地力つけるは意識しだい

大山は出番なしかあ。きっとこれもストーリーの内だな。すべてはここから始まったってヤツ。

内野のポジションを争っている人たちの背番号がものすごく若いよね。5人もいるのに全員が3以下という。00、0、1、2、3。それだけ。

状態、コンディションを上げていけばいいっていう問題と、技術的な精度を上げていかなきゃいけないという問題は違う。後者にはとくにチームとしての連携を磨いていかなきゃいけないこととか、チームとしての約束事を徹底しなきゃいけないというのが含まれていて、阪神はまだそこまでいっていないんじゃないかという不安を感じる。まあキャンプを見ていても、フレッシュさは感じても、チームとして熟成させていると思わせる動きはまったくなかったから仕方ないところか。
現時点では、そういう「地力の強さ」で戦うのではなく、常に砥石で切っ先を研ぎ、その鋭利さで相手を嫌がらせ、ひるませる戦い方になるのだろう。
ただし、それと同時に地力をつけていくことに対して1秒もムダにできない。今できる戦い方を目一杯するのはもちろんのことだが、チームの根っこを太く深く伸ばし、広く強く張り巡らせることを常に意識すること。そうやって大きな力はつけていくこと。
いかに人を選び、時を見て課題と試練を選ぶか。常に意思決定を繰り返す。その繰り返しと継続がチームを強くしていく。

バント、バント走塁、守備でのバント処理フォーメーション、ベースコーチの情報処理と伝達……。この時期に修正の必要な箇所が現れるのは基本的にいいことだ。今日も、しっかりやっていく中で徹底すべき点が出てくるといいね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. yalkeys
    Posted 2019年3月10日 at 09:18 | Permalink

    この時期に私はいつもコメントさせていただきますが、タイガースがキャンプで鍛えてきたことは事実でしょうが、他の11球団も同じように、いや、それ以上に鍛えているという事実です。今年のタイガースはいける!と信じたいですが、冷静に客観的に見ることは更に重要ではないでしょうか。その一つがオープン戦の黒星であり、侍ジャパンに大山だけということだと思います。オープン戦だから・・ではなく、オープン戦でも・・というスタンスを忘れてはダメだと思います。

  2. 西田辺
    Posted 2019年3月10日 at 09:25 | Permalink

    まだまだ未完成なチームですから、熟練度で勝負は出来ない。
    ある程度、色んな選手が色んな場所に付くのは仕方のない
    所とは思う。
    だが、矢野監督は、このチームは木浪を一塁の守備固めで
    使いたいのですかね?
    紅白戦の頃から、一塁での起用が多いですけど、まさか
    二遊間の競争に加えるつもりがないのでしょうか。
    マルテ三塁とかを試す意味は、これっぽっちもありませんよ。
    シーズンのどこでマルテを三塁に守らせる機会があるんですか?
    シーズン戦うつもりなら、マルテは一塁。
    木浪は二塁・三塁・ショートで。
    もうさすがに遊んでいる時期ではありませんよ。

  3. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年3月10日 at 09:31 | Permalink

    内野のポジションが混沌としていて、誰一人レギュラーと呼べる選手がいない状況が続いてますね。
    なかでもゼロ番の存在がカオスを生む原動力になっている。
    開幕まで20日を切った今の段階で、開幕内野陣のオーダーを予想するのは競馬の予想並みに難しい。
    ある意味楽しみもでもあるけど、チームとしての未熟さは否めない。
    シーズンとおしての試行錯誤の繰り返しで完成度を高めていくしかありませんね。
    矢野監督に願いたいのは去年のような日和見的御座なり采配に陥らないこと。
    一本筋の通った試行錯誤を期待したい。

  4. 虎轍
    Posted 2019年3月10日 at 10:29 | Permalink

    勝てたのに…
    球児が誤算?
    それはない

    ポカポカ陽気の聖地甲子園で勝てる試合を引き分けましたが、球児が抑えをするって意思表示が見えたような試合でしたね。
    木浪がええバッティングをして、上本がタイムリー!
    鳥谷もあわや決勝打でしたがね…
    産みの苦しみです。
    勝てなかったけど、負けなかった。そう思いましょうよ。
    去年は最下位のチームやったんやから、いつまでもネガティブに考えずに、ポカポカ陽気の聖地甲子園で負けなかったと思いましょうよ。
    やまない雨は無い!
    勝てないタイガースは無い!
    そう思いましょうよ。
    岩貞はナイスピッチングやったよ!
    マルテも初安打に守備も良かったよ!
    森越はきっちりバントを決めるとこを決めれへんと出番はファン感だけになるよ!
    頑張れタイガース!

  5. なかっち
    Posted 2019年3月10日 at 11:33 | Permalink

    色んなオプションを考えておく事に異論はありません。
    マルテサード。十分あると個人的には思います。

    木浪ファーストには甚だ疑問ですが。

    アピールした人がスタメンを勝ち取る。矢野監督は何を迷ってるの?


    昨日の試合は結果的に勝てませんでしたが、今年のタイガースが目指すべき戦い方やと思って見てました。先日打線の理想は03年型と私も含め皆様の大多数の意見でしたが、試合運びとしては05年型の6回までにリードをして、後は逃げ切るパターンが理想と現状では思います。
    そういう意味ではああいう試合運びが出来たのは収穫。後はそういう展開に持って行く回数を増やしていく事が大事になってくると思います。
    少ないチャンスでも確実に得点する。そんな試合を残りのオープン戦で数多く見せてほしいです。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2019年3月10日 at 13:35 | Permalink

    マルテはサードが本職だと言うなら、使ってみたことに問題は無いでしょう。マルテナバーロ大山陽川で、一三塁のスタメンを争って行くと思います。
    木浪も荒木のように一塁の守備固めに入ることはあるんじゃないでしょうか。

  7. Posted 2019年3月10日 at 15:23 | Permalink

    皆さんが仰るようにサードマルテは試しておくべきでしょう。実際それなりに使えることが分かったし、大山次第ではありますが一塁ナバーロ三塁マルテでって可能性は十分あり得ます。理想は4番三塁大山でシーズン全うですが。

    ただし木南の一塁はダメでしょう。木南自身も今のアピールには自負もあるだろうし、「俺は便利屋枠?」と思い込むことで可能性を萎ませてしまいかねません。逆にショートの本命として格上げし、北條のケツに火を付ける方が得策だと思います。

    それにしても「オレがヤル」ってのが伝わってきません。もっとガツガツ行こうよ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">