二死からの得点は成長の証

なぜ阪神マルテに守備固め?むしろ不安定/真弓明信(ニッカン)

これはホントにそう思う。基本的にレギュラー(マルテ、糸原、大山、木浪)の守備力は低くない。試合終盤でも、サードは大山を置いておくのがいちばん手堅く、糸原にすることで緩む。ファーストマルテはそのままで十分。
糸原サード、大山ファーストは守備力を下げているように感じるので私は反対だ(あくまでも感覚。データなし)。
セカンド植田が糸原よりアウトレンジを広げられるかも疑問(これも感覚。データなし)。植田はまず盗塁を仕掛けられるとっておきの代走であることが重要で、守備固めとしての活用は二の次でいい。

さて、2回表に西が高橋に2ランホームランを食らって動いた試合だったが、そのウラすぐにマルテがお返しの2ランで同点、さらに二死走者なしから西がヒットで出ると近本が俊足飛ばして内野安打、糸原がレフト右へタイムリーヒットで3-2と逆転。さらに糸井が粘って四球を奪い満塁とすると、大山がつまりながらもセンター左へ運ぶ2点タイムリーで続いて5-2。ビッグイニングとして、甲子園コンプレックスを克服中だった「スターター」又吉に仕事をさせなかった。

5回には先頭福留が四球で出ると、梅野に送りバント。マルテ倒れて二死から木浪が浅く守っていた左中間を破るタイムリー三塁打で加点。試合展開上、どうしても先に欲しかった追加点を奪い、点差を4点に広げる。西は7回に連打で1失点するも、なんとか後続を断ち7回3失点でお役御免。8回表ジョンソンが前の試合の憂さを晴らすと、8回ウラ阪神は二死からチャンスを作り、大山の三遊間クリーンヒットでダメ押し。7-3と再び4点差とする。最後は緩めることなくドリスが締めた。

マルテの本塁打以外の5点は、すべて二死から出たタイムリー。相撲は追い込まれても俵に足をかけて自分を有利にできるが、野球も二死に追い込まれれば、走者はバットに当たると同時にスタートできる優位性があり、得点チャンスは広がる。土俵際に追い込んだ側が、安易に前に出て土俵際で逆転技を食らうように、二死になると投手は「あと1アウト」を早く取りたくて、勝負球でうっちゃられる可能性が高まる。
そこらあたりの機微がわかるようになれば、冷静に仕留められる可能性が高まる。若い選手たちは着実に成長している。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年5月11日 at 10:05 | Permalink

    昨日は聖地甲子園で現地観戦でした!
    あの球団には負けましたが、今年は甲子園で勝ってくれてますね。
    GWのキッズインタビューの時も(5月3日~5日は行ってませんでしたが)勝ててましたし、私も昨日で現地観戦3連勝で気分がええです(笑)
    聖地甲子園で勝ててるのは去年とは違うベンチの雰囲気なのか?
    満塁やチャンスで打てて無かった大山にもタイムリーが出て、一塁ベース上で笑顔でベンチに向かってジェスチャーをしてましたし、今はええ雰囲気やと思いたいです。
    8回裏に得点が入り、4点差になった時には9回に福永が出てくるかと思いましたが、そこは肩を作ってたドリスをそのまま行かせたんかな?
    PJは相変わらずの安定感を誇ってましたし、PJカーブがええとこに決まってましたね。誕生日おめでとう!GJ
    マルテも高めの球なら右膝が折れる事も無く、スタンドイン出来るのがええですね。ただ変化球の時は右膝が折れるので、それを修正出来れば打てると思います。
    西も二死走者無しからヒットを打っての得点に繋がって気分良く投げれたでしょうね。
    岩貞達のヒットを打てない投手に打撃指導をしたってな!
    一つだけ苦言を堤したいのは球審白井の適当なストライクゾーンは無いわ!
    今日はメッセンジャーで連勝を頂いときましょう!
    頑張れメッセンジャー!

  2. 西田辺
    Posted 2019年5月11日 at 11:05 | Permalink

    連休前辺りから、下位打線で得点に絡む攻撃が出来てきました。
    マルテがぼちぼち振れ始めたのと、木浪がオープン戦の
    様なスイングが出来ているのが大きい。
    そろそろマルテと梅野の打順を入れ換えて、梅野の負担を
    減らしてあげて欲しい。
    キャッチャーはかなりの重労働。
    怪我や故障に繋がる前に、ベンチも措置を考えて欲しい。
    12連戦で好成績を残した事による疲れや、気の緩みが心配
    でしたが、最後のあの試合はチームを引き締めてくれましたね。
    そう考えると、悪くない引き分けだったのかも。
    それと、ベンチ含めチームが活気に満ち溢れてます。
    ヒットを打った時のガッツポーズ然り、大山のタイムリー
    の時にベンチの数人と大山が「パンケーキダンス」でチームを
    盛り上げる。
    結果を出した時は、遠慮なく喜ぶ姿は今のチームの原動力に
    なっているかも知れませんね。
    心なしか、西のピッチングもチームに乗せられて躍動して
    いるように見える。
    今日もチーム全体で乗って行きましょう!

  3. Akira28
    Posted 2019年5月11日 at 11:13 | Permalink

    虎轍さん、甲子園三連勝おめでとうございます。いろんな意味で、羨ましいなぁ〜
    さて昨日、テレビを見ながら、音声ABCラジオを聴いていました。その解説が真弓明信さんで、マルテを下げて、植田をセカンドにつかせた場面で、この話をしてましたので、かねてからtraoさんを始め、このコメント欄で皆さんが指摘されることを被らせて聴いていました。
    虎ジジィさんに、マルテは守備の人とまで言わしめたほど、確かにマルテは守備が上手い。さすがメジャーでサードを守っていただけのことがあります。
    私も糸原より植田の守備が上手いとは思えず、明らかに終盤の攻撃力が下がることと、対して守備力が上がらないこと(むしろ不安)を考えれば、今日のtraoさんが冒頭にご指摘されたことに全く持って賛成です。
    ただ、人情味溢れる知将・矢野監督のことですから、何か意味があるのではないでしょうか。
    もしかして、次の読売戦を睨んで、近本、植田、江越の新スーパーカートリオを如何に活用するかのいろんな作戦を見極めているのかも!
    しかし、一昨日の引き分けに終わったことを全く感じさせないくらい、昨日のタイガースは強かったですね。いや驚きました!

    • 虎轍
      Posted 2019年5月11日 at 12:50 | Permalink

      Akira28様こんにちは。
      4月30日、5月1日と昨日の3連勝です(笑)
      その前のGに負けたのが辛かった。(木浪の4打点だけの試合ですが…)
      毎年聖地甲子園での観戦試合は勝ち越してたのですが、去年の観戦試合は借金2でした。
      今年の観戦試合はオープン戦、京セラドームも入れても、貯金生活が出来てます。
      タイガースが、阪神が現地観戦で応援して勝ってくれると楽しいし、嬉しいですからね(笑)

  4. 虎ジジィ
    Posted 2019年5月11日 at 11:24 | Permalink

    又吉が先発しており、実質中継ぎエースの又吉がいないゲームであり「序盤にリードすれば」と思っていましたが、その通り、理想的な展開でした。
    エエ野球が出来てますねぇ。

    「調子が悪かった」という西ですが、ちょっと足をひねったような変な間の後連打され先制はされましたが、あとは気にせずニコニコ楽しそうに投げていました。
    ある意味、あの明るさとテンポの良さが打線にも元気を与えるのかも知れません。

    普段はファールゾーンにしか行かないマルテの大飛球が、いい場面でフェアゾーンに弾丸ライナー入り同点。
    昨年までなら確実にこの2点で終わっていたであろう打線ですが、2死から西が打ち(これは古いタイプの解説者エモやんとかなら「ここは塁に出んでも次の回1番からだから」などと言うだろう)近本が脚で繋ぎ、糸原、大山のタイムリーが飛び出すという最高の攻撃になりました。

    やや疲れの見える近本ですが、何かしらのカタチで得点に絡んでいたり、彼が内野ゴロを打つだけで相手の内野手があたふたするのは観ているだけでも楽しい。

    昨年まではなかなか無かった「中押し打」を昨年はいなかった木浪が打ったり、ダメ押し打を打った大山が、チャンスでもホグレてきたのも収穫。

    バースデージョンソンは無敵モードだったし、抜けまくっていた不調ドリスも球威でねじ伏せ、結果的には継投もピタリとはまりました。

    強いチームの勝ち方だ。

    余談ですが、昨日のコラムへのコメント見たらほぼほぼ「田淵パジャマ」から入った私と同世代か更に上(笑)。
    読売さえ倒せば「集団ポックリ」起こりそうで怖い(笑)。

  5. こうさん
    Posted 2019年5月11日 at 11:42 | Permalink

    西の調子の悪さなんか素人目には分からず。「今日もいい笑顔だねぇ‼️」と左団扇。毎回、変わらないテンションは絶対に自分に厳しくないとできない。西は勝ち星がないのが続いたが勝ち星の方から西に寄ってくるように見える。まさに少年野球の手本。

    いつぞやのコメントに「14日からの読売戦。掴まえるよ。」と書いたが、まさに射程圏内。時は来た‼️それだけだ‼️

    • 虎轍
      Posted 2019年5月11日 at 12:57 | Permalink

      橋本こうさん様こんにちは。(笑)
      14日からのG戦で連勝して掴まえたいですね。

  6. yalkeys
    Posted 2019年5月11日 at 12:04 | Permalink

    守備固めに関するtoraoさんの見解には120%賛成です。マルテの守備力は、上手か下手かで分けると上手だと思います。昨夜はマルテの同点2ランが大きかったです。ヒーローはホームでも3人でしょうが、マルテを入れるべきだと思いました。ヒーローの選択肢に迷うという現象は、嬉しい限りです。今日もメッセでカード勝ち越しが見えて来ました。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2019年5月11日 at 12:44 | Permalink

    自分も昨日のヒーインはマルテかと思いましたが、ジョンソンが誕生日だったとは知りませんでした。
    点を取られた後すぐに振り出しに戻した1発は、大変価値のあるものでした。

    大山の2本のタイムリーも4番の働きでした。

    西は100球に届いていなかったのと、打順が次に回ってくるので、もう1イニングかなと思いました。9回に4点差以上あればジョンソンというのも見ておきたい。

  8. ぽん
    Posted 2019年5月11日 at 22:34 | Permalink

    守備固めと考えるとおかしくなるのではないでしょうか?
    単にマルテの足の状態を考えて早めに引っ込めたいのだと思います。
    マルテout中谷inでもいいですが中谷は代打で使いたいのとファーストがそんなに得意ではない。糸原out植田inでもいいですが糸原の打撃は捨てがたい。となると現時点でのベストはアマチュア時代サードしてた糸原、ファーストも上手な大山とい選択になるのだと思います。矢野さんは2軍監督時代から選手のケガには気を遣っていますし守備がころころ変わるのは良しとしてないですからそこは分かってるけど苦渋の選択なのだと思います。

    • Posted 2019年5月12日 at 09:04 | Permalink

      私の主張は、試合終盤に守備力を低下させるのは問題だという単純なものです。
      もしマルテのコンディションが十分でないのであれば、相応の交代要員を確保すべきでしょう。

      • ぽん
        Posted 2019年5月15日 at 23:55 | Permalink

        相応の守備要員とは?その主張は理想ですが現実的ではありません。発展途上と矢野監督も認めた上で試合終盤の守備力低下<マルテのケガ再発による長期的なチーム力低下と監督は考えているのでしょう。素人がネットで口だしするようなことを内部にいるプロは何十倍も考えてます。私も立場は伏せますが以前内部でやってましたのでさすがにピント外れな意見には一言言わさせてもらいました。謙虚にブログ活動続けてください。選手や首脳陣を安易に叩くのではなくある程度信じる、これがファンだと思います。
        P.S真弓監督の守備軽視、求心力のなさは肌で感じておりました。解説者の言葉なんてちゃんと見極めて引用した方がこのブログも見てもらえるかもですね。失礼いたしました。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">