メンバー構成予想(3/3)

キャンプ終了時点でいっぺん見直しておく。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2021 阪神タイガース メンバー構成予想(21/03/03)
※現首脳陣はこう考えているのではないかという筆者の予想。

(備考/感想)
・チェンとガンケルのどちらが残るかはまだ決していない。
・サンズ、マルテのどちらがレギュラーになるかも未定。
・というより陽川を使うべきだと思うが、おそらくどちらかが一塁。
・輝明の将来とロハス合流を見据えてサンズ外野を選択しそうと予想。
・実力伯仲すぎてまだまだ決まらない。

・アップ  0  4 15 25 63 66
・ダウン 00 26 28 32 39 51 60

━━━━━━━━━━━━━━━

【A.スターティングメンバー】(9人)
いわゆる「開幕スタメン予想」。

1 中 5近本L
2 二 33糸原L
3 三 8佐藤輝L
4 一 3大山
5 左 52サンズ
6 右 9高山L
7 捕 2梅野
8 遊 0木浪L
9 投 16西勇

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【B.一軍選手登録枠】(A+22人=31人)
いわゆる「開幕一軍予想」。ベンチ入りは25人(2021年はコロナ特例で26人)。また開幕時は先発ローテ投手に代わって若手を体験登録させることも多い。28人という枠はFAの人的補償から保護されるプロテクトリストの数でもある(ただしドラフトされたばかりの新人と外国人は自動的に保護される。2019年より1増で29人、2020年と2021年はコロナ特例で31人)。

◇先発型投手
14チェンL 15西純 19藤浪 46秋山 50青柳

◇救援型投手
13岩崎L 17岩貞L 18馬場 42エドワーズ 54加治屋 66小川 69石井大 75スアレス

◇捕手
12坂本 94原口

◇内野手
00山本 31マルテ 38小幡L 55陽川 

◇外野手
7糸井L 25江越 63板山L

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【C.日本シリーズ出場枠】(B+9人=40人)
日本シリーズ以外では特に意味のある数字ではないが、高確率で一軍出番が期待できる位置付け。ちなみにMLBでは、40人が「メジャー契約」となり、条件が優遇されるので、「メジャーとマイナーの分岐」になる。日本でもそんな感じ。

◇投手
27伊藤将L 28小野 34谷川 48齋藤 49ガンケル

◇捕手


◇内野手
4熊谷 26北條 62植田S

◇外野手
60中谷

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【D.支配下選手枠】(C+30人以下=70人以下/現在69人)
育成中の選手が中心になる枠。そうでないのにここに入るようではいけない。

◇投手
20中田 21岩田稔L 29髙橋L 30佐藤蓮 36浜地 37及川L 40尾仲 41村上 43守屋 44アルカンタラ 47川原L 56小林 61望月 64桑原 65湯浅 92伊藤和 93石井将L

◇捕手
39榮枝 59藤田 57長坂 95片山L

◇内野手
45遠藤L 32井上 51中野L 58荒木L 67髙寺L 

◇外野手
24ロハスS 53島田L 68俊介

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【E.育成選手枠】支配下選手を目指す選手
◇投手
120島本L 121才木 122岩田将L 123鈴木 126牧

◇内野手
125藤谷

◇外野手
127小野寺 128奥山


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. Posted 2021年3月3日 at 08:39 | Permalink

    あまり大きくは変えませんでしたね。スタメンではショートの木浪と山本だけですが、小幡もここに加えまだまだアピール合戦が続きそう。ドングリーズにならんよう高レベルの競争を期待したいのと、あくまでも守備力優先で使って行って欲しいものであります。今年は打つ方の厚みが増してるのでショートは守りの人がいいと思います。

    セカンドも同様守備重視で行きたいところですが、現状糸原が頭一つ抜けてる印象。torao予想では外野枠で上がってきた板山が好調なので、ここにも小幡を加え(笑)バチバチの競争をしてほしい。でも残念なのは三人共左打なのね。センスはあると思うけど殻を破り切れなかった板山が覚醒したのか!?OP戦が見ものです。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2021年3月3日 at 08:40 | Permalink

    コラムの(備考/感想)欄が嬉しい悲鳴に見えます。

    言い換えると
    ・チェンとガンケルはどちらも使いたい、アルカンタラも来たらどうしようギャー。
    ・サンズ、マルテもどちらも使いたいロハスも来るし枠問題がギャー。
    ・というより陽川を絶対使うべきだと思うが、ポジションがないギャー。
    ・輝明の将来とロハス合流を見据えてサンズ外野に回すしかないギャー。
    ・(全ポジション)実力伯仲すぎてまだまだ決まらないギャー。

    付け加えるなら、ブルペン陣&先発の1枠も、【C枠】までの全ての投手に可能性があるギャー。

    と嬉しい悲鳴が止まらずニヤケてしまいます。
    本当に激しい競争だ!ワクワク。

  3. 西田辺
    Posted 2021年3月3日 at 08:51 | Permalink

    タイガースは週末からだから、あまり意識がありません
    でしたが、オープン戦はじまってるんですね。
    ドえらくボコボコにされたチームもあるようですが…
    やっと江越が一軍昇格。
    待ってました!
    何故一軍に来るとバットに当たらないのかが不思議な選手。
    まだ西は開幕投手なんですね。
    新聞なんかは間に合うみたいな記事がありましたが、万全でないなら
    他で良いんじゃないかと。
    あくまで143試合の中の1試合ですから。
    そこまで開幕試合に意味を持たせたくないですね、私的には。
    開幕投手なんて、度胸があって調子が良ければ誰だって良いと。
    逆にエースと言われる勝てる投手は、相手ローテが甘くなりそうな
    時にドンドン投げさせて白星を稼いでもらう。
    相手エースにわざわざこちらのエースを当てずにズラすのも
    1つのやり方。
    矢野監督は、この辺オーソドックスですから、そんな事はしない
    てしょうけどね。

  4. なかっち
    Posted 2021年3月3日 at 11:34 | Permalink

    私も西は開幕戦に拘る必要はないと思います。
    去年の相性からも西は開幕2カード目カープ戦の頭と翌週の読売戦の頭に持って行くべきやと思います。
    開幕投手は個人的には何もなければ藤浪に投げさせて、2戦目に青柳、3戦目にチェンを持って行けば、違うタイプの3投手をぶつけられる。
    2カード目は西、伊藤、秋山で賄える。
    ロハスとアルカンタラが間に合いそうにないので、外国人野手はサンズのみで、投手を4人登録すれば良いと思います。
    私の開幕スタメン予想
    1番センター近本
    2番ショート山本
    3番ライト高山
    4番ファースト大山
    5番レフトサンズ
    6番キャッチャー梅野
    7番サード佐藤輝
    8番セカンド小幡
    9番ピッチャー藤浪

    佐藤輝はいきなりクリンアップは可哀想。最初は7番あたりでのびのび打たせてあげたいですね。

  5. 虎轍
    Posted 2021年3月3日 at 12:22 | Permalink

    torao様の思ってる監督構想では3番佐藤輝明なんですね。
    3番サンズの方が私的にはええと思うんですよね。
    去年も活躍してたのは3番打者やった時の方が多かったと思うので。
    開幕投手は藤浪が「オレがヤル!」と思ってアピールしてくれたら飛躍的に調子が良さそうになりそうで(笑)
    陽川も高山も北條も打撃でアピールしてくれてるから使いたくなりますね。
    まだまだ疫病退散!
    頑張ろう日本!

  6. 岩修
    Posted 2021年3月3日 at 14:30 | Permalink

    toraoさんが西純を先発の6人の中に入れらた事にただただ感激でした。
    どうなるかは勿論未定ですが、羽ばたいて欲しい。
    ここから本当の戦いが始まるのですね。コロナ禍であっても熱く応援するのみです。
    オープン戦では江越、板山も見られるのが楽しみ。
    西勇、西純のリレーも見てみたい。

  7. 33
    Posted 2021年3月3日 at 18:46 | Permalink

    理想と現実は一致しないものでw

    予想ならセカンドは糸原で、ショートは木浪か山本になるんじゃないかと思ってますが、理想はといえばセカンドは2番を打つ前提で北條か山本。ショートの選手が8番を打つというなら小幡一択だと思ってるんですけどねw

    小幡の守備範囲、肩、脚力は一級品。課題は守備の確実性と打撃なので、1番や2番はまだ任せられないけど、8番なら使って育ててほしいです。

    佐藤輝はレフトになりそうな雰囲気ですが、ロハスが合流すればレフト濃厚。そうしたら守備位置を動かすのだろうか?
    さすがに大山を動かすの違和感があるので、最初からファーストに入るのが一番収まりが良い気がしてます。
    もし大山と同等に打つ事ができて、守備も大山レベルならその時はサード佐藤輝、ファースト大山でもいいと思います。

  8. 大虎真弓
    Posted 2021年3月4日 at 00:03 | Permalink

    ようやく江越や板山も掛布のレベルスイング理論から解放されたみたいだな?伊藤ハヤタを始め大山、高山、中谷、陽川、植田等理解できなかった理論を勘違いして打撃不振に陥ったのだからたまったもんじゃない!(笑)
    OBの広沢かYouTubeで話題のホウライ理論を実践したら助っ人外国人など要らなくなりますよ!
    どんな有名な選手であっても正しく伝える事が出来ないなら有害でしかないと言う典型的な例になるだろう。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">