引っ張れ、1991年生まれ世代

台湾に行っている濱地、顔面に打球が直撃という心配なニュースが入ってきた。幸い打撲のみという診断のようなので一安心だが、まあ慎重に対処して欲しい。

阪神の選手が「藤浪世代」に集中しているのはご存知のとおりだが、来季はその3つ上の世代、高校生でいえば藤浪世代が入学する少し前に卒業した世代に注目したい。

なぜか外野手はいないが、投手で岩貞、秋山、岩崎、捕手に梅野、原口、そして内野の陽川。いずれも今季それなりに試合出場を重ね、レギュラーあるいはレギュラーのすぐ近くというポジションにいる。
捕手はともかく、チームの重心が藤浪世代とそれ以下の世代に移りつつあり、そのパワーはますます強大化していくだろう。
「卒業した先輩」である彼らが、あとに続く大集団をぐいぐい正しい方向に引っ張っていかなきゃいけない。
後続に飲み込まれるのではなくてね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2018年12月5日 at 08:13 | Permalink

    濱地のニュースにはビックリでしたね。
    幸いにも打撲だけの軽傷で済んだみたいですが、恐怖心とかは大丈夫なんかな?
    岩貞や秋山が投手キャプテンにでもなって若手投手陣をぐいぐい引っ張っていってくれると若手投手がのびのびと活躍してくれそうな気もするんですがね。
    若手投手陣で投手王国を作れると思うんで、しっかりと頑張って、望月、才木、濱地にのびのびと投げさせてやりたいですね。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2018年12月5日 at 09:07 | Permalink

    1991組の岩貞、秋山、岩崎、梅野、原口、陽川はもう若手ではなく完全に中堅枠に入る選手たちであり、来季を左右する重要な顔ぶれですね。

    今季もぶっちぎりで優勝したカープも、1991世代の大瀬良大地が15勝7敗、防御率2.62と完全なエースの働きをした事が大きな原動力であり、特に同じ先発投手で大瀬良のハズレ1位(更に同じ九州出身)の岩貞には、大瀬良の成績を上回るような気持ちでやって欲しいです。

    そういった意味では、大瀬良と同じように前年(今季)悪かった秋山も来季は大活躍が期待されます。

    金本政権では、便利に使われ過ぎた岩崎もタイガースにとって絶対に不可欠なピースであり、適所で大切に使って欲しいところ。

    打者では、潜在能力抜群の陽川&原口、ポジションの関係でレギュラーを掴むのは難しいと分かってはいるけど、まだまだ代打に専念する歳ではない!
    彼らは「打」でアピールするしかないので、大砲助っ人を弾き出すような打撃を期待します。

    強かったカープは打撃でも、藤浪世代の四番 鈴木誠也が打率. 320、30本塁打、94打点と活躍したので、1991年組と藤浪世代の融合(化学反応)はタイガースでも不可欠!

    そこへ ベテラン勢&助っ人のスパイスも加われば、「丸抜きのカープ」「1~7番まで四番打者を並べるだけの読売」と対等に戦えるはず。
    頼むよ中堅組!

  3. こうさん
    Posted 2018年12月5日 at 09:34 | Permalink

    藤浪世代。いつか彼等が広島や西武の選手のように花開いてタイガースファンがFAに怯える日が来るのかな。金になる選手…そうなってほしいし、なってほしくないし。今の状況が幸せなのか?だから優勝から遠ざかってるんだけど。小学校入学した少年が大学生や社会人になってるんだから長いな。ファンをやめない、やめられない自分が悪いのか、やめさせてくれないタイガースが悪いのか。あぁ自己責任。

    虎ジジィ様、決勝観ました。女子のシングルスでルールを勉強して男子のシングルスを熱く観戦しました。打った後に中央に戻るのはバドミントンと変わらず、けどスマッシュは「決める 」というより「流れを変える一打」のように思いました。よっぽどの状況じゃないとスマッシュは打てないんですね。基本ボレーで相手を疲れさせて、相手を前後に動かして優位に立ちながらバランスを崩させる、頭を使う競技ですね。自分の打球の行方、相手の打球の予測、壁を使いながらの勝負…面白いです‼️

    一つ疑問に思ったのは、どのようなチケット販売の形態なんでしょうか?ショッピングモールでの大会は無料観戦だったのでしょうか?またまたタイガースと離れた内容の書き込み、質問ですいません。

  4. 虎ジジィ
    Posted 2018年12月5日 at 10:58 | Permalink

    こうさん様ありがとうございます。
    おおむね仰る通り相手を動かすスポーツです。
    観覧は無料、誰でも観戦出来ます。
    ただ、この場で別競技(非阪神)の話を大きくするのはtoraoさんにも他の方にも申し訳ないので、Twitter(虎ジュンジィ)にでも聞いて下さい、詳しくお伝え出来ます。
    申し訳ありません。

    • こうさん
      Posted 2018年12月5日 at 11:17 | Permalink

      了解です。ありがとうございます。

  5. 西田辺
    Posted 2018年12月5日 at 11:03 | Permalink

    場所が場所だけに、濱地心配ですね。
    大事ない事だけを祈ります。
    折角の有望な才能だけど、何故か怪我や故障が付きまといますね。
    特段信心深くはありませんが、一度お祓いにでも行った方が
    良いかも知れません。

    >91年度
    広島がタナキクマルの同世代でチームを引っ張ったように
    我らがタイガースも、91年世代が牽引してくれたらと。
    もう40前後のオジサンに引っ張ってもらうようなチームでは
    ダメだと思う。
    それぞれに、自分の立場を確立したい選手ばかりだけど、
    そこはプレーで見せればいい。
    ここは、こいつに任せればイケるとなれば、大きな渦が
    チームに産まれるはず。
    そこに下の世代を巻き込んで、もっと大きな渦を作ろう。
    同世代に負けたくないと、切磋琢磨するだけで、今までと
    違うチームが出来上がるはず。
    このチームはきっと強くなる。
    その鍵を握るのは、91年世代だと確信してます。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2018年12月5日 at 12:03 | Permalink

    浜地は大丈夫でしょうかね。
    91~94年組で一軍登録枠が埋まるくらいの充分な人材がおります。ここ数年が非常に楽しみです。

  7. なかっち
    Posted 2018年12月5日 at 12:04 | Permalink

    濱地のニュースにはビックリしました。幸いにも打撲との事で大事には至ってないとの事ですが、しばらくは恐怖心があるでしょうね。
    来季飛躍が期待されてる1人なんで、今後が心配です。


    91年生まれの世代はまさに来季が正念場やと思います。大卒6年目。本来ならチームの主軸になっていないといけない時期です。いつまでも若手若手と言ってはもらえません。来季ダメなら一気に藤浪世代を中心としたチームにシフトチェンジしていく必要もあると思います。

    岩貞、岩崎、秋山、梅野の4人には全員大化けしてもらいたいです。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">