勝てぬ日々のまま演習は残り1

矢野監督には学校の先生を思わせるところがある。
「オマエはどうなりたいんや?本当はどうしたいんや?」
選手に向かって、自分の内なる声と対峙するように語りかける姿は、熱血教師のようだ。
そんな「矢野先生」であるから、きっと自分にも常に問いかけているはずだ。
「オマエはどんな監督になりたいんや?監督としてチームをどうしたいんや?」と。
未熟であることを悲観せず、それを天井知らずのノビシロととらえる。チャレンジする気力と体力があれば、成長は必ずそこにあると鼓舞しつづける。
私はそんは矢野スタイルを応援したいし、自分もその心意気で生きていきたい。
m(_ _)m 昨日の試合、まだ見られず。

 


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年3月24日 at 10:01 | Permalink

    もったいない!実にもったいない!
    5回に二死からエラー出塁を許してからの2失点は実にもったいないよ!
    勝てる試合は確実に勝て!防げる失点は確実に防がんとアカンよ!
    岩貞はストレートも変化球も良かっただけにね。
    昨日の試合では梅野の盗塁刺は見慣れた光景ですが、鳥谷のベースカバーからのタッチまでのスムーズさが良かったです。
    糸原や木浪はそういうとこを見習って上手くなって欲しいですね。
    二軍戦では高橋遥を筆頭にええピッチングをしてたんですが、陽川やハヤタがチャンスで打てず、一軍も二軍もタイムリー欠乏症です。
    今年もイッポンガーに泣いてしまわぬように!

  2. ジュビロタイガース
    Posted 2019年3月24日 at 12:01 | Permalink

    ショートは鳥谷、木浪はセカンドの開幕オーダーを見たいですね。
    木浪はショートと思っていましたが、大学時代は外野もソツなくこなしていたらしいですし、攻守とも心配なさそうです。
    あとは、ファーストとサードを誰にするか。
    ナバーロも代打で打ちましたし、高山がいて、右は北條上本、終盤には植田や江越か中谷が出てくる。
    このような感じでしょうか。

  3. なかっち
    Posted 2019年3月24日 at 13:00 | Permalink

    目指してる4点取る打線。なかなか出来ませんね。まあこの時期に完璧を求めるつもりはありませんが。積極的走塁が出てるのは良いことやと思います。

    前の塁を積極的にうばいにいきアウトになるのは仕方がないと思います。(但し暴走はあきませんが)

    何とか今日は勝ちたいですね

  4. 虎ジジィ
    Posted 2019年3月24日 at 13:25 | Permalink

    そろそろ矢野監督を叩く人も出て来ている事にビックリ!
    まだペナントレースも始まってないのに(笑)。

    積極的な野球は出来ていたけど、オープン戦ならではの内野手シャッフルが凶と出た感じ。
    岩貞も野手のミスを揉み消すぐらいにならないと、エースにはなれない!
    投球内容は とても良かっただけに残念な失点でした。

    あと、本塁突入で二回刺されはしましたが、どちらも相手野手がドンピシャ送球であり、逸れていればセーフのタイミング。
    個人的にはペナントレースに入ったら、この積極野球は活きると信じています。

    矢野野球、今は結果が出ないけど、私は支持します。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">