新人合同自主トレ始まる

矢野監督の訓示とともに新人合同自主トレ始まる。
くすぶっている選手よりも、初挑戦の選手の方がチャンスを掴みやすいのはもはや「虎の新常識」。入寮見合わせの岡留は残念だが焦ることはない。即戦力投球は、調子さえ上げればチャンスが回ってくる。
二年目以上の選手たちも来たるシーズンに向けて始動していふことだろう。「電池切れ」で止まった悔しさを晴らすには、バッテリー容量を大きくするしかない。土台と骨組みが一年ともたずグラグラ揺れてしまったのなら杭打ちからやり直すしかない。
それに気づいた選手たちは、正月を待たずしてきっともう準備を始めていることだろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2022年1月10日 at 10:04 | Permalink

    「新人合同自主トレ」ここから勝負が始まっています。

    「一軍キャンプ内定」を矢野監督が公言した鈴木・桐敷はモチベーションが上がるだろうし、飛ばしまくっている豊田も何クソ精神が爆発するでしょう。

    今日、新成人を迎える西純・及川・井上は他球団同世代に先を越された上、今季は即戦力ルーキーが揃っているので成人式どころではない心境でしょう。
    この2年前高卒ドラフト世代と、昨年の歴史的成功ドラフト世代、そして今季のルーキーが素晴らしい化学反応を起こせば「虎の黄金期」が始まるように思います。
    非常に楽しみな2022が始動し始めました!

  2. Posted 2022年1月10日 at 10:41 | Permalink

    今季は何人新人が出てくるのでしょうか。少なくとも投手が先発と中継ぎで一人づつは活躍しそうな気がします。

    なるほどバッテリー切れ、でしたね。よくタイガースのキャンプは練習時間が短いと言われますが、量をこなせばいいってものではないし、やりすぎて怪我しても仕方がない。とは言え基礎トレはしっかり積んでバッテリー増量しとかないと昨年の二の舞になるのが見えてます。個人個人が一月の内にしっかり大容量バッテリーを積んできてくれることを期待します。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年1月10日 at 10:53 | Permalink

    前後半で大きく成績が変わった佐藤輝。
    解説陣の大方の見方は「電池切れ」。
    落合氏はハッキリと「基礎体力が足らない」と。
    もうここまで言われたら、課題は明確でしょう。
    一年間同じコンディションを維持する体力と、ムキになって明らかなボールを
    振りに行かないという事。
    とは言え、基礎体力の面は一朝一夕で身に付くものではありませんから、
    地道に容量を上げて行くしかありません。
    各選手、色んな課題を持ってオフに臨んでいると思いますが、「何を強化
    しているのか」を意識づけしながらやって欲しい。
    昨日動画で、他球団の新人自主トレの様子を見ていたんですが、その中で
    下半身強化のトレーニングをやってました。
    解説の方は「これが何の強化に繫がるか、分かるまで3年かかった」と仰って
    ました。
    1年目の選手は、ただメニューをこなすのに必死で、それがいったい何の強化に
    なっているか殆ど理解できずにやっているのかも知れません。
    そこを理解し始めると、トレーニングの幅も知識も広がってくるのでしょうね。
    キャンプインまであと3週間。
    万全の準備でスタートして欲しいですね。

  4. 虎轍
    Posted 2022年1月10日 at 12:53 | Permalink

    2年目以降の選手は地道にバッテリー容量を増やそう!
    昨日の新人合同自主トレの解説がうえぽんでしたが、今日は俊介が初解説(笑)
    解説新人も自主トレですね(笑)
    みんな頑張れ!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

とらかっぱ に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">