僅差接戦も貧打に泣く

ロースコアの接戦は自分たちの土俵。伏兵の一発は食らったが岩貞は好投。守備も好守で盛り上げ、ジョンソン、ドリスを投入したが、ゼロでは勝てぬ。
決定力に頼らずともいやらしく得点を重ねる技を目指すも、まだ未熟というのはある。読売戦でかっこつけたい気持ちのために、泥臭さに徹しきれないのかもしれない。

関係のない話を持ち出す。少しエンジンがかかってきた風はあるが、逆転の広島がサッパリで、それがそのままヤクルトに乗り移ったようなシーズン序盤だった。もっともそれを恐れたのが広島緒方監督だろう。石井打撃、河田外野守備走塁の両一軍コーチを引き抜かれたからだ。ある意味、丸の引き抜きよりも嫌だったかもしれない。
ヤクルトはそもそもコーチにカネを使わないチーム。外部招聘より、内部調達のアットホームな運営だ。諸々条件が整っていたのかもしれないが、連覇チームの屋台骨を支えるコーチ2人をそっくり抜いたのは意外だった。
当てずっぽうにすぎないが、打撃技術の教え方もさることながら、試合における攻め方の指示が的確だからこそ、一気の集中打や終盤の逆転劇が多いのだろう。
これまた当てずっぽうだが、これだけ同じ投手に対策できないところを見れば、打撃技術もさることながら、無為無策が続いているのだろう。

さて、「まさかの最下位」だった昨シーズンから、「そら最下位よな」の今季になってしまうのか。そんなことにはさせないと踏ん張るのか。メッセ、桑原まで抹消になったここが踏ん張りどころ。踏ん張ることに大変大きな意味がある。踏ん張って踏ん張って、そこで力の出し方、使い方を憶えていくのなら、私は結果は問わない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年4月21日 at 09:55 | Permalink

    「そら最下位よな」
    いろいろあるけど、助っ人(打者)の差だけでもそう思います。

    「愚痴」を言えばキリがないのでヒトコト「糸井は疲れている」休養日を設けるべき
    (福留週2、糸井週1ぐらい)。
    矢野監督も「今日は休養しろ」と言える上司であって欲しい。


    「良かった事=ウチのヤングマン=キナチカ」

    木浪は北條より守備センスに長けている。
    使い続ければ「守備だけでも使いたい選手」に成長するだろう。
    勿論打撃もまだまだ伸びしろを感じる。

    近本は野球脳に長けている。
    あんなに抜け目のない走塁をする選手はタイガースでは珍しい。

    初回、あの走塁を活かせなかった事で悪い流れになってしまった。

    以上。
    力投の岩貞すまん!

  2. 虎轍
    Posted 2019年4月21日 at 10:23 | Permalink

    昨日も負けましたね。
    苦手意識を払拭せんとアカンね。
    岩貞は良く投げたと思いますが、先制点を取られると辛いね。
    初回に近本が脚で稼いだチャンスも先制点に繋がらへんかってガックリときたんかなぁ…
    メッセンジャーが打球が当たって打撲で抹消になりましたが、幸いにも来週の金曜日は試合が無いので、ローテーションはそのまま行けそうですね。
    どこかで才木が入ってくるでしょうがね。
    今日は西で勝つ!
    言霊や予祝では無いですが、勝つ!勝つんや!
    タイガースの選手が悔しい気持ちを爆発させて勝て!

  3. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2019年4月21日 at 11:48 | Permalink

    相手を意識しすぎかなぁ。
    読売がなんぼのもん。他所からの寄せ集め。

    岩貞頑張ったよねー。

    やはり、ヤクルトの例があるようにコーチって大事なんですね。
    どんな理由でカープ抜けたんですか、知りたい。

    でも、大山、近本、木浪、この先が楽しみです。

    今日はどうしても、西に勝ち星を取って欲しい。

    援護を!

    • hi64
      Posted 2019年4月21日 at 18:34 | Permalink

      河田コーチは分かりませんが、石井コーチは以前、テレビで特集を組まれていました。
      石井コーチの娘さんが、テニスのジュニアのかなり有名なプレーヤーで、プロを目指して本気で取り組まれているらしく、石井コーチは父として近くでサポートしたいという理由で、カープを退団したということでした。
      それはそれとして、スワローズは何となく宮本政権への禅譲に向けて、良いコーチを集めているのではないかと思ってます。

      • トラ11 さんのアバター トラ11
        Posted 2019年4月21日 at 20:37 | Permalink

        hi64様、有難う御座います。
        やはり、強いチームを作り上げたコーチと言えども、ご家族のことが第一なのですね。
        河田コーチ自身も、ご家族の事情があったのでしょう。

        それにしても、ヤクルトは宮本政権になる布石なのでしょうか。

        ドラゴンズも与田監督になり、雰囲気が変わってきているような気がします。

        隣の芝生は青いなんて、決して思っていません(笑)

  4. こうさん
    Posted 2019年4月21日 at 12:00 | Permalink

    去年のコメントに書いたが石井コーチ取りたかったなぁ。「家族の為に」広島を離れたが関東拠点のチームなら続けられたのか。タイガースは無理だったか地理的に。

    同一カード5連敗。大差負けあり。昨日は僅差負け。途中から菅野を降ろした日もあった。少しずつ読売を追い詰めてるよ。今日の西に対して読売は全力で勝ちに来るだろう。「なぜ菅野に出来なかったのか」学ぶチャンス。学びすぎて西を孤独にしないように。

    糸井の怠慢走塁、もしかしたら矢野監督を試したんじゃないかな。「俺にも懲罰あるんでしょ?」って。矢野監督は断行できなかった。これは後々に響く。

  5. Posted 2019年4月21日 at 12:03 | Permalink

    岩貞、今回は頑張ったのになぁ。石川に打たれたのもそんなに悪い球ではなかった。あのコースをバックスクリーンまで持っていかれるとは、パンチ力があるって言うか今年のボールは飛びすぎって言うか。次、同じピッチングできたら次こそ勝てるよ。たぶん、知らんけど。

    まあでも同じピッチャーにやられ過ぎよね。対策が悪い?データが悪い?トラックマン故障してない?連打は難しいかもしれんけど、三塁ランナー返す内野ゴロや犠牲フライ打てる技術は打順関係なく全員が持っていてほしい。弱者が勝つには泥臭い点の取り方を覚えていくしかないでしょう。

    今日は西のピッチングに期待。先制点取ったれよー。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2019年4月21日 at 12:12 | Permalink

    初回の近本の胸のすく走塁は、センスや積極性の塊で大好き。
    2回のバントも上手く、どちらも何とか点に繋げてくれんかったかな。
    木浪も初ヒットから調子を出してきた感じ。守備でも球際に強かった。

    小林岡本坂本石川と関西人に打たれまくり。今日は亀井に気をつけてや、中島も。

  7. セサミ
    Posted 2019年4月21日 at 12:38 | Permalink

    普通にやれば勝てるんじゃないか?と甘く考えている部分が大きいように思います。
    去年最下位で、ジャイアンツには今年まだ勝っていないのに、です。
    相手は初回から前進守備して内野ゴロで刺す作戦までして勝ちにきているのに…しかもそれにまんまと嵌るし。
    濱中コーチのコメントの「カーブにやられた」て、投球の4分の1がカーブのピッチャーに今更なに言ってんの?と思いました。
    動く球が苦手なのは相変わらずで、でもカーブは捨てて打席に入る人多数。相手投手がたまたま調子悪くて、球が高めに集まり動かない棒球になることを期待しているんでしょうか?
    負けたことよりも、ジャイアンツのほうがしっかり準備して臨んでいて、昨年最下位のこちらが他力本願野球をやっている感じが我慢なりませんでした。首脳陣が刷新したのはジャイアンツも同じ。裏方含めて、しっかりPDCA回して、で、ようやく三年後くらいに戦える集団になるんじゃないでしょうか?プンプン!

  8. 設楽 文男
    Posted 2019年4月21日 at 12:53 | Permalink

    タイガースは未だ野球いや、それ以外のスポーツ全体の基本中の基本が徹底されていませんね。常に全力プレーを心掛ける事。糸井の怠慢ぷれー、これは評論家も指摘ていた。昨日上の試合が面白くないので、ファームの交流戦を見ていた。ジャイアンツ戦でのこと2アウト1,2塁で次打者のセンター奥のヒットで2塁ランナーが全力疾走しないで、一塁ランナーが3塁を狙ってタッチアウト、その時間がホームインの時間より早いと判断されてホームインが認められない。去年も同じような事があった。1アウト2,3塁で次打者が珍しくセンター深くフライを打ち上げ当然3塁ランナーがホームインすると思ったが、2塁ランナーが3塁を狙ってタッチアウト。1点もはいらず。このときは2塁ランナーが責められていたが、三塁ランナーが常に全力プレーを心掛けていたらこのようなことは起きなかったはずである。戦力的に他チームより、劣っているころはわかっていることは認めるが、せめて、ファンを納得させる全力プレーくらいやってほしい。特に年棒の高いベテランに目立つ。タイガースの総人件費が12球団の中でも上位であること、ベテランの味は有るものの、現在では給料にあった働きはしていないと、断言できる。ベテランはしばらくベンチにいてもらいたい。どうせ勝てないならきびきびしたプレーで勝てない中でも、将来に希望を持たせてほしい。

  9. Akira28
    Posted 2019年4月21日 at 13:07 | Permalink

    今日、traoさんがご指摘された通り、コーチが如何に重要かと思っています。
    タイガースが生え抜きの選手を育成し、一流の選手として活躍させる為には、外部から優秀なコーチやスタッフを召集することを球団が真剣に考える時期に来ています。
    読売戦6連敗となれば、球団幹部も慌てずにはおられまい。
    西、頼む。君の投球フォームに隠された動作は球界最高レベル!
    読売に勝ってくれ!

  10. なかっち
    Posted 2019年4月21日 at 13:44 | Permalink

    昨日の試合は仕事で見てません。今日も仕事で見れません。
    皆様のコメントを読んでてコーチの重要性について書かれてますが、今更ですよね(笑)私はタイガースの選手には配球を読む能力が他の球団の選手より劣ってるのではないかと思います。それならそれでベンチが指示を出せば良いとは思いますが。

    もし今日負ければ対読売戦開幕から6連敗。歴史的屈辱ですね!
    もう伝統の一戦なんておこがましい。相手に失礼ですよ。

    このまま行くのか、それとも緊急補強に走るのかわかりませんが、ちょっと深刻な状態になりつつありますね!

    来週末から12連戦も始まります。今が一番苦しい時かもしれませんね。

  11. 設楽 文男
    Posted 2019年4月21日 at 14:13 | Permalink

    ついでにもう一言言わせてください。昨日の試合後の矢野監督の談話は何を糸井に遠慮しているのか。若手が作った初回のチャンスに外野フライはともかく、ぼてぼての内野ゴロも打てず、次のチャンスに一度もバットを振れない。とにかく、チャンスに弱すぎるだけでなく、守備も危なっかしくて見て居られない。故障しているのなら試合から外すべきである。若手に叱ることは簡単であるが、ベテランを注意して臍を曲げられるなら試合には使うべきではない。監督としては難しい事かもしれないが、これが出来なければ、監督として成功はしない。若手に示しがつかない。嗚呼、星野が懐かしい。

  12. 設楽 文男
    Posted 2019年4月21日 at 17:38 | Permalink

    今日3回目の投稿しかも愚痴ばかりで申し訳ありませんがお許しください。当方70年に及ぶタイガースfファンです。もう私が生きている間にタイガースの優勝はあきらめています。今日の3連戦最終戦も負けるように負けるように試合をやっています。9回表の失点も打てないうえ相変わらずエラーの多い上本の守備ですが、素人の1塁手の陽川ももう少し体と手を伸ばせよ。昨日もショートのワンバウンドの送球をさばけなかったり。ただ漫然と野球をやっているんじゃあないよ。全く腹が立つ。何を言っても打てないことが一番の原因であるが。戦力が一番弱いことは覚悟していたが、こうも早く一番下に落ちるなんて情けない。あとは残り百何十試合新人含め若手数人の活躍だけを楽しみに試合を観る所存です。全く気分が滅入るよ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">