連敗も負け越しも久々

久~しぶりの連敗、久~しぶりのカード負け越し。すぐに追いついたところまでは良かったんだけどなあ。
相手守備のビッグプレーと、微妙な走塁「ミス」で勢いを持ってこられなかった。
まあ、若い選手たちのことなので、糧にしてくれたらいいさ。そんなに簡単に貯金がたまりそうなチームではないんだから、きっちり自分たちの野球をしていこう。
しかしまあ、本当によそ様の将来有望な若者に夢と希望を与えるよね。
ということで、まだ録画全編は見てないので、あとよろしくお願いします。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2019年5月13日 at 07:43 | Permalink

    かつての甲子園優勝投手が凱旋勝利。
    まぁ、相手方にしてみればこれ以上ないほどの喜ばしい結果。
    この3連戦、とにかく高橋周平にやられまくった。
    初回のアレはファールっぽく見えたけど・・・。
    それと、相手捕手加藤の配球について行けなかったのが最大の敗因。
    昨日もtoraoさんが仰ってた通り、ここさえ投げとけば大ケガはないと
    という配球。
    その意図が読み切れてない。
    だから同じような凡退を繰り返す。
    そう言えば、今年から中日のヘッドにはかつての西武の司令塔伊東氏が就任
    してましたね。
    あの、いやらしいまでのしつこい配球はおそらく伊東氏の策略でしょう。
    それ以上に昨日の試合で情けなかったのが、先発の才木。
    前回5/1の登板もそうでしたが、とにかく初回から球数を使いすぎる。
    勝負に行ってのそれなら、まだ弁解の余地もあるけれど、どこか逃げ腰の
    ピッチングに見える。
    確かに中日打線は強力だけど、逃げて得られるものは何もないことは自覚
    して欲しい。
    残念ですが、次回のチャンスはないかも知れません。
    もう一度自分は何で生きていくのかを、考え直して欲しい。
    久々の負け越しの後、今季まだ価値のない読売戦。
    気持ち切り替えて再スタートです。

    • 虎轍
      Posted 2019年5月13日 at 10:23 | Permalink

      西田辺様おはようございます。
      昨日は現地で見てましたが初回の才木の投球は逃げてるように見えましたね。
      平田、ビシエドは怖いと思いますが、それを若さを生かして活きのええ投球をして欲しかったです。
      なんとなく残念な気持ちになるような投球でした。
      若さを全面に出して攻めの投球をして欲しかったです。

      • 西田辺
        Posted 2019年5月13日 at 17:28 | Permalink

        虎轍さん、返信どうもです。
        前回の登板も現地で見てたんですが、なにか恐々投げているように見えました。
        投手が相手打線に向かっていく姿を見せれば、味方の援護も変わってくるはず。
        今、自分が何を求められているのかをもっと理解して投げて欲しいですよね。

  2. 虎轍
    Posted 2019年5月13日 at 07:58 | Permalink

    昨日は聖地甲子園で現地観戦でした!
    負けました。
    すんません。
    初回のアレはファールでしょ?
    誰がどう見てもファールやのにリクエストも聞き入れへんなら、アホ審判は辞めてくれ!
    令和の時代に野球の審判は職業から無くなれ!(怒)

    初回の裏の攻撃で同じシチュエーションになって、同じように得点した時に、福留のセンター前で大島がバックホームした時に三塁に走ってへん大山!
    野球する気あるんか?
    誰もカットに入らずに、大島の投げた状況で三塁に行ってへん時点で負けとるど(怒)
    そんな走塁が出来ひんなら向上は無いぞ(怒)
    ちゃんと野球をしろ!
    昨日の福留はタイムリーのその後は何に関してもさっぱりでしたね。
    なんかあったんか?
    守備でも捕れてる打球を捕れてへんし、バットを折られてるし、疲れてるんか?
    その折れたバットもサヨナラホームランを打った時のバットでしょ?
    セ・リーグ5万本目のホームランを打ったバットでしょ?
    なにしてんの?
    もう愚痴にしかならんので今日はここまでにしときます。
    負けてしまってすんませんでしたm(__)m

  3. Posted 2019年5月13日 at 09:45 | Permalink

    昨日はイライラしながら観てました。負けている展開にはもちろん、両軍先発のレベルの低さに辟易していました。

    相手の初先発の清水は緊張もあっただろうし、経験のなさが出た投球でしたが、あの程度の球が打てないタイガース打線にイライラ。

    方や才木は先頭京田にフォークを拾われたあとは終始逃げ逃げの投球。下柳氏がランナー有り無しで球が全然違うと言ってましたが、セットの練習なんかしてたのでしょうか?昨年活きの良さを買われて経験をつんだはずが、もう守りに入ってる?もう一度ファームでセットの練習しながら、自分のセールスポイントを見つめ直すべきですね。

  4. ぴゅあらっく
    Posted 2019年5月13日 at 10:48 | Permalink

    昨日の才木投手は攻めの投球が出来ていないことも残念でしたが、チャンスでの2度のバント失敗もガッカリしました。
    清水投手を打ち崩すチャンスはあったのに、あのバント失敗で流れが途切れてしまいました。
    才木投手は登録抹消されて代わりに秋山投手が昇格するようですが、鳴尾浜ではバント練習もしっかりやって来て欲しいです。
    チームは6カードぶりの負け越しに連敗ですが、シーズンはまだまだこれからです。悪かった点は修正して、明日からの巨人戦を頑張って欲しいです。

  5. こうさん
    Posted 2019年5月13日 at 11:16 | Permalink

    ほとんど打席に立つことがなかった西がバントを決めヒットを打つ。しっかりと「意味のある練習」を、普段から集中して取り組んでいるのが伝わる。失敗したら「なに笑っとんねん‼️」って言われるからね。近本の疲れが目立つ今、才木のバント失敗は致命的だ。「セ・リーグは打席に立つから」と、西は入団前から準備していたはずだ。「週1回の打席」で2度の失敗…寂しいね。

    読売とヤクルトが潰し合いをしてくれたからゲーム差は変わらず。ただ広島に並ばれた。読売はしっかりと貯金を稼ぎに来る。ここが春の踏ん張りどころ。

    ナメられるなよ。

  6. 設楽 文男
    Posted 2019年5月13日 at 11:56 | Permalink

    不甲斐ない負け試合の時は思い切りボヤキを入れさせていただきます。 今の才木はまだまだ一軍のレベルにはなっていないですね。球威、コントロール、変化球のキレどれを見てもダメです。たまたま運が良くて2勝しているが。前回の登板の時前半は良い球を投げられていたので、下でじっくり研鑽してまたチャンスを掴んでもらいたい。 タイガースは何年経ったらまともな外国人野手を連れてくるのですかね?昨日の高橋の一塁ゴロ(敢えてそう言いたい)ビシエド、ゴメスなら捕球して併殺を完成していたでしょう。先日の青柳が投手ゴロを一塁悪送球の時も捕球する態度も全くなかった。打てればすこしは我慢もするけれど、あのフォームでは期待できません。そして、何年も責任者が責任も取らない。タイガースの選手は総じて速い球に弱いですね。でも見逃しの三振が多すぎる。厳しい球でもなんとか食らいついてカットかファールにできないものですかね?昨日の最後の打者の大山はいったい何を考えてバッターボックスに立ってたのか、まったくがっかりです。まあそれでも、戦力から見た場合良くやっているほうだと、自分を慰めています。今後のことはわかりませんが。何とか5割の線キープしてもらいたいものです。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2019年5月13日 at 13:04 | Permalink

    若手投手に初白星を献上と、ベテランやルーキーに優しいなあ。

    読売戦前に下位チームを叩いて弾みをつけたかったけど、まだまだですね。
    もう初勝利しないと借金生活になり、ズルズル行ってしまわないように。

  8. yalkeys
    Posted 2019年5月13日 at 14:23 | Permalink

    最後の大山の打席はがっかりと怒りの共演(競演、どっちが正しいの?)でした。三振でもいいから振って欲しい。見逃し三振のボールもストライクでした。4番らしい打撃が続かない。このままだとG戦も・・。
    いやいやマイナス指向はやめましょう。

  9. Akira28
    Posted 2019年5月13日 at 19:32 | Permalink

    皆さんお怒りの声は、ごもっともです。
    一回、高橋の打球はどう見てもファウル。マルテもファウルと決め付けてミットを出してますね。
    虎轍さんが仰っている通り、大山がサードに走っていたら展開が変わっていたでしょう。
    サードコーチャーが今年から藤本になって、どうも進塁が消去的に見えます。いつぞや、梅野が一塁から三塁に進まず、二塁ストップし、次のヒットでも三塁で止まって得点出来ず、結局負けた試合がありましたが、どうも今年は次の塁を狙う姿勢が希薄なのでは?
    近本の脚に隠れて、あまり批評されませんが、昨日のような新人投手には、脚でかき回すようなプレッシャーも必要かと、、、
    まぁ木浪の当たりを平田がファインプレーしたり、マルテが弾いたり、福留の守備が今一歩及ばずだったりとストレスが溜まる試合でしたが、これも才木の逃げのピッチングがもたらした災いなんでしょう。
    負け越しましたが、西やメッセ強打の中日相手に良く投げたと思います。
    それにしても、6回梅野一死三塁の場面で一点をもぎ取りに行かなかった野球はなんなんだ!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">