ガルシア完封で虎初勝利

序盤からホームラン攻勢で大量リードを奪い、久々登板のガルシアを援護。そのガルシアも二軍での素晴らしい調整をそのまま出し切って被安打4、奪三振6。移籍後初勝利を圧巻の117球、完封完投で飾った。

ここからガルシアが使えるようになるのか、それともアカンのか。試合前はどちらに転ぶのかわからなかった。アカンであれば、それなりにやっていくしかないが、当初目論見に近い投球をしてくれれば、今後の戦い方に大きな影響がある。そんな試合だった。
結果、ガルシアの投球内容は、春先のものとは全然違っていた。直球に威力があり、そのおかげで変化球も生きる。威圧感のあるフォームと球筋、見下ろすように向かってくる投げっぷり……結果は満点だった。
もともとローテの軸として計算していた投手が、額面通りの働きをしてくれる目途がったのだからそりゃ大きいよね。
青柳や岩田が頑張ってくれているうちに、遥人やガルシアがローテ定着にふさわしい投球内容。これでメッセ、西と合わせて6本の柱が立った。インフルで離脱した岩貞や、結果がイマイチだった秋山や才木に戻るスキがなくなり、二軍ローテで安定感のある望月や馬場にチャレンジの機会が回らなくなりそうなくらいの充実ぶり。こうなると、リリーフのうち1枚は、彼ら先発予備軍の中からロングリリーフ(第二先発)要員としてベンチに入れておくのもアリだろう。それに挙げた6人だって、結果が悪ければ、第二列と代えられるという危機感は持っているだろう。
ガルシアの成功の影に、二軍の香田コーチと一緒にやってきたフォームの作り直しがあったという。そういうのが二軍にいる選手たちに与える影響は大きいだろうね。コーチへの信頼感が強くなり、励みにもなる。
とにもかくにも、阪神らしい戦いを継続していくための貴重な戦力として、改めてガルシアが加わったのはめちゃくちゃ大きい。

たとえ、ガルシアが二軍で技術的な裏付けを手に入れ、自信に満ちていたとしても、試合展開によっては、それが発揮されないことだってある。だから、序盤から大量点を奪った攻撃にもいつも以上の価値があった。
さて、苦手濱口を長打攻勢で打ち砕いた背景に何があったのか。たまたま濱口の調子が悪かったのか、それともなにか配球的な傾向からマル秘のチームオーダーを出して、それがハマったのか、それはわからなかった。ゾーンを上げろ程度かもしれない。
でも結果として、やられた投手を打ち込んで早々にKOできたというのは大いなる進歩だ。
見た目には、打った選手の仕事だが、そこに至るプロセスにはスコアラーや分析コーチの発見やチャレンジがあったかもしれないし、打撃コーチや監督の思い切った判断があったかもしれない。「たまたま」かもしれないが、それでもやればできたのだ。今後も、たくさんいる苦手に対して、どんどん思いきった対策でチャレンジしてほしい。

マルテも中谷も会心の一発が出てよかったね。その後3打席が悪かったのも二人一緒。なんか面白い。

近本の先頭打者ホームランが効いた。3の3、全5出塁で打率も三割超、OPSも.825まで戻してきた。近本の調子次第で阪神の攻撃力は全然変わってしまうというのが現状なので、本人も周囲も体調キープしっかりね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年5月27日 at 09:44 | Permalink

    ガルシアありがとう!
    こんなガルシアを待ってたよ!(笑)
    ピンチになっても平然と抑える!GJ
    登板過多になりつつある中継ぎ投手陣に2日間の休養を与えてくれてありがとう!GJ

    いきなりの先制パンチの近本のホームランは最高やったし、タイガースに流れを持ってきましたね!GJ
    梅野もよく走り、マルテ、中谷も大変よく出来ました!GJ(笑)
    大山も仕事きっちりのだめ押しホームランはお見事!GJ
    昨日、torao様の話に出た植田海にもヒットが出て良かった!GJ
    ハマスタではみんながGJ!
    明日からの聖地甲子園でもみんながGJになってや!
    今日は楽しい気持ちで、陽気に仕事が出来てます!
    阪神タイガースにありがとう!GJ

  2. Posted 2019年5月27日 at 10:09 | Permalink

    777→0って(笑)
    強烈な復帰戦でした。ストレートに球威が出て来てビミョーに動いていたことだと思います。ハマスタのガンは少しだけ甘いような気もしますが9回に150が出た辺りも完全復調といっていいような気がします。香田コーチがいいアドバイスと指導をしたんでしょうね。屋根の無い所でもちゃんとできました(笑)

    苦手濱口を2回KOも大きい。「ゾーンを上げろ」以外にも指示あったのか、強い相手によくやられるイメージでしたが昨日はタイガースらしくないチームオーダーで攻略した感がありました。先頭打者HRは勿論大きかったけど糸原と二人で9/10出塁の1・2番コンビが頼もしかった。2回も2死から近本が6球目をヒット、糸原が7球目を選んで四球とこの時点で濱口は大分消耗しており、ファーストゴロ落球に繋がったのではないかと思います。

    日曜の快勝はほんっと気持ちイイ!

  3. 虎ジジィ
    Posted 2019年5月27日 at 10:25 | Permalink

    矢野監督が
    「今日の勝ちはチームにとってもすごく大きい1勝になるんじゃないかな」
    とコメントした事にはいろんな意味が詰まっていると思います。

    登板過多のリリーフ陣を休ませられたのは勿論、
    今のところ「季最大の誤算」であったガルシア復活で、強固な先発ローテーションが形成でき「カープ追撃体勢が整った」という確かな自信みたいなモノが芽生えたのではないでしょうか。

    赤髪にしたガルシアは一見チャラ男に見えますが、二軍降格後は自分の不甲斐なさに悩み、本文にもあるようにコーチのアドバイスを素直に受け入れ、基本の「走り込み」を続け復活したナイスガイ!
    あれだけ低めを意識し、9回に150㌔を計測するスタミナがあればそうそう打たれる事は無いでしょう。

    投球テンポも良いのでバックもファインプレーでもり立てた。

    季節外れの暑さも中米出身の選手には心地よいのか?、
    マルテの方もこのまま状態が上がれば、最大のウィークポイント「一塁手」も固まりますが、まだ信用はできませんね。
    1発後の沈黙とか、中谷と同調しなくていいのにねww

    このマルテや四番大山が打てば得点はたくさん入る。
    今までは近本&梅野の予想外の打撃での活躍で3点ぐらいを絞り取る野球でギリギリの試合をして来ましたが、昨日みたいな攻撃を他の球場でも希望します。

    藤浪の名前が出ないほどの投手充実ぶりで、今季ひょっとしたら‼️などと思ってしまう単純者の私ですww

  4. こうさん
    Posted 2019年5月27日 at 10:43 | Permalink

    やっと落ち着いた。数日前のコメントに矢野監督、藤井コーチ、梅野が一緒に映ったシーンのことを書いたが続きがある。矢野監督と藤井コーチは「梅野のタイガース」にしたい想いがあるのではないだろうか?

    古田のヤクルト、矢野のタイガース、谷繁の横浜、城島のホークス(決して城島のタイガースではない)、阿部の読売…。強いチームには打てるキャッチャーがいた。梅野を6番から下げないのも、それなら合点がいく。矢野監督の長期計画に思えて仕方がない。

    鳥谷への見解は以前も書いたが「打てないから二軍へ」ではなく「打つために二軍へ」である。…けど矢野監督は鳥谷を二軍へ行かせない気がする。それは矢野監督が城島加入と怪我が重なり二軍で終焉を迎えたから。鳥谷への「悔いを残させたくない。今ショートの競争に負けてるんだぞ?生き残りたいなら代打に切り替えろ‼️」という切実な想いを感じる。鳥谷が打って層が厚くなると考えてるならガッカリだが。

    それとメッセが投げた日の審判。確かに腹はたつがネットに溢れた「クソ審判、ヘボ審判、やめちまえや‼️」にはガッカリする。他球団のファンのモラルや目に余る行動には厳しいのに(厳しいのはタイガースが負けた時)、書き込む自分はどうなんだ?トラオさんの、この場所には「ユーモアの欠片もない」、そんなことを書く人はいない。

    ガルシア、やっとタイガースの一員だね。

  5. ガク
    Posted 2019年5月27日 at 10:58 | Permalink

    昨日は現地遠征でした。オリンピック用に増設工事中の横浜スタジアム、ライト側3000席去年に増設完了してるので昨日はハマスタ史上最多動員の32099人だとか。
    ベイファンの後輩家族とテラス席で優雅に観戦できました。めちゃくちゃ暑かったからビールが進む!試合内容も圧勝でなおさら楽しい!
    ハマスタは狭い球場ですがどのシートにもカップホルダーも背もたれもあって快適に観戦できます。テラス席もいろいろ用意されお客さんにやさしい球場です。
    そしてタイガースの勝率もよく阪神にも優しい球場で大好きですw
    前から思ってたのですが甲子園が日本一の球場なのは間違いない、ただ不満があるのは席とビールの種類。SMBCシート等以外のアルプス席は背もたれもないしカップホルダーもないのでいつもビールの置き場に困ります。
    あとビールの種類がほとんどアサヒしかない。何年か前にキリンがやっと入ったみたいですが少ないしサッポロ、サントリーはなし。ハマスタはアサヒ、キリン、サッポロ(エビスも)、おまけにハマスタ地ビールまで何種類も選べます。
    甲子園も席に限りがあるからというのはわかりますが、シートの改善とビールの種類を増やしてお客さんにもっと寄り添う球場になってほしいのです。
    あともちろん甲子園での阪神の勝率が上がるのが1番ですが(;^_^A

    さあ明日から甲子園で読売戦、横浜やヤクルトでせっかく作った貯金を吐き出さないよう前回の借りを返さなきゃ!

    • とし虎
      Posted 2019年5月27日 at 12:30 | Permalink

      ガク 様
      甲子園のカップホルダーですが、私はシート下の左右の穴に入れてます。(焼き鳥とビール)正しい使い方かどうかはわかりませんが、妙にしっくり収まるので。持っていたら応援出来ないし、足元に置いておいたら立った勢いでこぼして周りに迷惑を掛けるのも嫌なので。でも荷物が置けなくなるのが欠点ですけど‥。ご参考までに。

      • ガク
        Posted 2019年5月27日 at 14:51 | Permalink

        とし虎さま

        コメントありがとうございます。
        数年前大改修の時アルプスのシートも今の形状になり確かにシートの下に置けるようにはなったんですよね。
        ただカップをシートの下に置いたり取ったり動作がかなり腹筋にくるんですよね(;^_^A

  6. サヨナラ3ラン
    Posted 2019年5月27日 at 11:33 | Permalink

    阪神の打線が最も得点できる可能性が
    高いハマスタでのベイスターズ戦を
    復帰登板として選んだ首脳陣のナイス
    判断だったとも思う。
    今永や濱口など難敵であり、特に昨日の
    ように鮮やかな先制攻撃までも予想出来た
    とは思えないけど。
    やはり先制点は重要だ。特に勝ちのない
    ピッチャーには余裕が必要。
    ガルシアの好投は本人の技術面だけで
    なくベンチの考えと上手く噛み合っての
    ものだと思った。
    次はマツダかな?真価を問われるマウンド
    になるね。

  7. 西田辺
    Posted 2019年5月27日 at 11:46 | Permalink

    7失点・7失点・7失点と来て、7点援護の完封勝ち。
    上下激しいわ(笑)
    昨日のガルシアの姿は、去年散々やられたガルシアそのもの。
    何より、画面で見ただけでも球威が全く違うのが分かる。
    開幕3戦は何だったんでしょう。
    噂のあった股関節の故障が影響してたのでしょうか。
    大きな先発一枚が帰ってきました。
    これで打線が活性化すれば、明日からの読売・広島の迎撃態勢が整いそう。
    甲子園の濱口と、ハマスタの濱口はまるで別人ですね。
    実際過去の対戦もハッキリ色分けできます。
    明日からは甲子園での読売戦、マツダでの広島戦と交流戦前に試練の六番勝負
    となりそうです。
    ここで読売をブチ抜き、広島の喉元に喰らい付きたいですね。

  8. やまくん
    Posted 2019年5月27日 at 12:28 | Permalink

    後半ですが、
    待望の6番植田の形になってましたね。
    昨日みたいに左でもヒットを打てると使い勝手が広がる気がします。

  9. なかっち
    Posted 2019年5月27日 at 12:43 | Permalink

    貯金が今シーズン最多タイの4つ。交流戦を前に新たな先発投手ガルシアが帰って来たのは非常に大きい。

    toraoさん仰るように第二先発として、1人ないし2人ベンチに置いておくのも有りやと思います。私はベンチに投手をたくさん置いておくのに賛成派ですから。

    打線もよく濱口を攻略しました。どんな指示がされたのか知る由もありませんが、一回でも攻略出来たのは大きい。これで次回は相手が勝手に意識してくれます。


    明日からは讀賣、広島と交流戦前最後の6連戦。仮を返そうなどと気負わず、タイガースの野球をしっかりやろう!

    タイガースの野球とは打線が4点取って投手陣が3点以内に抑える野球。


    先ずは初戦をしっかり戦おう。




    話は変わりますが、先発投手陣青柳、岩田、遥人、西、メッセ、ガルシア

    去年ローテーションにいたのはメッセだけなんですよね。本当野球ってわからないですよね。

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2019年5月27日 at 12:47 | Permalink

    4月に4本塁打の近本の、復調を決定づける約1カ月ぶりの本塁打が、苦手濱口攻略の火付け役となりました。
    読売がヤクルト戦を大阪ドームで主催するように、タイガースも浜スタで主催試合を行えばええのに。

    ガルシアには7にまつわる話が多すぎ。何が変わったのかは分かりませんが、オープン戦では、5イニングしか投げて無いんですもん。ファーム公式戦も7イニングだけなので、調整不足だったんじゃないですかね。

    再び貯金は4になり、今週と交流戦が今後の行く末を占うことになりそうです。この1ヶ月で何としても増やすんだ。

  11. hi64
    Posted 2019年5月27日 at 12:51 | Permalink

    昨日は現地でした。
    真夏を思わせる日差しで,日陰のないスタンドはむちゃくちゃ暑かったですが,試合の方は快適そのものでした。

    軽く投げてるようなフォームから150キロ近い速球とスライダー,カットボールを駆使して,
    3球投げると1-2のカウントを作れる。
    去年,敵として見ていたガルシアそのものでした。
    実は真面目という性格もそうですし,ファインプレーをした糸原を二塁守備位置近くまで迎えに行って称える姿勢も含めて,応援したくなる選手ですね。
    ガルシアがローテーションではまってくれると戦力的には相当大きいですね。
    さあ,今週は,読売,広島との6連戦。
    上手く乗り切って,いい流れで交流戦に突入したいですね。

  12. Akira28
    Posted 2019年5月27日 at 19:34 | Permalink

    遅い時間にすみません。
    いや〜本当に快勝でした。
    あっぱれ、天晴れ!
    昨日の試合については、皆さまのコメント読みながら、そうそう、ほんまその通り、さすがの目の付け所、、、etcと共感しておりますが、やまくん様も触れられている件で、昨日traoさんが無性に実現させたいと仰ってあました6番植田海のこと。
    後半、何気に6番植田バージョンが出来ましたね。それも植田今シーズン初ヒットおめでとう!
    そして、昨日のマルテtraoさんの記事を読んだのではなかろうかと思われるマルテが、植田6番バージョンに危機を持ち、必死のパッチで打ったツーランホームランが、ガルシアの投球を楽にしたことは確かですね。
    それでもって、ファーストポジションを争う中谷の連続ホームランもお見事!
    大山も気づけば、読売の岡本に一本差と迫る8号もご立派!
    糸井も打撃に加えて、走り出しました。あの走塁が梅野のタイムリーを生みました。
    みんな良い意味で、競争、刺激し合って、そして助け合っていい感じです。
    鳥谷だって、誰よりも早く球場に来て、トレーニングし、誰よりも早く守備から引き上げてくる選手の出迎えに出て、最後は福留と声を掛け合っています。ずいぶん痩せた感じがする鳥谷に心が締め付けられそうになる私ですが、きっと若手の模範や相談相手になっていることと思います。新人・木浪に疲労が出た時、きっとタイガースを助けてくれるはず。
    今日の虎ジジィ様のコメントの末尾に隠された「もしかして、、⁉️」を私も期待しております。
    明日も「勝つバイ‼️」

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">