TAKOYAKI

4時間の試合を1秒も見てないのだけど、ゼロはえらかったし、ゼロはなかろうに。
青柳はじめピッチャーのみなさん、おつかれさま。
今日もきょうとて教えてプリーズ!
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年8月14日 at 09:25 | Permalink

    現地観客された方々には4時間にわたるタコパーご愁傷様としか。
    打てないチームが勝つにはロースコアの展開に持っていくしかない。
    ゆえに昨日の試合は是が非でも勝っておきたいのに、その気概が全く感じられず至極残念。
    一番から九番まで見渡してクリーンナップが見当たらない打線ですからねぇ。
    青柳には座布団三枚。
    リリーバーにも座布団二枚。
    12イニングで四死球ゼロは立派。
    野手は全員座布団没収!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2019年8月14日 at 09:26 | Permalink

    今季の青柳は打たれれば「負け投手」、抑えれば「勝ち負け付かず」本当に気の毒に思います。
    昨夜の無四死球で失点ゼロは、今季の青柳のベストピッチでした。
    これには先発陣総崩れの中、少しの光が射しました。

    ゲームは
    「3塁を踏ませなかった投手陣偉い!」
    「3塁を踏めず、1,2塁のチャンスをことごとくゲッツーで潰した打撃陣は何やっとんねん」
    そんなゲームでしたが、ネガティブな解説者と、声を抑え今季絶好調の球審白井の軽快なジャッジが対称的で、負ける気もしないけど勝てる気もしない不思議な試合でした。

    同じカードでサヨナラ暴投をしたドリスも、サヨナラ四球を出した小野も不在だったのでサヨナラ負けはないと思っていましたが、
    やはりこういうゲームを決める大砲が欲しいとつくづく感じました。

  3. 西田辺
    Posted 2019年8月14日 at 10:05 | Permalink

    なんぼタコ焼きこさえたところで、爪楊枝なかったら食べられやしまへん。
    8安打7四球で併殺が3ということは、残塁が12。
    詰めが甘いというか、何というか。
    不思議だったのが6回。
    一死から大山がライト前ヒットを放ち、次の打者が梅野。
    ここで三塁線にセフティ気味の送りバント。
    二塁に送ったとして、当然次の打者陽川は申告敬遠となり、青柳勝負。
    あれが、梅野のアイデアだったかどうかは調べる術もありませんが、もし
    サインだったとしたら、余りにも楽天的過ぎます。
    相手先発大野との相性で、陽川をスタメンで使っているのも中日は重々承知。
    わざわざそんな選手と二死から勝負するはずはありません。
    昨日の青柳の状態なら、代えてこないのも誰でもわかる事。
    好相性で使っているなら陽川はもっと上位で使うべきでしょうし、相手が
    どんな行動に出るかをもっと先読みして欲しい。
    選手を信じて任せるのもいいですが、兵隊だけでは戦いは勝てませんよ。
    果たして、この点の取れない打線というのは選手だけの責任でしょうか。
    戦術や戦略で取れる点もあるんじゃないでしょうか。
    矢野監督にはその点でも期待してるんですけどねぇ。

  4. 虎轍
    Posted 2019年8月14日 at 10:17 | Permalink

    負けはせえへんかったけど、やっぱり9試合に1回は無得点になるんやね。
    完封負けでなかって良かったと思っときますか?

    背水の陣で挑んだ青柳は結果を出してくれましたね。
    またクビの皮一枚で残りましたね。とっくに徳俵を越えたと思ってましたが、ファンが勇み足でした。
    よく頑張ったよ。

    打線はねぇ…
    高山は四球のあとの一球目はわからんでもないが、一番やったらアカン事をやったらアカンよ。
    チャンスで併殺が一番アカンって思って、それをされると辛いよ…

    たまには二桁得点とかしてくれよ!
    今日は勝って、明後日のゲーム前まで幸せに居させてや!
    打撃練習も守備練習も頑張って勝とうぜ!タイガース!

  5. Posted 2019年8月14日 at 10:44 | Permalink

    青柳はよく頑張った。最近の登板は不甲斐ないものばかりで、前回はかなり苦言を申してしまいましたが、今回は気合いが違いました。打席でも11球粘って勝ちたいって気持ちがよく伝わって来ましたが、こんなときに限って打線が…。次もコレくらいの気合いで投げてほしい。

    打線は…。ソラマルが…。梅野バントって…。以外割愛。

    秋山、打線は期待せずに頑張れよ。

  6. こうさん
    Posted 2019年8月14日 at 11:32 | Permalink

    梅野が内角を要求できない(しない?ベンチにさせてもらえない?)のは何が理由なんだろう。タイガースの打者は内角を苦しそうに打って詰まってるのに、なぜそれをしないのか?「どうやっても、ここは内角だろ‼️」という時も堂々と外角に構える。先日、梅野が外角に構えるが、たまにシュートした球で内野ゴロを打たせていた望月。「本当は内角に投げたいのかな?」なんて思う。

    もしかしたら梅野に「藤浪という投手を作ってしまった」という罪悪感があるのかな。「もう苦しむ投手は見たくない」という弱気、弱さが内角という選択肢を失くさせてるのかな。

    ベンチが弱気なのか、梅野が弱気なのか、梅野のサインに首を振らない投手が弱気なのか。

    打てる打線になれば解決するのかな。

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2019年8月14日 at 11:53 | Permalink

    こんな試合の観戦は初でした。両チームとも長打が無くて三塁に進めないなんて。
    前日から続くタコ焼きにもほどがある。すっかりナゴドの鬼門が復活してもうた。

    青柳は良かった。低めによう決まってた。勿論ブルペンも良かった。

    大野だから陽川は分かるが、8番て期待してるのかしてへんのか。大野が降板したのに打たせたのもよう分からんかった。
    マルテに高山は初球をあっさりゲッツーとは。

  8. タクロー
    Posted 2019年8月14日 at 16:05 | Permalink

    ゼロ行進 どこまで更新するの、、、

     前回、前々回、、、の反省をバネに堂々のピッチング。青柳V字復活だ。よくやった。でもなあ、ある程度は予想していたけど、ここまでひどいとはなあ、攻撃陣。8安打7四球で三塁も踏めずに12回ドローってなんなん。何が何でも勝つんだ!点を取るんだ!という気迫が伝わってこない。粘ってとった四球でチャンスを広げても、いきなり初球を打って、いや当てにいって投手やらセカンドへ相手の思うつぼのゴロをうってドボン。ってなんやねん。相手投手も四球を出しても動じないし、ビビったそぶりもないのは、料理の仕方をよくしってるからだろうね。簡単なインスタントで充分やし。髙山は7回のマルテのドボンを見ていなかったのか。ガクッと思わなかったのか。ベンチで応援やら、相手の攻め方を見ていなかったのか。ボーっとしてんじゃね~よ。投手がほんま気の毒。そりゃ疲労困憊になるやろね。勝利がなくなった場面で最後に投げるのもしんどいね球児。
     今夜の相手は右投げやから一昨日のスタメンにもどるんやろな、、、。1番糸原、3番近本、5番大山、6番福留にしてくれへんかなあ。期待感、ワクワク感がほしいなあ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">