そんな試合じゃないのに完敗

ぐいぐいと引っ張っている時にパッと手を放してしまうことに何の迷いもないのだから、そもそもリスクのなんたるかがわかっていない。
目の前にある外的な危険を避けることだけがリスク管理ではない。安全のウラに潜む危険因子をさがす意識がなければ、安全神話など内から崩壊する。もっとも聞く耳を持たないガンコ親父には何を言っても無駄なことだし、周りにそれをいさめる者もいないのだからどうしようもない。かくして、臆病であるのに小さな危機の芽に対してセンサーが働かない、のんきなチームが出来てしまう。監督が自覚して反省しなけりゃここが上限。

なんとももったいない4失点。もちろん悪いのはミスをした秋山本人だから誰にも文句は言えない。しかし、ちゃんとやってあげていれば、こういう流れにはならなかっただろうから、同情の余地はある。

勝てるようになりたければ成長を促せ。自分の力で勝たせようなどと、できもしないことをやろうとせず、試合の中で選手に負荷を与え、強化する選択をせよ。監督としての成長は、まずは自我を捨てることからだ。

なぜ中田なのかよくわからないが、今日は大事な試合。バカバカ打って勝てよ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

11 コメント

  1. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年9月20日 at 09:41 | Permalink

    なんとも締まらない試合でした。
    やっぱり今年も足を引っ張るのは失策。
    今年は木浪らの成長もあって内野守備は確実に向上していると思ってましたが。
    去年が143試合で102失策、今年は今現在77試合56失策。
    このペースで仮に今年も143試合あるとしたら104失策。
    むしろ悪くなってますがな。
    中でも特に目立つのが投手のエラー。
    ことごとく得点に絡むワイルドピッチや投手ゴロの送球エラーのあれやこれやがすぐ浮かぶ。
    西や球児なんかは抜群に上手いんですけが。
    そうだ、もし藤川が来シーズン、コーチングスタッフに名をつられるのなら、ピッチングコーチ兼ピッチャー守備コーチもさせてほしい。
    せめてもの巨人が3連敗がおなぐさみ。
    「ざまあかんかんかっぱのへー」、失礼。

  2. サークルKシュンスケ
    Posted 2020年9月20日 at 10:41 | Permalink

    初回からイケイケと思っていたのに、残念な結果でした。しかし、今のビジターユニ、劣勢の時には何だか汗染み(胸汗、脇汗、背汗)に見えて締まらないですね。

  3. 西宮トラキ
    Posted 2020年9月20日 at 11:13 | Permalink

    昨日は、ファンだけでなくベンチまで初回ノーアウト1 2塁になった時点で、「今日も楽勝」で気が緩んでそれが最後まで「
    あれ、おかしいな,まあ次の回」って最後まで行ってしまった感じです、ノーアウト2塁でなんでバントや?それも陽川に?ってのもありますが。サンズも初回にボールくさい(完全にボール)玉、ストライク判定され、それ以降ギアが入らず終わってしまいましたね。あと前からですが負けてるときのタイガースベンチ映ると、ほんまに覇気が無いようにみえるのは私だけでしょうか?笑

  4. タクロー
    Posted 2020年9月20日 at 11:30 | Permalink

    負けるべくして負けた…そのとおりだわ

    「だから今日は負けるべくして負けているよね。進められるところで進められていないし。立ち上がりのところで点取れそうなところで点取れていない。ミスというところで。負けるべくして負けたかな」
    そのとおり。ありきたりの野球評論家のコメントですか? 居酒屋の野球談議じゃあるまいし。
    アンタ、それを言っちゃあ おしまいよ!  あっ、もう終わってますか?

    頑固者、偏屈者の思考回路がわからない。頭の中は「梅野=陽川」、一緒なんだろう。期待するものも一緒。要するに、自分では当然と思っている拙い采配に応えてくれる同じ駒にすぎないんだろう。立ち上がりを攻めるいきなりの2塁打。1死3塁にして最低糸原の内野ゴロでスミ1の先制点だ、よし、これで今日も主導権を握れる、と毎度毎度描いているのだろうか?

    第3の捕手に長坂を上げたのに、何故原口を代打で使わないのか。7回に中谷の後に準備をさせていたようやけど。最後はやっぱり福留で終わった。もういいやろ。1軍登録されてモチベーションが高い時の選手を何故使おうとしないのか?福留、糸井に頼っていて未来はあると思っているのか。

    自責点ゼロ。負け投手になっても防御率が下がる秋山、残念だった。7回5安打無四球、よく投げたよ。次に生かそう。

    今日は先発中田。2か月ぶり3度目の先発らしい。すまぬが悪い印象しかない。3回まで1失点で投げてくれたらええんちゃう。ブルペンデーということで。まあ最後のチャンスだからしっかり投げてくれ。明日は岩田らしい。未来を夢見る者としては、何で斎藤を抹消したんやと思うけどね。
    頑固者には通じないと思うが、昨日の反省に立った選手起用、采配をしてくれることを願う。

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2020年9月20日 at 11:36 | Permalink

    糸原はバントがあまり上手くないかな。だいたい、初回から3番打者にバントは盛り上がらん。陽川と並びが逆のような気もするし。木浪は打たないし。
    こんな日もあるよでは、大型連勝は無理。

    最終回も福留が先か原口が先か。自分は、福留四球で、原口が返すことを期待しました。原口が先に打っても、それで終わりかなと。ボーアは徐々に上がってきてる。

    今日がホンマに中田とは。若手に投げさそ。

  6. チャリンコ
    Posted 2020年9月20日 at 11:45 | Permalink

    いつも楽しく皆様のコメントを拝見してます。初めてコメントさせて頂きます。

    野球に限らず勝負事は流れが大事ですよね。
    連勝中に陽川を2番に置いた初回のバントは消極的過ぎました。
    選手が攻めの気持ちでプレー出来ないから余計に失敗しているようで、自ら流れを手放してる感じです。
    絶好調のG菅野が相手だったり、優勝争いの最終盤ならわかりますが・・・

    試合に入り込み過ぎなのかな。作戦と選手の気持ちが噛み合ってないと良い結果は出にくいと思います。

    矢野監督は現役の頃から好きなので、経験を積んでベンチで足を組みながら上から目線で采配できるくらいになれば良いですが。

    全体的には去年より良くやっていると思う選手が多いので応援のしがいは有りますので。

  7. 虎轍
    Posted 2020年9月20日 at 11:51 | Permalink

    エラーをしなければ勝てる!
    まだ解らんか?
    成長無くして、勝負には勝てんぞ!
    矢野采配云々はもう刷り込み済みなんで、どうでもええけど、勝つ気持ちをもっと出せ!
    あんな武蔵を貧相にしたようなのに打たれるな!
    エラーを引き摺ったまま投げて打たれるな!
    覇気を出せ!
    勝つんや!タイガース!
    頑張ろう日本!

  8. hi64
    Posted 2020年9月20日 at 13:40 | Permalink

    前監督も現監督も、あれだけボロクソに言ってた和田野球をきれいに踏襲するのですから、
    タイガースの監督には初回のチャンスはバントという契約条項が入ってるのでしょうね。
    適材適所を考えず、
    バントも出来る2番梅野が怪我してしもた、代わりに陽川でもはめとこか、くらいの調子で打順を考えてるから、3番がいないとか、的外れの発言をするんですよね。
    どうしても1点欲しければ、2回のチャンスに木浪にスクイズさせれば良かったんですよね。
    ランナーがボーアでしたし、スクイズは失敗もあり得る作戦ですが、どうしても1点取りたきゃやればいい。
    首脳陣が失敗をおそれてやらないだけにしか見えませんでした。
    選手には前向きのミスはどうのこうのと言いながら、今日明日の先発投手もそうですが、自分はミスをおそれずチャレンジする精神はない。
    そういうところが、納得できないとこなんですよね。
    選手は気にせず、全力プレーを見せてほしいです。

  9. 西田辺
    Posted 2020年9月20日 at 13:45 | Permalink

    初回1番近本2ベース。
    2番陽川にバントの指示・・・いやいや陽川ってそんな事をさせるために2番に
    入れてるの?
    陽川四球で無死一二塁になって案の定糸原にはバントのサイン。
    解説者時代にもここでのバントを肯定していたのなら、「矢野の考え」として
    納得しないでもないけど、その当時は真っ向否定しておいて、いざ自分が監督に
    なると初回からランナーが出ればバントバント。
    見ていても本当に重苦しい野球に感じるんですよ。
    で、この監督は劣勢になると全く動こうとしないんですよ。
    併殺になったらどうしよう、失敗したらどうしようとネガティブな思考に頭の中が
    支配されるんでしょうね。
    まぁ恐らくこれから先もこの人が監督である限り、こんな野球を延々見せられる事
    になると思いますよ。
    失点はね・・・投手のエラーもそうだけど、バッテリーがまんまとバッターに
    騙されましたね。
    阿部の第1打席は、変化球主体で打ち取り、第2打席は甘い真っすぐを見逃した
    所で坂本も「真っ直ぐは狙ってない」と勘違いしましたよね。
    中盤以降、右打者へのインコースストレートを多く使ってきてるのを阿部は
    感付いていたのかも知れない。
    1球見逃した内角真っすぐを続けた阪神バッテリー。
    前の球をエサに一発で仕留めた阿部。
    慎重さの欠片もない配球でしたね。
    この連休中、今日が中田で明日が岩田が先発予定。
    本当にこの二人しかいませんか?若手で投げられる投手はいないんですか?
    エドワーズにめどが立てば、ガンケルの先発を視野に入れるべきじゃないのでしょうか。
    長坂を上げてきても、原口を代打ですら使わないのは何故?
    速球を打てない現状の福留より優先順位は下なんですか?
    何かもうちょっと納得できる野球をやって欲しいですわ。

    • Akira28
      Posted 2020年9月20日 at 14:58 | Permalink

      さすが西田辺様、あの阿部への配球を解説して頂きました。
      あの配球で負けたのですから、昨日の負けは坂本が主犯ですね。
      あの場面での初球のインハイは全く無駄。意味無し。カウントを自ら悪くし、苦しくするだけでだと思います。
      次の2球目のフォークで空振りさせる伏線の初球だったのか。しかしこの2球目もバレバレでボール2。
      苦し紛れの3球目はど真ん中のストレートで、やっと2-1。
      さあアウトコースの出し入れで勝負かと思いきや、坂本はまさかのインハイ要求でしたね。
      およそ自らの配球に酔っているかのような傲慢さ限りない坂本の配球に見えました。
      ピッチャー心理を考えれば、これ以上カウントを悪くしたくないはずですよね。
      どうしても高めのボールを要求されても、ストライクゾーンに行ってしまう。それがピッチャーですよね。尚且つ自らのエラーで招いたピンチなら、尚更だと思います。
      梅野ならこんな配球は絶対しませんよね。
      案の定、ど真ん中をスタンドインされ、3点献上となってしまいましたね。
      魅力ある選手であり、捕手としての素質も充分な坂本だけに、配球面は自己中ではなく、ピッチャー主体でバッターの心理と弱点を計算する視点で組み立てです欲しいと思います。

  10. 源氏
    Posted 2020年9月20日 at 22:11 | Permalink

    なぜ中田先発なの?
    まぁ3安打じゃ勝てないけど

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">