均衡崩れ大敗も反撃はした

ギャンブルも含む投資上手の矢野監督だが欠点もある。情に厚く、思い入れが深すぎるため、非情に徹することができない弱み。
監督になる人材の多くは、スター選手になり、ベテラン選手になり、衰えてやめていく。その時々で感じたこと、言いたかったこと、悔やまれることがわかっているだけに、後輩たちに情けをかけるのだろう。
しかしその欠点は、矢野監督の強みであり美点でもある。その欠点をふさいだときに、美点がそのまま存在しているかはわからない。やはりこれもまたトータルで均して考えるべきなのだろう。何事もそう都合よく単純化などできないのだ。
新人がチームを変える活躍をしてくれたことが今のチーム状態を作り出しているが、チームが長年抱えている課題は、それぞれの活躍が1シーズン限定で持続していないところ。近本や木浪のためにも、キラっと輝くシーズンを経験した高山とか中谷とか北條とかがジワジワと成長し輝いている姿を見せないといけない。
この6月は、そんな雰囲気がただよってきたね。
今日は絶対勝たないといけない試合。気合と力の結集を。強くなるためにはこういう試合で何を経験できるかが重要だ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年6月9日 at 09:56 | Permalink

    昨日の序盤は岩田らしい投球でゴロアウトを量産してましたね。
    3回の中島の三塁線の打球を大山が上手く捕球して、一塁にショートバウンドした送球を、これまた上手く掬い上げてのマルテの捕球は良かったですね。
    逆に4回のマルテ、北條のはエラー扱いですね。
    7回の岩田は完全にバテてましたね。
    リクエストでアウトに判定が覆ったタイミングで代えても良かったかも知れませんが、それは結果論になってしまいますのでね…
    ジョンソンが居ない皺寄せやと思っときましょうかね…

    審判も判定が覆ったのなら偉そうに出てこんと、もうちょい申し訳ない感じで出てきて謝罪がてら出てこい!っちゅうねん(怒)
    間違って無かったら威厳を保つためにゆっくり出てきたらええけど、間違ってたならそれなりにせんかい!
    ミスを認めて情けなくせえよ!(怒)

    逆転の虎は即ち、仕掛けが遅いって事ですが、それでも粘って、北條が猛打賞も良かったし、高山も頑張ったね。
    原口もマスクを被ったし、カード負け越しは決定しましたが、今日勝って被害を最小限にしたいですね。
    頑張れガルシア!
    勝ってくれ!タイガース!

  2. サヨナラ3ラン
    Posted 2019年6月9日 at 10:09 | Permalink

    矢野って非常にバランス感覚に優れ思慮深い人だと思う。
    選手を想う気持ちやチームを強くしたいというアツい
    思いは金本も同じように持っていたと思う。
    ただ矢野が監督になって今まで以上にチームが
    1軍・2軍 問わず一体になって戦っている印象がある。
    また積極的な失敗に対して寛容であることも大きな特長。
    鳥谷の件についても個人的には起用法に不満を感じるが
    これも我々が知り得ぬ思いとか事情があるのだろうと
    最近では考えるようにしている。
    例えば、鳥谷本人に悟らせるために敢えて起用しているとか。
    もし、1アウト献上することを分かって起用しているのなら
    悪だと考える人が多いのは当然だが、それでも人から
    言われて2軍に行くのか、自ら2軍に行き そこで再度 研鑽を
    積んでくるのかというなら後者の方が復調の可能性が高い。
    それでダメなら本人も納得して引退できるだろうし。
    あのクラスになると引き際をベンチが決めるのは難しいと
    聞く。本人に悟らせるための起用だとしたら個人的には
    合点がきくかな。
    さぁ今日は負けてはいけない試合。
    ズルズル行かないためにも。
    しつこいけど早い回に先制。これしかない。

  3. 虎ジジィ
    Posted 2019年6月9日 at 10:20 | Permalink

    PJがいる状態なら7回頭からスパッと継投に入り
    「岩田6回2失点で試合をつくった→反撃」なんて事も無かったとはいえませんが、
    やはりPJ不在の影響は少なからず出ていますよね。

    岩田にはなんとか「あと一人」を抑えて欲しかった。
    闘病を乗り越えた原口が話題になりましたが、岩田の病気は回復の見込みがない(現状維持が精一杯)の病であり、個人的にも思い入れがある選手。
    もし、もう一度チャンス貰えるならしっかり結果を出して欲しいところ。

    北條の活躍は良かった。
    彼は木浪スタメンが続いても腐らず、ライバル木浪のヒットにもベンチでガッツポーズを送り続けたナイスガイ!
    因みに逆の時にはベンチの木浪がガッツポーズしている。
    二人は切磋琢磨して、どちらかが日本一の遊撃手になって欲しい。
    二人共頑張れ!

    toraoさんも仰るようにチームは
    交流戦を少なくとも5割で乗り越える為に、今日は絶対に落とせないゲーム。
    高山辺りにに「なにがなんでも」を見せて欲しい。

  4. 西田辺
    Posted 2019年6月9日 at 11:12 | Permalink

    確かに矢野監督って、今時珍しい浪花節の匂いがする監督です。
    そこが良い所でもあり、勝負という面で甘さに見えるときもある。
    だけど昨日の試合で言えば、岩田の替え時を誤ったとしか。
    今年、そんなに良くない金子を崩せない打線も前日同様情けない。
    この2連戦、活躍する相手の選手は有原・中田・清宮・横尾・渡邉とかつての
    甲子園を沸かせた選手。
    年の半分を本拠地として使ってるチームの選手より、2年に一度来る選手の方が
    イキイキしているってどうなのよ。
    昨日の試合で、2点差から連打を喰らっても何とか良い中継プレーで失点こそ
    防いだけど、あそこが替え時だったんじゃないでしょうか。
    前の回からスライダーが浮き始めてました。
    これが岩田の典型的な交代シグナルで、ここを見落とすとズブズブと崩れ落ちて
    行く事が多い。
    馬場も今季初登板としては気の毒なシチュエーション。
    でしたが、ボールボールで不利なカウントから置きに行ってドカン。
    次の回の先頭横尾にも同じピッチングを繰り返す。
    その後の打者は抑えたけど、これでは次は使いづらくなる。
    その場で打たれる抑える以前の問題で、一番やってはいけない投球。
    即抹消されるか、再度のチャンスがあるかは分かりませんが、次はそんな姿を
    見たくないですね。
    大差ゲームと言うのもあったのか、原口が久しぶりのキャッチャーに就いた。
    梅野のコンディションとの相談になるでしょうけど、捕手としての出番も
    あるかも知れませんね。
    さすがに3連敗はしたくないですよね。
    昨日の終盤、せっかく相手も点をくれたんだから、今日は序盤からドンドン点を
    取りましょうよ。
    自分の家で遠慮したような野球は見たくないですよ。

  5. Akira28
    Posted 2019年6月9日 at 11:30 | Permalink

    3回の無死から北條がセカンドに盗塁を決めたシーンは素晴らしかった。バッター岩田がバントの構えとみるや、猛チャージをかけるファースト清宮のプレーの隙をついての盗塁には、北條の成長を感じました。
    しかし、岩田痛恨のスリーバント失敗で結果的に得点出来ず。
    昨日のラジオ解説の中西氏は、あの失敗を岩田が引きずったまま4回のマウンドに上がったことが、4回の2失点につながったかもしれないと言ってましたが、ピッチャー心理としてあるかもしれませんね。
    しかし岩田は頑張った。金子との息詰まる投手戦は素晴らしかった。
    勝負の分かれ目は、二死からの7回の大田の場面。2球ボールが続いて、梅野の要求は内角高め。
    ややボール気味の高めでフライアウトを狙ったと思うのですが、昨日もコメントした通り、内角をセンター返しが出来る大田の打球は詰まりながらもセンター前に落ちるタイムリーとなりました。
    私だったら、ここでピッチャー交代と思いますが、矢野監督は岩田を信じました。次から左が続くこともあったと思いますが、これが今年の矢野監督。選手への信頼。
    あれで良かったと思います。
    ただ、馬場君は想定外でした。

    今日もワクワクしながら楽しみます。

  6. こうさん
    Posted 2019年6月9日 at 11:41 | Permalink

    トラオさんが書いていた「5割で」を実行するなら今日勝って交流戦は5割。うん、いいペースだ。

    交流戦になると広島や読売の経過が気になるから自然とソフバンや西武の試合も観ることになる。思うのは「こんなチームと同じリーグで戦えるなんてパ・リーグは幸せだな」ってこと。最下位のチームはリーグを入れ替えるなんて出来ないだろうか?セ・リーグの日本一を増やす為にも。もちろんタイガースの優勝への何かを掴む為にもね。とにもかくにもパ・リーグは明るい。

    昨日の展開でこそ鳥谷をショートに出すべきじゃないか?以前コメントに矢野監督は城島と怪我が重なり引退を向かえたから鳥谷を二軍に行かせられないと書いたが、もうそれがネックとしか考えられなくなった。途中からの鳥谷ショートを捨て試合のサインにすれば鳥谷のプライドが傷付く。けど1打席の代打で使い続けて鳥谷のプライドは守られてるのか?三振の後の「速っ…」って顔、もう見たくない。セ・リーグの投手相手に結果を出せずに苦しんでるのにパ・リーグの投手を打てる可能性が上がるとは思えない。

    終盤の反撃よりもショート鳥谷を中盤から見たかった試合。情けのスタメンではなく本気の鳥谷を引き出すなら昨日はチャンスだった。

  7. Posted 2019年6月9日 at 11:54 | Permalink

    皆さんが仰る通り、PJが居ないという事情があったにせよ岩田を引っ張ったのは矢野監督の優しさなのでしょう。ここ最近の岩田は80球越えた辺りで球が高めに浮き出してます。そんなことは我々より熟知している監督が選んだ策なので、祈りながら観てるしかありません。それよりもマルテ、北條が取ってれば展開が違ってたのではと残念に思います。昨日も書きましたが、打撃だけでなくトータルで勝負する北條はもっと練習して上手くなるしかない。マルテはもう打つしかない。あの守備では40本くらいは要ります。

    馬場は残念というより、なんで一軍に上げたの?ドラ1だから使わないと、という考えはやめて欲しいものであります。あの程度なら出場機会なく落ちた齋藤や福永のほうが期待を持てます。投球フォーム、初球の入り方、一から学び直して出直したほうがいいと思います。

    今日こそ先制してガルシアを気分よく投げさせて快勝しましょう!

    • 虎轍
      Posted 2019年6月9日 at 18:54 | Permalink

      とらかっぱ様こんにちは。
      馬場ですが、二軍で結果を出してますよ。
      それこそ齊藤や福永より結果を出してますし、上がってきたと思います。
      実際に二軍戦を目の当たりしたら、馬場の良さも解ると思いますが、どうでしょうか?
      そうやって上がってきたのは島本であったりですけと。だめですか?

      • Posted 2019年6月9日 at 20:28 | Permalink

        虎轍さま、返信ありがとうございます。ファームの成績は指標の一部として捉えています。プロ選手は一軍でやってナンボですから。好き嫌いの範囲でしょうが、投げ終わりの崩れるフォームが私はどうもダメです。

  8. ぴゅあらっく
    Posted 2019年6月9日 at 11:59 | Permalink

    皆さんが書かれている通り、岩田投手を引っ張り過ぎましたね。矢野監督の思いがあるのかも知れませんが、勝負に徹して欲しかったです。
    2番手の馬場投手は満塁と言う気の毒な場面での登板でしたが、それにしても気前よく打たれ過ぎです。おそらく鳴尾浜にUターンでしょう。応援している投手なので奮起して頑張って欲しいです。
    大敗の中、高山、北條の二人は意地を見せてくれました。今日も二人をスタメン起用して欲しいですね。連敗をストップ出来るように今日も現地で必死のパッチで応援して来ます(笑)。

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2019年6月9日 at 12:28 | Permalink

    大敗のおかげで原口がキャッチャーをして、島田が打席に立てました。
    しかし、馬場がねえ。
    北條は意地を見せ、今日も活躍を期待します。木浪と切磋琢磨です。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">