菅野を打てず

という試合だったようですが、写真の台運寺(二本松市)にて仏事のあと、親戚一同どんちゃん騒ぎだったためわかりません。

あとお願いできますと幸いです。

45B78C67-C4A9-4C09-9F13-A44A1F0438C9


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

5 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2018年9月9日 at 09:03 | Permalink

    まぁ、打てませんでしたけどね。
    正確に言うと、7安打を打ったもののホームラン
    での1点しか菅野から奪えませんでした。
    それより、5回に喰らった1イニング2ラン3発でしょう。
    昨日の甲子園は、いつもの浜風とは違い、三塁から
    ライトに抜ける風。
    右打者3人に全て右方向に打ち込まれた。
    普段なら三本とも入ってない打球でしょうが、上手く
    風に乗せられた。
    小野が打たれたのは、全て外角のストレート。
    相手チームに本拠地の風を利用されてちゃ世話ないですわな。
    この3つのホームランは、バッテリーの凡ミス。
    坂本のホームランの時に、何かを感じ取らなければ
    小野の球がシュート回転し始めたことも含めて。
    昨日も言いましたが、このカードは2連敗しなければOK。
    かなり空模様は怪しいですが、今日勝てば良いこと。
    まだCSに行きたいって気持ちがあるなら、その気持ちは
    見せて欲しいですね。

  2. 尼崎のひでさん
    Posted 2018年9月9日 at 10:15 | Permalink

    トラオ様 おはようございます
    昨日の巨人戦、結果的には大敗でしたが、今後に向けてすごく意味のある試合でしたよ。

    小野の談話で、菅野との前回対戦時の負けた分析の中で初回、立ち上がりの違いをあげていましたが、本当の違いはギアの入れ処だということを、まざまざと見せつけられました。

    特に陽川にホームランを打たれた後の打席
    では、日本のエースピッチャの本当の投球を見せつけられました。

    追い込んでからの、外にボール1個分外す唸りをあげるストレート。
    それを見送ることができた陽川(多分見切ったと思う)。
    続けざまに投げ込む剛球は久しぶりにドキドキするものでした。
    最後はカットかスライダーをヒットにしましたが、それを確認した菅野の笑った顔が、今後の対戦で陽川には本気度をました投球になるな という感覚と本気にさせた陽川の成長が嬉しく感じた。

    小野の方は立ち上がり、いつもに比べ相当慎重に投げていたので、色々なシチュエーションを想定してのマウンドだったと思うが 、またまた追い込んでからの、くそボール外しでギアダウンしてから、あげることができず、四球続きで球数が増え5回で球速も落ち、高めの球を持っていかれましたね。

    この打者を打ち取るぞと決めたら、あんな球は必要ないでしょうに。

    菅野のも、入ったときは、もっと細く頼りなかったが、今では下半身の大きさがとんでもない。
    小野は投げ方といい、ボールのスピン量といい大器の素質大有りなので、菅野のような下半身になって、タイガースを背負って立ってほしいです。

  3. こうさん 
    Posted 2018年9月9日 at 10:30 | Permalink

    昨日のハイライトは陽川の2打席目。陽川ではなく菅野の気迫。「糸井さんや福留さんなら分かるが…おもしれぇじゃん❗」とギアを上げた。センター前に落ちたが2打席目の陽川には、あれが精一杯。やはりエースと呼ばれる投手。

    確かヤクルトと6試合、読売と3試合を残す(間違ってるかも)。上手くいけば2位になれるが相手は全力で来る。ベイ、中日には負けられない。このプレッシャーの中で勝てるチームにならないと。

    岡本が30本かぁ。松井以来の生え抜き大砲が育ったな。あぁ中谷。

  4. なかっち
    Posted 2018年9月9日 at 11:52 | Permalink

    1イニング3被打。それも全て2ランで全て右方向。

    甲子園は秋になるといつもの浜風から逆の風が吹く日が多くなるんですよね。
    (天気が下り坂というのもあったかも)
    バッテリーはその風を読み違えたような投球で、打たれたのは全て外角でした。
    打者が一番打ちにくい球はアウトローの真っ直ぐやと言われてます。しかしそれはインコースを見せての話。あれだけ踏み込まれていたら打たれます。しかもインコースはこないだろうと予測された完全な狙い打ちのようにも見えました。それまでのピッチングが良かったので、小野の調子自体は悪くはなかったと思います。昨日は梅野の配球ミス。

    とはいえ、小野はコントロールが悪い投手です。なかなかインコースには要求出来なかったかも知れませんね。(それではダメなんでしょうけど)

  5. 虎轍
    Posted 2018年9月9日 at 12:49 | Permalink

    陽川のホームランはまたもフェンス最上段に当たってましたが、昨日は前回よりもちょっと上でスタンドインとなりました。
    ゴリラポーズも様になってきました。
    1イニング3被本塁打は恥ずべき事で、バッテリーともども反省して、これからに活かしてもらいたい。
    もう負けるなタイガース!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">