粘って逆転も逃げ切れず

まあこういう日もあるのが野球だけど、クロージング失敗の逆転負けは一番きついね。いろいろ合った試合だけに。
大山素晴らしかったね。難しい球だけど2本、4番の打撃だった。
ホントごめんなさい。あとよろしくお願いいたします。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2018年9月12日 at 09:06 | Permalink

    アルモンテに始まりアルモンテで終わった試合でした。
    初回の3ランと9回の2点タイムリー。
    一人で5打点も上げられては、どうしようもないですね。
    メッセは、立ち上がりから苦しいピッチング。
    年齢的なものか、蓄積された疲労から来るものなのか、とにかく真っ直ぐが
    走らない。
    どうしても「誤魔化しのピッチング」になってしまい、初回から球数が嵩む。
    各選手のルーティン的なものは分からないんですが、先発マスクの梅野は試合前
    のブルペンで先発投手の球をどう見てるのでしょう。
    見ていると、その日の先発投手の調子を掴むのが遅い気がします。
    ブルペンの感じがそのままマウンドに反映されるとは限らないんですが、どの投手
    も立ち上がりが不安定に見えます。
    まさか、ブルペンで全く受けてないという事はないと思うんですが、立ち上がりと
    球数に関しては、各投手もう少し改善の余地があると思います。
    危険球の松井は、顎部打撲の診察結果との事。
    大事に至らなかったのが救いか。
    福留は、全力疾走で一塁ベースを駆け抜けた後、伊藤隼と交代。
    詳細な情報は入ってませんが、大事無いことを祈りたいですね。
    ドリスは、入団時から広島と中日を苦手にしてますね。
    平田を四球で歩かせた所から、目が泳ぎ始める(笑)
    まぁ、何処の抑え投手だって年に1度や2度のセーブ機会での失敗はあるもの。
    気持ちを切り替えてもらうしかないでしょ。
    そんな試合の中でも大山の2本塁打は光りましたね。
    シーズン当初から、必要以上の右方向への意識がバッティングをおかしくさせて
    いたんですが、昨日の当たり等は本来の大山の打球。
    あれが年間通じて出来たのなら、20本なんて軽く達成できるんですけどねぇ。
    聞く所によると、梅野と大山が中村紀洋の動画サイトを参考にして打撃の調子を
    上げたとか何とか。
    打撃コーチの面目丸つぶれ(笑)
    そのサイトを教えたのが平野Cらしいですけど。
    選手が伸びるきっかけなんて、何処にヒントが転がっているか分かりません。
    野球以外のスポーツを見て、ヒントを掴んだ選手も居るくらいですから。
    選手も色んな方面にアンテナを張って、良いきっかけを掴んで欲しいですね。

  2. 虎轍
    Posted 2018年9月12日 at 10:19 | Permalink

    秋口になると大山はよく打ちますね。
    右打ちもええけど、昨日みたいな引っ張って、打った瞬間にソレとわかるホームランは期待せずにはいられなくなるホームランでしたね。
    打撃好調なドラゴンズ打線を初戦で抑えて、そのままカード勝ち越しを目論んでましたが、広島を3タテした勢いのまま、さらに調子を上げさしてしもたかな?
    ドリスはボール球が多く、疲れが出てるのか?
    気分転換として球児と配置転換するか?
    せっかく逆転したのに悔しい負けですね。
    今日は天気が心配ですが、聖地甲子園まで応援に行きたいと思います。
    甲子園で勝てよ!タイガース!

    • 虎轍
      Posted 2018年9月12日 at 15:23 | Permalink

      そういえば、昨日のバックネット最前列に山瀬まみが居ませんでしたか?
      本人では無いなら、かなり似てると思いました。
      タイガースに関係の無い話ですいませんm(__)m
      ふと思い出しまして。

      • 西田辺
        Posted 2018年9月13日 at 08:59 | Permalink

        虎轍さん、横から失礼します。
        山瀬まみさん、いました。
        あの席は、朝日放送の年間席で「新婚さんいらっしゃい」に出演している
        縁でチケットが回ってきたものと推測します。
        (朝日放送の放送日には、あそこに専用のカメラが据えられます)
        噂によると、山瀬さんの旦那さんがガチの虎ファンだとか。
        年に1・2回ご夫婦で観戦されてますよ。

        • 虎轍
          Posted 2018年9月13日 at 12:57 | Permalink

          西田辺様コメントありがとうございます。
          やっぱり山瀬まみでしたか?(笑)
          旦那さんは昔、いいとも青年隊でしたっけ?
          確かにあの席は朝日放送の席やったような…
          あんな席で見てみたいです。
          羨ましい。

  3. なかっち
    Posted 2018年9月12日 at 11:04 | Permalink

    ドリスを責めるつもりはありませんが、抑えとしてそろそろ限界かなと個人的には思います。

    今季すでに5敗目。勝ち負けの数字に反映されてない救援失敗を含めると10試合は超えてるかも。
    (データを見てないからわかりませんが)


    相手もドリス対策は講じてるはず。ボール球は振らない。ランナーが出れば足で揺さぶる。この2点を徹底させればある程度攻略は出来そうですから。(30近いセーブをあげてるのも事実ではありますが)

    ここ5年タイガースは抑えを外国人に頼ってきました。そろそろ日本人のクローザーを作らないとダメですね。

    今シーズンの残り試合は球児を配置転換しても良いと思います。

  4. 虎蜂
    Posted 2018年9月12日 at 12:51 | Permalink

    メッセの危険球により捕手が替わったことが図らずも相手先発ガルシアのリズムを狂わせる結果となりました。
    危険球の場面は相手がバントでなければ避けられたようにも思いますが、昨日のメッセは終始自分のボールに納得がいかない様子。真面目な男だけに記録を前に足踏みしていることを気兼ねしているのかもしれません。早く達成させてあげたいですが、まずは本人がいい投球をすることが一番ですね。

    大山はどちらの当たりも素晴らしかったですね。今の状態なら陽川と打順を入れ替えるのもありかと思います。長打はなくても勝てますが、やはり迫力を出す為にも引き続き長距離打者の育成に取り組んで欲しいですね。

    ドリスは5敗目ですか。苦しいところですが、他球団の救援投手も軒並み苦しんでいます。ここはグッとこらえて彼を信じましょう。

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2018年9月12日 at 13:51 | Permalink

    よく追い付いて逆転したけど、ドリスがさらに逆転されるとは。二死になったところで、逃げ切れるかも、最悪同点までと願いましたが叶わず。
    その場面、バックホームしなかったことに批判のコメントを見ましたが、ニュースを見ると、無理なように感じましたけどね。
    来年の抑えは誰が良いかなあ。

  6. こうさん
    Posted 2018年9月12日 at 15:25 | Permalink

    あぁドリス…

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">