攻撃力の差で圧倒されて完敗

去年から、4点取って3点までに抑えよう……と言いつづけているのが悪かったのか。とにかく4点取れないぞ。

針小棒大って言葉はあるけど、こういうのはなんていうんだろうね。辛勝大敗?大敗の試合でやるべきこと(経験が必要な人に経験を積ませたり、不調の人に機会を与えたり、休養が必要な人を代えたり)をやっていれば、そんなに悪いことではないのだけれど、あまりそればかりになっては、なんのために戦っているのかわからなくなるからね。

ただ大事なのは、「できない」「ダメ」というところにばかり目を向けないこと。落ち着いた精神状態を失えば、事態をいい方向へ持っていくのは困難になる。点が取れない、長打が出ない、ヒットが出ない。ええやん、問題ない。落ち着いて、自信を取り戻せばそのうち打てるよ。一人が打ってもどもならん。チームのムードで相手を不安にさせたとき、はじめてチームの攻撃力が上がる。それには浮足立ってバタバタしないこと。
守ることを考えようぜ。凡打っぽいヒットを少しでも防ぎ、ヒット性の打球もポジショニングや方向予測で少しでもアウトにする。失点は最小に防ぎ、ビハインドゲームでもリリーフで粘りの展開に持ち込む。そうやっているうちにチームの結びつき方が粘着質になり、やる野球も粘着質になっていく。そのときの打線は、たとえ長打が少なくとも、いやらしいものができあがっているはずだ。
だから落ち着いて、すぐにやれることと、得意なことに目を向けようぜ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年4月7日 at 09:23 | Permalink

    まずは福留選手、日米通算1000打点おめでとうございます。
    その試合展開から「笑顔なき記録達成」は、武骨な薩摩隼人らしくかっこよかった。

    さて、ゲームの方は仰るようにまたしても4点も取れず。
    会心のゲームの翌日、今度は一番やってはいけないゲームをしてしまいました。

    3点しか取れない打線で「勝利」する為には、「しっかり守る」この最低限の事ができないと、唯一のウチの勝ちパターンである「ロースコアの僅差で逃げ切る」は絶対に無理。

    そういった意味では、先制点の取られ方が最悪だし、岩貞は投球自体はそんなに悪くなかったけど、ベースカバーや送りバントがしっかり出来なかった事で黒星が付いたのは仕方ない。

    「2番近本と4番大山は動かさない」みたいな発言をしていた矢野監督ですが、迷いが見えて来ました。
    「四番の差」がはっきり出る試合が多く、得点がなかなかできない為に「送りバント」多用で当初の超積極野球が全く実現できない。
    指揮官として本当に試練のシーズンかと思いますが、個人的には超積極野球を貫いて欲しいです。

    それにしても、相手四番の鈴木誠也は凄い!
    ダウンスイングにして、更に飛距離が伸びた上にミートも的確!
    ウチの大山、中谷、江越辺りもチカラはあると思うのですが、何が違いどうして出来ないんでしょう。
    もどかしい!

  2. 虎轍
    Posted 2019年4月7日 at 09:56 | Permalink

    中谷は前日の活躍でタニマチの方たちと呑みに連れだったんか?
    そんなんは何年もレギュラーでやってる選手のやる事でしょ?
    知らんけど。
    何故、タイガースの選手は2戦続けてヒーローになれない?
    なぜ若手で頑張ってレギュラーを掴みかけてるのにレギュラーを掴めない?
    タニマチの?
    自分の弱さ?
    何?
    ホンマに知らんけど。
    タイガースの選手に一番言いたいのはタニマチとか云々ではなく、日替りヒーローでもなく、連日ヒーローになってレギュラーを掴めよ!
    昨日の点差では勝ち負けの話も出来ひんし、今日の試合を勝って明日の試合の無い日にファンの気持ち豊かな日にしてな。
    それはタイガースが勝つ!それだけでしょ?
    頼むよ。勝って聖地甲子園の開幕戦で勇姿をみせてや!
    何故か知らんが負け試合で孤軍奮闘する福留が記録達成するのは、そろそろやめませんか?(笑)
    せめて勝ち試合でお願いいたします。
    1000打点おめでとうございます!

  3. Posted 2019年4月7日 at 10:37 | Permalink

    福留1000NPB打点おめでとう。負け試合で残念でしたが偉業に違いはありません。

    打てない。打たれる、では勝てるはずもなし。切換ましょう。

    今までの采配に異論はなかったけど、昨日の継投は疑問があります。0-4の時点では尾仲がいく予定だったと思います。それが上本のタイムリーで球児が前倒しになったのでは?結局二人とも打たれてしまったのは準備不足、順番が違うことへのモチベーションが問題だったように思います。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年4月7日 at 10:39 | Permalink

    留さん1000打点おめでとう!
    守屋ナイスピッチング!
    大山、今できるバッティングで良いから!
    球児ドンマイドンマイ!
    今日は西が2点に抑えてくれるはずだから3点取ってカード勝ち越しすればタイガースに軍配!
    ぽじてぃぶぽじてぃぶ(ぽじてぃぶも結構疲れますが)

  5. なかっち
    Posted 2019年4月7日 at 10:52 | Permalink

    1.0.2.9.6.10.2.10
    これ昨日までの失点数。
    8試合で40失点。一試合平均5失点。
    2.1.1.3.3.1.3.3
    これ昨日までの得点数
    8試合で17得点。1試合平均僅か2得点。
    それでも借金は僅かに2

    勝つときは1点差ゲーム。負けるときは大敗。今はまだそれで良いと思います。
    負けてる試合を見ていると、その試合に出てくる投手が試合を壊してしまうケースが目立ちますよね。
    望月、飯田、尾中。藤川。
    もちろん先発が壊してる試合もありますが。(島本はまだ頑張ってる方かな)

    この辺の整備をまずしていけば、少しずつチームが良い方向に向いて行くのではないかと思います。


    それと気になる点がありまして、オープン戦と、開幕してからまだ8試合ですが、キャンプ安芸スタートだった選手にほとんどチャンスが与えられてないような気がするのですが。

    沖縄にたくさん連れて行ったので致し方ないのかもしれませんが、俊介や森越らは今シーズン一度も名前を聞いた記憶がありません。全員が戦力であるのなら、俊介等中堅にもチャンスを与えるべきではと思います。

  6. 西田辺
    Posted 2019年4月7日 at 11:03 | Permalink

    0-4から2点を返し、相手中軸を迎える5回。
    矢野監督は球児をマウンドへ。
    意図としてはよく分かるし、チームへのメッセージも含んだ起用なのも理解
    出来る采配でした。
    でも結果は裏目に出た。
    これも仕方ないと思います。
    全ての起用が上手く行くはずもないし、大事なのはこの手の失敗を起用する側も
    される側も繰り返さない事。
    打つ側もノーアウト1・2塁以上を4回作るも、点に繋がったのは5回の上本の
    タイムリーだけ。
    その5回にチョット首を傾げてしまう攻撃が。
    糸原・梅野・上本の連打で2点を返し、無死一塁で近本に送りバント。
    1点差や序盤なら2点差でも送りバントは有り得るけど、もう5回の時点で
    やる作戦としては難しい。
    相当攻撃力に自信があるチームなら一つの手段ではあるけれど、現状のタイガースの
    攻撃力で勝つ為には3点が必要なのに、相手にアウトを与えるバントが果たして
    ベターな選択だったのか。
    10点中8点をホームラン絡みで取られた相手打撃陣を、矢野監督はどんな目で
    見ていたのでしょうね。
    監督自身がチームの攻撃力を、「その程度」と計算してしまってないですか?
    これ以上取られたらウチの打撃ではもう無理だ、はい負け負け、敗戦処理でイニング
    食ってくれ。
    大差負けの試合で、チーム全体がそんな空気を纏うのを感じてしまう。
    ここで、一つでも粘って攻撃力を上げるきっかけを作るというのも見えてこない。
    少し負けゲームに対して、監督始めチーム全体が淡泊じゃないですかね。
    負け試合に対して淡泊なチームが陥るのが「負け癖」。
    チョット劣勢になると、すぐに勝負を諦めるチームになりやすい。
    今はそこに陥るのを防がないと、取り返しのつかない事になりますよ。
    あまり精神論ばかり語りたくはないですが、攻撃力以上にそんな気持ちの強さや
    粘りを感じないのが残念です。

    • ken3953 さんのアバター ken3953
      Posted 2019年4月7日 at 11:38 | Permalink

      こんにちは。私もそこは疑問に感じました。
      ランナー一塁上本で打者は脚もある近本。
      相手は左の床田で圧力を掛ける絶好のチャンス。
      送りバントは弱気だったかなと思います。

  7. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2019年4月7日 at 11:45 | Permalink

    他のチームはがんがんホームラン打ちますね。
    鈴木 誠也は年間何本打つんでしょw
    そんなに力量に差があるのかな?

    隣の芝生は青く、花は赤い。
    でもまだまだ矢野体制一年目の数試合なので勝利よりも
    自分達の形を築き上げる事に注力して貰いたい。
    …と自分に言い聞かせてます。

  8. こうさん
    Posted 2019年4月7日 at 12:46 | Permalink

    昨日は打てない中谷を予想したようなコメントになってしまったが俺が中谷に望むのは「もう一度4番争いに食い込んでほしい」ということ。大山は孤独に4番の重圧と闘っている。そこに中谷が加われば…切磋琢磨すれば最強の「3~4番(或いは4~5番)」が完成する可能性がある。マルテが戻れば簡単に大山が席を譲るのか?矢野監督が信念を通すのか?その信念に大山は応えられるのか?ホームランを打った打席の中谷の表情…信念、執念が感じられた。けど昨日の中谷はホームランが忘れられない「いつもの中谷」だった。それが怖いのだ。また足踏みするのが。毎打席あのテンションを保つのはシンドいだろう。けど、それが出来る打者だけが相手から恐れられる。誉めたかないけど今の読売の岡本からは三振のイメージが湧かない。去年のコメントに書いた「来季の岡本は怖い」…なのだ。

    今のタイガースが目指すべきは「なんか強くないけどタイガースに勝てないな。」と思わせるチームになること。それしかない。打撃で脅威を与えられないなら守備に緻密さを求めないとダメだ。打てないチームが打てないことを引き摺って守備を疎かにしては勝てない。

    野手陣よ、投手を孤独にするな。西で勝つなら守備だよ。今日、西がそれを見せてくれることを願う。

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2019年4月7日 at 12:54 | Permalink

    ライオンは1試合で16点取るけど、トラは8試合もかかってようやく・・・

    てっきり福留休養で中谷と思ってましたが、ファーストで出るとは。ナバーロはあまり左右を気にしないのでは無かったっけ?

    球児も微妙な場面での起用ですが今の状態では仕方無いですね。一昨年もそんな感じでしたよね。

    誠也岡本筒香は何であんなに打てるんやろ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">