紅白2試合目

【中日】松坂大輔、ファンとタッチで右肩故障…キャンプ離脱も(報知)

阪神のキャンプ中継をみていると、サイン色紙をあらかじめ書いておいて手渡す(選手によっては握手もする)といった場をつくっている。危険な接点を潰すという意味でも、とてもスッキリしたやり方だと思う。
ファンが群衆となって、自制の効かない集団になってしまう恐れがあれば、冷たいと思われようが素通りするしかない。それでもアホな群衆に「襲撃」されるリスクは常にあり、完全に取り除くことはできない。自分がそのアホの一人にならぬよう、アホが生まれる要因にならぬよう、各自が気をつけるしかない。

さて、紅白戦の2試合目。藤浪はワインドアップからの投球に、躍動感、威圧感のある投げ方が戻っていた。走者を出したときのセット、クイックでは制球がまとまらず。そこはまだ固まっていないようだが、2月前半という時期を考えれば焦る必要はない。もちろんそこも重要だが、幹の部分がグラグラだったことを考えれば、まずは根っこと幹がしっかりしてきたことに自信を持てばいい。

マルテが初打席でホームランを打ったのは結構。小野もまっすぐばかり甘いところに投げていたが、打席でとても落ち着いていて、しっかり球を見て、強くスイングしていたのは好印象。少々詰まろうが、ドライブがかかろうが、スタンドまで運べるということがわかればいい。2打席目のセンター前ヒットもいい内容だった。6番、7番あたりに置いて、気楽に打たせて慣れさせようという機運があるようだから、ぜひそうしてほしいね。「助っ人なんだから4番を打ってもらわなきゃ困る」というのは古い。いや、結果が出て最終的に4番に収まるというのならいいのよ。絶対的な実力差のあるすんごい打者がNPBに来てくれるという時代じゃないんだからね。まずは打線全体で攻撃力を上げることを考え、やっていく中で上げ下げして、手を加えながら収まりのいい形をさぐる。

二遊間候補の選手たちにいろいろなところを守らせたりしているようだが、今のところ、糸原セカンド、ショート北條、ショート鳥谷には他のポジションを守らせていない?
思う存分やりたいところでやれ!となった鳥谷はともかく、ひょっとしたら矢野監督は糸原&北條の二遊間というのをある程度「既定路線」と考えているのか。ふたりとも公式戦で別のポジションを守ったことがあるから、あえて焦っていろいろ練習させるまでもないと考えているのか。ちょっとまだ見えないね。

小野が大量失点となってしまったが、他の投手はまずまずだった。とくに堂々として見えたのが伊藤和。コンディションは良くなかったというが、落ち着いて意図を感じさせる投球ができていた。昨年の経験が生きているようで、ブルペンに入り込めそうな雰囲気が出ていた。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年2月12日 at 10:50 | Permalink

    選手にリスペクトの足りないアホなファンは困りモノ!
    サインの転売なども含め、選手の真心を踏みにじるような行為にはうんざりします。

    さて紅白戦、悪かった面は置いておいて、
    現段階での判断は時期尚早ですが、新戦力マルテ、近本、木浪、更に齋藤が とても良いスパイスになっている様子。

    マルテは広角に打て「ヒットの延長がHR」という強引さが無いところに日本での適応力を感じます。

    近本は全盛期の平野のように小ヂカラのあるバッティングと、赤星のように「出たら走る」という意識が良い。
    まずは「燃える闘魂」板山との一軍争いが熱い!

    木浪は「0番大和?」と見間違えるようなダイビング&素早いスローイングで魅了してくれました。
    これでは北條も打たずにはいられない!

    齋藤も「重い球」で、高齢化の進むリリーフ陣に光を射すような投球でした。
    伊藤和とのブルペン争いが熱い!

    次は小野、青柳、藤浪あたりに昨年より明確に進化した面を見せて欲しいところ!

  2. 西田辺
    Posted 2019年2月12日 at 11:00 | Permalink

    安芸の対外試合は悪天候のため中止とか。
    ただでさえ今年の安芸は参加人数が少ないのに、実戦機会を逃すのは痛い。
    宜野座は予定通り紅白戦。
    白組先発小野は、何もかもが残念。
    全部一度には出来ないから、何か一つずつでも修正して欲しい。
    紅組先発は藤浪。
    仰る通り、ワインドアップの時はバランスも良く、威圧感十分のボールが
    走ってました。
    やっぱり問題はセットポジションの場面。
    少し早く開くために、どうしても抜けてしまう。
    でも、その後はガタガタっと来ることも無く立ち直った所に成長がありました。
    ルーキー齋藤も木浪にヒットは打たれたものの、力のある真っ直ぐを投げ込めて
    ました。
    まだ少しコントロールが暴れる場面もありましたが、現時点では楽しみの方が
    多い投手。
    何気にここの所、打つ方で結果を出しているのが江越。
    昨日も2安打。
    いや、ホンマにバットとボールがぶつかってくれたら、間違いなくこの選手が
    外野の中心に座るはず。
    余り余計なことを考えすぎずに、素直にバットが出ている感じ。
    このキャンプ、絶賛猛アピール中の木浪は守備でも三遊間の当たりをファイン
    プレーで梅野を封殺。
    楽しみがまた増えました。
    ぼちぼちメンバーの篩い落としもありそうな時期に来て、バッチバチのアピール合戦
    も拍車がかかりそうな雰囲気。
    あとは怪我だけに十分注意して、競争を乗り切って欲しいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2019年2月12日 at 11:57 | Permalink

    アホなファンはキャンプにも球場にも行くな!
    門田とブーマーを思い出しました。
    昨日の紅白戦では小野は成長しとらんね。
    そういう印象でした。
    ボール先行で甘くなったとこを打たれる姿は何も成長が見られませんでした。
    成長せえへんと才木、浜地に抜かれるで!
    3ボールから打って出て二塁打にした江越。2打席目も良かったなに3打席目以降はいつも通り?
    ただ、見送り方は良くなってますね。逆方向に打ててるのも成長を感じました。
    木浪は調子を持続してますし、斉藤のピッチングも良かった。
    近本は最後にアウトカウントを間違えたかな?
    まぁランコーが居なかったからしゃあないのか?
    マルテは初打席でホームラン、2打席目もセンターへヒットでしたが、去年の事があるんで、期待せずに期待しときます(笑)

  4. なかっち
    Posted 2019年2月12日 at 12:25 | Permalink

    まずは小野。先日のバッピの時もそうでしたが、ストライクが全く入りませんでしたね。西やガルシアを補強し、それが焦りになっているのか?一度頭と身体を整理してほしいです。

    後の投手陣は今の時期を考えるとまずまずではないでしょうか?

    私が心配してるのは高山。バットがかなり遠回りしてる印象を受けます。スイングの際右腕の肘が伸びきってるように見えるんですよね。

    後、昨日初めてマルテを見ましたが、あれだけ身体が中に折れても打てるんですね。インコースを突かれて、アウトコースに落とせば遠く感じて空振りしそうな感じがしました。個人的にはマルテよりナバーロに期待感がありますね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">