取っても取っても追いつかれ

何をしてでも勝つしかない試合だった。よって「負け」という結果がすべて。まとめ。いろいろありましたが負けました、以上。

ということで、ここから先は蛇足。
「バントつったらバントなんや!」と、無敵のガンコ親父モードに入ったんだと思っていた矢野監督だったが、そういうワケでもなかったのか。
バスターエンドランの「練習」をやる機会なら、これまでの試合、初回ノーアウトランナーなしみたいな状況で、なんぼでもあったのにね。1回でも2回でもやって、失敗したり成功したりしていれば、また違っていただろうに。シーズン序盤は選択肢を拡げるだけ拡げるように努め、シーズン中盤で、正攻法、裏の手、奇策をほどよい割合で展開し、勝負所のシーズン終盤では「何をしてくるかわからない」と相手を疑心暗鬼に陥れる。そんな風に運ぶのが理想なのだが、結局現状は、追い込まれて今までやってもいないことをやらされるハメになっている。前者と後者の差は大きい。

もとの「体育教師」矢野青年監督に戻ったのかと思いきや、遥人にはこういう試合で勝てる投手になれとひとくさり。そらまあファンはみんなそう思っているし、そのとおりではあるけれど、こういう試合で勝てない監督が言うべきセリフではない。そこだけ無敵のガンコ親父のままか。

まあ、勝てないからだろうが、人の少ない東京ドームにいるタイガースのメンバーがなんだか萎縮しているように見える。中東の国のスタジアムに遠征したかつてのサッカー日本代表みたい。スピーカーから流される応援を聞いているうちに催眠術にかかり、「はい、今日も負けます」みたいな精神状態になってるのではないか。

近本は素晴らしかったね。近本のホームランは少ないが、出るとすべて完璧。もっと見たい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

19 コメント

  1. とし虎
    Posted 2020年9月16日 at 08:21 | Permalink

    なんか違うんです。
    もう一敗も出来ないんです。
    今年は違うんです。
    CSがないんです。
    優勝が決まれば終わりなんです。
    どんどん仕掛けて欲しいんです。
    どんどん注ぎ込んで欲しいんです。
    余力を残して次カードの中日に勝っても仕方ないんです。
    巨人を倒さないと先はないんです。

  2. Posted 2020年9月16日 at 08:33 | Permalink

    やはり7回のバスターエンドラン失敗が目立ってしまいます。決まれば奇襲成功の場面でしたが「練習不足」のため決めきれずだったか。偶々かもしれないがボール球になった事も不運。梅野なら何とかファール出来たのではとも思いますが・・・

    全体的な敗因としては監督の裁量、チーム力の差だったと思います。残念ながら原監督の采配にはまだ遠く及ばない。昨日のゲームでは坂本を劣勢の中盤で下げてしまった。コンディションが良くないのでしょうが「今日のバッティングを見る限り、他の選手を出した方が戦力になるだろうというところです。」というコメントをしています。一方タイガースは未だ守れない走れないそしてついに打てなくなってきた糸井を未だ出し続けています。その一方で近本や大山は避難している。これではチームに緊張感は生まれず不協和音が出るでしょう。9回の代打福留のそうもう15打席もヒットが出てない打率158の選手に何を期待できるでしょう。この辺りは球団の契約や体質にも原因がありそうですが・・・

    遥人は今季一番良くなかったように見えました。高めに浮く球が多くランナーを溜めて甘くなった球を痛打される展開。緊張からか疲れからなのか。今季G戦4戦目で慣れられた面もあるでしょう。ここ一番で勝てなかったのは残念です。


    これでほぼ終戦、と個人的には思いますが意地は見せて欲しい。東ドで未だ勝ててないのはあまりにも情けない今日明日は是非勝ってもらいたいものであります。

  3. 虎轍
    Posted 2020年9月16日 at 08:34 | Permalink

    高橋遥人は調子が悪かったかな?
    球も高かったし、真ん中に集まったりしてましたね。
    近本は大変よく出来ました!GJ
    なんでもかんでも止めるんやから、ウチの連勝を止められたなら今日は相手の連勝を止めたれ!
    頑張らんかいタイガース!
    頑張ろう日本!

  4. 大虎真弓
    Posted 2020年9月16日 at 09:13 | Permalink

    キャッチャーやられた方ならお分かりになると思うがバントをさせたくないならインコース低めの変化球が効果的なんです。
    ましてあれだけオープンに構える梅野を空振りさせるのは朝飯前だったろう。
    巨人の守備の素晴らしさとコーチの的確なアドバイスには驚いた。
    「梅野の配球と岩貞の持ち球」を大城に狙いまでアドバイスしている
    阪神バッテリーにはボールから入るだけの余裕もなく打たれるべきして打たれたと言う事か?

  5. 虎ジジィ
    Posted 2020年9月16日 at 09:15 | Permalink

    バスターエンドラン失敗、あれで負けた。
    あの作戦、練習不足だったのもあるけど、
    「制球に苦しむ高梨のあのケースで」が大きな間違い。
    逆に「バスターあるぞ」と見せかけてしっかり送るorあわよくば四球で出塁が正解だったかと。
    とにかく高梨が登板過多で制球に苦しんでいた事を矢野監督が考慮しなかったのが残念。

    逆に初回のバントに関しては、解説の赤星は「相手を楽にする」と言っていましたが、私は相手が菅野なのでアリだと思いました。
    高梨も無失点が続いている好投手、なぜあそこでブレたのか不思議です。やはり勝負嗅覚?!

    「作戦が裏目に出る」のは運がなかったのもあるけど、根拠もあっての事。
    まあ、しかし大きな賭けに出て負けた事実は変えられない。

    それと、相手吉川の素晴らしいスーパープレーを見て諦めもつきました。

    解説の赤星さんも満足そうなゲームでしたね。

  6. DPS
    Posted 2020年9月16日 at 09:29 | Permalink

    件の7回の攻めは、「ビハインド時にスイッチ入りがち」「小さい賭け方が好き」な傾向から、相手は対応できる範囲だったように思いました。

    これが8,9回や序盤だったり、打者・走者に器用でない選手が含まれていたらやらないでしょう。
    高梨投手を早めに見切らなかった巨人のミスにつけ込みたかったですね。

    選手たちはよくやりました!

  7. 星の輝き
    Posted 2020年9月16日 at 09:37 | Permalink

    体育教師ですかぁ。
    部活動なんて揶揄されてますからね。
    勝利への意気込みはどれ程だったか知りませんが、毎度毎度で呆気なく返り討ち。
    落合監督は妖術を使いましたが、原監督は至って普通だと思うんです。但し妙な嗅覚は持ち合わせていますし、ずる賢いだけに割と緻密な思考回路なのかもしれません。
    片や我が校の体育教師は県の予選で良くて準決勝止まりの実績しかなく、勝負どころでバスターという奇策を断行しますが敢えなく失敗でジ・エンド。
    先発投手の見極めも出来ずに後手後手。
    代打起用も過去の実績に囚われているのか現状無視。
    馬場は危なっかしくて見てられません。
    甲子園常連校の監督の方がまだ勝てるかもしれませんよ。
    敗戦の弁で開き直りや強がりを言っているようでは成長はありません。
    まぁ他の四球団の監督も似たり寄ったりで束になっても原監督には叶わないのですからしょうがないかもしれません。

    菅野も流石でした。
    調子は良くなかったはずですが、点を取られても熱くならずに平静を保てていました。
    まぁ大分あった甘い球を近本以外は捉えられませんでしたからね。

    しかし巨人の大城は凄いですね。
    ある意味岡本よりも怖い選手かもしれません。
    総じて巨人の選手は球際に強いですね。
    野球脳も鍛えられています。

    阪神の選手は成長の速度は遅いですが、少しずつ階段を登っていると思われます。
    優勝は大変厳しいですが、目の前の一球に集中して修練して下さい。

  8. ガク
    Posted 2020年9月16日 at 10:06 | Permalink

    バスターエンドランやってもいいけど…

    い. ま. じゃ. ない

    by白石大臣(江口のりこ)

  9. 西田辺
    Posted 2020年9月16日 at 11:09 | Permalink

    菅野から3点取っても勝てませんか。
    初回に糸原のタイムリー、3回5回には近本のソロと連打の難しい菅野から
    効率よく3点を取ったんですけどねえ。
    昨日の読売の先発オーダーを見て、オヤッ?と思ったのが野手8人中5人が
    左打者。
    左腕高橋遥人の先発であれば、右の比率が高くてもおかしくないはずなのに。
    結果を見れば、遥人が喫した9本のヒットの内、左打者に6本。
    左打者の時に、何か顕著な配球の偏りがあるのかも知れません。
    まぁ、抜け目がないと言えば抜け目がないですね。
    入団からずっと同じ傾向なんですが、登板回数が増えていくと、捕まるのが
    早くなりますね。
    試合の中でも、シーズン通しても体力が乏し過ぎますね。
    これだけ読売戦にばかり当ててれば相手も研究するし、慣れてくる。
    いつまでも同じ相手に同じように抑えられる、どこぞの球団とは違います。
    逆転した6回で菅野を降ろし、7回は高梨。
    小幡のヒット、近本の四球で無死一二塁。
    昨日の高梨は明らかに制球に苦しんでました。
    と言うか、楽天時代の高梨ってだいたいこんな感じでしたけどね。
    梅野の打席で1-0からバスターエンドラン。
    制球に苦しんでいる投手に、何を焦って仕掛けているんでしょうか。
    あれで高梨は完全に立ち直り、流れはごっそり読売に。
    監督曰く「俺は行くべきところで行った」そうですが、やりたい作戦を状況も
    考えずにやらせているだけじゃないですか。
    そりゃ原に手玉に取られるはずだ。
    自分の戦略・戦術に自信があり過ぎるのと、戦況を見る目が貧弱すぎます。
    2番梅野をやり始めた時に、あまり賛成できなかったのはここなんです。
    梅野の問題じゃなく、むしろ彼は器用に何でもこなしてくれるから、そこに
    頼ってしまうのが怖かった。
    毎打席バントさせてみたり、昨日みたいに難易度の高い作戦をやらせようとしたり。
    ただでさえ負担の多い捕手に、さらに追い打ちをかけてしまう。
    選手たちの気持ちが切れなきゃいいですけどね。

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2020年9月16日 at 12:04 | Permalink

    バスターエンドランを通常時でも出していればね。そうすれば、相手も迷いや警戒が生じて、単なる送りバントもやりやすくなると思うけど。

    先日の大山の送りバントも、あの場面では納得行かずです。

    遥人も甘い球を打たれたけど、こっちは打てない。読売に4試合めで、相手も段々と対応してきてるのに、うちらはねぇ・・・

    馬場も2イニング投げる必要があったのか。

    近本は見事としか言いようがない。それに比べると5番以降がイマイチ。向こうは7、8番が絶好調だし、主力を中盤で下げる余裕。まあ、全てに置いて力の差がありすぎる。

    宮本が小幡のスローイングに批判してたけど、タイミングが少しずれたように見えて、上手いこと回転して投げたと思うけど、おかしいかな。

  11. 正ちゃん
    Posted 2020年9月16日 at 12:07 | Permalink

    勝てませんね。以前、落合さんが矢野監督に言ってましたが、「レギュラーは周りの選手が納得する選手にすべき」と言ってました。矢野監督は忘れたのでしょうか。
    経験豊富なヘッドコーチを置いて学んで頂きたいと思います。
    しかし、今のチームの力が違うのは首脳陣だけでなく、選手もそうなのは一目瞭然。負ける悔しさを体現したプレーを今日こそはしてほしい。私も戦う心でTVの前で応援します。さあ、行こう、阪神タイガース!

  12. こうさん
    Posted 2020年9月16日 at 13:00 | Permalink

    読売4連戦で優勝は諦めたが昨日は止めを刺された。…いや、矢野監督の自決か。

    奇襲が奇襲にならず策に溺れる。総合格闘技にロボコンパンチで勝負を挑んでいるみたいだった。もう来春のキャンプでは満足した顔をしないでほしい。監督、コーチ、全選手。何もかもが足りないキャンプを繰り返さないでほしい。なぜ大手術をした星野監督が嫌われなかったか。…簡単である。優勝したからだ。今シーズンが終わったら矢野監督は「何を根拠に優勝発言をしたか、なぜ優勝できなかったのか、全選手、優勝へベクトルは向かっていたか、なぜ同じことを続けて大切な未来の為の失敗を恐れるのか」明確にしてほしい。

    満員にならない甲子園で「申し訳ない。来年こそ優勝」と頭を下げる秋を繰り返さないでほしい。

    優勝したいコーチを揃えてほしい。楽なイエスマンで固めないでほしい。読売のコーチを見て「芸能人軍団か」と笑っていたことを反省しなければならない。もっともっと練習しないと。選手の自主性に任せるなんて早すぎる。

    とにかく上から目線の読売に腹が立つ。タイガースの選手、悔しくないんだろうなぁ。

    今日の文章のタイトルで広末涼子を思い出した、泣きながら。…悔しいと思う集団を目指せ。自信は練習からしか生まれない。来季、優勝しなければ小学校入学した子供が大学を卒業してしまう。…「大学院がある‼️」…やめてくれぇ。

  13. with虎
    Posted 2020年9月16日 at 13:30 | Permalink

    いつも楽しく拝読させて貰っています。
    一言だけ言いたくなって…

    やはり、守備と戦略戦術の差が大きいですよね…涙

    毎年、センターラインがとか外国人がとか和製大砲がとか…でも今年はだいぶ揃ってきたような…

    あとは監督とモノ言える補佐官ですかね。
    監督力を上げていくんだ!って謙虚で素直な矢野監督であってほしいなと願います。表向きには今は言えないだろうけど。

    昨日だいぶ凹んだけど、でも今日も応援します!(^^)

  14. タクロー
    Posted 2020年9月16日 at 16:44 | Permalink

    唖然、呆然、愕然

     その時、ふと思い出した。
    連続試合出場を続ける金本が2死から代打に立った。1塁走者俊介23歳。2球目、何故か走っている。エッ!谷繁の見事な送球であえなく憤死。しょぼくれることもなく、俊介はベンチに駆け足で戻る。守りにつかなかった金本は、かくして連続試合出場は途切れた。その試合以降、金本をいつ代打で出すか毎度毎度、頭を悩ませていた監督真弓は、呪縛が解けたそうな。その年8月までは首位に2.5ゲーム差で優勝を狙える位置にいた。が、9月に連敗が続き結局4位。かくして真弓は評論家に戻った……

     ほんま、あのバスターは唖然とした。

    タイミングを考えずエンドランをやるのもいい。開き直った談話もいい。鳴尾浜で調子のいいらしい原口を上げてこないのもいい。三振しか結果出ない福留が代打の一番手なのもいい。糸井をスタメンで使うのもいい。ボール球を振り続ける木浪使い続けるのもいい。陽川の代走に江越や荒木を送らなくてもいい。何でもいい。監督の決断なんやから。
    自分で呪縛かけていた矢野はもう残りゲームを思う通りにやれば良い。CSもないんやから。呪縛も解けたやろ。
    ただ、覚悟があればね。責任は受け止めるだけではなく、しっかり取ってもらいたい。

     糸原のタイムリー、近本の2発で、今日はやれると思ったけれど、甘かった。4回の1死1,3塁でのボーア、あそこで流れが変わった。木浪もボール打ちやし。相手の下位打線と比較にならぬ。
    東京ドーム勝たなきゃ。ひとつくらい。

    俊介は33歳になった。そろそろ秋風が冷んやりしてきた。

  15. 大虎真弓
    Posted 2020年9月16日 at 19:43 | Permalink

    梅野がキャッチャーなら誰でも勝てる。外角の低めしか要求しないからあとはコースに入っているかどうかを判断するだけ!(笑)

  16. 源氏
    Posted 2020年9月16日 at 22:29 | Permalink

    3勝12敗って
    東京ドーム全敗って
    もうみっともないから
    あとは全部負けってことで
    試合は勘弁してもらえませんか

  17. 源氏
    Posted 2020年9月16日 at 23:43 | Permalink

    セ・リーグは今日で打ち切りってことでお願いできませんか
    5球団は全部弱くて勝負にならないので合併して
    来年からセ・リーグは2チーム制でお願いいたします

  18. 源氏
    Posted 2020年9月16日 at 23:48 | Permalink

    政治は自民一強
    野球はあれが一強
    日本っておもしろくない国だ

  19. 源氏
    Posted 2020年9月17日 at 10:06 | Permalink

    今年の目標は優勝なんて言うのは絶対にやめてくださいね
    みっともないから
    今年の目標は東京ドームで勝つことくらいにしておいて

源氏 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">