勝ち損なうも負け逃れる

青柳は自分のエラーでピンチを広げたり、苦しい場面も多かったけれどよく7回ゼロに抑えた。白星はつかなかったが、気にしなくていい。誰もが1勝に値する投球だったと認めるし、次こそは青柳のためにという気持ちを起こさせるに十分な内容だった。
素晴らしい投球とか内容というのは本当は正しくなくて、素晴らしい「度胸」だった。まあ、なんせ逆球は当たり前、苦しいところではど真ん中に真っ直ぐという内容。でも、いま一番怖いヤクルト打線に気持ちで負けず、むしろ上から見下ろして(球は下から出てくるけれども)投げていた。

ついてなかったのが、この日に限って盤石の「8回ジョンソン、9回ドリス」がつかえない日だったこと。ドリス不在のため、能見、ジョンソンで切り抜ける予定だったが、コトはうまく運ばなかった。事情を聞けば、これはまあしゃあない。
というより、その後の投手たちもよく踏ん張ったね。言い方は悪いけど、延長が深まるほどに弱い札を切っていかなきゃいけなくなるのだけど、ビハインドゲームで鍛えられた投手たちの「いまこそ!」という気持ちが素晴らしかった。むしろリードする展開で投げてきた投手たちより、ずっと迫力があった。まあホント、何度こりゃ負けだわと思ったことか。よう頑張ったね。こうやって強くなっていくんだよ。

攻撃では、中谷を使わずに終わったこと、10回表、無死一塁木浪がバントをファウルして追い込まれたあと、相手の暴投で無死二塁となったのに、スリーバント失敗になったところは、ずいぶん相手を楽にする手を選ぶなと思った。
とくに木浪のバントは私の中で「尾を引く」選択だった。ガチガチでバントを決められそうにない木浪は、ラッキーにも走者が二塁に進んでくれて、精神的にものすごく楽になったはずなのに、また追い込んで失敗。これは先(木浪の今後の野球人生)を見越した矢野監督の厳しさとも言える。彼はこの失敗を生涯忘れないだろうし、バントの練習のときにはこのときのことを思い出すだろうから。
矢野監督はそっちを選択したのだが、私なら打たす。なぜなら木浪の将来はバント職人ではなく、バットコントロール職人=首位打者タイプだと思っているから。どんなことがあっても三塁に走者を進め、あわよくばタイムリーヒットになるような打球を打ってくれるよう、そんな経験を積んでほしいから。私なら木浪の今後の野球人生を見越して、そっちを選択する。だいたい、相手にとってもそのほうがよっぽど嫌だったろう。鳥谷よりも木浪に期待してスタメンに使っている意味を問いただしたくなった瞬間だった。

自分たちが考える以上に、すごい選手になれる可能性があるんだぞ。そんな体育の先生みたいな矢野監督も、負けがこんでくると余裕がなくなるのかもしれない。いっぺん、気分をリフレッシュして、自分のやるべきことと、やり方を再確認したほうがいい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年4月18日 at 09:18 | Permalink

    青柳は好投しても勝ち星が付かんねぇ…
    ナイスピッチングやったし勝ち星を付けてあげたかったのにねぇ…
    勝てなかったのか?負けなかったのか?
    タイガースの方がピンチの連続でしたが、ドリス抜きで同点で引き分けたのは勝ちに等しいんかなぁ…
    昨日の試合で若手投手陣のレベルが上がったのは間違いないですね。
    怖いヤクルト打線を抑えたんやから、自信を持って、これからのシーズンで活躍出来るで!
    今日はスカッと勝って甲子園に帰ろう!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2019年4月18日 at 09:34 | Permalink

    結果論から言うと、青柳を代えた矢野監督とブキャナンを代えなかった小川監督で明暗が別れてしまった。

    相手打者が嫌がっていた青柳(投球)には100点満点をあげたいです。

    あの怖いヤクルト打線をキリキリ舞いさせたのは気分爽快だったし、要所を狙い通りのゲッツーで良く抑えた。

    できれば続投(完投)させて欲しかったけど、まだ矢野監督からそこまでの「信用」(実績)を得ていないという事で仕方ない継投策。
    昨日のような投球を続ければ、西のように「9回まで任せた」の信用を勝ち取る事ができる、次もがんばれー!

    ジョンソン以降のブルペン陣も、極限のギリギリ状態を良く踏ん張った。経験値はめちゃくちゃ上がったと信じたい。

    木浪のバントについては、toraoさんに100%同意します。
    彼は進塁打を狙って打てる選手だから。
    ただ、バントするからには達川の雑音(右投げ左打ちはバント下手じゃけん)を覆して欲しかったなぁ。

    矢野監督、目先の一勝ばかり追いかけず「超積極野球」の原点回帰でお願いします。

  3. Posted 2019年4月18日 at 09:35 | Permalink

    勝てなかったけど負けなかった。気持ち的には五分五分です。苦しんでいた4番大山が先制HRを打ち、いい投球を続けながらも勝ちが付かない青柳が無失点に抑えた試合。であったが、クローザー不在のタイガースに対し、前日の試合で完投し休養十分のリリーフ陣のスワローズ。勝てば勢いのつくゲームであり、終盤の劣勢ペースをよく凌いだゲームだったと思います。

    能見・ジョンソンは残念な結果でしたが、毎試合抑えられる訳でもないし次頑張ってくれたらいいと思います。桑原は危ういながら点は取られなかったし、岩崎・守屋・島本のビハインド組は皆燃え滾る気合が伝わってきました。特に島本は肝が据わった面持ちで、「絶対押えてやる。打てるもんなら打ってみろ」オーラが見えました。登板過多が心配ではありますが、今季積んできた経験が良い方向へ積みあがってきたのだと思います。

    あと一つ言うなら、代打の切り札がいれば勝てたかも知れなかった。じっくり球を見る鳥谷は切り札タイプではないし速球についていけてない感がありました。原口が居たらなぁ。

    • ぴゅあらっく
      Posted 2019年4月18日 at 12:40 | Permalink

      今日は(* ^ー゜)ノ。代打ハヤタもいて欲しいです(笑)。

      • Posted 2019年4月18日 at 12:57 | Permalink

        ぴゅあらっくさま
        返信ありがとうございます。代打隼太のカードは持っておきたいですね。ファームで何してるんでしょうか。早く上がってきてほしいものであります。

  4. NT
    Posted 2019年4月18日 at 10:00 | Permalink

    久々に終盤からTV中継をじっくり見ました。8回能見には、随分難しい選択だと、シンプルにジョンソンで行けばと思ったら案の定で、矢野監督の采配に今季初めて大きな疑問を持ちましたが、12回裏ドリスが出てこなかったので、ああそれなら仕方ないと腑に落ちました。なので継投に関してはベストの選択をしておられたかと。特に、10裏、岩崎にスイッチして雄平勝負は、勇気ある選択だったと思います。 あと、桑原の状態が悪くちょっと心配です。 バレンティンのところはほぼ負けを覚悟してましたが、ラッキーというしかないですね。

    攻撃に関しては、木浪バントは全く同意です。無死2塁となったところで、強行策に転じるべきでした。その方が相手もいやだったはず。四球になった可能性が高かったのでは? バントするならそれからでよかったはず。 12表も、2死2塁のワンチャンに賭けて点が入る気はしませんでした。強行して1死1,3塁になる方に賭けた方が確率高かったのではと思いました。

    あとは、北条、初球のミスショット・・・ 真ん中のフォーク、確かにボールの切れはありましたが、決めて欲しかったです。

  5. 33
    Posted 2019年4月18日 at 11:33 | Permalink

    確かに木浪のバント策はちょっと残念でした。もしホームゲームであればまだ良かったんですがね。

    青柳を下げるタイミングは文句なし。
    その後に能見が出てきた時はびっくりしましたが、ドリスが実質不在だった事を考えると仕方ないでしょうね。

    追いつかれてからの展開を見ると「よく負けなかった」と思ってもいいかな?

    昨日の収穫は島本と守屋の経験値が大きく上がった事。あの場面で投げて結果を出した事は今後の継投を楽にすると思う。
    岩崎を含めた3人が能見と桑原のポジションを脅かすようならチームの活性化に繋がるでしょうね。

    あとはやっぱり打線。
    大山もあの一発だけで終わらずにもう一本ヒットを打てるようなら乗って行けると思うのですけどね。

  6. hi64
    Posted 2019年4月18日 at 11:54 | Permalink

    昨日は現地でした。
    ブルペンをチラ見してましたが,ドリスが全く出てこないので,なんかあるのかと思ってましたが,そういうことかと理解しました。
    青柳は,8回も行けば抑えたとは思いますが,去年までの青柳なら代えて正解。
    おそらく次くらいからはもう一段,信頼度が増していくことだろうから,次は完投目指して頑張れ。
    toraoさんもおっしゃっているように,木浪のスリーバントは,「らしくない」采配。
    去年の梅野のスクイズを思い出しました。
    あー,失敗するだろうな,やっぱりな。。。の展開
    木浪にはあそこで大きく空いた一二塁間にゴロを打てる選手になって欲しい。
    首脳陣の信頼度がそこまでではないということでしょう。
    日々精進ですね。

    守屋,初ホールドおめでとう。
    毎日投げてる気がするけど,昨日も堂々と投げてました。
    ステージが一つ上がりましたね。期待してます。

  7. なかっち
    Posted 2019年4月18日 at 12:10 | Permalink

    青柳の交代に賛否ありますが、私はあれで正解やったと思います。
    8回能見にはビックリしましたが、ドリスが投げられなかったんですね。
    ジョンソンもいきなり山田に対し頭部死球。去年までなら完全に退場の場面。今年からルールが改正されてて良かった。ある意味ついてた?球審の西本さんはナイスジャッジやと思います。

    木浪の2回の送りバントには皆様と同じ意見です。

    なかなか勝てそうで勝てませんが、昨日はよく負けなかったとプラスに考えたいです。
    そういう意味では今日の試合は凄く重要。借金5になるとかなり5割に戻すのに苦労します。ヘタしたら四番大山も変えざるを得なくなるかもしれません。(あくまでも私の私見ですが)

    チームがズルズル行ってしまう可能性も秘めるのが借金5やと思います。是が非でも今日勝って借金3で甲子園で読売を迎えてほしいです。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2019年4月18日 at 12:44 | Permalink

    飛行機移動日ゲームは無いな。
    両軍ともそれを見越しての前日からの投手起用なんでしょうね。
    青柳は頑張ったし、能見にジョンソンは仕方ない。若手ブルペン陣の経験値は上がり、連投した3人はお疲れ様でした。

  9. ぴゅあらっく
    Posted 2019年4月18日 at 12:49 | Permalink

    昨夜は現地観戦でした。ドリスが出てこないことに「どうしたんだろう?」と思いましたが、体調不良だったんですね。ドリス不在の中でサヨナラ負けのピンチを2回も回避したことは「よく頑張った」と思います。
    青柳投手も勝ちが消えてしまいましたが、ナイスピッチングでした。次回の登板(ハマスタかな)も頑張って欲しいです。
    打線が相変わらず繋がりませんね(^^;。大山のホームランの後に1点でも追加点が取れていたら、逃げ切れたと思います。
    木浪選手へのバントは現地でも不満の声が多かったです。ラッキーで無死二塁になったのだから、イケイケで打たせて欲しかったです。
    今日の先発は久々の岩田投手ですね。しっかり守って打線も援護して勝たせて上げて下さい(笑)。

  10. こうさん
    Posted 2019年4月18日 at 13:20 | Permalink

    青柳、「開き直りの(敢えて)全力ストレート」素晴らしかった。勝たせたかったなぁ。梅野も本人も球の行き先が分からない中での組み立て。改めて「ストレートだけじゃダメ」と知らしめてくれた。ストレートだけじゃバレに掴まってたはず。バレの怒りの顔、たまらなかった。

    …そろそろ藤浪の現状、公式発表してほしい。もう何も隠さなくていいじゃんか。藤浪の何がダメで、どこに希望がもてるのか…を。どうすれば本当に「失うものは何もない」という境地に辿り着けるのか。どうすればマウンドを恐れないで投げられるのか。誰が藤浪の背中を押せるのか。背中を押すコーチは間違っていないのか。何を根拠に1イニング限定で投げさせるという結論に至ったのか。…どうすれば心からマウンドで笑えるのか。

    意外とコーチよりも球団よりも、西が藤浪を変えてくれそうなんだが…甘いか。もう同じことを繰り返す藤浪を見たくはない。…見たくないんだよ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">