ビッグイニングで対戦連敗止める

2回だったから7点でも代えられなかった広島と、6回だったから5点で代えられた阪神。
まあとりあえず3人のうち、1人は攻略できたということで一歩前進だ。
守屋かっこいいね。05年の球児っぽくなってきたよ。19年の球児も05年の球児っぽいけど(笑)。
ま、そういうわけでまだ録画見られてないので、あとよろしくお願いします。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2019年6月3日 at 07:31 | Permalink

    ガルシアという投手は、どうも7点に縁があるようです(笑)
    お互いに、1イニングで大量点を取り合い、それがそのまま最終スコア。
    リードしての競り合いなら負けないってチームができつつありますね。
    昨日は首尾よく2回に点を取れましたが、あとは如何に序盤から小さくとも
    リードを奪う攻撃が出来るかですね。
    明日からは、ペナントの趨勢を占う交流戦。
    まずは、ロクな思い出のないマリンスタジアム(笑)
    今年から外野スタンドにテラスが出来て、ホームランへの警戒度数が上がって
    います。
    臆することなく、真正面からぶつかって行きましょうや。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2019年6月3日 at 07:41 | Permalink

    テレビで言うところの
    「途中、お見苦しい映像が流れまして、誠に申し訳ございません」
    からのリリーフ陣が何事も起こらなかったようにキレイに尻を拭ってくれたゲーム。

    ガルシアのボールも高くなっていたけど、草野球みたいな守備の連発はいただけない。

    ポスト球児(守屋)と本家球児を含め、当たり前に抑えるPJ &ドリス=持って行かれかけていた「流れ」を食い止めたリリーフ陣達には感謝です。

    打は、四番大山が仕事をすれば勝てる。
    逆なら負ける。
    今のタイガースは、そんな単純構造なチームです。

    あとは、守りで普通のプレーを普通にやって欲しい。
    守備がはちゃめちゃだと僅差のゲームでは大火傷になる。

    中押しもダメ押しもできず不細工な勝ち方でしたが、
    どんなカタチであれ、勝てて良かったです。

    さあ勝負の交流戦へ!

  3. Posted 2019年6月3日 at 07:59 | Permalink

    またも7縛り(笑)ここも「ブチ破れ!」で8点目を取って欲しかった。チャンスは何回もあったのに勝ちムードが貪欲さをなくしてしまったのように感じました。逆に2回の集中力は凄かった。BP相手でもあれだけ打たんたろってくらい繋がる繋がる。気持ちの良い集中打で金土の鬱憤を晴らしてくれました。でも、集中力っていうより流れと言うか勢いに乗り遅れずに皆が続いたって感じ?

    ガルシアは全般的に球が高く、球威と大量リードがあったから抑えられた感じですね。前回良かっただけに期待していましたが、昨日の内容ならこの先も少し心配。集中力もかけてたように見えましたし。次も屋根のない甲子園ですが大丈夫?

  4. 虎轍
    Posted 2019年6月3日 at 08:18 | Permalink

    マツダでタイムリーを打たれた事の無いアドゥワから1イニング一挙7得点があるとは予想外やったね。

    7にまつわるエトセトラ。
    Mr.7のガルシアですね(笑)
    最後はエラー続出で失点が重なったが、ナイスピッチングやったよ!GJ

    高山は猛打賞GJ!でも、打撃は良かったが、やっぱり守備を頑張らんとアカンよ!6回二死満塁のレフト前ヒットで二塁走者がホームに走ってこないと思ってたやろ?
    送球も焦って中途半端やったし、コースも外れとるし、もっと意識をせんとアカンよ!エラーは伝染するんやから!気をつけろ!

    中谷は打撃はアカンが守備は良かったよ!
    二人を足せへんか?(笑)

    近本のキチク否、キクチのグラブを弾いてのタイムリーは「球界の名手」のグラブを弾いて勝ちを抉じ開けた感じで良かったです!
    改めて近本がタイガースに入団した事に感謝です!

    もちろん梅野の先制ホームランが、このカード初の先取点が勝利を引き寄せました!猛打賞もGJ
    エラー続出で広島に傾きかけた流れを守屋が鈴木を見逃し三振に斬って引き戻しましたね。GJ

    守屋が引き戻した流れを鉄壁のリリーフ陣の球児、ジョンソン&ドリスが危なげ無く抑えました!流石です!GJ

    前に交流戦までに貯金6は稼いでたいと書きましたが、貯金5で交流戦です。足りませんが上出来ですね。

    明日からはパ・リーグ下位のロッテです。
    きっちりカード勝ち越しを頂きましょう!
    勢いをつけて交流戦のアレをもぎ取ろう!
    今のタイガースなら出来る!

  5. ガク
    Posted 2019年6月3日 at 10:11 | Permalink

    6回裏広島に2点差まで詰められ鈴木誠也に一発出れば逆転のシーン、ガルシアに代わり見事に4球で三振に切って取った守屋、ありがとう!
    最後の球はシュート回転してボールゾーンから真ん中よりに入ってきましたが手が出ず見逃し三振、本人はたまたまと言ってましたが2ストライクと追い込んでいたし球に勢いがあったからのたまものでしょう。
    しかし広島打線は7点差あっても安心はできないから怖い、オマケに4失策もやらかしてたし。
    マルテもバッティングは日本の配球慣れてヒット量産してきたからあとは守備面、投げても間に合わないときは投げない判断をきっちりしてね。
    さあ明日からいよいよ交流戦、復帰間近な原口もいるし楽しみです。

    • 虎轍
      Posted 2019年6月3日 at 10:47 | Permalink

      ガク様こんにちは。
      守屋の最後の1球は梅野がシュート気味に来た球をミットだけじゃなく身体ごとストライクゾーンに入れた事でストライク判定になりましたね。
      どこぞのしょうもない捕手ならミットだけを動かしてきますからね(笑)
      梅野の捕り方も良かったと思いますね。

  6. こうさん
    Posted 2019年6月3日 at 10:24 | Permalink

    マルテのスイングは気持ちがいいけど完全にフリーバッティングだな。走り出すのが遅いから長打は望めないか。

    しっかし7-0でも安心できないな。まず7点も取るチームじゃないからね。目減りする貯金に怯えながら暮らしてるような…ウチじゃん‼️

    矢野監督が野次のオッサンに言い返したのは「部下が進言してきた継投・作戦を否定されたのが許せなかった」のではないだろうか。昨日の堂々とした矢野監督を見て思った。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2019年6月3日 at 12:25 | Permalink

    守屋GJです。
    7点差もあったのに1発出れば逆転される場面で、逆球でしたが守屋の気迫が上回りました。
    互いにビッグイニングが1度ずつの珍しい試合でしたが、勝てた事は力が付いて来ていると思います。
    首位広島と4ゲーム差の2位で交流戦は、昨年と同じとか。今年はひと味違う所を見せて欲しい。

    さて、メッセはどこで投げるのかな。

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年6月3日 at 12:35 | Permalink

    昨日、偶然にも「大山で夏山開き」のニュースが流れてました。
    いよいよ「夏の大山」が始まるんですね。

  9. なかっち
    Posted 2019年6月3日 at 13:10 | Permalink

    序盤から大量リードすると意外と先発投手は投げにくいというのを良く聞きますが、ガルシアも投げにくかったのかな?
    カープ打線は7点あっても安心出来ませんね!っていうか、以前ヤクルト戦で5点差を守れなかった試合がありましたが、今回は同点にされませんでした。
    これもある意味チームの成長と考えるべきやと思うのは私だけ?


    いよいよ交流戦。この18試合は非常に大事な戦いです。

    去年ヤクルトはここから飛躍して2位まで躍進しました。

    タイガースもあやかりたいですね!それにしてもいきなり涌井とは・・・(笑)

  10. Akira28
    Posted 2019年6月3日 at 20:01 | Permalink

    この三連戦、勝ち越しまでもう一歩という戦いでしたが、とにかく昨日は勝てて良かったです。2回の7得点を素直に喜んでいます。
    ただ、前回の甲子園でのカープ三連戦もそうでしたが、タイガースはカープ戦の前までにリリーフを陣総動員して勝ち越し、カープ戦になるとリリーフ陣が疲労のピークを迎えており、継投が難しくなるケースが多く、結果的に悔しいと敗戦を強いられるように感じていました。
    しかし、昨日の継投と後を引き継いだ守屋を含めた4投手の安定感を見ていると、矢野監督は長いペナントレースを勝ち抜く為に、わざと絶好調のカープ相手に今の状態の西、岩田、ガルシアがどこまで(何イニング)通用するか?どういう状況まで来たら継投に踏み切るか?という判断を見極めているようにも見て取れました。
    明らかに昨年までのタイガースの戦略とは違う方程式の継投です。
    もしかして、相当の策士⁈いやいや、人情味あふれる知将と言って良いと思います。
    甲子園でのカープ三連敗を受けて、私は、交流戦前に貯金4の3位を目指して頑張って欲しいと書きましたが、貯金5の2位はあっぱれそのものです。
    交流戦ではDHの布陣が鍵を握るかもしれません。矢野監督の秘策が楽しみです。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">