脚力ある野手にレギュラーになってほしいが

落合とか門田とか、昔のホームランバッターがよく「ヒットでいいならいつでも打てる」なんて豪語していた。確かに大は小を兼ねるという部分はあり、逆に「打率が下がっていいならホームラン20本なんて簡単に打てる」みたいなことが言える打者はあまりいない。
何が言いたいかというと、プロでレギュラーとるなら、ホームランも多少は出て当たり前ということ。
ロッテの岡田が2501打席ホームランなしで引退というのが話題になっていたが、これは珍しいからニュースになったということ。
阪神にはスピードスター候補が何人かいるが、レギュラーを捕ろうというのなら、パンチ力のある打撃も必要だ。必ずしもホームランを数本打てというのではなく、二塁打、三塁打が多いとか、アベレージが高いとか、とにかく攻撃力ゼロで守備走塁だけなら、それはスペシャリスト狙いにしかならない。
とはいえ、脚力+守備力があるのは一軍にとってありがたいことで、チャンスがめぐってきやすい。絶対にそこで満足せず、攻撃力を急伸させてレギュラーを狙ってほしい。海、熊谷はまだ遠そうだが、島田は近いところにいる気配がある。江越なあ、なんとかならんかなあ……。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎蜂
    Posted 2018年10月21日 at 08:29 | Permalink

    非力な打者は相手バッテリーからしても怖くないですし、野手は前に出て守れるのでヒットゾーンも狭くなってしまいます。赤星も最初は当て逃げのようなバッティングでしたが、途中からは強い当たりを打つことを意識したようですし。島田のしっかり振りきるスタイルには好感が持てます。

    江越は何かきっかけがあれば⋯3割打てなくてもあの足があれば十分レギュラーとして価値があるんですけどね。彼が今季の陽川のように目覚めてくれることを祈ります。

  2. アルスタ
    Posted 2018年10月21日 at 09:30 | Permalink

    個人的には今ドラフトでは桐蔭の藤原1位と思っているが、今日のデイリーに立命の辰巳の記事。映像観たら肩も強い。(1位候補ではないと思うけれど)
    スピードあるセンターがほしい。

  3. 虎轍
    Posted 2018年10月21日 at 10:26 | Permalink

    今日のtorao様のブログを江越に是非とも読んで貰いたい。
    私は江越は好きな選手なんです。
    ヒッティングマーチもかっこええのを作って貰ってて、守備力もあり、脚力もあり、自分のポイントにくれば、それこそ柵越え出来るええ選手なんですが、ポイントに来なければ、ディアーを彷彿させる大型扇風機ですからねぇ…
    バットに当てて転がせば内野安打、外野の間を抜ければ二塁打、三塁打、ポイントに来て柵越え、そんな選手になれる選手やと思ってるんですがね。
    いかんせん当たらんからね。
    江越がボール球を振らずにいて、打率は.260~.280打って四球を選べて出塁率.350くらいやったら盗塁も30~40はいけると思うんですよね。
    ボールがバットに当たるコツを掴めば出来る!頑張って練習して、レギュラーを掴んで、かっこええヒッティングマーチをいっぱい歌わせて欲しいです。

  4. 西田辺
    Posted 2018年10月21日 at 10:39 | Permalink

    脚力を考えない打者は、3割5分の40本くらい打てる選手くらいか。
    脚力と一言で言っても、単純に盗塁だけでなく積極的な前の塁を獲る走塁も
    加えたい。
    脚力のある選手はいるけど、首脳陣やチーム全体に消極的な空気や思想があると
    全くその能力も活かされないし、活かされる場面も生まれない。
    選手の能力も、ベンチの能力を活かす思想もどっちも大事。
    選手もベンチが背中を押してくれないと、自分勝手に走りづらい。
    脚力に対する積極性次第で、選手の能力が生かされも殺されもする。
    この辺り、新政権はどう対処するのかは楽しみです。
    江越ねぇ。
    いや、彼にはメチャメチャ期待してるんですよ、江越ユニ持ってるくらいには(笑)
    それこそ脚力もあるし、守備力はチーム屈指だし、長打力もあるし、今年はファーム
    でも出塁率も高かったらしい。
    後はねぇ・・・ホントにバッタにボールが当たるだけなんですよ。
    2割5~7分打てれば、何の文句も無く空席のセンターがガッチリ埋まるんですよ。
    出塁率が上がれば、それこそ不動の1番打者も任せられる。
    そう言えば、金本政権の初期には3番とか打たされてましたね。
    ポテンシャルとしては、非常に高い選手であることは間違いないんです。
    ホント何とかならんかね。

    CSパも大詰めだし、メジャーも今日でナリーグが決着しそう。
    見る野球もぼちぼち終わりに近づいてますね。
    早く秋季キャンプ始まって欲しいですね。

  5. なかっち
    Posted 2018年10月21日 at 10:53 | Permalink

    ドラフト1位候補の1人として立命大辰己君の名前が挙がってますね。個人的には素晴らしい選手やとは思いますが、1位候補ではないような・・・。

    というか、タイガースには大型外野手候補って結構いると思います(江越、中谷、高山、板山、島田等)が、内野手となると小粒な選手が多い印象を受けてます。ドラフト1位は恐らく根尾君指名でいくとは思いますが、もし外れても二遊間を守れる大型内野手を獲得してほしいです。
    2位以下で辰己君とか残っていれば欲しい所やと思います。


    私もデイリーを読みましたが、矢野監督が鳥谷がどこをやりたいのか聞くそうですね。非常に良いことやと思います。今年の原口もキャッチャーで勝負したいとの事で1年勝負しました。
    鳥谷にはショートとして北條と再度勝負してほしい気持ちと、サードも含め臨機応変に対応してほしい気持ちと両方あります。来季38歳になりますが、まだまだ元気やと思いますし、北條や大山を成長させるためにも鳥谷には大きな壁になってもらいたいです。

    • なかっち
      Posted 2018年10月21日 at 12:30 | Permalink

      江越再生案

      関本化計画

      関本も入団当初は大きいのを期待されて入団しました。しかし、なかなか打てず、結果が出なかったのでstyleを変えました。バットを短く持つようになり、コンパクトなスイングが出来てレギュラーまで上りつめました。
      江越もバットを短く持つように変えたら打率が上がってくるかもしれません。
      守備と足は超1級品なのでレギュラーも近くなるかも。
      ホームランはなくなるかもしれませんが、現状だとそのまま消えてしまいかねないので、やってみる価値はあると思います。
      ただ江越の魅力は激減しますが。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2018年10月21日 at 12:55 | Permalink

    自分も江越に1番期待しております。スライディングも上手い。打率は期待しないから、30発は軽く超えて欲しい。
    卵は多くありますが、根尾くんより藤原くんに行って欲しい、競合が少なそうだし、甲子園の外野は広いし、左投げ左打ちがいないし。
    矢野監督が、鳥谷や能見岩崎にも、やりたいところを聞いてみると。いいですね。
    モチベーションも違うでしょうし。
    原口の成績も、捕手がいいけど、出場出来ない。1軍にいるためには代打で結果を出すしかないという事が、どこかで働いていたと思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">