3連休なかびの記事より

NEW藤浪 ワインドアップ「いい感じで投げられた」“武豊流”トレ成果に納得(デイリー)

高卒時点で完成していたのだから、そのまま使った。それはいいこと。でも3年やっているうちに体が少しずつプロ仕様になっていって、その都度、いろいろと難しい調整が必要になっていた。プロ仕様化の変化がある程度完成したので、一から調整していって、きっちり整って、今。そんな感じなんじゃないのかな。
鈴衛ブルペン捕手の「超、良かったです。リリースポイントも一定で球の回転も良かった」というコメントがいいね。今年の藤浪はやるね。

【土井麻由実のSMILE TIGERS】阪神・筒井スカウトがほれ込んだD6・湯浅投手 ピッチャーとしての3つの魅力とは(サンスポ)

新米スカウト筒井和也氏の熱さ、ドキドキ、興奮が伝わってくるステキな記事。ドラ6湯浅、筒井さんのためにものし上がっていけよ!

今朝はこれだけ。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. Posted 2019年1月13日 at 11:43 | Permalink

    トラオさん、明けましたおめでとうございます㊗️今年もよろしくお願い申し上げます。

    湯浅投手の球威を表す指標として、球の回転数があげられます。その指数はパリーグの奪三振王則本選手と同等だそうです。

    よほどスピンの効いた球を投げるってことで、期待大ですね。

    今年の私にも期待しててください!

    みなさんを、そろそろおどろかせたいんやー。

  2. 虎轍
    Posted 2019年1月13日 at 11:50 | Permalink

    藤浪はそこをわかっただけでも成長したと思っときたいですね。
    日々精進せんと何も変わらないですからね。
    変わってくれて成長してくれたら、まだまだ伸びるよ。
    年俸が下がってもベビスターの差し入れが増えて、稼がんとアカンって気付いたんかな?(笑)
    湯浅は密かに活躍すると思ってる投手です。
    あの元ヤクルト伊藤智が育ててくれたんですからね。

  3. 虎ジジィ
    Posted 2019年1月13日 at 13:21 | Permalink

    筒井スカウトの「終わりなき旅」は、引退してからもしっかり続いているようです。
    その情熱で入団させた 湯浅投手は必ず活躍しそうな感じがします。

    藤浪に関しては、ファンの誰もが このままで終わる選手だとは思ってないはず。
    まさに
    『♪難しく考え出すと 結局全てが嫌になって♪
    ♪そっとそっと 逃げ出したくなるけど♪
    ♪高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな♪
    ♪まだ限界だなんて認めちゃいないさ♪』
    悩んで悩んで、迷いに迷って回り道しても「日本のスーパーエース」に登りつめて欲しいです。
    『♪もう一回もう一回♪』!!

  4. なかっち
    Posted 2019年1月13日 at 16:03 | Permalink

    藤浪は武豊プロデュースのトレーニングジムに通い、身体の使い方や体幹トレーニングをしっかりして投げる感覚がかなり良くなったみたいですね。後は再現性。調子が悪くなったとき如何に良い状態に早く戻せるようになるか?藤浪はこれにかかってると思います。
    今シーズン何をもって藤浪復活!と言えるのか?
    個人的には二桁勝利では藤浪復活とは言いたくないです。進化を見せてくれないと。
    二桁貯金以上と200イニング。この2つをクリアしたとき藤浪復活と言いたいです。


    ドラ6の湯川はハートも強い投手みたいですね。筒井スカウトが一目惚れした逸材らしいですね。筒井スカウトの為にも活躍してほしいです。

    ストレートの回転数は現在で則本クラスと申し分なさすぎですが、どうせなら全盛期の球児レベルを目指してほしい。

    ストレートとわかってても打てないストレート。期待のルーキー目標もデカく飛躍してほしいです。可能性は秘めた投手であることは間違いないと確信してます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">