守り切り逃げ切りで連勝

前夜と同じ3-2で逃げ切り勝利。圧倒的な力があれば、中盤から終盤にかけてリードをぐんぐん広げて大差をつけるのだろうが、阪神にそんな力はない。でも、しんどい競り合いになっても粘りに粘って、最後ハナの差でも逃げ切る野球をやっていれば、成長はあるだろうな。
もちろん若い人のほうが成長の幅は大きい。精神的にもひとつひとつの失敗に学び、成功体験が自信になる。練習や、大差のついた試合でやるより、その1プレーに勝ち負けがかかっている状況でやるほうが経験値は断然大きい。
でも成長は若者だけのものではない。ピークを過ぎたベテラン選手にとっても、新しい可能性や工夫により、「これならまだやれる」というのを得ていくのも成長だ。
さらに、経験に裏付けされた技術や、勝つためのキモを、後輩たちにやってみせたり、教えたりすることでチームを成長させることもできる。
この試合にも「失敗」はたくさんあったが、最終的に勝てたのは失敗による被害をみんなで最小限に食い止められたから。ヤクルトも同じような感じだったが、最終的には失敗からの踏ん張りの差が勝敗を分けた。

ちょっとお疲れモードが続いていた近本だが、打って走って守っての大活躍良かったね。絶対に勝ち越し点を取られたと思った5回表、本塁タッチアウトにしたワンバウンドストライク返球はお見事。緊張感が高まるような場面でも、正確に体をコントロールできるんだろうなあ。
木浪の守備もどんどん良くなっているね。彼ら二人はしんどさを感じながらも、着実に成長している。

糸井もよう打って、よう走った。大山もね。まあ攻撃は思うようにいかず、チグハグなところも多かったけれど、今はできるように一生懸命やっとけばいいよ。

岩田は毎回毎回よくギリギリのところで耐えた。結局、バレンティンのソロによる1失点というのがミラクルのようだ。ゴロの山を築くのと、走者をためても併殺で切り抜けるのが持ち味ではあるけれど、さすがの図太さだった。

リリーフ投手たち、今日もおつかれさま。球児は梅野の配球を褒めたけれど、それは素晴らしいコントロールがあるからこそ。ボールの威力は多少衰えようとも、想像上の軌道の上に思った通りのボールを走らせていく技術の高さが冴えた。

球児からは熟練の職人を感じたが、梅野も相当な職人になってきたと思う。ピンチの連続だったけど、よく粘り強くボールを散らして配給していた。
それにしてもホントに逸らさなくなった。過去しばらく、阪神は暴投が多いチームという印象があったが、昨年今年と梅野が座っている限り、捕逸はもちろん暴投が極端に少なくなった(これまた印象、すべて記録未確認)。
バズーカも素晴らしいし、3割超えの打撃、コンパクトな回転のインコース打ちホームランも本当に素晴らしかったけれど、やっぱりいちばん地味な壁能力を褒め称えたいな。

さて、3度目の正直で「勝つバイ」もクリア。今日は前回守備で足を引っ張りまくった遥人に、ファインプレー連発と援護点ドバドバで今季初勝利をプレゼントしよう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年5月23日 at 10:11 | Permalink

    まさに「守り切り」、
    特にショートの守備力の差で勝てたゲーム。
    2安打2盗塁(盗塁単独トップ)1犠打1捕殺(リーグトップ)の近本は勿論ですが、昨夜打てなかったショート木浪も守備力だけでもスタメンの価値あり!

    先発岩田は神宮で投げた前回より、かなり不調(やはりインコースを投げ難そう)でしたが守備に救われたカタチ。

    イレギュラーでも何でもしっかりゲッツーを取る木浪の守備と、近本のレーザービームなどで、結果的には6回1失点と試合を作ってくれたけど、ベンチはヒヤヒヤだったでしょう。

    因みにバレンティンに食らった一発は、直前のインコースで「睨まれ」まんまとバレの罠にはまった感じ、まあソロで助かった!

    打撃陣、まずは梅野のHR「乾いた美しい打球音」に、彼の打撃好調さを感じました。

    あとは「一本が出ない」膠着状態がお互い続きましたが7回、、相手が勝手にミスをしてくれ、糸井のタイムリー&大山の打点は付かないヒットはバレンティンお手玉の間に糸井の激走とスライディング技術もあってのモノ。
    前日激走した福留と共に二人は生きた手本!

    アチラのミスで勝った為、ヒーインの人選にも困ったようでしたが、個人的には7回表球児が連打でピンチを迎えるも、青木にNPB通算1500安打のボードを持って来てくれた「ツバ九郎」かな(笑)。
    あの「間(ま)」で球児も落ち着き、梅野も山田&バレンティン対策の配球(山田は3球勝負、バレには5直球後フォーク)を考える時間ができたか連続三振。
    ツバ九郎は、言わばスワローズの良い流れを断ち切ってくれた立役者か?!

    7回を2点リードで終われば、もう安心!
    2日続けての「阪神タイガースらしい逃げ切り勝利」でした。

    toraoさんも仰るように今日は遥人にたくさん援護してあげて欲しいです。

  2. Posted 2019年5月23日 at 10:22 | Permalink

    ジリジリと焦らす展開にハラハラ&イライラでしたがよくぞ競り勝ちました。球児の場面は痺れましたね。自作自演だけど(笑)山田・バレにバッティングさせなかったのはバッテリーの勝利ですね。ホームランも打ったし、ジンクス打破に燃えてたのかな(笑)今季の梅野は成長が数字にも我々の眼にも見て取れるほど。贔屓目抜きにしてベストナイン最右翼になってるんじゃないでしょうか。

    岩田はよく踏ん張りましたねぇ。6回7安打4四球はふつう3~5失点になりそうだけど、これが彼の持ち味ですね。でも春先に比べ少し疲れ気味なのか、制球が高めになって来てます。ガルシアが戻って来そうだし一度登板飛ばしても良さそうに思います。

  3. 虎轍
    Posted 2019年5月23日 at 10:31 | Permalink

    明日も勝つバイ!で勝ったよぉ~(笑)
    梅野はホームランよりホッとしてるでしょうね(笑)
    岩田は粘りに粘っての投球で試合を作ったが、三者凡退を作ってくれんと、見てる方がしんどいし、野手も大変やで。
    3ボールから真ん中高めに投げたらバレンティンならホームランにしよるって!
    まぁそれでも6回1失点は良かったよ!
    7回に久しぶりに糸井にタイムリーが出て良かった。その後、大山のタイムリーで糸井が生還した後のベンチ前で肩を組みながらはしゃぐ北條と平野コーチに大爆笑でした(笑)
    ええ雰囲気なんやろね(笑)
    球児が梅野を誉めて伸ばしてくれてますね(笑)
    打撃陣はもっともっと打って勢いを加速させよう!
    今日は聖地甲子園に現地観戦してきます!
    頑張れ遥人!
    頑張れタイガース!

    • 虎轍
      Posted 2019年5月23日 at 14:45 | Permalink

      近本は先日の広島戦で送球が逸れてホームでアウトに出来なかったですが、昨日はそれを修正してストライク送球で俊足山田をアウトに出来たのは、やっぱり賢い選手ですね。
      走者二塁からの三塁線に綺麗にバントも決めれるし、投手がランナーを意識してへんと感じたら三塁に盗塁出来るし、野球脳が長けてる賢い選手です。
      今度、近本のユニフォームを作ろうかと本気で考えてます(笑)
      今日も打って、走って、守ってを頑張ってや!

  4. ごま
    Posted 2019年5月23日 at 10:34 | Permalink

    おはようございます。

    『勝つばい』の翌日勝利、本当に良かったです。

    今日は私お気に入りのハルトくん、頑張れ〜!

  5. 西田辺
    Posted 2019年5月23日 at 11:25 | Permalink

    まあ連日しんどい試合をご苦労さん、って感じで。
    強打のヤクルトに勝とうとすれば、こんな勝ち方に
    なるのかな。
    打ち合いに持ち込んでも分が悪いですからね。
    強打者を揃えるヤクルトも、なかなか細かい事がやりづらい。
    それが2試合で6個の併殺になったのかも。
    岩田はとっ散らかりながらも、何とか最小失点。
    順番は違うがpdfの3人も勝ちのバトンを繋いでくれた。
    今日は高橋遥人が先発。
    気楽に腕をシッカリ振って梅野目掛けて投げ込んで
    くれれば、結果はきっとついてくる。
    打線も援護頼んまっせ!

  6. hi64
    Posted 2019年5月23日 at 11:30 | Permalink

    ベテランも成長できるという話。
    岩田に対する僕の印象は,
    得点を取ってもらうと失点し,味方が抑えられてるといいピッチングをする
    という投手で,典型的に勝ち星に恵まれない投手という印象です。
    また,ランナーを出すと途端にピッチングが窮屈になり,コーナーを厳しく狙った球がことごとく外れて四球を出し,開き直って投げた甘い球を痛打されるという,典型的な自滅型の投手であるとも思っていました。
    今年も,勝ち星に恵まれないのは変わっていませんが,自滅する姿は見ていません。
    ランナーを出しても,ゴロ打たせればいいんだろという投球が見て取れ,落ち着いて投げている印象です。
    その原因は,タイガースの守備がここ数年に比べて固くなっていることもあるし,
    梅野の粘り強いリードもあると思いますが,一番は,岩田自身の成長ではないでしょうか。
    精神的な面もさることながら,今年はフィールディングが良くなったような気がします。
    以前は,フィールディングに自信がなかったからだと思いますが,走者を出してバントの構えをされると,ダッシュに気を取られて投球が左上に抜ける(投げ終わる前にダッシュしているからだと思います)ということをよく見ていましたが,今年はそれがほとんどなくなりました。
    昨日も,一塁ゴロに対するベースカバーの反応も良かったし,すごく上手くなったなという印象です。
    あまり器用なタイプではないですが,相当練習したんだろうなというのが伝わってきます。
    ここ数年苦しんでいた岩田がここまでローテーションを守っているということがうれしいですし,もう一段成長して,勝ち星もついてくる投手になって欲しいと思います。

    • 虎轍
      Posted 2019年5月23日 at 14:36 | Permalink

      hi64様こんにちは。
      私も岩田の見立ては同じ認識でございます(笑)
      ええピッチングをすれば得点して貰えず負け投手に。悪くて失点すれば同点に追い付いて負けを消して貰える乱打戦になるという感じですね(笑)
      昨日の一塁ベースカバーも上手くなってましたね(笑)
      まぁ昨日も抜け球は多かったですが、梅野が巧くリードをしてたし、球審白井もありがたくストライクを採ってくれました。
      今年は完投もしたし、勝ちに拘って投げて貰いたいですね。

  7. なかっち
    Posted 2019年5月23日 at 11:55 | Permalink

    岩田は持ち味を存分に発揮出来てましたね。6回1失点。よく投げました。



    今日は遥人が先発ですかぁ。ヤクルトの高橋に負けず劣らずポテンシャルは高いのは皆さんもご存知の通り。しっかり腕を振って投げてほしいです。




    ガルシアが1軍合流し、小野が5回無安打無失点ピッチング。岩貞もいて藤浪も少しずつよくなりつつあるようです。投手陣は楽しみになってきました。

    夏場以降各チーム投手陣が疲れてくる時期に一気に爆発出来る予感がしてきました(笑)

    • なかっち
      Posted 2019年5月23日 at 13:16 | Permalink

      余談ですが、梅ちゃんバズーカは有名ですが、梅野がショートバウンドを後ろに逸らさないブロッキングの事を
      『梅ちゃんウォール』

      とスポニチ読者のアンケートで命名されたとか。

      流行るんですかね。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2019年5月23日 at 12:57 | Permalink

    守備の差が出ましたねえ。
    ベテラン、中堅、若手とガッチリ噛み合った感じの試合でした。
    ドリスも帳尻合わせの失点。7.8.9回と無失点というのは中々出来ないですから、2点差試合なら良いかなと。

    遥人ですから、木浪先輩は今日こそ頼みますよ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">