよく考えなければなりません。
    そういった意味では、昨日の原口のスリーランは今後の相手チームのディフェンスに与える印象が変わってくるので、影響が大きいでしょう。
    いずれにしても、原口の代打のタイミングが非効率な場面が多く、これは首脳陣によく考えてもらいたいと思います。合わせて、岡本と望月の登板過多も心配です。
    首脳陣がマネジメントをしっかりすれば、最高の9月になると思っております。

  10. hi64
    Posted 2018年9月7日 at 14:40 | Permalink

    才木はナイスピッチングでした。
    岩貞,才木と,2日続けて先発陣が好投しましたので,この流れで小野,青柳にも頑張って欲しいですね。

    話は全然変わりますが,最近,走る作戦が多くなっているような気がしてます。
    陽川は昨日も走りましたが,4盗塁になりチーム内3位(上本,糸原と同数)になりました。
    北條にも,ムダな送りバントの作戦はなくなったように思います。
    要因は分からないのですが,最近,攻撃時に金本監督と中村コーチが話しをしている場面を多くみます。
    少し前まで,片岡コーチのいたところに中村コーチが入っている感じです。
    ちょっと前に,一塁コーチを,中村コーチから久慈コーチに代えました。どういう理由があるのか分からなかったのですが,もしかすると,中村コーチを攻撃時の作戦立案に関与させようとしている(もうすでにしている)のかもしれません。
    片岡コーチの力量についてあれこれ言うほどの情報を持っていないので何とも言えないのですが,ヘッドコーチとして作戦立案,相手の分析をしながら,打撃コーチとして指導し,試合中は打者に指示を出すというのは,仕事が偏りすぎですし,現に,結果も出ていなかったので,こういう配置転換であればどんどんしてもいいと思います。
    コーチについてもう一つ言えば,タイガースには,打者の特徴に合わせて指導できるコーチがいないのかなと思っています。
    監督の方針のもと,これはという打者に全て3割30本を求めますが,北條なんかがいい例で,今は長打を狙わなくなり打撃がコンパクトで粘り強いいい打者になりました。
    打者の特徴に合わせた指導といってもなかなか難しいと思います。やはりどのような指導をすれば伸びるかという眼を養うにはそれなりの経験がいるのだろうと思います。
    来期はぜひ,一軍,二軍問わず,そういう経験を持った打撃コーチを迎え入れた方がいいと思います。

  11. こうさん 
    Posted 2018年9月7日 at 16:24 | Permalink

    小野、才木の堂々とした姿。藤浪は、どんな風に感じているのだろう。本気で追い込まれて変わることを願う。

    たった数試合で暴れられたんじゃカメラ席の上に登る人、タイガースは何人必要なんだっつうの。

    知り合いの読売ファンから「得点が倍になる魔法を手に入れたんだね。」と嫌味メール。それさえも善きかな。ケツに火を着けたぜ読売。

    タイガースの追い風、北海道のタイガースファンに届け❗

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">