ポジション争いとレギュラー争い

【矢野監督 必死のパッチトーク】上本、マルテ三塁とかいろんなことやっていく(サンスポ)

打撃の調子がいい選手を打撃優先のポジションで起用していく方針には賛成だ。
本当にカチッとレギュラーとして固定されるべき選手というのは、守備も上手く、塁上では打球判断よく瞬足で、チームを鼓舞し勝敗に責任感の持てる選手のみ。今現在その域にある選手と、将来そうなる可能性のある選手はレギュラーにふさわしい。また、ふさわしいポジションというのもある。

そうでない選手は、「準レギュラー」や「補欠」の地位に甘んじるしかない。仮レギュラーとして座ることはあっても、「本当のレギュラー」が来れば道を譲ることになる。

セカンドのレギュラーとはどういう選手が入るべきなのか。ショートは?サード、ファーストは?
現実的には、今いる選手をポジションにあてはめていく作業を強いられるが、だからといって理想を捨てて良いということではない。現代野球に求められるポジションごとの理想形に、選手のほうが近づいていかなければチームは向上していかない。

だから木浪がどんなにいいスイングでヒットを量産しようとも、二遊間でレギュラーを奪うつもりなら、少しでも多くの打球をアウトにできる守備技術をベースにしなきゃいけない。近本がセンターでレギュラーを奪うつもりなら、守備でも打撃でも走塁でも小さな針の穴をこじ開けるような突破する刃先を研ぎ、獲物に飛びかかる瞬発力を鍛えなければいけない。

木浪と近本の加入によって、それまでの「ポジション争い」が、「レギュラー争い」に昇華したと感じる。レギュラー争いできない者は、プランBで生き残りを図るしかなく、そこもまた競争になる。これが本当の競争状態であり、チームを強くする本質である。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年2月11日 at 08:53 | Permalink

    思った以上に近本、木浪が全ポジションの競争を煽っていますね。

    特に木浪の勢いが止まりません!
    昨日だけで判断はできませんが攻、走、守、(顔)と全ての面でプロのレベルに達しているように思います。
    その上、左投手を苦にしないとなると、ひょっとしたら開幕スタメンあるかも知れません。
    ショートのみならず、サードやセカンドも脅かす勢いです。

    そんなこんなで上本もサード練習をしているようですが、toraoさんも仰るようにセンターラインは守備も固めたいのでサードは大山、マルテ、上本で争わせるのも有りかと思います。

    余談ですが、ちょいリタイアの球児とジョンソンは軽症で安心しましたが、岩崎は場所が場所だけに心配です。
    ここ数年の酷使が原因でなければ良いですが。
    矢野監督には「何でも岡本」「何でも岩崎」みたいな起用法は控えて欲しいです。
    まあ、捕手出身なので大丈夫とは思いますけど。

  2. 西田辺
    Posted 2019年2月11日 at 11:09 | Permalink

    木浪株上昇してますね。
    キャンプ前、全くノーマークだった選手がこうやってオラオラと
    前進してくると、チーム全体に波及効果をもたらしそう。
    確かに、今の木浪の評価は紅白戦の一発と昨日のフリー打撃の
    結果を踏まえてのもの。
    守備に関しては、まだ一言も俎上にも上がってない。
    これから実戦の中で、色々出てくるのでしょうけど、練習の
    ノックを見る限り、打球へのコンタクトや捕球から送球への流れ
    などは、周りと遜色無いレベルで出来ていると思います。
    私もドラフト当時、内野のユーティリティとして、便利屋扱いかと
    勝手に想像してました。
    阪神スカウトGJ!
    確かに、この選手の登場で一軍の枠争いでなく、ポジション
    そのものの争いになってきましたね。
    内野手の誰もにとって、良い意味での目障りな存在となりつつ
    あります。
    もっともっと掻き回して、なんだったら好きなポジションを
    かっ拐っても良いんだよ(笑)

  3. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2019年2月11日 at 11:42 | Permalink

    本日の紅白戦、スタメンが発表されてましたが面白いですね。
    ポジションと打順から何を矢野監督が期待してどういう部分を
    試したいのかが見えてくる気がします。
    先日の木浪のように意図を汲み取って自分なりのアピールを
    選手にもやって貰いたいと思ってます。

    阪神タイガース公式Twitter
    https://twitter.com/TigersDreamlink?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3ATigersDreamlink&ref_url=http%3A%2F%2Fhanshintigers.jp%2Fnews%2Fcamp2019%2F

  4. 虎轍
    Posted 2019年2月11日 at 11:53 | Permalink

    木浪がええですね。
    岩貞から右中間に三塁打、レフトへ流し打ちってええやんか。
    ライオンズの源田のように開幕ルーキースタメンから活躍してフルイニング出場もあるんちゃうの?
    守備は巧いとの話ですが、ノックを見てるとミスもありましたが、それなりに守れそうですしね。
    今日の紅白戦でどうなるか?
    外野手も江越、中谷頑張れ!

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年2月11日 at 12:05 | Permalink

    木浪株上昇で私の妄想竹も日に日に成長中。
    この妄想竹は例年春の訪れとともにあえなく枯れ・・・、いやいや何年かに一度、花を咲かせることもある。
    近年、タイガースの監督・コーチは野手の出場機会を広げる意味で複数ポジションを奨励しすぎるようですが、『俺はこのポジション一筋で!』の価値観はもはや時代遅れ?

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2019年2月11日 at 12:13 | Permalink

    上本サードは賛成です。守備の負担を少しでも減らし、怪我のリスクを少しでも減らして欲しい。終盤のリリーフの打順や守備固めなど、柔軟になりそうですし。

  7. なかっち
    Posted 2019年2月11日 at 12:25 | Permalink

    木浪がこれほど打撃でアピールするとは思いませんでした。今だけ良くてもダメですが、今後使えそうなメドが立てば使い続けてみるのも有りかなとも思います。
    元々守備には定評がありました。鍛えて使い続ければ、大和クラスの守備力を身につけるかも?(言い過ぎでしょうか?)


    ここ3年ショートは依怙贔屓と思わせるくらい北條が優遇されてきましたが、結局掴みきれませんでした。同級生の木浪がアッサリレギュラーをかっさらっても何ら不思議ではありません。足もそこそこ走れそうですし、期待しちゃいますね。


    後、上本とマルテサードのオプションなどの記事が出てますが、そのオプションがあるなら、以前toraoさんも仰ってました
    『大山セカンド』
    のオプションがあっても良いような気がしてきました。
    大山は守備力高いし、肩も強いので。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">